カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1381' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
677

『桜奉行 幕末奈良を再生した男 川路聖謨』

佐保川沿いの桜が奈良奉行・川路聖謨さんの奨励によって植えられたことはよく知られていると思うのですけれど、それ以上のことは知らず・・・桜奉行 幕末奈良を再生した男 川路聖謨が出版されていたことに気づいたので読んでみました。桜奉行 幕末奈良を再生した男 川路聖謨大国ロシア相手に和親条約締結を成し遂げた幕末敏腕外交官・川路聖謨その知られざる奈良奉行時代を直木賞作家が描く明治元年三月十五日──江戸城総攻撃の日 ... 佐保川沿いの桜が奈良奉行・川路聖謨さんの奨励によって植えられたことはよく知られていると思うのですけれど、それ以上のことは知らず・・・<br /><br /><a href="https://www.amazon.co.jp/%E6%A1%9C%E5%A5%89%E8%A1%8C-%E5%B9%95%E6%9C%AB%E5%A5%88%E8%89%AF%E3%82%92%E5%86%8D%E7%94%9F%E3%81%97%E3%81%9F%E7%94%B7-%E5%B7%9D%E8%B7%AF%E8%81%96%E8%AC%A8-%E5%87%BA%E4%B9%85%E6%A0%B9-%E9%81%94%E9%83%8E/dp/4842601205?SubscriptionId=AKIAIRNYLEHVWKXBWIKA&tag=atelierun-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4842601205" style="text-decoration:none;" target="_blank">桜奉行 幕末奈良を再生した男 川路聖謨</a>が出版されていたことに気づいたので読んでみました。<br /><br /><blockquote><p><a href="https://www.amazon.co.jp/%E6%A1%9C%E5%A5%89%E8%A1%8C-%E5%B9%95%E6%9C%AB%E5%A5%88%E8%89%AF%E3%82%92%E5%86%8D%E7%94%9F%E3%81%97%E3%81%9F%E7%94%B7-%E5%B7%9D%E8%B7%AF%E8%81%96%E8%AC%A8-%E5%87%BA%E4%B9%85%E6%A0%B9-%E9%81%94%E9%83%8E/dp/4842601205?SubscriptionId=AKIAIRNYLEHVWKXBWIKA&tag=atelierun-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4842601205" style="text-decoration:none;" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51tjb97ZRoL._SL160_.jpg" title="クリエーター情報なし" border="0"align="left"></a><a href="https://www.amazon.co.jp/%E6%A1%9C%E5%A5%89%E8%A1%8C-%E5%B9%95%E6%9C%AB%E5%A5%88%E8%89%AF%E3%82%92%E5%86%8D%E7%94%9F%E3%81%97%E3%81%9F%E7%94%B7-%E5%B7%9D%E8%B7%AF%E8%81%96%E8%AC%A8-%E5%87%BA%E4%B9%85%E6%A0%B9-%E9%81%94%E9%83%8E/dp/4842601205?SubscriptionId=AKIAIRNYLEHVWKXBWIKA&tag=atelierun-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4842601205" style="text-decoration:none;" target="_blank">桜奉行 幕末奈良を再生した男 川路聖謨</a><br clear=all><br /><br />大国ロシア相手に和親条約締結を成し遂げた幕末敏腕外交官・川路聖謨<br />その知られざる奈良奉行時代を直木賞作家が描く<br /><br />明治元年三月十五日──江戸城総攻撃の日 前日の勝・西郷会談での攻撃回避決定を知らなかった川路聖謨(としあきら)は切腹の上ピストル自殺した──その時彼の目に映ったものは 奉行として初めて目にした古都奈良の桜ではなかったか<br />世相がすさみ町も寺もあれていた奈良を立て直した人間味豊かな川路。なかでも特筆すべきは庶民も巻き込んだ桜楓の植樹活動である<br />その時植えられた桜は 百六十年たった今も 奉行所の裏を流れる佐保川の堤で美しい花を咲かせている <br /></p></blockquote><br /><br />川路聖謨さんは"左遷"されてきた奈良奉行時代、日誌を江戸の母に送っていて、それを基に描いている。<br />筋が通っているわけではない(佐渡奉行だったころのことを描いてみたり)ので少々読み辛いが、<strong>幕末の奈良の様子、聖謨の人となり</strong>等興味深く読んだ。<br />当時としてはユニークな人だったのだろうけれど、合理的な考え方の人で人間味があり、とても面白い。<br />帯に「大国ロシア相手に和親条約締結を成し遂げた幕末の敏腕外交官」「明治元年江戸城総攻撃予定の日にピストル自殺した」とあり苛烈な人柄を想起させるが、本文ではそうは思えない。<br />看板の桜奉行もその片鱗が見えないのを残念に思ったら、本書は5年間の奈良奉行時代のたった半年分で、第2部以降があるらしい・・・<br />次巻以降も楽しみにしておこう。<br /><br /><br />
664

