カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1381' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
681

佐保川の桜 2017

奈良市中心部を南西に向かって流れる佐保川。奈良市法蓮町の下長慶橋から同市杏町の大和郡山市境までの区間約4.5キロの両岸には、ソメイヨシノ約1000本の桜並木が続いています。先週末満開になっていたのですがずっとお天気が悪く・・・やっと今日晴れたので。散り初めといったところでしょうか。もうずっと見ていたい・・・川もとてもきれいで、地元の方がしてくださっているのでしょうね。深謝!この桜並木は幕末の奈良奉行川... 奈良市中心部を南西に向かって流れる佐保川。奈良市法蓮町の下長慶橋から同市杏町の大和郡山市境までの区間約4.5キロの両岸には、ソメイヨシノ約1000本の桜並木が続いています。<br />先週末満開になっていたのですがずっとお天気が悪く・・・<br />やっと今日晴れたので。<br />散り初めといったところでしょうか。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-104-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_170413_0942.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-104-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_170413_0942s.jpg" alt="mini_170413_0942.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-104-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_170413_0941.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-104-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_170413_0941s.jpg" alt="mini_170413_0941.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-104-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_170413_09390001.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-104-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_170413_09390001s.jpg" alt="mini_170413_09390001.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-104-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_170413_09430001.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-104-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_170413_09430001s.jpg" alt="mini_170413_09430001.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />もうずっと見ていたい・・・<br /><br />川もとてもきれいで、地元の方がしてくださっているのでしょうね。深謝!<br /><br />この桜並木は幕末の奈良奉行川路聖謨という方が尽力されて植わっているもので川路桜と呼ばれています。<br />先日<a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-677.html" target="_blank" title="『桜奉行 幕末奈良を再生した男 川路聖謨』">『桜奉行 幕末奈良を再生した男 川路聖謨』</a>という本を読んで、なかなかユニークな方だということを知り、ますますファンになりました。(5年間の奈良奉行生活の半年分しか書かれていないのですが(;'∀'))<br /><span style="font-size:x-small;">彼自身が書いたと言われている<a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-679.html" target="_blank" title="植桜楓の碑">植桜楓の碑</a>も見てきました。横を何百回と通っているのに全く気にも留めなかったのがショック。</span><br /><br /><br />人が多いところ(例えば吉野!)にわざわざ桜を見に行く趣味はないのですけれど、地元の桜は好きです。<br /><br /><br /><br />
680

花の美術 ―季節の彩り― @大和美術館

大和文華館は近鉄の(私設の)小さな美術館なのですけれど、とんでもない国宝とか重文とかを持っていて、よその(たいそうな)美術展で大和文華館蔵の文字を見るたびに驚かされます。今回の展では←の寝覚物語絵巻(国宝・平安)がどこかの国立の美術館になくてもいいのかという驚き!きれいですよ~!花の美術ということで様々な花を描いた美術品を堪能してきました。こんどの日曜日9日までです。ぜひ!花の美術 ―季節の彩り―東洋... <a href="https://blog-imgs-104-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/yamato.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-104-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/yamatos.jpg" alt="yamato.jpg" border="0" width="282" height="400"align="left"></a><a href="http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/" target="_blank" title="大和文華館">大和文華館</a>は近鉄の(私設の)小さな美術館なのですけれど、とんでもない国宝とか重文とかを持っていて、よその(たいそうな)美術展で大和文華館蔵の文字を見るたびに驚かされます。<br /><br />今回の展では←の寝覚物語絵巻(国宝・平安)がどこかの国立の美術館になくてもいいのかという驚き!<br />きれいですよ~!<br /><br />花の美術ということで様々な花を描いた美術品を堪能してきました。<br /><br />こんどの日曜日9日までです。<br />ぜひ!<br clear=all><br /><blockquote><p><a href="http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/exhibition/hananobijyutsu.html" target="_blank" title="花の美術">花の美術 ―季節の彩り―</a><br /><br />東洋の美術では、花は古くから絵画に描かれ、工芸品の陶磁器や衣装などの意匠に取り上げられてきました。白居易が友人に向けて詠んだ詩の中に「雪月花時最憶君」(雪月花の時 最も君を憶う)とあるように、身近な自然の中でも、花は季節を感じさせる美しい景物の象徴として挙げられています。花や植物は鑑賞して愛でるだけでなく、季節の移ろいを感じ、また吉祥の意味も読み取ることができます。また、梅と鶴を愛した宋の林和靖や自らを菊に喩えた晋の陶淵明などの文人は、花を愛し、その姿に高潔な人格が重ね合わされました。これらの人々と花の組み合わせもまた画題となり、美術の中にあらわされています。<br /><br />この展覧会では、絵画や工芸品における花を中心にした植物の表現から、中国・朝鮮半島・日本それぞれにおける様々な花や植物の姿と人々の季節に寄せるまなざしを見ていきます。展覧会を開催する冬から春へ季節が移り変わる時期は、大和文華館を取り囲む文華苑が最も華やかな季節です。香り高い梅に木蓮や枝垂桜が続き、椿、雪柳、連翹、菊桃が彩りを添えます。文華苑の自然の花と展示場の美術作品の花を合わせてお楽しみ下さい。<br /><br /><br />2017年2月24日(金)~4月9日(日)  @<a href="http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/" target="_blank" title="大和文華館">大和文華館</a></p></blockquote><br /><br /><br />
  • Date : 2017-04-04 (Tue)
  • Category : 展覧会
679

植桜楓の碑

先日、『桜奉行 幕末奈良を再生した男 川路聖謨』読んで、植桜楓の碑(しょくおうふうのひ)の存在を知ったので、氷室神社の桜を見に行ったついでに見てきました。(これまで全く気付かなかったというか、視野に入らなかったというか・・・(・・;))幕末の奈良奉行 川路聖謨が、興福寺・東大寺の境内へ桜・楓の植樹を発案、町民にも呼びかけ、植樹は高円・佐保地域にまで及んだといわれています。それを記念して、1850年(嘉永3)... 先日、<a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-677.html">『桜奉行 幕末奈良を再生した男 川路聖謨』</a>読んで、植桜楓の碑(しょくおうふうのひ)の存在を知ったので、<a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-678.html" target="_blank" title="氷室神社の桜">氷室神社の桜</a>を見に行ったついでに見てきました。<br /><span style="font-size:x-small;"><span style="font-size:x-small;">(これまで全く気付かなかったというか、視野に入らなかったというか・・・(・・;))</span></span><br /><br />幕末の奈良奉行 川路聖謨が、興福寺・東大寺の境内へ桜・楓の植樹を発案、町民にも呼びかけ、植樹は高円・佐保地域にまで及んだといわれています。<br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/SN3S4132.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/SN3S4132s.jpg" alt="SN3S4132.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br />それを記念して、1850年(嘉永3)3月に建てられた石碑「植桜楓之碑」<br /><br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/SN3S4135.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/SN3S4135s.jpg" alt="SN3S4135.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br />興福寺の五重塔のすぐ南、五十二段へ降りる右側 <br /><br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/SN3S4133.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/SN3S4133s.jpg" alt="SN3S4133.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br />写真はクリックすれば大きいものが開きます。<br /><br />このような英明な方が奈良に"左遷"されてこなかったら、奈良公園も、少なくとも川路桜は生まれてこなかったのかもしれません。<br />今もって残る"川路桜"という名前に残る業績は素晴らしいと思います。<br /><span style="font-size:x-small;">(今年はまだ咲きません)<br /></span><br /><br /><br /><br />☆明日4月4日~5月7日〈休館日:4月10、17、24日、5月1日〉、<a href="http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1485499131667/index.html" target="_blank" title="奈良市史料保存館 特別陳列「ならまち歳時記」">奈良市史料保存館 特別陳列「ならまち歳時記」</a>の中で、「植桜楓の碑(しょくおうふうのひ)」というテーマで川路聖謨の緑化事業について碑文の拓本などで紹介されるそうです。(先に知っていれば明日行ったのに・・・(・・;))<br />奈良市史料保存館@奈良市脇戸町1-1 <br /><br /><br /><br />
  • Date : 2017-04-03 (Mon)
  • Category : 歴史
678

