カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1381' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
212

第59回正倉院展

雨の中(降ったりやんだりだったのになぜか移動中はいつも雨)第59回正倉院展にひと足お先に行ってきました。今年も聖武天皇ご愛用のお品がメイン。 光明皇后の気まぐれな思いつきで聖武天皇が亡くなられてから四十九日までにこれらのお品を東大寺に寄付することになって、その目録を作るのに下級官吏がどれだけ苦労したかと言う話を「天平冥所図会」で読んだあとだったので、感慨もひとしお。今回の展示の中でも『目録には「刻... <a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a3b68d290.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a3b68d290.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a>雨の中(降ったりやんだりだったのになぜか移動中はいつも雨)第59回正倉院展にひと足お先に行ってきました。<br><br />今年も聖武天皇ご愛用のお品がメイン。<br><br /> 光明皇后の気まぐれな思いつきで聖武天皇が亡くなられてから四十九日までにこれらのお品を東大寺に寄付することになって、その目録を作るのに下級官吏がどれだけ苦労したかと言う話を「<a href="http://blog.goo.ne.jp/bookmania_atelierun/e/500a5d7af06d8307c94b69b8a600e885" target="_blank">天平冥所図会</a>」で読んだあとだったので、感慨もひとしお。<br><br />今回の展示の中でも『目録には「刻彫梧桐金銀絵花形合子(花形のふたもの)」となっているがこれは梧桐ではない』という説明がありましたが、木材ひとつひとつを短時間に見分けるのはたいへんだったのよ、とかばいたくもなりました。<br><br /><br><br />が、全体を通すと今回の展示は小ぶりな印象。<br><br />一押しは紫檀金鈿柄香炉(したんきんでんのえごうろ)(ポスターにも)ですが、よく知られた美しい御物はなく、例年よりは残念ながら少々見劣りがするかなぁ。<br><br />ま、それは私のように深い知識もなく美しいものだけ見たい邪道な者の思うことなのでしょうけれど。<br><br /><br><br />初出展のものも多く、年中行事として奈良公園の紅葉とともにお楽しみくださいね。<br><br /><br><br />ついでに<a href="http://www.kohfukuji.com/kohfukuji/index.html" target="_blank">興福寺</a>では「秘仏特別公開2007」を11月25日までやっています。<br><br />国宝館に阿修羅など八部衆立像がすべて並び、大圓堂本尊・秘仏聖観音立像(重要文化財)が初めて公開されるそうです。<br><br />近々行く予定にしています。<br><br /><br><br /><br><br />《追記》<span style="font-size: 75%;">07/10/27</span><br><br />今日開幕しましたが、雨の中午前9時の開館時間前に約820人の行列ができたために、開館時間を10分早めたそうです。<br><br /><br><br /><br><br />・第59回正倉院展 奈良国立博物館のページ → <a href="http://www.narahaku.go.jp/exhib/2007toku/shosoin/shosoin-1.htm" target="_blank">LINK</a><br><br /><br><br /><br><br /><span style="font-size: 75%;"><a href="http://www.narahaku.go.jp/index.html" target="_blank">奈良国立博物館</a><br><br />奈良市登大路町50番地<br><br />0742-22-7771<br><br />平成19年10月27日(土)~11月12日(月) 会期中無休<br><br />午前9時~午後6時<br><br />※金曜日、土曜日 (10月27日、11月2日、3日、9日、10日)は午後7時まで<br><br /><br><br /></span><br><br /><br><br />
213

