カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1381' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
679

植桜楓の碑

先日、『桜奉行 幕末奈良を再生した男 川路聖謨』読んで、植桜楓の碑(しょくおうふうのひ)の存在を知ったので、氷室神社の桜を見に行ったついでに見てきました。(これまで全く気付かなかったというか、視野に入らなかったというか・・・(・・;))幕末の奈良奉行 川路聖謨が、興福寺・東大寺の境内へ桜・楓の植樹を発案、町民にも呼びかけ、植樹は高円・佐保地域にまで及んだといわれています。それを記念して、1850年(嘉永3)... 先日、<a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-677.html">『桜奉行 幕末奈良を再生した男 川路聖謨』</a>読んで、植桜楓の碑(しょくおうふうのひ)の存在を知ったので、<a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-678.html" target="_blank" title="氷室神社の桜">氷室神社の桜</a>を見に行ったついでに見てきました。<br /><span style="font-size:x-small;"><span style="font-size:x-small;">(これまで全く気付かなかったというか、視野に入らなかったというか・・・(・・;))</span></span><br /><br />幕末の奈良奉行 川路聖謨が、興福寺・東大寺の境内へ桜・楓の植樹を発案、町民にも呼びかけ、植樹は高円・佐保地域にまで及んだといわれています。<br /><a href="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/SN3S4132.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/SN3S4132s.jpg" alt="SN3S4132.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br />それを記念して、1850年(嘉永3)3月に建てられた石碑「植桜楓之碑」<br /><br /><a href="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/SN3S4135.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/SN3S4135s.jpg" alt="SN3S4135.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br />興福寺の五重塔のすぐ南、五十二段へ降りる右側 <br /><br /><a href="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/SN3S4133.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/SN3S4133s.jpg" alt="SN3S4133.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br />写真はクリックすれば大きいものが開きます。<br /><br />このような英明な方が奈良に"左遷"されてこなかったら、奈良公園も、少なくとも川路桜は生まれてこなかったのかもしれません。<br />今もって残る"川路桜"という名前に残る業績は素晴らしいと思います。<br /><span style="font-size:x-small;">(今年はまだ咲きません)<br /></span><br /><br /><br /><br />☆明日4月4日~5月7日〈休館日:4月10、17、24日、5月1日〉、<a href="http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1485499131667/index.html" target="_blank" title="奈良市史料保存館 特別陳列「ならまち歳時記」">奈良市史料保存館 特別陳列「ならまち歳時記」</a>の中で、「植桜楓の碑(しょくおうふうのひ)」というテーマで川路聖謨の緑化事業について碑文の拓本などで紹介されるそうです。(先に知っていれば明日行ったのに・・・(・・;))<br />奈良市史料保存館@奈良市脇戸町1-1 <br /><br /><br /><br />
  • Date : 2017-04-03 (Mon)
  • Category : 歴史
659