ブラタモリ 3  函館 川越 奈良 仙台

NHKのブラタモリご覧になっていますか?昨年2週にわたって放送された奈良の回は、へ~、ほぉ~の連続で興味深く視聴したのですが、本になりました(*^^)v     ブラタモリ 3  函館 川越 奈良 仙台案内人のコラム等、番組をより深く再現していてGOOD!奈良は歴史がわからないと意味がわからない=年表もついてきます。他の都市も面白いですよ♡ (特に見逃した函館!)街歩きは様々紹介されていますけれど、ブラタモリの視点は独... <a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%BF%E3%83%A2%E3%83%AA-%E5%87%BD%E9%A4%A8-%E5%B7%9D%E8%B6%8A-%E5%A5%88%E8%89%AF-%E4%BB%99%E5%8F%B0/dp/4041043239%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4041043239" style="text-decoration:none;" target="_blank"><img src="//blog-imgs-95-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/31s.jpg" title="クリエーター情報なし" border="0"align="right"></a>NHKのブラタモリご覧になっていますか?<br /><br />昨年2週にわたって放送された<a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-632.html" target="_blank" title="奈良の回">奈良の回</a>は、へ~、ほぉ~の連続で興味深く視聴したのですが、本になりました(*^^)v<br /><br />     <a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%BF%E3%83%A2%E3%83%AA-%E5%87%BD%E9%A4%A8-%E5%B7%9D%E8%B6%8A-%E5%A5%88%E8%89%AF-%E4%BB%99%E5%8F%B0/dp/4041043239%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4041043239" style="text-decoration:none;" target="_blank"><strong>ブラタモリ 3  函館 川越 奈良 仙台</strong></a><br /><br />案内人のコラム等、番組をより深く再現していてGOOD!<br /><br />奈良は歴史がわからないと意味がわからない=年表もついてきます。<br /><br />他の都市も面白いですよ♡ (特に見逃した函館!)<br /><br />街歩きは様々紹介されていますけれど、ブラタモリの視点は独特で、タモリさんの博覧強記ぶりには毎回頭が下がります。<br /><br /><br />→は、なつかしの桑子さんとの2ショット写真ですけれど、これは初回版。<br />タモリさんの特製ステッカーが付いてきます♪<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%BF%E3%83%A2%E3%83%AA-%E5%87%BD%E9%A4%A8-%E5%B7%9D%E8%B6%8A-%E5%A5%88%E8%89%AF-%E4%BB%99%E5%8F%B0/dp/4041043239%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4041043239" style="text-decoration:none;" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51PDT9EUZ2L._SL160_.jpg" title="クリエーター情報なし" border="0"align="left"></a><br />これが通常版のようです。<br /><br />ステッカーが欲しい方はお急ぎください(笑)<br /><br clear=all><br /><br /><br /><br />
665

家庭画報 2016年 11月号

家庭画報 2016年 11月号の特集いま話題のアートスポットを訪ねて  秋、魅惑の「美術館」紀行 の中で(今をときめく)草刈正雄さんが 松伯美術館 を訪ねてくださってました。  ◎草刈正雄~近代日本画の真髄に触れる旅日本画とはなんぞやのコラムがあったりなかなか読み応えがありましたよ。松伯美術館〒631-0004 奈良県奈良市登美ヶ丘2丁目1-4 特別展「花鳥画の心」展 ~ 受け継がれる東洋の自然観と理想世界 ~   平... <a href="http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%B6%E5%BA%AD%E7%94%BB%E5%A0%B1-2016%E5%B9%B4-11%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B01LN9N32S%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB01LN9N32S" style="text-decoration:none;" target="_blank"><img src="//blog-imgs-95-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/gahou11s.jpg" align="right"title="クリエーター情報なし" border="0"></a><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%B6%E5%BA%AD%E7%94%BB%E5%A0%B1-2016%E5%B9%B4-11%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B01LN9N32S%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB01LN9N32S" style="text-decoration:none;" target="_blank">家庭画報 2016年 11月号</a>の特集<br /><br />いま話題のアートスポットを訪ねて  <strong>秋、魅惑の「美術館」紀行</strong> の中で<br /><br />(今をときめく)草刈正雄さんが <strong><a href="http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/shohaku/" target="_blank" title="松伯美術館">松伯美術館</a></strong> を訪ねてくださってました。<br />  ◎草刈正雄~近代日本画の真髄に触れる旅<br />日本画とはなんぞやのコラムがあったりなかなか読み応えがありましたよ。<br /><br /><br /><br /><strong><a href="http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/shohaku/" target="_blank" title="松伯美術館">松伯美術館</a></strong><br /><span style="font-size:x-small;">〒631-0004 奈良県奈良市登美ヶ丘2丁目1-4<br /></span><br clear=all><br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="//blog-imgs-95-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/shouhaku.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-95-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/shouhakus.png" alt="shouhaku.png" border="0" width="281" height="400" /></a> <a href="//blog-imgs-95-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/shouhaku2.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-95-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/shouhaku2s.png" alt="shouhaku2.png" border="0" width="285" height="400" /></a><br />特別展「花鳥画の心」展 ~ 受け継がれる東洋の自然観と理想世界 ~<br />   平成28年10月7日(金)~11月27日(日)<br /><br /><br /><br />
648

