カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1381' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
399

ミルどら & レアチーズわらび @千壽庵吉宗

ミルどらです。大感謝祭限定商品。(¥472)ミルどら=ミルフィーユどらやき薄めに焼いたどらやきに、生クリームとマーガリン&バターとあんこを挟んでます。このマーガリン&バターの塩味が決まってて美味しい♪これもレギュラーになっていいんじゃあ??こちらは新しいレギュラー商品 レアチーズわらび (¥525→¥420)かごに入ってておぼろ豆腐みたいで面白い! 黒糖とプレーンの2層のわらび餅を寒天で作ったレアチーズケーキ... <a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a99893dd5.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a99893dd5.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>ミルどらです。<a href="http://www.senjyuan.co.jp/img/daikannsyasai09.pdf" target="_blank">大感謝祭</a>限定商品。(¥472)<br><br />ミルどら=ミルフィーユどらやき<br><br />薄めに焼いたどらやきに、生クリームとマーガリン&バターとあんこを挟んでます。<br><br />このマーガリン&バターの塩味が決まってて美味しい♪<br><br />これもレギュラーになっていいんじゃあ??<br clear=all><br><br /><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a99989d9e.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a99989d9e.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a>こちらは新しいレギュラー商品 レアチーズわらび (¥525→¥420)<br><br />かごに入ってておぼろ豆腐みたいで面白い! <br clear=all><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a99a68baf.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a99a68baf.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a>黒糖とプレーンの2層のわらび餅を寒天で作ったレアチーズケーキがおおっています。<br><br />レアチーズの味はしっかりしてるのに、洋菓子やさんのレアチーズケーキよりくどくなくて、さすが和菓子屋さん。<br><br />これもGOOD!<br><br /><br clear=all><br><br /><br><br />学園前南店&押熊店の<a href="http://www.senjyuan.co.jp/img/daikannsyasai09.pdf" target="_blank">大感謝祭</a>は明日まで。<br><br />大感謝祭期間中¥1500以上の購入で¥500分の金券がいただけます。<br><br /><br><br />大感謝祭 我が家的には十分楽しみました<img src="http://static.yaplog.jp/static/image/emoji/30.gif" border="0"><br><br /><br><br /><br><br /><br><br /><a href="http://www.senjyuan.co.jp/" target="_blank">千壽庵吉宗</a><br><br />・学園前南店 <br><br /> 奈良市学園大和町2丁目81(奈良西警察署の並び・ちょっと南)<br><br /> 0742-49-0818 <br><br />・押熊店<br><br /> 奈良市押熊町942-1(ならやま大通り沿い・押熊交差点のちょっと東)<br><br /> 0742-51-8080 <br><br />営業時間 9:00~19:00(元旦のみ休日)
398