氷室神社の枝垂れ桜

やっと"奈良で一番早く咲く桜"氷室神社の枝垂れ桜(エドヒガン)が満開になりました。朝からちょいとひとっ走り、行ってきました。病気だとも土壌改良をして根を切ってしまったからとも言われていますが、ちょっとかわいそうな状況(・・;)↓は2011年の写真樹木医さんに見ていただいたりもしていらっしゃるようなので復活を期待!氷室神社奈良市春日野町1-4・ 氷室神社空撮 復興祈願制作 @YouTube... やっと"奈良で一番早く咲く桜"<a href="http://www.himurojinja.jp/" target="_blank" title="氷室神社">氷室神社</a>の枝垂れ桜(エドヒガン)が満開になりました。<br /><br />朝からちょいとひとっ走り、行ってきました。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-104-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_170403_0904.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-104-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_170403_0904s.jpg" alt="mini_170403_0904.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-104-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_170403_0903.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-104-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_170403_0903s.jpg" alt="mini_170403_0903.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-104-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/20170403103046ded.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-104-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/20170403103046deds.jpg" alt="mini_170403_0902 - コピー" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-104-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_170403_09020001.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-104-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_170403_09020001s.jpg" alt="mini_170403_09020001.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-104-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_170403_0901.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-104-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_170403_0901s.jpg" alt="mini_170403_0901.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-104-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_170403_0859.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-104-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_170403_0859s.jpg" alt="mini_170403_0859.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><br />病気だとも土壌改良をして根を切ってしまったからとも言われていますが、ちょっとかわいそうな状況(・・;)<br /><a href="https://blog-imgs-104-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_170403_0900.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-104-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_170403_0900s.jpg" alt="mini_170403_0900.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br />↓は<a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-474.html" target="_blank" title="2011年にお花見">2011年</a>の写真<br /><a href="https://blog-imgs-42-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/HI392295.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-42-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/HI392295s.jpg" alt="HI392295.jpg" border="0" width="480" height="360" /></a><br />樹木医さんに見ていただいたりもしていらっしゃるようなので復活を期待!<br /><br /><br /><a href="http://www.himurojinja.jp/" target="_blank" title="氷室神社">氷室神社</a><br />奈良市春日野町1-4<br /><br /><br />・ <a href="https://youtu.be/ns6cKCpB8W8" target="_blank" title="氷室神社 復興祈願制作">氷室神社空撮 復興祈願制作</a> @YouTube<br /><br /><br /><br />
677

『桜奉行 幕末奈良を再生した男 川路聖謨』

佐保川沿いの桜が奈良奉行・川路聖謨さんの奨励によって植えられたことはよく知られていると思うのですけれど、それ以上のことは知らず・・・桜奉行 幕末奈良を再生した男 川路聖謨が出版されていたことに気づいたので読んでみました。桜奉行 幕末奈良を再生した男 川路聖謨大国ロシア相手に和親条約締結を成し遂げた幕末敏腕外交官・川路聖謨その知られざる奈良奉行時代を直木賞作家が描く明治元年三月十五日──江戸城総攻撃の日 ... 佐保川沿いの桜が奈良奉行・川路聖謨さんの奨励によって植えられたことはよく知られていると思うのですけれど、それ以上のことは知らず・・・<br /><br /><a href="https://www.amazon.co.jp/%E6%A1%9C%E5%A5%89%E8%A1%8C-%E5%B9%95%E6%9C%AB%E5%A5%88%E8%89%AF%E3%82%92%E5%86%8D%E7%94%9F%E3%81%97%E3%81%9F%E7%94%B7-%E5%B7%9D%E8%B7%AF%E8%81%96%E8%AC%A8-%E5%87%BA%E4%B9%85%E6%A0%B9-%E9%81%94%E9%83%8E/dp/4842601205?SubscriptionId=AKIAIRNYLEHVWKXBWIKA&tag=atelierun-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4842601205" style="text-decoration:none;" target="_blank">桜奉行 幕末奈良を再生した男 川路聖謨</a>が出版されていたことに気づいたので読んでみました。<br /><br /><blockquote><p><a href="https://www.amazon.co.jp/%E6%A1%9C%E5%A5%89%E8%A1%8C-%E5%B9%95%E6%9C%AB%E5%A5%88%E8%89%AF%E3%82%92%E5%86%8D%E7%94%9F%E3%81%97%E3%81%9F%E7%94%B7-%E5%B7%9D%E8%B7%AF%E8%81%96%E8%AC%A8-%E5%87%BA%E4%B9%85%E6%A0%B9-%E9%81%94%E9%83%8E/dp/4842601205?SubscriptionId=AKIAIRNYLEHVWKXBWIKA&tag=atelierun-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4842601205" style="text-decoration:none;" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51tjb97ZRoL._SL160_.jpg" title="クリエーター情報なし" border="0"align="left"></a><a href="https://www.amazon.co.jp/%E6%A1%9C%E5%A5%89%E8%A1%8C-%E5%B9%95%E6%9C%AB%E5%A5%88%E8%89%AF%E3%82%92%E5%86%8D%E7%94%9F%E3%81%97%E3%81%9F%E7%94%B7-%E5%B7%9D%E8%B7%AF%E8%81%96%E8%AC%A8-%E5%87%BA%E4%B9%85%E6%A0%B9-%E9%81%94%E9%83%8E/dp/4842601205?SubscriptionId=AKIAIRNYLEHVWKXBWIKA&tag=atelierun-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4842601205" style="text-decoration:none;" target="_blank">桜奉行 幕末奈良を再生した男 川路聖謨</a><br clear=all><br /><br />大国ロシア相手に和親条約締結を成し遂げた幕末敏腕外交官・川路聖謨<br />その知られざる奈良奉行時代を直木賞作家が描く<br /><br />明治元年三月十五日──江戸城総攻撃の日 前日の勝・西郷会談での攻撃回避決定を知らなかった川路聖謨(としあきら)は切腹の上ピストル自殺した──その時彼の目に映ったものは 奉行として初めて目にした古都奈良の桜ではなかったか<br />世相がすさみ町も寺もあれていた奈良を立て直した人間味豊かな川路。なかでも特筆すべきは庶民も巻き込んだ桜楓の植樹活動である<br />その時植えられた桜は 百六十年たった今も 奉行所の裏を流れる佐保川の堤で美しい花を咲かせている <br /></p></blockquote><br /><br />川路聖謨さんは"左遷"されてきた奈良奉行時代、日誌を江戸の母に送っていて、それを基に描いている。<br />筋が通っているわけではない(佐渡奉行だったころのことを描いてみたり)ので少々読み辛いが、<strong>幕末の奈良の様子、聖謨の人となり</strong>等興味深く読んだ。<br />当時としてはユニークな人だったのだろうけれど、合理的な考え方の人で人間味があり、とても面白い。<br />帯に「大国ロシア相手に和親条約締結を成し遂げた幕末の敏腕外交官」「明治元年江戸城総攻撃予定の日にピストル自殺した」とあり苛烈な人柄を想起させるが、本文ではそうは思えない。<br />看板の桜奉行もその片鱗が見えないのを残念に思ったら、本書は5年間の奈良奉行時代のたった半年分で、第2部以降があるらしい・・・<br />次巻以降も楽しみにしておこう。<br /><br /><br />
675