『与楽の飯 東大寺造仏所炊屋私記』

『与楽の飯 東大寺造仏所炊屋私記』 です。表紙の絵でおわかりになるかと思いますが、東大寺の大仏を建立するために全国から徴発されてきた若者たちや、その労働の様子などを労働者の飯場(造仏所炊屋)を定点観測地にして描いています。江戸城を建てたのは?というクイズの答えがが大田道灌ではない(答:大工さん!)のと同様、大仏を建てたのは聖武天皇ではないのです。工事の様子、食の様子や、行基の最晩年等周辺情報も豊富... <a href="http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%8E%E6%A5%BD%E3%81%AE%E9%A3%AF-%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E5%AF%BA%E9%80%A0%E4%BB%8F%E6%89%80%E7%82%8A%E5%B1%8B%E7%A7%81%E8%A8%98-%E6%BE%A4%E7%94%B0-%E7%9E%B3%E5%AD%90/dp/4334910424%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4334910424" style="text-decoration:none;" target="_blank"><img src="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/yoraku.png" title="クリエーター情報なし" border="0"></a><br /><br />『<a href="http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%8E%E6%A5%BD%E3%81%AE%E9%A3%AF-%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E5%AF%BA%E9%80%A0%E4%BB%8F%E6%89%80%E7%82%8A%E5%B1%8B%E7%A7%81%E8%A8%98-%E6%BE%A4%E7%94%B0-%E7%9E%B3%E5%AD%90/dp/4334910424%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4334910424" style="text-decoration:none;" target="_blank">与楽の飯 東大寺造仏所炊屋私記</a>』 です。<br /><br />表紙の絵でおわかりになるかと思いますが、東大寺の大仏を建立するために全国から徴発されてきた若者たちや、その労働の様子などを労働者の飯場(造仏所炊屋)を定点観測地にして描いています。<br /><span style="font-size:x-small;">江戸城を建てたのは?というクイズの答えがが大田道灌ではない(答:大工さん!)のと同様、</span>大仏を建てたのは聖武天皇ではないのです。<br /><br />工事の様子、食の様子や、行基の最晩年等周辺情報も豊富で資料として興味深く読みました。<br /><br /><blockquote><p>時は奈良時代。聖武天皇が命じた東大寺大仏造営事業は、まだ端緒に就いたばかり。労役に当たるため、故郷から造仏所に徴発されてきた若者・真楯(またて)は、仏が本当にいるなど、思ったためしがない。だが、造仏所炊屋(かしきや)の炊男・宮麻呂が作る絶品の飯を心のよりどころに、仲間たちに支えられながら厳しい労苦に耐えるうち、しだいに食とは、仏とは何かに気付いていく――。現在、最も注目される著者が描く、傑作時代小説! </p></blockquote><br /><br /><br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/%E5%AD%A4%E9%B7%B9%E3%81%AE%E5%A4%A9-%E4%B8%8A-%E5%BE%B3%E9%96%93%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%BE%A4%E7%94%B0-%E7%9E%B3%E5%AD%90/dp/4198937419%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4198937419" style="text-decoration:none;" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/518L0yklZdL._SL160_.jpg" title="クリエーター情報なし" border="0"></a> <a href="http://www.amazon.co.jp/%E5%AD%A4%E9%B7%B9%E3%81%AE%E5%A4%A9-%E4%B8%8B-%E5%BE%B3%E9%96%93%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%BE%A4%E7%94%B0-%E7%9E%B3%E5%AD%90/dp/4198937427%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4198937427" style="text-decoration:none;" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51jlGI4XXIL._SL160_.jpg" title="クリエーター情報なし" border="0"></a><br />著者の澤田瞳子さんには、平城宮の大学寮に入った若者の成長を描いた『<a href="http://www.amazon.co.jp/%E5%AD%A4%E9%B7%B9%E3%81%AE%E5%A4%A9-%E4%B8%8A-%E5%BE%B3%E9%96%93%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%BE%A4%E7%94%B0-%E7%9E%B3%E5%AD%90/dp/4198937419%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4198937419" style="text-decoration:none;" target="_blank">孤鷹の天 上</a>・<a href="http://www.amazon.co.jp/%E5%AD%A4%E9%B7%B9%E3%81%AE%E5%A4%A9-%E4%B8%8B-%E5%BE%B3%E9%96%93%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%BE%A4%E7%94%B0-%E7%9E%B3%E5%AD%90/dp/4198937427%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4198937427" style="text-decoration:none;" target="_blank">下 </a>』という著作もあります。<br />資料が少ない中、よく調べて描いていらっしゃると思います。<br /><br /><blockquote><p>時は天平宝宇年間。藤原清河の家に仕える高向斐麻呂は14歳で大学寮に入寮した。ひそかに恋心を抱いていた清河の娘・広子のために、唐に渡った清河を迎えに行きたいという思いからだった。大学寮で学ぶのは儒学の基本理念である五常五倫。若者たちは互いに切磋琢磨しながら、将来は己が国を支えてゆくという希望を胸に抱いていた。だがそんな純粋な気持ちを裏切るかのように、政治の流れはうねりを増してゆく。第17回中山義秀文学賞受賞作品。</p></blockquote><br /><br /><br /><br />小説としての面白さは二の次で<span style="font-size:x-small;">(と言ったら怒られるかもしれませんが)</span>、奈良(場所&時代)に興味のある方には面白い小説かと思います。<br />よろしかったら・・・<br /><br /><br />
644

