カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1381' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
662

奈良少年刑務所を観光施設に

奈良少年刑務所を観光施設に=ホテル、博物館への転用検討―法務省                            時事通信 7月28日(木)18時55分配信  法務省は28日、今年度末に閉鎖する奈良少年刑務所(奈良市)を観光施設に転用すると発表した。  同刑務所は明治時代の赤れんが建築として歴史的価値が高く、ホテルや博物館など観光施設として保存、活用することを検討する。  民間資金活用による社会資本整備(PFI... <blockquote><p> <strong>奈良少年刑務所を観光施設に=ホテル、博物館への転用検討―法務省</strong><br />                            時事通信 7月28日(木)18時55分配信 <br /><br /> 法務省は28日、今年度末に閉鎖する奈良少年刑務所(奈良市)を観光施設に転用すると発表した。<br /><br />  同刑務所は明治時代の赤れんが建築として歴史的価値が高く、ホテルや博物館など観光施設として保存、活用することを検討する。<br /><br />  民間資金活用による社会資本整備(PFI)方式による運営を計画しており、今後は主体となる事業者を募集し、具体化を進める。<br /><br />  政府は訪日外国人観光客4000万人の目標達成に向けた観光業強化を推進しており、奈良少年刑務所の観光施設転用はその一環。<br /><br />  1908年に「奈良監獄」として完成した重厚な建物は、文化財指定に向けた調査も行われている。海外では歴史のある刑務所を観光ホテルに転用した例は多い。国内では旧網走監獄(北海道網走市)が移築され博物館として一般公開されている。<br /></p></blockquote><br /><br /><span style="text-align:center;display:block;"><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a30432ece.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a30432ece.jpg" border="0" alt="" ></a></span><br><br />   私も<a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-188.html" target="_blank" title="見学に行った ">見学に行った</a>ことのある奈良少年刑務所。<br />   法務省自身が観光施設に転用すると発表したのはびっくりしましたが<br />   本来の用途にはふさわしい建物がほかにあるべきでしょうし<br />   面白いのではないでしょうか。<br /><br /><br />
  • Date : 2016-07-28 (Thu)
  • Category : 建築
620

入江泰吉旧居

  先日発見(笑)した、修繕費に7000万円かけたという入江泰吉旧居 近くまで行ったので寄ってきました。(3月1日から一般公開) 面白い設計の平屋で、東面道路、西側は吉城川が流れていて、庭は川畔まで降りられます。(↑の平面図、右が北)⑦の暗室は元々の形状に新しく作り直されたようです。③の西(上)の4畳半の部屋。入江さんが向かって右、その隣が奥様が座られていたそうです。狭い縁がめぐらしてあります。外は吉城川まで... <a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/20150305140124a33.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/20150305140124a33s.jpg" alt="img272 - コピー" border="0" width="188" height="400"align="left"hspace="10"></a> <a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150305_1028.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150305_1028s.jpg" alt="mini_150305_1028.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><br /> <a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-614.html" target="_blank" title="先日">先日</a>発見(笑)した、修繕費に7000万円かけたという<a href="http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1424755110510/index.html" target="_blank" title="入江泰吉旧居">入江泰吉旧居</a><br /> 近くまで行ったので寄ってきました。(3月1日から一般公開) <br /><br clear=all><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img273.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img273s.jpg" alt="img273.jpg" border="0" width="543" height="600"hspace="10"></a><br /><br />面白い設計の平屋で、東面道路、西側は吉城川が流れていて、庭は川畔まで降りられます。(↑の平面図、右が北)<br />⑦の暗室は元々の形状に新しく作り直されたようです。<br /><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150305_1043.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150305_1043s.jpg" alt="mini_150305_1043.jpg" border="0" width="400" height="300" align="left"hspace="10"></a>③の西(上)の4畳半の部屋。<br />入江さんが向かって右、その隣が奥様が座られていたそうです。<br /><br />狭い縁がめぐらしてあります。<br />外は吉城川まで続く庭です。<br /><br clear=all><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150305_1031.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150305_1031s.jpg" alt="mini_150305_1031.jpg" border="0" width="400" height="300"align="left"hspace="10"></a>これも③の西(上)の4畳半の部屋。<br />↑の写真の向かい側。<br /><br /><br clear=all><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150305_1036.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150305_1036s.jpg" alt="mini_150305_1036.jpg" border="0" width="400" height="300"align="left"hspace="10"></a>⑥書斎の本棚<br /><br clear=all><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150305_10360001.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150305_10360001s.jpg" alt="mini_150305_10360001.jpg" border="0" width="400" height="300"align="left"hspace="10"></a>⑤アトリエ:趣味を楽しまれていたのだそう。<br /><br />書画をされていたようです。<br /><br clear=all><br /><br /><blockquote><p>入江泰吉旧居<br /><br />施設の概要<br /><br /> 奈良を愛した写真家 入江泰吉の業績を顕彰し、生前のお住まいを「入江泰吉旧居」として開館します。<br /><br /> 氏が創作に打ち込んだ暗室や作品の構成を練った書斎、万葉の植物を愛したお庭等、氏の仕事ぶりや毎日の暮らし、交友関係、また、歴史文化の深い理解に裏打ちされた美意識やまなざしに思いをはせていただけます。今後、入江氏の美学の原点を探る写真に関する講座等も開催します。<br /><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img276.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img276.jpg" alt="img276.jpg" border="0" width="329" height="229" /></a><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img274.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img274.jpg" alt="img274.jpg" border="0" width="322" height="363" /></a><br /><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img275.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img275.jpg" alt="img275.jpg" border="0" width="336" height="479" /></a><br />[所在地] 〒630-8208 奈良市水門町49番地の2<br />[電話・FAX] 0742-27-1689<br />[開館時間] 午前9時半~午後5時(入館は午後4時半まで)<br />[休館日] 月曜日(その日が休日に当たるときは、もっとも近い平日)<br /> 休日の翌日(その日が日曜日、土曜日及び休日に当たるときを除く)<br />[入館料] 個人200円・団体(20名以上)100円<br /> ただし、16歳未満の人、高等学校の生徒とこれに準ずる人、市内在住の70歳以上の人、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた人とその介護を行う人は無料。</p></blockquote><br /><br /><br />
  • Date : 2015-03-05 (Thu)
  • Category : 建築
603