花想花 HanaSouka

【追記】09/03 西大寺に移転しました。奈良市青野町149-3 0742-44-8011 http://www.hanasouka.com/dinig.html まんぷく和ランチの2プレートランチ¥1260をいただきました。写真上から・最初の一皿・・・前菜(こんにゃくの炊いたん&小松菜の炊いたん)・お豆腐のサラダ・メインのお皿(AとBからひとつ選びます)・・・A肉料理(豚ヒレのソテー はちみつバルサミコソース)・メインのお皿・・・B魚料理(魚介の火鍋 卵とじ... 【追記】09/03 西大寺に移転しました。<br><br />奈良市青野町149-3 <br><br /> 0742-44-8011 <br><br />http://www.hanasouka.com/dinig.html <br><br /><br><br /><br><br /><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a3c25348c.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a3c25348c.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>まんぷく和ランチの2プレートランチ¥1260をいただきました。<br><br /><br><br />写真上から<br><br />・最初の一皿・・・前菜(こんにゃくの炊いたん&小松菜の炊いたん)・お豆腐のサラダ<br><br />・メインのお皿(AとBからひとつ選びます)・・・A肉料理(豚ヒレのソテー はちみつバルサミコソース)<br><br />・メインのお皿・・・B魚料理(魚介の火鍋 卵とじ)<br><br />・デザートと飲み物(コーヒーor蕎麦茶)<br><br />あとごはん(黒米・もち米などの混じったごはん)とお汁がつきます。<br><br /><br><br />はちみつバルサミコソースがちょっと甘すぎてご飯のおかずにはなりにくいかなと思ったけれど、火鍋はいろいろな魚介が入っていて、辛さもちょうどよくおいしいスープでした。<br><br />リーズナブルで満足のいくランチです。<br><br /><br><br />難を言えば、このお値段ではしかたないのかもしれないけれど、陶器が欠けやすいのは分かるけれど、写真でもわかるくらい欠けた食器が多いこと。欠けたらいっそ割ってしまって諦めて欲しいかなぁ。<br clear=all><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a3c33fd17.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a3c33fd17.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><br><br /><br><br /><br><br /><span style="font-size: 75%;"><a href="http://www.hanasouka.com/dinig.html" target="_blank">花想花</a>(はなそうか HanaSouka) <br><br />0774-73-8080 <br><br />木津川市木津町州見台1-3-6-105 <br><br />11:30~14:00(L.O) 17:00~21:00(L.O) <br><br />木曜・第2水曜 お休み</span>
200

パティスリー華

精華町役場の東向かい、通りがかりにいつも気になっていたかわいいお店に寄ってみました。なかなか美味しそうなケーキがいっぱい並んでいます。お子さんのお誕生日のケーキを注文しておられるママがひとり。あいにく生ケーキの入用を思いつけなかったので、焼き菓子を買って帰りましたが、美味しかった!何かの折には生ケーキをぜひ試してみたいと思います。パティスリー華相楽郡精華町祝園西1-2-50774-94-9292AM9:30~PM8:00 水休... <a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a35c0f8b7.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a35c0f8b7.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>精華町役場の東向かい、通りがかりにいつも気になっていたかわいいお店に寄ってみました。<br><br />なかなか美味しそうなケーキがいっぱい並んでいます。<br><br />お子さんのお誕生日のケーキを注文しておられるママがひとり。<br><br /><br><br />あいにく生ケーキの入用を思いつけなかったので、焼き菓子を買って帰りましたが、美味しかった!<br><br />何かの折には生ケーキをぜひ試してみたいと思います。<br><br /><br><br /><br><br /><br><br /><br><br /><span style="font-size: 75%;"><a href="http://www.patisserie-hana.com/" target="_blank">パティスリー華</a><br><br />相楽郡精華町祝園西1-2-5<br><br />0774-94-9292<br><br />AM9:30~PM8:00 水休</span>
211

Gentry ジェントリー(イタリアン)

前々から前を通るたびに気になっていたGentryにやっと行ってきました。Aランチコース¥1600です。・前菜 たっぷりの野菜にチーズ&生ハム・パスタスペシャリテ その1・バヴェッテ 帆立と野菜のバジルペーストソース・パスタスペシャリテ その2・タリオリーニ ボルチーニ茸と色々きのこのソース・デザート・りんごの甘煮(煮過ぎていないのがいい)+バニラアイスクリーム他に パン コーヒーor紅茶パスタは4つの中... <a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a3a960b50.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a3a960b50.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>前々から前を通るたびに気になっていたGentryにやっと行ってきました。<br><br />Aランチコース¥1600です。<br><br />・前菜 たっぷりの野菜にチーズ&生ハム<br><br />・パスタスペシャリテ その1・バヴェッテ 帆立と野菜のバジルペーストソース<br><br />・パスタスペシャリテ その2・タリオリーニ ボルチーニ茸と色々きのこのソース<br><br />・デザート・りんごの甘煮(煮過ぎていないのがいい)+バニラアイスクリーム<br><br />他に パン コーヒーor紅茶<br><br /><br><br />パスタは4つの中から選びます。二人で行ったのでふたつ。取り皿も言わなくても出してくださいました。タリオリーニは生パスタです。<br><br /><br><br />このお値段で、お味もボリュームも大満足でした。<br><br /><br><br />Bランチコース(¥2100)はパスタがメインディッシュ1品に変わり、Cランチコース(¥2600)はBにハーフサイズのパスタスペシャリテが加わります。<br><br />次回はこちらを試してみたいと思います。<br><br /><br><br />スペシャリテがあるということはふつーもあるということで、ふつーのパスタランチ(スープ・サラダ・パスタ)は¥850~です(カルボナーラなど)。<br><br />どうも時間とメニューを予約しておけばゆで時間を待たずに食べさせていただけるみたい。<br><br />常連さんになればいいかなぁ<br><br />ついでにweek dayにはサービスランチ¥750(スープ・サラダ・本日のメイン・パンorライス)もあり。<br clear=all><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a3aa4c618.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a3aa4c618.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><br><br /><br><br /><span style="font-size: 75%;"><a href="http://www7b.biglobe.ne.jp/~gentry_hanashiba/index.html" target="_blank">Gentry ジェントリー</a><br><br />奈良市 花芝町16-1 第二丸谷ビル1F<br><br />0742-27-1477 <br><br />11:30~14:00 17:00~22:00 <br><br />日曜不定休</span><br><br />
210