サライ 2015年 11 月号

サライ 2015年 11 月号が奈良特集です。  未体験の奈良へ読み応え十分でした。とりわけ大和「古道」巡礼の項。いつとは言えませんけれど、いつか歩いてみたいなと!永久(?)保存ですね❤... <a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%82%A4-2015%E5%B9%B4-11-%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B014TC1IH8%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB014TC1IH8" style="text-decoration:none;" target="_blank"><img src="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/201510231954569d1s.png" title="サライ 2015年 11 月号" border="0"></a><br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%82%A4-2015%E5%B9%B4-11-%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B014TC1IH8%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB014TC1IH8" style="text-decoration:none;" target="_blank">サライ 2015年 11 月号</a>が奈良特集です。<br /><br />  <span style="font-size:large;">未体験の奈良へ</span><br /><a href="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/sarai.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/sarais.jpg" alt="sarai.jpg" border="0" width="281" height="400" /></a><br /><br />読み応え十分でした。<br /><br />とりわけ<strong>大和「古道」巡礼</strong>の項。<br />いつとは言えませんけれど、いつか歩いてみたいなと!<br />永久(?)保存ですね❤<br /><br /><br />
637

ならめがね Vol.1 2015年秋号

新しく奈良の雑誌が創刊されました。ならめがね Vol.1 2015年秋号コンセプトが「ユルい・まったり・懐かしい」で、私の考える奈良のよさでとてもうれしい❤"一段高みの奈良町見物"という特集は(一段高みというのは人力車に乗っているので一段高いという意)一回り45分のコースを紹介。これが必ずしも人力車に乗らなくても一回りするコース紹介になっていて楽しい。奈良には40年住んでいますが、知らなかったこともあり、新しくで... <a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AA%E3%82%89%E3%82%81%E3%81%8C%E3%81%AD-Vol-1-2015%E5%B9%B4%E7%A7%8B%E5%8F%B7-EditZ/dp/4908361002%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4908361002" style="text-decoration:none;" target="_blank"><img src="//blog-imgs-82-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/narameganes.png" title="クリエーター情報なし" border="0"></a><br /><br />新しく奈良の雑誌が創刊されました。<br /><a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AA%E3%82%89%E3%82%81%E3%81%8C%E3%81%AD-Vol-1-2015%E5%B9%B4%E7%A7%8B%E5%8F%B7-EditZ/dp/4908361002%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4908361002" style="text-decoration:none;" target="_blank">ならめがね Vol.1 2015年秋号</a><br /><br />コンセプトが「ユルい・まったり・懐かしい」で、私の考える奈良のよさでとてもうれしい❤<br /><br />"一段高みの奈良町見物"という特集は(一段高みというのは人力車に乗っているので一段高いという意)一回り45分のコースを紹介。<br />これが必ずしも人力車に乗らなくても一回りするコース紹介になっていて楽しい。<br /><br />奈良には40年住んでいますが、知らなかったこともあり、新しくできたお店もありで、なかなか読みごたえ十分です。<br />(早速行ってみようと思ったお店も)<br /><br />今後2号、3号とこのレベルで続けて行って下さるよう、祈ってます。<br /><br /><br /> ・<a href="http://naramegane.com/" target="_blank" title="ならめがね">ならめがね</a> サイト<br /><br /><br /><blockquote><p><a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AA%E3%82%89%E3%82%81%E3%81%8C%E3%81%AD-Vol-1-2015%E5%B9%B4%E7%A7%8B%E5%8F%B7-EditZ/dp/4908361002%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4908361002" style="text-decoration:none;" target="_blank">ならめがね Vol.1 2015年秋号</a><br /><br />「ユルい・まったり・懐かしい」を コンセプトに、どこかノスタルジックで、ココロほどける奈良の探求誌。<br /><br />世界遺産、古社寺、食、伝統、そして四季を愛おしむ暮らし…。<br />現代人がほっとする「和」のゆかしさにピントをあてつつ、1300年の古都を右に左に。<br />毎号、地元スタッフが惚れ込んだ深みのある観光ネタを、情感あふれる写真と自然体の文章で特集。<br />いつまでもナチュラルでやわらかな感性を持ち続ける大人たちに、優しい奈良を届けます。 </p></blockquote><br /><br /><br /><br />       今、知りたい奈良の疑問<br />          日本100名城に、なぜ奈良県では高取城だけなのか<br /><br /><br />
607

SAVVY (サビィ) 2014年 11月号

SAVVY (サビィ) 2014年 11月号  です。奈良住宅地にある森の中のピッツェリア、県下の大和茶を取りそろえる店、鎌倉からやってきた注目の古道具店(10月オープン予定!)など絶対足を運びたい魅力的な店が登場し、ますます魅力的になった奈良。ならまち、きたまちの街なか最新ニュースはもちろん、学園前、大和郡山など住宅地エリア、大自然に囲まれた川上村や十津川村…と、3年ぶりの奈良特集は北から南へ幅広く。関西人なら一度は行... <a href="http://www.amazon.co.jp/SAVVY-%E3%82%B5%E3%83%93%E3%82%A3-2014%E5%B9%B4-11%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B00N9BEH9C%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB00N9BEH9C" style="text-decoration:none;" target="_blank"><img src="//blog-imgs-43-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/savvy.png" title="クリエーター情報なし" border="0"align="right"hspace="10"></a><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/SAVVY-%E3%82%B5%E3%83%93%E3%82%A3-2014%E5%B9%B4-11%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B00N9BEH9C%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB00N9BEH9C" style="text-decoration:none;" target="_blank">SAVVY (サビィ) 2014年 11月号 </a> です。<br /><br /><i>奈良<br />住宅地にある森の中のピッツェリア、県下の大和茶を取りそろえる店、鎌倉からやってきた注目の古道具店(10月オープン予定!)など絶対足を運びたい魅力的な店が登場し、ますます魅力的になった奈良。ならまち、きたまちの街なか最新ニュースはもちろん、学園前、大和郡山など住宅地エリア、大自然に囲まれた川上村や十津川村…と、3年ぶりの奈良特集は北から南へ幅広く。関西人なら一度は行きたい正倉院展の見どころもレクチャー!</i><br /><br />奈良に限らず、普通に住んでいると、いわゆる観光とは縁遠く、新しい情報には疎くなるもので・・・。<br />(って書きながら、そうでもない人を思い浮かべられることに気づいたけど(笑))<br />特に南部に新しい魅力的なお店が増えてきた印象♪<br /><br />3年ぶりの奈良特集?<br />本誌ではっていう意味なのでしょうね。<br /><br />私にはとても有用な雑誌でした❤<br /><br /><br /><span style="font-size:x-small;">正倉院展の宣伝はしないでほしかったなぁ。<br />これ以上入場者数を増やしてどないすんのん?(笑)<br />入場料ってどういう配分になるのでしょう? 御物の修復費用に充てられるというなら許そうか・・・</span><br /><br /><br />
600