前方後円墳のルーツ発見か 奈良で弥生末期の円形墓

【備忘録】前方後円墳のルーツ発見か 奈良で弥生末期の円形墓 @朝日新聞 2016年5月12日19時42分  奈良県橿原(かしはら)市の瀬田遺跡で弥生時代終末期(2世紀中ごろ~後半)とみられる円形の墓が見つかった。奈良文化財研究所(奈文研)が12日発表した。円形の一部に四角い突出部があることから、専門家は「前方後円墳のルーツではないか」と指摘する。 ポリテクセンター奈良(奈良職業能力開発促進センター)の建て替え... 【備忘録】<br /><blockquote><p><strong>前方後円墳のルーツ発見か 奈良で弥生末期の円形墓</strong> @朝日新聞 2016年5月12日19時42分<br /> <a href="//blog-imgs-93-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/2016-05-13.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-93-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/2016-05-13.png" alt="2016-05-13.png" border="0" width="201" height="315" align="right"></a><br /> 奈良県橿原(かしはら)市の瀬田遺跡で弥生時代終末期(2世紀中ごろ~後半)とみられる円形の墓が見つかった。奈良文化財研究所(奈文研)が12日発表した。円形の一部に四角い突出部があることから、専門家は「前方後円墳のルーツではないか」と指摘する。<br /><br /> ポリテクセンター奈良(奈良職業能力開発促進センター)の建て替えに伴う発掘調査で確認された。円の直径は約19メートルで、周囲を幅約6メートル、深さ約50センチの溝が巡る「円形周溝墓(えんけいしゅうこうぼ)」。周溝を含めた直径は最大約31メートルに及ぶ。奈文研は、当時の奈良盆地で最大規模とみている。突出部は南側にあったとみられ、長さは約7メートル。墓への通路となる「陸橋」だったとみられる。<br /><br /> 今回の調査では、7世紀後半の藤原京の時代とみられる大型建物跡などの遺構も出土し、墓はその下層で見つかった。墳丘は削られ、埋葬施設などは残っていなかった。<br /><br /> 約7キロ北東の同県桜井市には、女王・卑弥呼(ひみこ)が治めた邪馬台国の有力候補地とされる纒向(まきむく)遺跡(国史跡、3世紀初め~4世紀初め)がある。遺跡内には最古の大型前方後円墳とされる箸墓(はしはか)古墳(3世紀中ごろ~後半、墳丘長約280メートル)のほか、後円部に比べて前方部が小さい纒向石塚古墳(国史跡、墳丘長約96メートル、3世紀前半~中ごろ)などの「纒向型」前方後円墳と呼ばれる古墳も点在する。<br /><br /> 前方後円墳は陸橋(突出部)が次第に大きくなって前方部に発展したとの説があり、今回見つかった墓は纒向石塚古墳を数十年さかのぼるとみられる。石野博信・兵庫県立考古博物館名誉館長(考古学)も「この墓は前方後円墳のルーツとなる可能性があり、その後の前方後円墳に発展したのではないか」とみている。<br /><br /> 現地見学会は15日午前10時~午後3時。小雨決行。問い合わせは奈文研の都城発掘調査部(0744・24・1122)。(田中祐也)  <br /></p></blockquote><br /><br />これはすごい発見ですよねぇ。<br />奈良に前方後円墳のルーツ(のひとつ?)があったとは!<br /><br /><br />
  • Date : 2016-05-13 (Fri)
  • Category : 歴史
627

「幻の大仏鉄道遺構めぐりマップ」

以前偶然大仏鉄道記念公園(ちょっと名前負けの小さな公園です)を見つけて、気になってはいた大仏鉄道。奈良しみんだより平成27年3月号に"幻の大仏鉄道 廃線跡を歩こう"という記事があって、がんばっておられるのだなぁと思い、記事中にあった「幻の大仏鉄道遺構めぐりマップ」をいただいてきました。なかなかしゃれた表紙でしょう?跡をたどれるルート設定がされています。(約13㎞)奈良だって古代ばかりじゃないってところを... 以前偶然<a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-241.html" target="_blank" title="大仏鉄道記念公園">大仏鉄道記念公園</a>(<span style="font-size:x-small;">ちょっと名前負けの小さな公園です</span>)を見つけて、気になってはいた大仏鉄道。<br /><br />奈良しみんだより平成27年3月号に"幻の大仏鉄道 廃線跡を歩こう"という<a href="http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1424761137420/index.html" target="_blank" title="記事">記事</a>があって、がんばっておられるのだなぁと思い、記事中にあった「幻の大仏鉄道遺構めぐりマップ」をいただいてきました。<br /><br />なかなかしゃれた表紙でしょう?<br /><a href="//blog-imgs-74-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/a.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-74-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/as.jpg" alt="a.jpg" border="0" width="450" height="338" /></a><br /><br /><br />跡をたどれるルート設定がされています。(約13㎞)<br /><a href="//blog-imgs-74-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/c.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-74-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/cs.jpg" alt="c.jpg" border="0" width="450" height="338" /></a><br /><br />奈良だって古代ばかりじゃないってところを味わいたいですねσ(・・;)<br /><br /><blockquote><p>完成したパンフレット「幻の大仏鉄道遺構めぐりマップ」は、大仏鉄道を駆け抜けたという深紅の蒸気機関車「電光(いなづま)号」をイメージした表紙が目印。市観光振興課、市内の観光案内所、木津川市役所、木津川市観光協会などに設置しています。散策のお供に、ぜひ一度手に取ってみてください。</p></blockquote><br /><br /><br />
  • Date : 2015-03-30 (Mon)
  • Category : 歴史
618