「生誕120年記念 シャガール 愛と自然の讃歌」展

奈良県立美術館で6日から開かれている「生誕120年記念 シャガール 愛と自然の讃歌」展に行ってきました。もちろんシャガールの有名な作品をすべて網羅しているわけではありませんが、シャガールの生涯を通していろいろな作風の作品を展示しています。思った以上に出展作品数が多くて堪能しました。『豊かな色彩と幻想に満ちたシャガール(1887~1985年)の作品は、世界中の人々に親しまれています。恋人達や花束、動物、サーカス... 奈良県立美術館で6日から開かれている「生誕120年記念 シャガール 愛と自然の讃歌」展に行ってきました。<br><br />もちろんシャガールの有名な作品をすべて網羅しているわけではありませんが、シャガールの生涯を通していろいろな作風の作品を展示しています。<br><br />思った以上に出展作品数が多くて堪能しました。<br><br /><br><br /><span style="font-size: 75%;">『豊かな色彩と幻想に満ちたシャガール(1887~1985年)の作品は、世界中の人々に親しまれています。恋人達や花束、動物、サーカス、聖書といったモチーフは、いずれも深い愛情にあふれ、生命の喜びと平和への希望を人々に抱かせます。シャガールの作品には、おなじみのモチーフだけではなく、その背景には様々な風景が描かれています。彼の芸術の源泉である生まれ故郷ロシア(現在のベラルーシ)のヴィテブスクの街並みや、「第二の故郷」と呼んだフランス・パリの華やかな景色、晩年移り住んだ地中海沿岸の美しい景色など作品に描き込まれた風景は、ユダヤ人として生まれ、歴史の波に翻弄(ほんろう)されながら各地を転々とした画家の生涯の軌跡であり、自身の心情を伝える重要なメッセージとなっています。』</span><br><br /><br><br />たぶん何かしら象徴的な意味があるのでしょうが、ろばややぎやにわとりが其処此処に登場していることや、人物が空中にいる幻想的な絵が印象的です。<br><br />1950年代、リトグラフで表現されたパリの街並みの一群の絵が、やはりリトグラフ(=大量生産=万人好み)ということで、見やすいですね。<br><br />透明感の在る色彩が好きです。<br><br /><br><br />ショップに<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/series/89520/ref=pd_serl_books/249-9945747-7164308?ie=UTF8&edition=jp%5Foversized%5Fbook" target="_blank">小学館あーとぶっくシリーズ</a>の本がありました。<br><br />このシリーズ、初めて見たのですが、子供向けとは言え(否、子供向けだからこそ)冗舌な解説抜きで真髄を射抜いたコメントがどの本も面白く、シャガールについても<span style="font-weight: bold;">空にふわり</span>というひとことで表現してあるのに感心しました。(確かにどの時代のシャガールも飛んでいます)<br><br />子どもが見てどう思うかはわかりませんけれど、子ども部屋の本棚に並べておいて手にとって欲しいなと思うシリーズです。<br><br /><br><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4097271172/atelierun-22/" target="_blank"><img border="0" src="http://ec1.images-amazon.com/images/I/2196Z8G4PML.jpg" alt="シャガールの絵本―空にふわり (小学館あーとぶっく)" /></a><br><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4097271172/atelierun-22/" target="_blank"><strong>シャガールの絵本―空にふわり </strong></a><br><br /><span style="font-size: 75%;">『バイオリンひき、曲芸師、動物たちが天使のように自由に飛び回るシャガールの絵。愛妻ベラとの恋物語を軸に、代表作「私と村」をはじめとするシャガールの作品を情緒豊かに紹介する画集絵本。』</span><br><br /><br><br /><br><br /><br><br />・<a href="http://www.famousartistsgallery.com/gallery/chagall.html" target="_blank"><span style="font-weight: bold;">Famous Artists Gallery : Marc Chagall </span></a><br><br /><br><br /><span style="font-size: 75%;"><span style="font-weight: bold;">生誕120年記念 シャガール 愛と自然の讃歌</span><br><br />~12月16日(日) 基本的に月曜休館<br><br /><a href="http://www.mahoroba.ne.jp/~museum/" target="_blank">奈良県立美術館</a> <br><br />0742-23-3968<br><br />奈良市登大路町10-6</span><br><br /><br><br />
209