乙女の奈良 雑貨屋&カフェさんぽ―かわいいお店めぐり

かわいい本を見つけました。乙女の奈良 雑貨屋&カフェさんぽ―かわいいお店めぐりおしゃれな雑貨もほっこりカフェも魅惑のスイーツも・・・。奈良にある、乙女ゴコロをくすぐるアイテムがいっぱいのお店を大紹介します!とのことで乙女です。行ったことがあるお店が数店、知ってる店が数店・・・しか・・・ない。このところ観光地・奈良にはご無沙汰なのですけれど新しいお店がい~~~っぱいできているのですね❤これから暑くなるの... <a href="http://www.amazon.co.jp/%E4%B9%99%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%A5%88%E8%89%AF-%E9%9B%91%E8%B2%A8%E5%B1%8B-%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%BD%E2%80%95%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%8A%E5%BA%97%E3%82%81%E3%81%90%E3%82%8A-%E3%81%82%E3%82%93%E3%81%90%E3%82%8B/dp/4780414741%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4780414741" style="text-decoration:none;" target="_blank"><img src="//blog-imgs-64-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/51_20140702071100143.jpg" align="right" border="0"></a>かわいい本を見つけました。<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/%E4%B9%99%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%A5%88%E8%89%AF-%E9%9B%91%E8%B2%A8%E5%B1%8B-%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%BD%E2%80%95%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%8A%E5%BA%97%E3%82%81%E3%81%90%E3%82%8A-%E3%81%82%E3%82%93%E3%81%90%E3%82%8B/dp/4780414741%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4780414741" style="text-decoration:none;" target="_blank">乙女の奈良 雑貨屋&カフェさんぽ―かわいいお店めぐり</a><br /><br /><span style="color:#999999">おしゃれな雑貨もほっこりカフェも魅惑のスイーツも・・・。奈良にある、乙女ゴコロをくすぐるアイテムがいっぱいのお店を大紹介します!</span><br />とのことで<br /><br /><span style="color:#ff3399"><strong>乙女</strong></span>です。<br /><br />行ったことがあるお店が数店、知ってる店が数店・・・しか・・・ない。<br /><br />このところ観光地・奈良にはご無沙汰なのですけれど<br />新しいお店がい~~~っぱいできているのですね❤<br /><br />これから暑くなるのが難ですが<br />ちょこっと行ってみたいなと思っています♪<br /><br /><br /><br />
594