美の巨人:辰野金吾「奈良ホテル」

美の巨人 2014.8.23放送 は 辰野金吾「奈良ホテル」 でした。おなじみの奈良ホテルを美の巨人はどのような切り口で見せてくれるのか、興味津々♪4週連続日本の建築シリーズ第3弾!今日の作品は“関西の迎賓館”辰野金吾作『奈良ホテル』。日本の伝統的な工法、技術を駆使した100年以上の歴史を持つ名門ホテルです。重厚な桃山御殿風の木造建築の中は豪壮な檜造り。大階段には擬宝珠、太い一本の檜を削り出した手すり。奈良に相応し... <a href="//blog-imgs-64-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/DSC_0063_R.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-64-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/DSC_0063_R.png" alt="DSC_0063_R.png" border="0" width="600" height="338" /></a><br /><a href="http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/index.html" target="_blank" title="美の巨人">美の巨人</a> 2014.8.23放送 は <a href="http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/backnumber/140823/index.html" target="_blank" title="辰野金吾「奈良ホテル」">辰野金吾「奈良ホテル」</a> でした。<br /><br />おなじみの奈良ホテルを美の巨人はどのような切り口で見せてくれるのか、興味津々♪<br /><br /><blockquote><p>4週連続日本の建築シリーズ第3弾!<br />今日の作品は“関西の迎賓館”辰野金吾作『奈良ホテル』。<br />日本の伝統的な工法、技術を駆使した100年以上の歴史を持つ名門ホテルです。重厚な桃山御殿風の木造建築の中は豪壮な檜造り。<br />大階段には擬宝珠、太い一本の檜を削り出した手すり。<br />奈良に相応しいホテルを問い続けた辰野は、そこに和洋折衷のホテルを造りあげたのです。<br />“日本近代建築の父”だからこそ辿りついた辰野ならではの美学とは?</p></blockquote><br />30分という短い時間でしたが、うまくコンパクトにまとめてあって、とても興味深い番組でしたよ♪<br />知らなかったこともありましたし、映像ならではのわかりやすさは素晴らしい!<br />録画は永久保存版だなぁ❤<br /><br />・<a href="http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/backnumber/140823/index.html" target="_blank" title="辰野金吾「奈良ホテル」">辰野金吾「奈良ホテル」</a>:番組のHP<br /><br />再放送はBSジャパンで 9月17日夜10:54~11:24 です。<br />見逃された方はぜひ!<br /><br /><br />
  • Date : 2014-08-23 (Sat)
  • Category : 建築
464