国内最大級の方墳発見―石積み、堀出土・奈良

【備忘録】舒明天皇の初葬地か=国内最大級の方墳発見―石積み、堀出土・奈良時事通信 1月15日(木)17時3分配信  奈良県立橿原考古学研究所は15日、同県明日香村で、天皇か大豪族クラスの古墳の一部とみられる石積みと堀が見つかったと発表した。7世紀中頃の方墳と推定され、墳丘は一辺50メートル以上。石舞台古墳(7世紀前半、同村)を超える国内最大級の方墳とみられる。同研究所は規模などから、中大兄皇子(天智天皇)の父、舒... <br />【備忘録】<br /><br /><blockquote><p>舒明天皇の初葬地か=国内最大級の方墳発見―石積み、堀出土・奈良<br /><br />時事通信 1月15日(木)17時3分配信 <br /> <br /> 奈良県立橿原考古学研究所は15日、同県明日香村で、天皇か大豪族クラスの古墳の一部とみられる石積みと堀が見つかったと発表した。7世紀中頃の方墳と推定され、墳丘は一辺50メートル以上。石舞台古墳(7世紀前半、同村)を超える国内最大級の方墳とみられる。同研究所は規模などから、中大兄皇子(天智天皇)の父、舒明天皇が最初に葬られた墓の可能性が高いとしている。<br />  舒明天皇は没後、最初に葬られた場所から同県桜井市の段ノ塚古墳に改葬されたとされる。同研究所の菅谷文則所長は「(改葬後に)元の場所がどうなったか、解明の端緒になる」と話している。<br />  同研究所によると、見つかった古墳は四角形と推定され、墳丘下部とみられる石積みが10段(高さ計約60センチ)と、堀の跡が確認された。堀は幅が約3メートル90センチで、底部に石が敷かれていた。<br />  墳丘の反対側の堀の斜面には多数の石が貼り付けられ、発掘された分だけで高さが11個分(約1メートル)あった。墳丘と堀は、場所によって異なる種類の石材が丁寧に使い分けられていた。石室は見つかっていない。 </p></blockquote><br /><br /><br />
  • Date : 2015-01-15 (Thu)
  • Category : 歴史
608