和やまむら で ランチ

和 やまむら(☆☆☆)でミニ懐石をいただきました。気張らず、ゆっくりと美味しくいただきました♡♡♡和 やまむら〒630-8114奈良市芝辻町2丁目11-15TEL.0742-33-0102FAX.0742-33-010212:00~15:30(13時までに御来店下さい) 水~日 ミニ懐石(¥6000 税サ別)17:30~22:00(19時半までに御来店下さい)月曜日・毎月最終日曜日 お休み... <a href="http://www15-yamamura.sakura.ne.jp/" target="_blank" title="和 やまむら">和 やまむら</a>(☆☆☆)でミニ懐石をいただきました。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170308_1257.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170308_1257s.jpg" alt="mini_170308_1257.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170308_1311.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170308_1311s.jpg" alt="mini_170308_1311.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170308_1320.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170308_1320s.jpg" alt="mini_170308_1320.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170308_1330.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170308_1330s.jpg" alt="mini_170308_1330.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170308_1338.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170308_1338s.jpg" alt="mini_170308_1338.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170308_1346.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170308_1346s.jpg" alt="mini_170308_1346.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170308_1401.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170308_1401s.jpg" alt="mini_170308_1401.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170308_1412.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170308_1412s.jpg" alt="mini_170308_1412.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170308_1422.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170308_1422s.jpg" alt="mini_170308_1422.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br />気張らず、ゆっくりと美味しくいただきました♡♡♡<br /><br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170308_1249.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170308_1249s.jpg" alt="mini_170308_1249.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><a href="http://www15-yamamura.sakura.ne.jp/" target="_blank" title="和 やまむら">和 やまむら</a><br />〒630-8114<br />奈良市芝辻町2丁目11-15<br />TEL.0742-33-0102<br />FAX.0742-33-0102<br /><br />12:00~15:30(13時までに御来店下さい) 水~日 ミニ懐石(¥6000 税サ別)<br />17:30~22:00(19時半までに御来店下さい)<br /><br />月曜日・毎月最終日曜日 お休み<br /><br />
676

企画展「祈りの美 ~清水公照・平山郁夫・杉本健吉・・・」

  企画展「祈りの美 ~清水公照・平山郁夫・杉本健吉・・・」 @ 奈良県立美術館を見てきました。(↑の画像はクリックすると大きくなります)平山郁夫さん、杉本健吉さんはもちろん知っていたのですが、清水公照さんが書画や陶芸をされるとは全く知らなかったので、とても興味深く拝見しました。東大寺付設の幼稚園の園長に就任されてから、園児と同じように楽しむことを始められたのだそうですが、独特の味のある作風でとても... <a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/20170308214653a18.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/20170308214653a18s.jpg" alt="img054 (2)" border="0" width="282" height="400" /></a>  <a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/img055.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/img055s.jpg" alt="img055.jpg" border="0" width="280" height="400" /></a><br /><a href="http://www.pref.nara.jp/item/169949.htm#itemid169949" target="_blank" title="企画展「祈りの美 ~清水公照・平山郁夫・杉本健吉・・・」 ">企画展「祈りの美 ~清水公照・平山郁夫・杉本健吉・・・」 </a>@ <a href="http://www.pref.nara.jp/dd.aspx?menuid=11842" target="_blank">奈良県立美術館</a>を見てきました。<br />(↑の画像はクリックすると大きくなります)<br /><br />平山郁夫さん、杉本健吉さんはもちろん知っていたのですが、清水公照さんが書画や陶芸をされるとは全く知らなかったので、とても興味深く拝見しました。<br />東大寺付設の幼稚園の園長に就任されてから、園児と同じように楽しむことを始められたのだそうですが、独特の味のある作風でとても好ましく思いました。<br />そのことを知ることができただけでも大満足の展でした。<br /><br /><br /><blockquote><p><a href="http://www.pref.nara.jp/item/169949.htm#itemid169949" target="_blank" title="企画展「祈りの美 ~清水公照・平山郁夫・杉本健吉・・・」 ">企画展「祈りの美 ~清水公照・平山郁夫・杉本健吉・・・」 </a><br /><br />古都・奈良には、長い歴史の中で育まれてきた多彩な文化が共存し、今なお大切に受け継がれています。<br />中でも、仏教や神道といった信仰の世界は、奈良の歴史・文化を特徴づけるとともに日本の精神風土に深く<br />浸透し、今日の造形表現にも大きな影響を与えています。 <br />本展では、伝統的な宗教画題による日本画から新たな解釈のもとに祈りを表現した作品や、連綿と続く<br />「お水取り」をはじめ奈良の風物に着想を得た作品など、祈りの地・奈良をテーマとした作品を展示し、現<br />代に花開いた祈りの美の世界をご覧頂こうというものです。 <br />絵画・書・陶芸など約200点からなる出品作品は、東大寺別当・華厳宗管長を務め、宗教家から美術家へ<br />と活動の場を広げた清水公照(1911-1999)、仏教に新たな画境を見出しシルクロードをテーマに深淵なる<br />絵画世界を構築した平山郁夫(1930-2009)、そして奈良の風物に魅せられ、独特の造形感覚で祈りの美<br />を捉えた杉本健吉(1905-2004)によるものです。 <br />三者三様の表現世界をご覧頂き、その根底で通ずる祈りの心を感じ取っていただくと同時に、奈良の歴史・<br />文化の魅力に改めて触れる機会となれば幸いです。 <br /><br /><br />2017年1月14日(土)~3月15日(水)  @ <a href="http://www.pref.nara.jp/dd.aspx?menuid=11842" target="_blank">奈良県立美術館</a><br />       休 館 日   月曜日  ただし3月6日(月)、13日(月)は開館  <br />        開館時間  午前9時~午後5時(入館は閉館の30分前まで。) </p></blockquote><br /><br /><br />
  • Date : 2017-03-07 (Tue)
  • Category : 展覧会
673

夢窓庵でランチ

昨年11月、奈良公園に移転した夢窓庵(ミシュラン☆☆)でランチをいただきました。  夢窓庵  奈良市水門町70番地7-1-2  (0742)23-0131 お庭が魅力的な夢窓庵でしたが、今後時間とともに植生が落ち着いて雰囲気がよくなることを祈ります。 お雛様がかわいい♪・2008年にお伺いした時の様子... 昨年11月、奈良公園に移転した<a href="http://ha1.seikyou.ne.jp/home/Gen/" target="_blank" title="夢窓庵で">夢窓庵</a>(ミシュラン☆☆)でランチをいただきました。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1157.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1157s.jpg" alt="mini_170221_1157.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1211.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1211s.jpg" alt="mini_170221_1211.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1222.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1222s.jpg" alt="mini_170221_1222.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1234.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1234s.jpg" alt="mini_170221_1234.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1246.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1246s.jpg" alt="mini_170221_1246.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1308.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1308s.jpg" alt="mini_170221_1308.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1328.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1328s.jpg" alt="mini_170221_1328.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1149.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1149s.jpg" alt="mini_170221_1149.jpg" border="0" width="300" height="400"align="left" /></a>  <a href="http://ha1.seikyou.ne.jp/home/Gen/" target="_blank" title="夢窓庵で">夢窓庵</a><br /><br />  奈良市水門町70番地7-1-2<br />  (0742)23-0131<br clear=all><br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1150.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1150s.jpg" alt="mini_170221_1150.jpg" border="0" width="400" height="300"></a> <br /><br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1151.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1151s.jpg" alt="mini_170221_1151.jpg" border="0" width="400" height="300"align="left" /></a>お庭が魅力的な夢窓庵でしたが、今後時間とともに植生が落ち着いて雰囲気がよくなることを祈ります。<br /><br clear=all><br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1155.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1155s.jpg" alt="mini_170221_1155.jpg" border="0" width="400" height="300"align="left"></a><br clear=all><br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1402.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1402s.jpg" alt="mini_170221_1402.jpg" border="0" width="300" height="400" /></a> <a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1403.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1403s.jpg" alt="mini_170221_1403.jpg" border="0" width="300" height="400" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1405.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1405s.jpg" alt="mini_170221_1405.jpg" border="0" width="300" height="400" /></a><br /><br />お雛様がかわいい♪<br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1154.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1154s.jpg" alt="mini_170221_1154.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1408.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_170221_1408s.jpg" alt="mini_170221_1408.jpg" border="0" width="300" height="400" /></a><br /><br /><br />・<a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-231.html" target="_blank" title="2008年にお伺いした時の様子">2008年にお伺いした時の様子</a><br /><br /><br /><br />
671