日本美を訪ねる関西4都市の旅

日本美を訪ねる関西4都市の旅日本大学の建築史関連の教授連の著。古建築(ほとんど寺社)を建築学&建築史のみの視点から紹介している点が非常にユニーク。例えば、法隆寺に行って、建物のみを観ることができるか・・・どうしても仏像が気になるでしょう。広い寺域をぐるぐる歩いていると、全体像は見えなくなってくるでしょう。仏像を排し、また建築時代を加味して建築物を観る・・・その視点が実に面白かった。目から鱗ボロボロ・... <a href="http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%BE%8E%E3%82%92%E8%A8%AA%E3%81%AD%E3%82%8B%E9%96%A2%E8%A5%BF4%E9%83%BD%E5%B8%82%E3%81%AE%E6%97%85-%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B8%E3%83%A0%E3%83%83%E3%82%AF-%E5%A4%A7%E5%B7%9D%E4%B8%89%E9%9B%84/dp/4767817560%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4767817560" style="text-decoration:none;" target="_blank"><img src="//blog-imgs-64-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/51P.jpg" title="日本美を訪ねる関西4都市の旅" border="0"align="right"hspace="5"></a><a href="http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%BE%8E%E3%82%92%E8%A8%AA%E3%81%AD%E3%82%8B%E9%96%A2%E8%A5%BF4%E9%83%BD%E5%B8%82%E3%81%AE%E6%97%85-%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B8%E3%83%A0%E3%83%83%E3%82%AF-%E5%A4%A7%E5%B7%9D%E4%B8%89%E9%9B%84/dp/4767817560%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4767817560" style="text-decoration:none;" target="_blank"><span style="font-size:large;">日本美を訪ねる関西4都市の旅</span></a><br /><br />日本大学の建築史関連の教授連の著。<br /><br />古建築(ほとんど寺社)を建築学&建築史のみの視点から紹介している点が非常にユニーク。<br /><br />例えば、法隆寺に行って、建物のみを観ることができるか・・・<br />どうしても仏像が気になるでしょう。<br />広い寺域をぐるぐる歩いていると、全体像は見えなくなってくるでしょう。<br />仏像を排し、また建築時代を加味して建築物を観る・・・<br />その視点が実に面白かった。<br />目から鱗ボロボロ・・・といったところ。<br /><br />近代建築については、メモ程度。<br />まあ、紙数に限りもあるでしょうし、致し方ないかな。<br />(奈良女子大学本館は普通入れると思うけど、入れなかったのはなぜかなぁ)<br /><br />また、関西4都市となってはいるが、ほとんど奈良・京都で終わり、大阪神戸は近代建築の紹介で終わる。<br />古建築が全くないとも思えないのだが。<br /><br /><br /><blockquote><p><a href="http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%BE%8E%E3%82%92%E8%A8%AA%E3%81%AD%E3%82%8B%E9%96%A2%E8%A5%BF4%E9%83%BD%E5%B8%82%E3%81%AE%E6%97%85-%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B8%E3%83%A0%E3%83%83%E3%82%AF-%E5%A4%A7%E5%B7%9D%E4%B8%89%E9%9B%84/dp/4767817560%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4767817560" style="text-decoration:none;" target="_blank">日本美を訪ねる関西4都市の旅 (エクスナレッジムック)</a><br /><br />日本の古建築はどれを見てもみな同じに見えて、違いがわかりにくいといわれています。