郡山城の主は天下人クラス!? 天守閣・櫓・本丸御殿が一体の壮大なつくりか

【備忘録】郡山城の主は天下人クラス!? 天守閣・櫓・本丸御殿が一体の壮大なつくりか @産経新聞 10月9日(木)7時55分配信  豊臣政権期のものとみられる天守閣の痕跡が初めて見つかった奈良県大和郡山市の郡山城。天守台や礎石の規模から高さ約20メートル、5階建て相当の建物だったとみられ、専門家は「天守閣、櫓、本丸御殿が一体化した壮大なつくりだった可能性もある」と指摘している。  ■高層建築に典型的な工法  発掘... 【備忘録】<br /><br /><blockquote><p><strong>郡山城の主は天下人クラス!? 天守閣・櫓・本丸御殿が一体の壮大なつくりか</strong> @産経新聞 10月9日(木)7時55分配信 <br /> <br /> 豊臣政権期のものとみられる天守閣の痕跡が初めて見つかった奈良県大和郡山市の郡山城。天守台や礎石の規模から高さ約20メートル、5階建て相当の建物だったとみられ、専門家は「天守閣、櫓、本丸御殿が一体化した壮大なつくりだった可能性もある」と指摘している。<br /> <br /> ■高層建築に典型的な工法<br /> <br /> 発掘調査は、大和郡山市が郡山城で進める天守台の整備に伴い、市教委が実施。天守台は天守閣があったとみられる頂上部分(南北18メートル、東西15~16メートル、本丸からの高さ8・5メートル)と、それより約4メートル低く、天守閣に付属する「付櫓(つけやぐら)」にあたる部分(南北11~17メートル、東西22メートル)からなる2段構造となっている。<br /> <br /> 市教委はこの頂上部分全域と、付櫓の一部を発掘調査。頂上部からは大小の礎石23個が見つかった。礎石は建物の基礎になる石で、南北に2列、東西に3列にわたり、ほぼ隙間なく並べられていたとみられる。<br /> <br /> 古代寺院などでは、点々と並ぶ礎石の上に直接柱を建てたものもある。だが、郡山城では大小の礎石が交互に並んでいることから、その上に木材を横倒しにし、大きな礎石の所に柱を立てたとみられるという。同市教委の十文字健さんは「建物の重さを分散させるための工法。後世の天守でも同様の構造が残っている」と話す。<br /> <br /> 天守閣は柱間「1間」の距離が約2・2メートルで、中心部分の「身舎(もや)」が南北4間、東西3間。1階部分全体は南北8間、東西7間だった。構造から推察される天守閣は5階建てで、天井高が3メートルなら豪壮な屋根を積んだことを考えると、高さは20メートル近くになる。<br /> <br /> ■豊臣家の特徴、金箔瓦も<br /> <br /> 調査では瓦も出土。付櫓から出土した菊の紋様が入った瓦片には、わずかながら金箔(きんぱく)が付着していた。<br /> <br /> 金箔瓦は安土城をはじめ、大阪城や秀吉が京都に建設した政庁兼邸宅「聚楽第(じゅらくだい)」など、豊臣家に関わる限られた城で使われている。このほか、大阪城の瓦と同じ型の瓦や聚楽第とよく似た瓦、17世紀初頭以前に主流だった糸で切った痕跡のある瓦も見つかった。<br /> <br /> 出土品から、十文字さんは「天守台は大きく改変された痕跡がなく、関ケ原合戦以前の16世紀後半に建てられた」と分析。また、城郭に詳しい奈良大学の千田嘉博学長は「出土品からは秀長、秀保、長盛の時代としかいえないかもしれないが、柱と柱の間が2・2メートルと長く取られていることから、天下人かそれに近い人物の城だと考えられる。秀長か秀保の時代に建てられたのでは」と推測する。<br /> <br /> ■付櫓の地下室が入り口?<br /> <br /> 付櫓は頂上部分を南東側に囲むように造られ、本丸の地表から付櫓、付櫓から天守閣部分-と、石段を上がるような構造。だが、この石段は明治時代につくられたとされ、付櫓や天守閣への「入り方」はこれまで不明だった。<br /> <br /> 調査では、本丸の地中に外から付櫓内に向かう石垣の痕跡が見つかった。付櫓には地下室もあり、本丸からいったんこの地下室に入る構造になっていたことが判明した。<br /> <br /> この「入り方」をめぐっては、城の地表から石垣の途中まで伸びて途切れる道が描かれた江戸時代の絵図面が見つかっていた。何の図面か議論の的だったが、調査結果と合致した。<br /> <br /> また天守閣があった頂上部分にも、付櫓側にのびる幅約3メートルの出入り口とみられる遺構を発見。まず本丸から付櫓の地下室に入り、そこから付櫓内を上がって階段か渡り廊下を使い、天守閣に入る構造だったとみられる。<br /> <br /> 千田学長は「付櫓に隣接する形で、大名が実際に居住して政務を執る『本丸御殿』が建てられ、そこから階段か渡り廊下で付櫓に入ったのではないか」とし、「豊臣家の重要人物の城であることを考えれば、御殿と付櫓、天守が一体となった壮大な建築物だったかもしれない」と想像を膨らませる。<br /> <br /> ■研究に高まる期待<br /> <br /> 現存天守は全国に12あるが、彦根城(滋賀県彦根市)や姫路城(兵庫県姫路市)をはじめ、ほとんどは慶長5(1600)年の関ケ原合戦以降に建てられている。千田学長は「関ケ原以前の城で天守の遺構が分かるものといえば、織田信長の安土城と、秀吉が建てた肥前名護屋城くらいしかない」と話す。<br /> <br /> 大阪城でさえ、現在残っているのは大阪の陣の後、徳川家が建て直した遺構だ。秀吉当時の遺構はまだ埋まったままで、詳細は不明。このため、これまで関ケ原以前の城を考える際に「基準」とされたのは安土城だった。だが、安土城は信長が本拠地として建てた城。遺構は見つかっているものの、天守閣の構造については諸説分かれている。<br /> <br /> 千田学長は「今回、郡山城から16世紀末の遺構がきれいに出たことで、織豊期(織田、豊臣の時代)の城を考える新たな基準として、これから研究に活用されていくだろう」と話している。</p></blockquote><br /><br /><br />今後の研究が楽しみです❤<br /><br />
  • Date : 2014-10-13 (Mon)
  • Category : 歴史
559