奈良公園に高級ホテル

奈良公園に高級ホテル 宿泊施設足りず…県が苦肉の策   朝日新聞デジタル 1/21(土) 12:09配信  観光客が泊まれる施設の不足に悩む奈良県が、国の名勝・奈良公園に高級ホテルを誘致する事業に乗り出した。開発が制限されている「一等地」を都市公園に編入し、建設を可能にする窮余の策で、東京五輪前の開業を目指すが、一部の住民は「閑静な環境が壊される」と反発している。 奈良県は全国有数の観光地でありながら宿泊施設の... <blockquote><p><strong>奈良公園に高級ホテル 宿泊施設足りず…県が苦肉の策<br /></strong>   朝日新聞デジタル 1/21(土) 12:09配信 <br /><br /> 観光客が泊まれる施設の不足に悩む奈良県が、国の名勝・奈良公園に高級ホテルを誘致する事業に乗り出した。開発が制限されている「一等地」を都市公園に編入し、建設を可能にする窮余の策で、東京五輪前の開業を目指すが、一部の住民は「閑静な環境が壊される」と反発している。<br /><br /> 奈良県は全国有数の観光地でありながら宿泊施設の客室数が全国で最も少ない。外国人観光客が増える一方、大阪や京都に近いため通過する客が多く、2015年の延べ宿泊者数は255万人で全国ワースト2。観光資源を活用するには滞在できる環境の整備が課題だった。<br /><br /> 計画地はほとんどが以前からの県有地。原則的に開発できない市街化調整区域にあり、十分に活用されていなかった。このため、宿泊施設の建設が認められている都市公園法に基づく「県立都市公園 奈良公園」に編入して建設を可能にする。一部はすでに編入。残りの民有地の購入などを進め、3月ごろには手続きが完了するという。<br /><br /> 東大寺に隣接する計画地の奈良市登大路町(約3・1ヘクタール)には知事公舎があり、昭和天皇が1951年、サンフランシスコ講和条約などの批准書に署名した「御認証の間」が残る。大正期ごろに建てられた庭園の茶室もある。また、春日大社境内の南側に位置する同市高畑町の計画地(約1・3ヘクタール)は閑静な住宅地の一角で、志賀直哉らも訪れた実業家の邸宅があった場所だ。<br /><br /> 県はこれらの施設などを生かせる事業者を公募し、飲食施設の整備や平均客室面積50平方メートル以上などの条件をつけて土地と建物を貸す。プロポーザルへの参加受け付けは1地区が23、24日、もう1地区が30、31日で、3~4月に優先交渉権者を決める。</p></blockquote><br /><br /><br />奈良にホテルが足りなくてみすみす利益を近2府に奪われているのは確かだけれど<br />足りないってずっと言われてきたことを何を今さらという気がしなくもない。<br />あくせく じたばた 目先の利益に汲々とするのは奈良らしくないと思うのだけど。<br /><br />まずは県庁が退けばいいんじゃないのかなぁ。<br />もう少し南に移った方がいいと思うのだけど。<br />せめて市役所の南。あそこにホテル作るのはほんとにマーケティングリサーチしたのかと思う。<br />県庁も裁判所もちょっと前に工事していたけど、あらあらと思ってた。<br />なんで一等地にお役所が要る? 公僕たるもの不便を耐え忍ばなくっちゃ。<br />奈良女子大学も郊外移転はいかが?<br />文化財の建物は残して結婚式場でもどう?<br /><br />何か公的な大きな規模のものが動いてほんとうにお客が呼べるって見せないと動かないんじゃないのかなぁ。<br /><br /><br /><br />
670

なぜこんなにも魅力的なのか、近鉄・大和西大寺駅

なぜこんなにも魅力的なのか、近鉄・大和西大寺駅 : 乗り物ニュースの記事近鉄・大和西大寺駅は十字に線路が交差していて、しかも繁忙の交通の要所。「平面交差の壁」による影響を最小限に抑えつつ走らせるため、大和西大寺駅では「パズル」のような「列車さばき」が行われていて、それが鉄道ファンの人気を集めているのだそうです。    乗っていて意識していませんでしたが(-_-;)たった20分間の電車の動きの概略を示すため... <a href="https://trafficnews.jp/publicity/tdats2017010/" target="_blank" title="なぜこんなにも魅力的なのか、近鉄・大和西大寺駅"><strong>なぜこんなにも魅力的なのか、近鉄・大和西大寺駅</strong></a> : <a href="https://trafficnews.jp/" target="_blank" title="乗り物ニュース">乗り物ニュース</a>の記事<br /><br />近鉄・大和西大寺駅は十字に線路が交差していて、しかも繁忙の交通の要所。<br />「平面交差の壁」による影響を最小限に抑えつつ走らせるため、大和西大寺駅では「パズル」のような「列車さばき」が行われていて、それが鉄道ファンの人気を集めているのだそうです。<br />    <span style="font-size:x-small;">乗っていて意識していませんでしたが(-_-;)<br /><br /></span>たった20分間の電車の動きの概略を示すために22枚の図・・・。<br />鉄道ファンにはよく知られているのかもしれませんが、複雑で、よくこんなの考えたなとあきれるほど。<br />これは土日ダイヤの昼間なのですから、平日の通勤ラッシュの時間帯の電車の動きを絵で解説するのはさしもの鉄道ライターの方もあきらめたのかもしれません。<br /><br />西大寺駅といえば"開かずの踏切"<br />いったいいつになったら高架にしてくれるのだろうと(半分以上あきらめながら)何十年も待っていたのですが<br />このパズルのような「列車さばき」を見ると・・・・・・これはムリかなと・・・(・・;)<br /><br />阪急の西宮北口駅も平面交差していましたが、東西を優先して南北は切ってしまったのでしたね。<br /><br />高架なり立体交差なりになってしまうと鉄道ファンには面白くないことなのかもしれません。<br /><br /><br />やっぱり鉄道ファンには有名だったみたい(・・;)<br />・<a href="http://guide.travel.co.jp/article/19133/" target="_blank" title="タモリもおすすめ 鉄道好きの集まる駅・奈良「大和西大寺駅」の日本一ポイント">タモリもおすすめ 鉄道好きの集まる駅・奈良「大和西大寺駅」の日本一ポイント<br /></a><br /><br /><br /><a href="http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20170110-OYO1T50026.html" target="_blank" title="平城宮跡横断の近鉄線、奈良県が移設を検討">平城宮跡横断の近鉄線、奈良県が移設を検討</a>しているらしいので、そのうち高架か地下になって変わるのかも。<br />ま、いつになることやら・・・(-_-;)<br /><br /> <span style="font-size:x-small;">万城目学 ‏said まだまだ先の話でしょうけど、いいときに『鹿男あをによし』を書けました。</span><br />
669

ビストロルノールでランチ

『ミシュランガイド奈良2017特別版』に載ったビストロルノールでランチをいただきました。ランチ・ルノールコースです。(¥3200+ビーフ¥1800=¥5000)(当たり前のことなのかもしれませんが)一皿一皿しっかり手をかけて作っていらして、全皿美味しく楽しくいただきました。シェフも気さくな方で、お料理の要所をきちんと説明してくださって!ジビエもいただけます。ビストロタイプで、カウンター10席のみなので予約の上ぜひど... 『ミシュランガイド奈良2017特別版』に載った<a href="http://lenord.jimdo.com/" target="_blank" title="ビストロルノール">ビストロルノール</a>でランチをいただきました。<br />ランチ・ルノールコースです。(¥3200+ビーフ¥1800=¥5000)<br /><br /><a href="https://blog-imgs-100-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-100-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/1s.jpg" alt="1.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-100-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-100-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/2s.jpg" alt="2.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-100-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-100-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/3s.jpg" alt="3.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-100-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-100-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/4s.jpg" alt="4.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-100-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/5.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-100-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/5s.jpg" alt="5.jpg" border="0" width="300" height="400" /></a><br /><br />(当たり前のことなのかもしれませんが)一皿一皿しっかり手をかけて作っていらして、全皿美味しく楽しくいただきました。<br />シェフも気さくな方で、お料理の要所をきちんと説明してくださって!<br />ジビエもいただけます。<br /><br />ビストロタイプで、カウンター10席のみなので予約の上ぜひどうぞ♡<br />シェフの手元も見られて得した気分(*^^)v (ま、マネできるというものでもありませんが(笑))<br /><br /><br /><br /><strong><a href="http://lenord.jimdo.com/" target="_blank" title="ビストロルノール">ビストロルノール</a><br /></strong>奈良県生駒市松美台33-2 <br />0743-75-9555 <br />定休日:水曜日 <br />ランチ 11:00~15:00(14:00ラストオーダー) <br />ディナー 18:00~22:00(21:00ラストオーダー) <br /><br />テイクアウトのクリスマスオードブルやおせちの予約も受け付けていらっしゃいますよ♪<br /><br />
668