木造で大きな瓦屋根を特徴とすることはわかっていても、それ以上の違いを知ることは難しいのかもしれません。<br />しかし、見るポイントさえわかれば決して難しいものではありません。<br />例えば、大きな屋根の軒の出を支えている部分に注目してください。<br />日本建築は、大量の雨と夏の日差しをさけるために、できるだけ軒の出を深くすることに工夫が重ねられてきました。和様、大仏様、禅宗様といった様式の一番の違いは、この部分を見てもらうと一目瞭然です。<br />こうした古建築を見るポイントは他にもいくつかありますが、それは本書を読んでからのお楽しみです。奈良仏教の中心を担う国分寺(国立のお寺)の東大寺はいわば東京大学に相当する存在、国分尼寺は国立の女子大学です。それに対し、薬師寺や唐招提寺はいわば私学の雄、慶応と早稲田と考えると分りやすいと思います。<br />近世に隆盛した大徳寺のような禅宗の大寺院は、今日の感覚でいえば総合大学。<br />境内(キャンパス)には講堂や教室や食堂などが建ち並んでいます。<br />その中の○○院といった小さなお寺はいわば研究室のようなものです。<br />こうした今日的な感覚で古建築を見ることが一番の近道です。<br />本書はそうした古建築理解のためのポイントを満載しています。<br /><br />関西には関東とはまったく異なる建築風土から生まれた独自の建築文化が醸成されています。近代建築には特にその特徴がよく表れています。<br />奈良・京都・大阪・神戸といった個性的な4都市を中心に、比較的短期間に、しかも古代から現代までの建築を集約的に見ることができる点に、最大のメリットがあります。本書が、建築を学ぶ学生のみならず、建築に興味をもつ一般の方々にとっても、建築の面白さを知るきっかけとなってくれることを希っています。 <br /><br />■目次<br />はじめに<br /><br />奈良 エリアで巡る<br /><br />A 斑鳩町・大和郡山市周辺<br />法隆寺<br />法輪寺<br />法起寺<br />慈光院<br /><br />B 西の京周辺<br />薬師寺<br />唐招提寺<br />秋篠寺<br />霊山寺<br />長弓寺<br /><br />C 奈良公園周辺<br />東大寺<br />興福寺<br />元興寺<br />春日大社<br />新薬師寺<br />十輪院<br /><br />D 奈良公園東側から京都へ<br />般若寺<br />浄瑠璃寺<br />岩船寺<br />法華寺<br /><br />E 飛鳥・山の辺道周辺<br />今井町<br />石上神宮<br />大神神社<br />長谷寺<br />室生寺<br />當麻寺<br /><br />京都 エリアで巡る<br /><br />A 宇治・醍醐周辺<br />平等院<br />萬福寺<br />醍醐寺<br />法界寺(日野薬師)<br /><br />B 南禅寺・哲学の道周辺<br />南禅寺<br />銀閣寺(慈照寺)<br />詩仙堂<br />曼殊院<br />修学院離宮<br /><br />C 東山区周辺<br />東福寺<br />三十三間堂(蓮華王院本堂)<br />清水寺<br />高台寺<br />知恩院<br />東寺(教王護国寺)<br /><br />D 二条城・北山周辺<br />二条城<br />京都御所<br />大徳寺<br />金閣寺(鹿苑寺)<br />龍安寺<br />仁和寺<br /><br />E 桂・嵯峨周辺・大原<br />桂離宮<br />西芳寺(苔寺)<br />天龍寺<br />三千院<br />寂光院<br /><br />テーマで巡る近代建築<br /><br />奈良<br />西洋との出会いと伝統の復活奈良は近代和風の発祥の地<br /><br />京都<br />博覧会の会場となった岡崎は近代京都のイベント空間<br />近代化を象徴する社屋三条通は保存再生のメッカ<br />伝統の中に革新性を受け入れた近代京都の宗教空間<br />伝統的な生活文化が育んだ近代京都の住まい<br /><br />大阪・神戸<br />都市と建築の近代化を体感中之島と北浜を歩く<br />関西の政財界で活躍した近代数寄者たちの建築世界<br />自由な精神が育んだ阪神間モダニズムの建築<br /><br />図解コラム<br /><br />1 日本建築の仕組み<br />2 屋根と天井<br />3 仏堂空間の変遷<br />4 日本建築の様式<br />5 住宅系空間の変遷</p></blockquote><br /><br /><br />
575