Leaf (リーフ) 2007年 10月号

Leaf (リーフ) 2007年 10月号ここは本の紹介ブログなんだろうか・・・(・・;)京都府側の本屋さんに入って、初めて気付いた雑誌。最新号ではないのだけれど売れているからとの理由でバックナンバーが置いてあった。 特集 京都の郊外へ京都の郊外とは  松井山手   八幡   長岡京   大山崎   亀岡   木津東部   木津西部・精華町   宇治・城陽 木津は生活圏!バッチリじゃないですか~。行ったことのあるお店、行き... <a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000UTNAFS%3ftag=atelierun-22%26link_code=xm2%26camp=2025%26dev-t=DVZ02IW2V71DT" target="_blank"><img border="0" src="http://ec1.images-amazon.com/images/I/21a6Q6OgVCL.jpg" alt="Leaf (リーフ) 2007年 10月号 [雑誌]" /></a><br><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000UTNAFS%3ftag=atelierun-22%26link_code=xm2%26camp=2025%26dev-t=DVZ02IW2V71DT" target="_blank"><strong>Leaf (リーフ) 2007年 10月号</strong></a><br><br /><span style="font-size: 75%;">ここは本の紹介ブログなんだろうか・・・(・・;)</span><br><br /><br><br />京都府側の本屋さんに入って、初めて気付いた雑誌。<br><br />最新号ではないのだけれど売れているからとの理由でバックナンバーが置いてあった。<br><br /><br><br /> 特集 <span style="font-weight: bold;">京都の郊外へ</span><br><br /><br><br />京都の郊外とは<br><br />  松井山手 <br><br />  八幡 <br><br />  長岡京 <br><br />  大山崎 <br><br />  亀岡 <br><br />  木津東部 <br><br />  木津西部・精華町 <br><br />  宇治・城陽 <br><br /><br><br />木津は生活圏!バッチリじゃないですか~。<br><br />行ったことのあるお店、行きたいと思っていたお店がたくさん載っていて、喜んでます。<br><br />この雑誌、奈良では見たことないんですけど、今後要チェックかも♪<br><br /><br><br />奈良でも北のはずれに住んでいると奈良県の南の方へは行きたいと思っても残念ながらなかなか行くチャンスもなく・・・。<br><br /><br><br /><br><br /><br><br />・<a href="http://www.leafkyoto.net/" target="_blank">Leaf ホームページ </a><br><br /> <span style="font-size: 75%;">京都に遊びに行くときも情報がたくさん得られそう~♪<br><br /> バックナンバーも定価+¥150(送料)で送ってくれます。</span><br><br /><br><br /> 《追記》<br><br />奈良市内の大きめ書店2軒で発見しました!<br><br />今まで見えていなかったのか、最近置くようになったのかは不明ですが・・・。<br><br /><br><br /><br><br />
208