甘味のいえ 串竹

甘味のいえ 串竹木津川市梅美台2-6-90774-51-1711 水曜日のみ営業  11:00~17:30(売切次第終了) もちろん甘味のいえですもの 串団子を中心に洋菓子やプリンなどの甘味も販売されています。甘すぎず美味しくいただきました。... <br /><a href="https://blog-imgs-95-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_161102_1117.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-95-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_161102_1117s.jpg" alt="mini_161102_1117.jpg" border="0" width="299" height="400" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-95-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_161102_1121.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-95-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_161102_1121s.jpg" alt="mini_161102_1121.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-95-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_161102_1129.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-95-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_161102_1129s.jpg" alt="mini_161102_1129.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-95-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_161102_1114.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-95-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_161102_1114s.jpg" alt="mini_161102_1114.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="http://kanmi-no-ie-kushitake.blog.jp/" target="_blank" title="甘味のいえ 串竹">甘味のいえ 串竹<br /></a>木津川市梅美台2-6-9<br />0774-51-1711 <br /><strong>水曜日のみ</strong>営業  11:00~17:30(売切次第終了) <br /><br /><br />もちろん甘味のいえですもの 串団子を中心に洋菓子やプリンなどの甘味も販売されています。<br />甘すぎず美味しくいただきました。<br />
666

第68回 正倉院展

 恒例第68回 正倉院展 です。 一足お先にm(__)m目玉の漆胡瓶↑の水差し。これは初めて見ました。これをどうやって作ったと思います?"テープ状にした木の薄板を巻き上げる巻胎(けんたい)技法によって素地(きじ)を成形し、全体に黒漆(くろうるし)を塗った上に、文様(もんよう)の形に切り透かした銀板を貼る平脱(へいだつ)技法で山岳や鹿、オシドリなどを施し、広々とした草原に禽獣(きんじゅう)が遊ぶ様子を表す。" (◎_◎;)しか... <a href="https://blog-imgs-95-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img037.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-95-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img037s.jpg" alt="img037.jpg" border="0" width="250" height="353" /></a> <a href="https://blog-imgs-95-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img038.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-95-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img038s.jpg" alt="img038.jpg" border="0" width="250" height="353" /></a><br /><br />恒例<strong><a href="http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2016toku/shosoin/2016shosoin_index.html" target="_blank" title="第68回 正倉院展">第68回 正倉院展</a></strong> です。 一足お先にm(__)m<br /><br />目玉の<strong>漆胡瓶</strong>↑の水差し。これは初めて見ました。<br />これをどうやって作ったと思います?<br />"テープ状にした木の薄板を巻き上げる巻胎(けんたい)技法によって素地(きじ)を成形し、全体に黒漆(くろうるし)を塗った上に、文様(もんよう)の形に切り透かした銀板を貼る平脱(へいだつ)技法で山岳や鹿、オシドリなどを施し、広々とした草原に禽獣(きんじゅう)が遊ぶ様子を表す。"<br /> (◎_◎;)<br />しかもこれを聖武天皇がお使いだったという感慨・・・。<br />毎年思いますけれど、聖武天皇の審美眼はほんとうに素晴らしい!<br /><br />一部屋丸々<strong>幡</strong>の展示も初めて。<br />右の画像の左上の大幡(残欠)はもともとは13m~15mの長さになるそうで、聖武天皇の1周忌にはこれが10本も飾られていたそうで、豪華絢爛!<br /><br />欲しかったのは<strong>楩楠箱</strong> [べんなんのはこ]<br />(フライヤーの画像には載っていないのですが、<a href="http://shosoin.kunaicho.go.jp/ja-JP/Treasure?id=0000012196" target="_blank" title="こちら">こちら</a>で)<br />「楩楠」というのはクスノキの根元に近いこぶになった部分や土中の根から得られた複雑な木理があらわれた素材を指すそうですが、木目の複雑な美をシンプルに箱にしているのがいい!欲しい!<br /><br />明日から11月7日までです。<br />とにかく混雑していますけれど、覚悟の上でよかったらいらしてください。<br />イヤホンガイドは聞かれることをお勧めします。<br /><br /><blockquote><p><strong><a href="http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2016toku/shosoin/2016shosoin_index.html" target="_blank" title="第68回 正倉院展">第68回 正倉院展</a></strong><br /><br /> 本年の正倉院展には、北倉(ほくそう)10件、中倉(ちゅうそう)29件、南倉(なんそう)22件、聖語蔵(しょうごぞう)3件の、合わせて64件の宝物が出陳されます。そのうち初出陳は9件です。例年通り正倉院宝物の概要がわかるような構成ですが、本年も宮内庁正倉院事務所による最新の調査成果を反映した内容に特色がみられます。また正倉院正倉の整備事業の完了を受け、宝庫や宝物の来歴を伝えるような宝物も出陳されます。   <br /> 聖武天皇ゆかりの北倉からは、シルクロードの遺風を伝える名品として夙(つと)に有名な漆胡瓶(しっこへい)が、正倉院展では18年ぶりに出陳されます( ※ )。また鳥木石夾纈屏風(とりきいしきょうけちのびょうぶ)は、聖武天皇のお側(そば)近くにあった屏風で、花鳥を愛でた当時の宮廷生活が垣間見られる宝物です。   <br /> また、本年は聖武天皇一周忌斎会(さいえ)で懸吊された大幡(だいばん)(灌頂幡(かんじょうばん))に関連する宝物がまとまって出陳されるのも注目されます。大幡は総長13~15メートルに及ぶと考えられる巨大な幡で、多数の幡が法会(ほうえ)の場を華やかに飾ったと考えられます。今回は幡の本体、脚、脚先の飾り、芯に使われた裂(きれ)が出陳され、その全容が想像されます。   <br /> ところで、本年は多種多様な金工品が出陳されるのも注目されます。宝庫に伝わった奈良時代の銅銭、唐と日本の鏡、合金に用いられる金属のインゴットなどの鋳造(ちゅうぞう)に関係する品々、あるいは漆胡瓶と同じく平脱(へいだつ)技法が用いられた竽(う)、笙(しょう)、平脱鳳凰頭(へいだつのほうおうのかしら)などの装飾性豊かな器物類、そして目にも美しい様々な飾り金具など、金属と古代の日本人の関係にも思いを馳せていただければ幸いです。   <br /> このほか、素材の異なる3種の笏(しゃく)や、高度な技法で作られた象牙(ぞうげ)の櫛、近時の調査で染色材料が判明した愛らしい鳥形の飾りなど、天平の技と風俗にもご注目下さい。 <br /> ※公開は、御即位20年記念特別展「皇室の名宝」(東京国立博物館 平成21年)以来、7年ぶり    <br /><br /><br /><a href="https://blog-imgs-95-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_161021_15460001.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-95-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_161021_15460001s.jpg" alt="mini_161021_15460001.jpg" border="0"align="left" width="250" height="187" /></a><br /><br /> 平成28年10月22日(土)~平成28年11月7日(月)<br /><br /> @ <a href="http://www.narahaku.go.jp/" target="_blank" title="奈良国立博物館">奈良国立博物館</a> 東新館・西新館<br clear=all></p></blockquote><br /><br /><br /><br />"奈良"に行くたびに思うのですが<br /><strong>奈良をなめちゃいけない</strong>。<br />なんでこんなに混んでいるの?と行くたびに思うのです。<br />「まだ(公式には)正倉院展もやってないのにねぇ」ってお互いもう何十年も奈良市民の友人と愚痴(?)<br />昔は奈良をなめちゃいけないって思うのは日曜祭日くらいだったのですけれどね。<br />喜ぶべきなのか・・・<br />元のゆったりのんびりした奈良を懐かしんで複雑なところです。<br /><br /><br />
  • Date : 2016-10-21 (Fri)
  • Category : 展覧会
664