生駒山寶山寺獅子閣特別公開

遷都1300年祭協賛として特別拝観が行われている生駒の宝山寺の獅子閣に行ってきました。 『寺院には珍しい擬洋風建築で明治17年に第14世乗空和尚のとき、客殿として竣工した。棟梁は越後の宮大工吉村松太郎氏。外部は洋風、内部一階は六畳二間、洋室一間。二階は十畳二間。角柱と丸柱、不思議な取り合わせが調和しているポーチとベランダの高欄は寺院建築によくある装飾。隅柱の柱頭、柱根の豪華な飾り。鋭角の破風と屋根。破風の... 遷都1300年祭協賛として特別拝観が行われている生駒の宝山寺の<span style="font-weight: bold;">獅子閣</span>に行ってきました。<br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac029a4dc.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac029a4dc.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a> <span style="font-size: 75%;">『寺院には珍しい擬洋風建築で明治17年に第14世乗空和尚のとき、客殿として竣工した。棟梁は越後の宮大工吉村松太郎氏。外部は洋風、内部一階は六畳二間、洋室一間。二階は十畳二間。角柱と丸柱、不思議な取り合わせが調和しているポーチとベランダの高欄は寺院建築によくある装飾。隅柱の柱頭、柱根の豪華な飾り。鋭角の破風と屋根。破風の寶山寺の寺紋の竜胆車。アーチ型の窓と色ガラス。内部の螺旋階段。外人技師の西洋建築かと思って見ると、紫檀の床柱があったり、落ち着いた和室もある。さすが日本の心をもった宮大工の作である』</span><br><br /><br><br />正面ファサード<br><br /><span style="font-size: 75%;">1階は角柱、2階はなぜか円柱</span><br clear=all><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac03860cd.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac03860cd.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a>このように礎石の上に柱を置くのは寺社建築の特徴。<br><br />ギリシア建築(コリント式)を真似るのであればアカンサスの葉を用いるべきところ、菊の葉にしているところがご愛敬。<br><br /><br><br />修復した部分はわざとわかるようにしてあります。<br clear=all><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac047ddf5.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac047ddf5.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a>精緻なポーチの天井。<br><br />わざと洋釘の頭を見せている。<br clear=all><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac056b6bb.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac056b6bb.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac0638d69.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac0638d69.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><br clear=all>1階と2階の窓の形状が違う   2階ポーチの上のバルコニー<br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac072c396.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac072c396.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac07e7204.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac07e7204.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><br clear=all> らせん階段            1階外扉の色ガラス     <br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac08c01d6.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac08c01d6.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a>南面から見た外観。断崖の上に建っているのがわかります。<br><br /><br><br />床下は立体的な懸造。<br clear=all><br><br /><br><br />幕末から明治初め、外国人居留地に建てられた洋風建築を参考に、洋風建築の専門知識のない地方の大工が見よう見まねで建てた擬洋風建築は多数残っています。<br><br />その様々な意匠の日本化がけなげでもあり、興味深いものです。<br><br />今年修復なったばかりの獅子閣、今後の公開は未定ということですので、どうぞこの機会にぜひご覧くださいませ。<br><br />11月15日までです。<br><br /><br><br />しかし、居留地から遠く離れた生駒山寶山寺の和尚さんが、なぜ洋風の客殿がほしいと思ったのでしょうね。<br><br />何か必要があったのか、単なる趣味なのか…<br><br />そして、どうしてこんなにお金があったのか…<br><br />謎は尽きません。<br><br /><br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac09da531.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac09da531.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><a href="http://www.hozanji.com/index.html" target="_blank">生駒山寶山寺</a><br><br />生駒市門前町1番1号<br><br />0743-73-2006 <br><br /><br><br />拝観は無料ですが、獅子閣の拝観料は¥300です。<br><br />8:00~16:00(受け付けは15:30まで)
  • Date : 2010-10-22 (Fri)
  • Category : 建築
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。