サライ 2007年 10/18号

サライ 2007年 10/18号 またまたこんどはサライが奈良特集!飛鳥と法隆寺特集が詳しい。奈良に住んでいるというだけじゃなくて、きちんと奈良に向き合うことができればいいのですが。なかなか日々の暮らしに追いまくられてねぇ。もったいないことです。とりあえず読んで、なるほど・・・。2007年秋版「あおによし」奈良へ巻頭対談 奈良の魅力を語る  今西清悟(今西清兵衛商店会長・75歳)  大村成子(旅館『さこや』女将・... <a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000W4L4IQ%3ftag=atelierun-22%26link_code=xm2%26camp=2025%26dev-t=DVZ02IW2V71DT" target="_blank"><img border="0" src="http://ec1.images-amazon.com/images/I/21DlMvYvUtL.jpg" alt="サライ 2007年 10/18号 [雑誌]" /></a><br><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000W4L4IQ%3ftag=atelierun-22%26link_code=xm2%26camp=2025%26dev-t=DVZ02IW2V71DT" target="_blank"><strong>サライ 2007年 10/18号 </strong></a><br><br /><br><br />またまたこんどはサライが奈良特集!<br><br />飛鳥と法隆寺特集が詳しい。<br><br />奈良に住んでいるというだけじゃなくて、きちんと奈良に向き合うことができればいいのですが。<br><br />なかなか日々の暮らしに追いまくられてねぇ。<br><br />もったいないことです。<br><br />とりあえず読んで、なるほど・・・。<br><br /><br><br /><span style="font-size: 75%;">2007年秋版<br><br />「あおによし」奈良へ<br><br />巻頭対談 奈良の魅力を語る<br><br />  今西清悟(今西清兵衛商店会長・75歳)<br><br />  大村成子(旅館『さこや』女将・70歳)<br><br /><br><br />第1部<br><br />まほろばの古墳・遺跡を歩く<br><br />飛鳥 古代史の旅<br><br />飛鳥の古墳を知る①<br><br />古墳は飛鳥時代に終末期を迎えた<br><br />飛鳥の古墳を知る②<br><br />高松塚古墳の謎を解く<br><br />和田萃さんと飛鳥の古墳・遺跡を歩く<br><br />古墳を巡る<br><br /><br><br />第2部<br><br />聖徳太子ゆかりの世界遺産の古刹<br><br />一日かけて歩く<br><br />「法隆寺」<br><br />法隆寺の魅力と歴史<br><br />法隆寺管長大野玄妙師<br><br />境内を歩く<br><br />南大門・中門<br><br />金堂<br><br />五重塔<br><br />西円堂<br><br />聖霊院<br><br />大宝蔵院<br><br />東大門~夢殿<br><br />東院の本堂<br><br /><br><br />第3部<br><br />堀辰雄の「西の京」、<br><br />立原正秋の「室生」ほか、5コース<br><br />文士と歩く大和路<br><br />堀 辰雄コース<br><br />秋篠寺~平城宮跡資料館~唐招提寺~薬師寺<br><br />志賀直哉コース<br><br />志賀直哉旧居~ささやきの小径~春日大社~東大寺<br><br />立原正秋コース<br><br />大野寺~室生寺<br><br />山本健吉コース<br><br />大神神社~狭井神社~箸墓~柿本人麻呂歌碑<br><br />島崎藤村コース<br><br />金峯神社~西行庵~吉野水分神社~金峯山寺蔵王堂<br><br /><br><br />第4部<br><br />理想の都か、権力闘争の地か<br><br />平城京絵巻国の礎は<br><br />奈良にあり<br><br />第一幕 藤原京の誕生と廃都<br><br />第二幕 平城京遷都<br><br />第三幕 長屋王謀殺<br><br />第四幕 大仏造立<br><br />第五幕 平城京廃都<br><br /><br><br />第5部<br><br />見る、買う、<br><br />泊まるから歳時記まで<br><br />ならまち散策と<br><br />旅の便利帳<br><br />ならまち」散策案内<br><br />奈良宿泊案内<br><br />奈良の秘宝・秘仏公開<br><br />古都・奈良を楽しむ観光案内<br><br /><br><br />【とじ込み付録】<br><br />奈良詳細地図<br><br /><br><br />【インタビュー】<br><br />小野寺久幸 (東大寺大仏師・78歳)</span>
202