ブラタモリ 3  函館 川越 奈良 仙台

NHKのブラタモリご覧になっていますか?昨年2週にわたって放送された奈良の回は、へ~、ほぉ~の連続で興味深く視聴したのですが、本になりました(*^^)v     ブラタモリ 3  函館 川越 奈良 仙台案内人のコラム等、番組をより深く再現していてGOOD!奈良は歴史がわからないと意味がわからない=年表もついてきます。他の都市も面白いですよ♡ (特に見逃した函館!)街歩きは様々紹介されていますけれど、ブラタモリの視点は独... <a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%BF%E3%83%A2%E3%83%AA-%E5%87%BD%E9%A4%A8-%E5%B7%9D%E8%B6%8A-%E5%A5%88%E8%89%AF-%E4%BB%99%E5%8F%B0/dp/4041043239%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4041043239" style="text-decoration:none;" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-95-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/31s.jpg" title="クリエーター情報なし" border="0"align="right"></a>NHKのブラタモリご覧になっていますか?<br /><br />昨年2週にわたって放送された<a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-632.html" target="_blank" title="奈良の回">奈良の回</a>は、へ~、ほぉ~の連続で興味深く視聴したのですが、本になりました(*^^)v<br /><br />     <a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%BF%E3%83%A2%E3%83%AA-%E5%87%BD%E9%A4%A8-%E5%B7%9D%E8%B6%8A-%E5%A5%88%E8%89%AF-%E4%BB%99%E5%8F%B0/dp/4041043239%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4041043239" style="text-decoration:none;" target="_blank"><strong>ブラタモリ 3  函館 川越 奈良 仙台</strong></a><br /><br />案内人のコラム等、番組をより深く再現していてGOOD!<br /><br />奈良は歴史がわからないと意味がわからない=年表もついてきます。<br /><br />他の都市も面白いですよ♡ (特に見逃した函館!)<br /><br />街歩きは様々紹介されていますけれど、ブラタモリの視点は独特で、タモリさんの博覧強記ぶりには毎回頭が下がります。<br /><br /><br />→は、なつかしの桑子さんとの2ショット写真ですけれど、これは初回版。<br />タモリさんの特製ステッカーが付いてきます♪<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%BF%E3%83%A2%E3%83%AA-%E5%87%BD%E9%A4%A8-%E5%B7%9D%E8%B6%8A-%E5%A5%88%E8%89%AF-%E4%BB%99%E5%8F%B0/dp/4041043239%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4041043239" style="text-decoration:none;" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51PDT9EUZ2L._SL160_.jpg" title="クリエーター情報なし" border="0"align="left"></a><br />これが通常版のようです。<br /><br />ステッカーが欲しい方はお急ぎください(笑)<br /><br clear=all><br /><br /><br /><br />
663

ミシュランガイド奈良2017

ミシュランガイド奈良2017が発表になりました。奈良はウェブのみの公開。(月額324円~。登録月は無料。新規掲載店は20日まで無料) ☆☆☆和 やまむら(日本料理、奈良市) (6年連続!) ☆☆温石(同、奈良市)▽白(同、奈良市)▽花墻(同、奈良市)▽夢窓庵(同、奈良市) ☆秋篠の森 なず菜(日本料理、奈良市)▽味の旅人 浪漫(同、奈良市)▽オルケストラータ(イタリア料理、奈良市)▽かこむら(日本料理、奈良市)▽玄(蕎麦... ミシュランガイド奈良2017が発表になりました。<br /><br />奈良は<a href="https://clubmichelin.jp/?__ngt__=TT0c6895ee3000ac1e4a102dx9VRrDNtTiFFag2oq9L38A" target="_blank" title="ウェブ">ウェブ</a>のみの公開。(月額324円~。登録月は無料。新規掲載店は20日まで無料)<br /><br /><br /> ☆☆☆<br />和 やまむら(日本料理、奈良市) (6年連続!)<br /><br /> ☆☆<br />温石(同、奈良市)▽<strong>白</strong>(同、奈良市)▽花墻(同、奈良市)▽夢窓庵(同、奈良市)<br /><br /> ☆<br />秋篠の森 なず菜(日本料理、奈良市)▽味の旅人 浪漫(同、奈良市)▽<strong>オルケストラータ</strong>(イタリア料理、奈良市)▽<strong>かこむら</strong>(日本料理、奈良市)▽玄(蕎麦、奈良市)▽神戸亭(串揚げ、奈良市)▽枯淡(日本料理、奈良市)▽<strong>三九 みつまた</strong>(同、奈良市)▽MASUDA(串揚げ、奈良市)▽万惣(日本料理、奈良市)▽<strong>一如庵</strong>(蕎麦、宇陀市)▽<strong>森本</strong>(日本料理、橿原市)▽<strong>味の風 にしむら</strong>(同、桜井市)▽<strong>オーベルジュ・ド・ぷれざんす</strong>(フランス料理、桜井市)▽<strong>ア・ヴォートル・サンテ</strong>(同、生駒市)▽<strong>尾川</strong>(日本料理、大和郡山市)▽<strong>源兵衛</strong>(同、五條市)<br /><br />赤字は昨年から増えたもの。(減った店もありますが・・・お暇でしたら<a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-642.html" target="_blank" title="昨年">昨年</a>のと見比べてくださいなぁ)<br />純粋に新店というわけではなく、復活のものも。<br />奈良市外の県下が復活したのはよかったですよね。<br /><br />6年連続の☆☆☆のやまむらさんはすごいですよねぇ。<br />何度でも行きたいお店です♡<br /><br />「ビブグルマン」は26店、今回初めて掲載の「おすすめの店」は97店。<br /><br />・<a href="https://clubmichelin.jp/contents/curation/14" target="_blank" title="わざわざ訪れたい「ミシュランガイド奈良2017特別版」の飲食店"><strong>わざわざ訪れたい「ミシュランガイド奈良2017特別版」の飲食店 LINK<br /></strong></a><span style="color:#666666"><span style="font-size:x-small;">「ミシュランガイド奈良2017特別版」のセレクションが本サイト限定で公開となりました。<br />2017年度の新規掲載の飲食店や新たに一つ星に昇格したお店の情報をまとめています。<br />奈良県は、大和野菜、大和ポーク、大和肉鶏、三輪素麺など独特の名産品も多く、そうした食材を使った料理を提供するお店が数多く掲載されており、観光だけでなく美食を目的で訪れたくなるお店が揃っております。 是非、思わず足を運びたくなる奈良県の美味しい食べどころをお楽しみください。</span></span><br /><br /><br /><br /><br /><br />個人的に<br /><a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-663.html?q=%E8%87%A5%E9%BE%8D%E5%9D%8A&amp;charset=utf-8" target="_blank" title="臥龍坊">臥龍坊</a>が載っているのには感激(昔三条通に在ったころにちょくちょく行かせてもらってました)<br />おじさん、お元気かなぁ。<br /><br /><br />
665