平城京、水銀汚染痕なし 大仏建立で中毒説、退ける  

平城京、水銀汚染痕なし 大仏建立で中毒説、退ける   2013年05月29日 朝日新聞 東京 夕刊 環境8世紀に都がおかれた平城京(奈良市)が74年間という短命で終わったのは、大仏建立時に使われた水銀による汚染のため? 近年広まっているこの学説について、東京大などが当時の土壌を調べたところ、水銀汚染は見つからなかった。23日、千葉市で開かれた日本地球惑星科学連合大会で発表された。 平城京には710年から都がおか... <blockquote><p><strong>平城京、水銀汚染痕なし 大仏建立で中毒説、退ける  </strong> 2013年05月29日 朝日新聞 東京 夕刊 環境<br /><br />8世紀に都がおかれた平城京(奈良市)が74年間という短命で終わったのは、大仏建立時に使われた水銀による汚染のため? 近年広まっているこの学説について、東京大などが当時の土壌を調べたところ、水銀汚染は見つからなかった。23日、千葉市で開かれた日本地球惑星科学連合大会で発表された。<br /><br /> 平城京には710年から都がおかれ、聖武天皇による大仏建立など仏教文化が花開いたが、784年には長岡京(京都府)に遷都した。大仏建立時に使った金めっきに大量の水銀が含まれていたことから、水銀中毒が広かったためという指摘があった。<br /><br /> 東大大気海洋研究所の川幡穂高教授が奈良文化財研究所などの協力を得て、平城京のあった奈良市内や周辺4カ所の当時の土壌を採取し分析した。すると水銀については、大仏建造時に数倍増えているものの、現代の環境水準(15ppm以下)よりい大幅に低い0.25ppm前後にとどまっていることがわかった。<br /> <br /> 一方、8世紀中頃の土壌から最大で1200ppmの鉛が見つかった。これは現代の環境基準(150ppm)の8倍にあたる。平城宮から10km離れた地点でも高濃度の鉛が見つかっており、汚染は周辺にも及んでいたと見られる。これらの鉛は同位体の分析の結果、大仏に使われた銅と同じ長登(ながのぼり)鉱山(山口県)で採掘されたものとほぼ断定できた。<br /><br /> 川幡さんは「水銀汚染で都を放棄したという説は退けられる。鉛汚染は、詳細な調査が必要だが、健康に影響のないレベル。白色や朱色の顔料として当時広く使われていた鉛白、鉛丹の影響ではないか」と話している。(香取啓介)</p></blockquote><br /><br /><br />平城京が大仏建立により水銀汚染されて遷都に結びついたというのはどなたが言いだしっぺだったのでしょう。<br />なまじっか"科学的"だったためにうっかり信じちゃってましたけど、科学的な証明は全くなかった話だったのですね。<br /><br /><br />
  • Date : 2013-05-29 (Wed)
  • Category : 歴史
547

箸墓古墳、初の立ち入り調査

箸墓古墳、初の立ち入り調査=土器散らばる―「卑弥呼の墓」説も・奈良時事通信 2月20日(水)11時24分配信  邪馬台国の女王卑弥呼の墓との説がある奈良県桜井市の箸墓古墳で20日、日本考古学協会など15学会の研究者が立ち入り調査をした。同古墳は宮内庁が陵墓として管理しており、研究者が敷地内に入って調査するのは初めて。  邪馬台国の位置をめぐっては、「近畿説」や「九州説」などの論争があり、箸墓古墳は注目されている。 ... <blockquote><p>箸墓古墳、初の立ち入り調査=土器散らばる―「卑弥呼の墓」説も・奈良<br />時事通信 2月20日(水)11時24分配信 <br /><br /> 邪馬台国の女王卑弥呼の墓との説がある奈良県桜井市の箸墓古墳で20日、日本考古学協会など15学会の研究者が立ち入り調査をした。同古墳は宮内庁が陵墓として管理しており、研究者が敷地内に入って調査するのは初めて。<br />  邪馬台国の位置をめぐっては、「近畿説」や「九州説」などの論争があり、箸墓古墳は注目されている。<br />  箸墓古墳は全長約280メートルの前方後円墳。3世紀ごろ造られたとされ、宮内庁は孝霊天皇の皇女の墓として管理している。発掘や遺物の採取などは認められず、研究者らは約1時間半にわたり墳丘最下段の縁を歩いて調査。<br />  日本考古学協会の森岡秀人理事によると、土器などが散らばって落ちている状態だったという。森岡理事は「(今後)箸墓古墳の研究が進展していくと考えている」と期待した。</p></blockquote><br /><br />現在は宮内庁により第7代孝霊天皇の皇女、倭迹迹日百襲姫命大市墓(やまとととひももそひめのみことおおいちのはか)として管理されており研究者や国民の墳丘への自由な立ち入りが禁止されている。倭迹迹日百襲姫命とは、『日本書紀』では崇神天皇の祖父孝元天皇の姉妹である。<br /><br /><br />外縁を1時間半歩いただけを調査と呼ぶのも針小棒大な話。<br />何もやらないよりはいいのかは門外な者にはわからない。<br /><br />邪馬台国は九州だと思うけれど、こんな大きな古墳の被葬者や葬送方法など分かればいいと思うことはいっぱいある。<br />せっかく宅地や田畑にならずに残ったのだからちゃんと発掘できればよいのにね。<br /><br />
  • Date : 2013-02-20 (Wed)
  • Category : 歴史
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。