和粋旬菜 やまと庵

7月にオープンしたばかり「やまと庵」に行ってきました。北海道大豆を100%使用した手作り豆富が自慢です。JR奈良駅近く、三条通に面したバナナビルの1階奥にあります。日替わりランチ「日替わりやまと庵弁当」¥880もありましたが、「豆花遊膳」¥1800をいただきました。上から・前菜盛り合わせ(お豆腐の寒天寄せ、いかのお刺身、もずく酢)中・すくい豆冨のくずあんかけ・豆冨の生湯葉春巻き・豆冨つくね 有機野菜チップ添え... <a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a3692e30a.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a3692e30a.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>7月にオープンしたばかり「やまと庵」に行ってきました。<br><br />北海道大豆を100%使用した手作り豆富が自慢です。<br><br />JR奈良駅近く、三条通に面したバナナビルの1階奥にあります。<br><br />日替わりランチ「日替わりやまと庵弁当」¥880もありましたが、「豆花遊膳」¥1800をいただきました。<br><br />上から<br><br />・前菜盛り合わせ(お豆腐の寒天寄せ、いかのお刺身、もずく酢)<br><br />中<br><br />・すくい豆冨のくずあんかけ<br><br />・豆冨の生湯葉春巻き<br><br />・豆冨つくね 有機野菜チップ添え<br><br />・ごはん ゆかりふりかけ<br><br />・豆冨のすまし汁<br><br />下<br><br />・お重のデザート(豆冨入り白玉団子・豆冨入りレアチーズ・黒豆の寒天寄せ)<br><br />・飲み物(コーヒー、紅茶、ウーロン茶、オレンジジュース、グレープフルーツジュースから選ぶ)<br><br /><br><br />こぎれいで女性好みではあると思うのですが、ちょっと物足りなかったかな。<br><br />豆腐を豆冨と書くというこだわりも・・・どうでしょう、受ける人には受けるのかな。<br><br />次回は日替わりランチを試してみたいと思います。<br clear=all><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a369e6846.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a369e6846.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><br><br /><span style="font-size: 75%;"><a href="http://r.gnavi.co.jp/k477601/" target="_blank">和粋旬菜 やまと庵</a> <br><br />奈良市三条町495バナナビル1F <br><br />0742-26-3585 <br><br />11:30~15:00、17:00~23:00(22:30LO) <br><br />無休 <br><br /><br><br />2Fはカフェ ダイニング Marin<br><br />3Fは居酒屋SYURAKU =酒樂=</span><br><br />
207

家庭画報 2007年 11月号

家庭画報 2007年 11月号 また本で恐縮ですが、家庭画報が "錦秋の奈良を行く" 特集!『平城遷都1300年を3年後に控え、今、古都奈良が活気づいています。古代から歴史の主要舞台であった奈良には、古い建造物や宝物、催事が厳然と、しかも日常のものとして残されています。その場に佇めば、束の間、古に返ったかのような錯覚を覚える瞬間がある、不思議の国。歴史のワンダーランド――ここでは新しい大和路を発見する旅として、保存活... <a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a38af0c1c.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a38af0c1c.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000VZD61E%3ftag=atelierun-22%26link_code=xm2%26camp=2025%26dev-t=DVZ02IW2V71DT" target="_blank"><strong>家庭画報 2007年 11月号 </strong></a><br><br /><br><br />また本で恐縮ですが、家庭画報が "錦秋の奈良を行く" 特集!<br><br /><span style="font-size: 75%;">『平城遷都1300年を3年後に控え、今、古都奈良が活気づいています。古代から歴史の主要舞台であった奈良には、古い建造物や宝物、催事が厳然と、しかも日常のものとして残されています。その場に佇めば、束の間、古に返ったかのような錯覚を覚える瞬間がある、不思議の国。歴史のワンダーランド――ここでは新しい大和路を発見する旅として、保存活動によって復興する古い町並み探訪や古式装束に出会える催しなどを通して、時空を超えてゆきます。』</span><br clear=all><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a38b9be48.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a38b9be48.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><br clear=all>談山神社や室生寺などおなじみの紅葉10景。<br><br /><br><br />古い町並み探訪や古式装束に出会える催しなどの紹介が目新しいところでしょうか。<br><br /><br><br />古い町並みの一番手は今井町(橿原市)、あとならまちや伝建地区に指定された宇陀など。<br><br />古式装束に出会える催しとして天理大の雅楽部が東大寺の装束で雅楽を演奏する催しなど紹介されていて、こういうのは地元民よりかえって観光客の方がよく知っていらっしゃるのかもしれませんねぇ。<br><br />なかなか地元のことではわざわざ足を運びにくい・・・。ちょっと見てみたい気がしますけど、さて、行くでしょうか・・・<br><br />
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。