家庭画報 2016年 11月号

家庭画報 2016年 11月号の特集いま話題のアートスポットを訪ねて  秋、魅惑の「美術館」紀行 の中で(今をときめく)草刈正雄さんが 松伯美術館 を訪ねてくださってました。  ◎草刈正雄~近代日本画の真髄に触れる旅日本画とはなんぞやのコラムがあったりなかなか読み応えがありましたよ。松伯美術館〒631-0004 奈良県奈良市登美ヶ丘2丁目1-4 特別展「花鳥画の心」展 ~ 受け継がれる東洋の自然観と理想世界 ~   平... <a href="http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%B6%E5%BA%AD%E7%94%BB%E5%A0%B1-2016%E5%B9%B4-11%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B01LN9N32S%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB01LN9N32S" style="text-decoration:none;" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-95-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/gahou11s.jpg" align="right"title="クリエーター情報なし" border="0"></a><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%B6%E5%BA%AD%E7%94%BB%E5%A0%B1-2016%E5%B9%B4-11%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B01LN9N32S%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB01LN9N32S" style="text-decoration:none;" target="_blank">家庭画報 2016年 11月号</a>の特集<br /><br />いま話題のアートスポットを訪ねて  <strong>秋、魅惑の「美術館」紀行</strong> の中で<br /><br />(今をときめく)草刈正雄さんが <strong><a href="http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/shohaku/" target="_blank" title="松伯美術館">松伯美術館</a></strong> を訪ねてくださってました。<br />  ◎草刈正雄~近代日本画の真髄に触れる旅<br />日本画とはなんぞやのコラムがあったりなかなか読み応えがありましたよ。<br /><br /><br /><br /><strong><a href="http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/shohaku/" target="_blank" title="松伯美術館">松伯美術館</a></strong><br /><span style="font-size:x-small;">〒631-0004 奈良県奈良市登美ヶ丘2丁目1-4<br /></span><br clear=all><br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="https://blog-imgs-95-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/shouhaku.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-95-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/shouhakus.png" alt="shouhaku.png" border="0" width="281" height="400" /></a> <a href="https://blog-imgs-95-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/shouhaku2.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-95-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/shouhaku2s.png" alt="shouhaku2.png" border="0" width="285" height="400" /></a><br />特別展「花鳥画の心」展 ~ 受け継がれる東洋の自然観と理想世界 ~<br />   平成28年10月7日(金)~11月27日(日)<br /><br /><br /><br />
662

奈良少年刑務所を観光施設に

奈良少年刑務所を観光施設に=ホテル、博物館への転用検討―法務省                            時事通信 7月28日(木)18時55分配信  法務省は28日、今年度末に閉鎖する奈良少年刑務所(奈良市)を観光施設に転用すると発表した。  同刑務所は明治時代の赤れんが建築として歴史的価値が高く、ホテルや博物館など観光施設として保存、活用することを検討する。  民間資金活用による社会資本整備(PFI... <blockquote><p> <strong>奈良少年刑務所を観光施設に=ホテル、博物館への転用検討―法務省</strong><br />                            時事通信 7月28日(木)18時55分配信 <br /><br /> 法務省は28日、今年度末に閉鎖する奈良少年刑務所(奈良市)を観光施設に転用すると発表した。<br /><br />  同刑務所は明治時代の赤れんが建築として歴史的価値が高く、ホテルや博物館など観光施設として保存、活用することを検討する。<br /><br />  民間資金活用による社会資本整備(PFI)方式による運営を計画しており、今後は主体となる事業者を募集し、具体化を進める。<br /><br />  政府は訪日外国人観光客4000万人の目標達成に向けた観光業強化を推進しており、奈良少年刑務所の観光施設転用はその一環。<br /><br />  1908年に「奈良監獄」として完成した重厚な建物は、文化財指定に向けた調査も行われている。海外では歴史のある刑務所を観光ホテルに転用した例は多い。国内では旧網走監獄(北海道網走市)が移築され博物館として一般公開されている。<br /></p></blockquote><br /><br /><span style="text-align:center;display:block;"><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a30432ece.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a30432ece.jpg" border="0" alt="" ></a></span><br><br />   私も<a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-188.html" target="_blank" title="見学に行った ">見学に行った</a>ことのある奈良少年刑務所。<br />   法務省自身が観光施設に転用すると発表したのはびっくりしましたが<br />   本来の用途にはふさわしい建物がほかにあるべきでしょうし<br />   面白いのではないでしょうか。<br /><br /><br />
  • Date : 2016-07-28 (Thu)
  • Category : 建築
661

名品展 珠玉の仏たち 〈なら仏像館〉

 4月29日にリニューアルオープンした なら仏像館に行ってみました。なら仏像館は=奈良国立博物館旧館(1894年築・片山東熊設計・重文) ですが、なんと雨漏り(2013-08-06)で国宝の仏像を濡らして・・・・・で、リニューアル。躯体部は変更なく(変更できないのだとは思いますが) 内装がきれいになりました。(正確には「免震機能を持った展示ケース・展示台の整備と、付随する床壁天井など内装と照明設備の刷新、関連設備... <a href="https://blog-imgs-93-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/img026.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-93-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/img026s.jpg" alt="img026.jpg" border="0" width="285" height="400" /></a>  <a href="https://blog-imgs-93-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/img027.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-93-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/img027s.jpg" alt="img027.jpg" border="0" width="281" height="400" /></a><br /><br />4月29日にリニューアルオープンした <a href="http://www.narahaku.go.jp/guide/02.html" target="_blank" title="なら仏像館">なら仏像館</a>に行ってみました。<br /><a href="http://www.narahaku.go.jp/guide/02.html" target="_blank" title="なら仏像館">なら仏像館</a>は=奈良国立博物館旧館(1894年築・片山東熊設計・重文) ですが、なんと<a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-564.html" target="_blank" title="雨漏り">雨漏り</a>(2013-08-06)で国宝の仏像を濡らして・・・・・で、リニューアル。<br />躯体部は変更なく(変更できないのだとは思いますが) 内装がきれいになりました。(正確には「免震機能を持った展示ケース・展示台の整備と、付随する床壁天井など内装と照明設備の刷新、関連設備などの改修」だそうです)<br /><br />こちらでは、飛鳥時代から鎌倉時代にいたる日本の仏像を中心に、国宝、重要文化財を含む常時100体近くの仏像を展示しています。(現在展示されている仏像は<a href="http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2016mei/2016mei_chokoku_list.pdf" target="_blank" title="こちら">こちら</a>) <br />大小、時代も様々な仏像を拝見できて素敵な場所ですね。<br />興福寺の阿修羅像ばかりではなくこちらでもお気に入りが見つかるのでは?<br /><br />新館の方の <a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-660.html" target="_blank" title="特別展・国宝 信貴山縁起絵巻 ―朝護孫子寺と毘沙門天王信仰の至宝― ">特別展・国宝 信貴山縁起絵巻 ―朝護孫子寺と毘沙門天王信仰の至宝―</a>展 で既に疲れていたのと、修学旅行か遠足の中学生がうろうろしていたのであまりゆっくりとは見られなかったのですが、また暇なときにゆっくり観たいと思います。<br /><br />件の中学生たち、何やら指令がでているようで、持参の冊子の○○○○像などの空欄に一生懸命書き込んでいました。<br />東大寺の大仏だけではなく、何かしら心に残ってまた年を重ねてからゆっくり見に来てくれたらいいなぁとおばさんは思いましたよ(老婆心という)<br /><br />そうそう、<a href="http://culturecenter.todaiji.or.jp/museum/" target="_blank" title="東大寺ミュージアム">東大寺ミュージアム</a>もお忘れなく。<br /><br /><br />
  • Date : 2016-05-13 (Fri)
  • Category : 展覧会
659