サライ 2013年 11月号

サライ 2013年 11月号は 奈良特集です!濃い内容で読みごたえ十分です。満足して読み終わって、ふと気づいたのですけれど、これ男性誌なのですね。や、私って男かもと思う・・・。大特集国宝仏頭展、61年ぶりの水煙降臨、鑑真和上天平彩色を再現ほか古くて新しい、いにしえの都を知る奈良 新 まほろばの旅巻頭言奈良の新しい見方 上野 誠さん(奈良大学教授・52歳)特集 第1部東大寺、興福寺、薬師寺、唐招提寺…世界遺産の歩き方奈... <a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%82%A4-2013%E5%B9%B4-11%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B00FG7NTDM%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB00FG7NTDM" style="text-decoration:none;" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61Psznx7IaL._SL160_.jpg" title="クリエーター情報なし" border="0"></a><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%82%A4-2013%E5%B9%B4-11%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B00FG7NTDM%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB00FG7NTDM" style="text-decoration:none;" target="_blank">サライ 2013年 11月号</a>は 奈良特集です!<br /><br />濃い内容で読みごたえ十分です。<br /><br />満足して読み終わって、ふと気づいたのですけれど、これ男性誌なのですね。<br /><br />や、私って男かもと思う・・・。<br /><br /><br /><blockquote><p>大特集<br />国宝仏頭展、61年ぶりの水煙降臨、鑑真和上天平彩色を再現ほか<br />古くて新しい、いにしえの都を知る<br />奈良 新 まほろばの旅<br />巻頭言<br />奈良の新しい見方 上野 誠さん(奈良大学教授・52歳)<br /><br />特集 第1部<br />東大寺、興福寺、薬師寺、唐招提寺…世界遺産の歩き方<br />奈良四大寺 悠々逍遙<br /><br />東大寺 案内人/森本公誠さん(東大寺長老・79歳)<br />大仏さま物語 <br />境内の歩き方 法華堂(三月堂) 二月堂 戒壇堂 <br />東大寺のこれから<br />興福寺 案内人/山本 勉さん(清泉女子大学教授・60歳)<br />珠玉の仏像めぐり <br />北円堂の諸 旧西金堂の諸仏 東金堂の諸仏 旧食堂の仏像<br />薬師寺 案内人/デューク更家さん(ウォーキングトレーナー・59歳)<br />唐招提寺 案内人/井沢元彦さん(作家・59歳)<br />奈良の神社で正式参拝。神様から「撤饌」を賜る<br />春日大社 廣瀬大社 大神神社 菅原天満宮<br />奈良土産の新機軸 そこでしか買えない社寺の逸品<br />興福寺 等彌神社 大和神社 薬師寺 中宮寺 霊山寺 唐招提寺<br /><br />特集 第2部<br />進化する奈良の「食」と「泊」<br />古都で味わう最新うまいもの事情<br /><br />食事処<br />旬彩 ひより 中新屋町<br />日本料理 おばな 高畑町<br />ホテル日航良 銀杏 三条本町<br />鮓 吉平 登美ヶ丘<br />天麩羅 天仁 下御門町<br />日本料理 膳 明日香村飛鳥<br />よばれや 餅飯殿町<br />チャイナダイニング 飛天 東向南町<br /><br />仕出し弁当<br />井の上 奈良茶飯 橋本町<br />仕出し割烹 みやび野 葛城市兵家<br /><br />食事処<br />レストラン 吉川亭 花芝町<br />cafe i-lunga 春日野町<br /><br />喫茶・甘味<br />田村みたらし店 斑鳩町法隆寺南<br />喫茶去庵 公納堂町<br />にこすたいる 高御門町<br />珈琲「さんぽ」 明日香村村岡<br />うぶ出し屋 鳳禧 大和郡山市南郡山町<br /><br />宿泊<br />奈良ホテル 高畑町<br />ホテルアジール・奈良 油阪<br />奈良ロイヤルホテル 法華寺町<br />遊景の宿・平城 川上町<br />快適さを追求し た宿泊処</p></blockquote><br /><br />
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。