前方後円墳のルーツ発見か 奈良で弥生末期の円形墓

【備忘録】前方後円墳のルーツ発見か 奈良で弥生末期の円形墓 @朝日新聞 2016年5月12日19時42分  奈良県橿原(かしはら)市の瀬田遺跡で弥生時代終末期(2世紀中ごろ~後半)とみられる円形の墓が見つかった。奈良文化財研究所(奈文研)が12日発表した。円形の一部に四角い突出部があることから、専門家は「前方後円墳のルーツではないか」と指摘する。 ポリテクセンター奈良(奈良職業能力開発促進センター)の建て替え... 【備忘録】<br /><blockquote><p><strong>前方後円墳のルーツ発見か 奈良で弥生末期の円形墓</strong> @朝日新聞 2016年5月12日19時42分<br /> <a href="https://blog-imgs-93-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/2016-05-13.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-93-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/2016-05-13.png" alt="2016-05-13.png" border="0" width="201" height="315" align="right"></a><br /> 奈良県橿原(かしはら)市の瀬田遺跡で弥生時代終末期(2世紀中ごろ~後半)とみられる円形の墓が見つかった。奈良文化財研究所(奈文研)が12日発表した。円形の一部に四角い突出部があることから、専門家は「前方後円墳のルーツではないか」と指摘する。<br /><br /> ポリテクセンター奈良(奈良職業能力開発促進センター)の建て替えに伴う発掘調査で確認された。円の直径は約19メートルで、周囲を幅約6メートル、深さ約50センチの溝が巡る「円形周溝墓(えんけいしゅうこうぼ)」。周溝を含めた直径は最大約31メートルに及ぶ。奈文研は、当時の奈良盆地で最大規模とみている。突出部は南側にあったとみられ、長さは約7メートル。墓への通路となる「陸橋」だったとみられる。<br /><br /> 今回の調査では、7世紀後半の藤原京の時代とみられる大型建物跡などの遺構も出土し、墓はその下層で見つかった。墳丘は削られ、埋葬施設などは残っていなかった。<br /><br /> 約7キロ北東の同県桜井市には、女王・卑弥呼(ひみこ)が治めた邪馬台国の有力候補地とされる纒向(まきむく)遺跡(国史跡、3世紀初め~4世紀初め)がある。遺跡内には最古の大型前方後円墳とされる箸墓(はしはか)古墳(3世紀中ごろ~後半、墳丘長約280メートル)のほか、後円部に比べて前方部が小さい纒向石塚古墳(国史跡、墳丘長約96メートル、3世紀前半~中ごろ)などの「纒向型」前方後円墳と呼ばれる古墳も点在する。<br /><br /> 前方後円墳は陸橋(突出部)が次第に大きくなって前方部に発展したとの説があり、今回見つかった墓は纒向石塚古墳を数十年さかのぼるとみられる。石野博信・兵庫県立考古博物館名誉館長(考古学)も「この墓は前方後円墳のルーツとなる可能性があり、その後の前方後円墳に発展したのではないか」とみている。<br /><br /> 現地見学会は15日午前10時~午後3時。小雨決行。問い合わせは奈文研の都城発掘調査部(0744・24・1122)。(田中祐也)  <br /></p></blockquote><br /><br />これはすごい発見ですよねぇ。<br />奈良に前方後円墳のルーツ(のひとつ?)があったとは!<br /><br /><br />
  • Date : 2016-05-13 (Fri)
  • Category : 歴史
660

特別展・国宝 信貴山縁起絵巻 ―朝護孫子寺と毘沙門天王信仰の至宝―

   特別展・国宝 信貴山縁起絵巻 ―朝護孫子寺と毘沙門天王信仰の至宝―です。4月9日からスタートしているのですが、うかうかしているうちにGWになり、その後は雨続き・・・あわてて行ってきました。信貴山縁起絵巻です。鳥獣戯画ほどには知名度が高くないかもしれませんけど、国宝。信貴山の中興である命蓮という僧を主人公とした霊験譚で、、軽妙洒脱な筆で人物や動物の動きや表情をうまくとらえていて面白く、風景描写も優れ... <a href="https://blog-imgs-93-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img007.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-93-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img007s.jpg" alt="img007.jpg" border="0" width="282" height="400" /></a> <a href="https://blog-imgs-93-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img008.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-93-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img008s.jpg" alt="img008.jpg" border="0" width="282" height="400" /></a><br /> <a href="https://blog-imgs-93-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img010.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-93-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img010s.jpg" alt="img010.jpg" border="0" width="280" height="400" /></a><a href="https://blog-imgs-93-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img009.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-93-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img009s.jpg" alt="img009.jpg" border="0" width="281" height="400" /></a><br /><br /> <a href="http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2016toku/shigisan/shigisan_index.html" target="_blank" title="特別展・国宝 信貴山縁起絵巻 ―朝護孫子寺と毘沙門天王信仰の至宝―">特別展・国宝 信貴山縁起絵巻 ―朝護孫子寺と毘沙門天王信仰の至宝―</a>です。<br /><br />4月9日からスタートしているのですが、うかうかしているうちにGWになり、その後は雨続き・・・あわてて行ってきました。<br /><br />信貴山縁起絵巻です。鳥獣戯画ほどには知名度が高くないかもしれませんけど、国宝。<br />信貴山の中興である命蓮という僧を主人公とした霊験譚で、、軽妙洒脱な筆で人物や動物の動きや表情をうまくとらえていて面白く、風景描写も優れていて、楽しいものです。<br />前にどこかで一部(俵が飛ぶところ)は見たことがあるのですが、全巻は初めて。<br />日本のマンガのルーツのひとつとされているようです。<br /><br />他に朝護孫子寺の寺宝の数々も関連する寺外の名品とともに公開されていて、信貴山毘沙門天王への信仰が生み出した造形を観ることもできます。<br />小さいかわいい仏像もあってツボ!<br /><br /><br />すんなり入場することはできたのですが、絵巻を最前列で観るための列に並ぶこと40分以上。<br />その後も牛歩で、なかなか進まず・・・<br />ま、絵巻は小さくてしっかり描きこんであるので、しっかり観るのにはどうしても時間がかかるのは予想通り。<br />もっとゆっくり見られればもっと面白いところを発見できるのかもという気がしました。<br /><br />22日までです。お急ぎください。<br /><br /><blockquote><p><a href="http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2016toku/shigisan/shigisan_index.html" target="_blank" title="国宝 信貴山縁起絵巻 ―朝護孫子寺と毘沙門天王信仰の至宝― ">国宝 信貴山縁起絵巻 ―朝護孫子寺と毘沙門天王信仰の至宝―</a><br /><br /> 毘沙門天王の聖地として聖徳太子により創建されたと伝えられる信貴山朝護孫子寺(しぎさんちょうごそんしじ)。その篤い信仰のもとに制作された国宝 信貴山縁起絵巻は、日本三大絵巻の一つに数えられる平安絵画の名品として知られています。山崎長者巻、延喜加持巻、尼公巻の全三巻には、鉢が空を飛び米俵が舞い上がる、剣をまとう童子が大空を駆けめぐるといった摩訶不思議なストーリーが、躍動感あふれる画面の中に次々と展開します。<br />  本展覧会は、この人々を魅了してやまない信貴山縁起絵巻の全貌を一堂に紹介し、その寺院縁起としての意義を朝護孫子寺の信仰の歴史の中に位置づけようとするものです。全会期中を通じて三巻すべての場面を同時公開する史上初めての試みであり、国宝絵巻の魅力を心ゆくまでご堪能いただけるまたとない機会となります。さらに、朝護孫子寺の寺宝の数々を関連する寺外の名品とともに公開することで、信貴山毘沙門天王への信仰が生み出した造形の魅力にも迫ります。 <br /><br />@<a href="http://www.narahaku.go.jp/index.html" target="_blank" title="奈良国立博物館">奈良国立博物館</a><br />平成28年4月9日(土)~平成28年5月22日(日)</p></blockquote><br /><br />  GWも終わったウィークデーなのに、奈良公園には「何しに?」と思うくらいの観光バスや、人の波。<br />  午後になっても渋滞で・・・<br />  奈良をなめてはいけませんでした(・・;)<br />  (奈良市民のセリフだろうか⁇)<br /><br />
  • Date : 2016-05-12 (Thu)
  • Category : 展覧会
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。