奈良手巻 @千壽庵吉宗

昨日並んで手に入れた千壽庵吉宗の奈良手巻です。(並んだ顛末はこちらの記事)ネット販売のみに限られていたものを、店頭販売(学園南店・押熊店のみ)を始めました。29日まで限定100個半額です。(¥2180→¥1090)・国産米粉100%使用・奈良のはちみつとたまご・沖縄黒糖のみを使ったわらび餅・香り豊かなきなこクリームなど、こだわり。美味しかったと言いたいところですけれど、正直なところ、1回でいいかなと…。危惧したほど... <a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a991a1f4f.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a991a1f4f.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>昨日並んで手に入れた<a href="http://www.senjyuan.co.jp/" target="_blank">千壽庵吉宗</a>の奈良手巻です。(並んだ顛末はこちらの<a href="http://yaplog.jp/nara_nara/archive/445" target="_blank">記事</a>)<br><br />ネット販売のみに限られていたものを、店頭販売(学園南店・押熊店のみ)を始めました。<br><br />29日まで限定100個半額です。(¥2180→¥1090)<br><br /><br><br />・国産米粉100%使用<br><br />・奈良のはちみつとたまご<br><br />・沖縄黒糖のみを使ったわらび餅<br><br />・香り豊かなきなこクリーム<br><br />など、こだわり。<br><br /><br><br />美味しかったと言いたいところですけれど、正直なところ、1回でいいかなと…。<br><br />危惧したほどわらび餅が遊離しているということはないんですけど、きなこの味が立ってしまって、私にはちょっと…。<br><br />お好きな方はお好きかもしれませんが。<br><br />食感が何かに似ていると思ったのは、<a href="http://www.sasayaiori.com/dorayaki/index.html" target="_blank">弘法さんのどら焼き</a>(京都・東寺の弘法市の前後3日だけ売られる笹屋伊織のお菓子)のもちもち感でした。<br><br />わらび餅にこだわらずに、このもちもちの米粉スポンジを生かしたらもっと美味しいものができるように思います。<br><br />それと長さが33cmもあって(箱の長さ33.5cm)冷蔵庫に縦に入らないから、半分の長さにして半額ちょいの値段で売れば、買ってみる方もでるんじゃないでしょうか?<br><br /><br><br />29日まで限定100本を半額¥1090に! <br><br />9時~と13時~、それぞれ先着50名に整理券配布です。販売はそれぞれ1時間後。<br><br />この機会に味見してみてくださいな。<br><br /><br><br /><br><br /><a href="http://www.senjyuan.co.jp/" target="_blank">千壽庵吉宗</a><br><br />・学園前南店 <br><br /> 奈良市学園大和町2丁目81(奈良西警察署の並び・ちょっと南)<br><br /> 0742-49-0818 <br><br />・押熊店<br><br /> 奈良市押熊町942-1(ならやま大通り沿い・押熊交差点のちょっと東)<br><br /> 0742-51-8080 <br><br />営業時間 9:00~19:00(元旦のみ休日) <br><br /><br><br /><br><br />
397

啓林堂書店 奈良ビブレ店

県下最大級の書店啓林堂奈良ビブレ店がビブレ地下1階に今日10時~オープンしているんだそうです。いろいろオープニングイベントもあるらしい(→ LINK)本屋さんがどんどん少なくなって嘆いていたのですけれど、やれやれ。ただ、まあ、できれば郊外型の大型書店がよかったなぁと…ヾ(・・ )ォィォィところで、奈良ビブレに地下があったんですね(・・;)... 県下最大級の書店<a href="http://www.books-keirindo.co.jp/" target="_blank">啓林堂</a>奈良ビブレ店がビブレ地下1階に今日10時~オープンしているんだそうです。<br><br />いろいろオープニングイベントもあるらしい<img src="http://static.yaplog.jp/static/image/emoji/13.gif" border="0">(→ <a href="http://www.books-keirindo.co.jp/common/news/2009/11/2009111720091127.html" target="_blank">LINK</a>)<br><br /><br><br />本屋さんがどんどん少なくなって嘆いていたのですけれど、やれやれ。<br><br /><br><br />ただ、まあ、できれば郊外型の大型書店がよかったなぁと…ヾ(・・ )ォィォィ<br><br /><br><br />ところで、奈良ビブレに地下があったんですね(・・;)
396

千壽庵吉宗 学園前南店・押熊店 大感謝祭

今日から29日まで千壽庵吉宗の学園前南店・押熊店で大感謝祭が開かれています。千壽庵吉宗にサイトができていることは知らなかったんですけど、ネット限定だったロールケーキ"奈良手巻"を今日から学園前南店・押熊店でのみ店頭販売するということで、今日から3日間、限定100本を半額¥1090に! 9時~と13時~先着50名に整理券配布です。販売はそれぞれ1時間後。顧客名簿に載っているらしく前もってはがきが来ていたんですけ... <a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a9847aba7.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a9847aba7.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>今日から29日まで<a href="http://www.senjyuan.co.jp/" target="_blank">千壽庵吉宗</a>の学園前南店・押熊店で<a href="http://www.senjyuan.co.jp/img/daikannsyasai09.pdf" target="_blank">大感謝祭</a>が開かれています。<br><br /><br><br /><a href="http://www.senjyuan.co.jp/" target="_blank">千壽庵吉宗</a>にサイトができていることは知らなかったんですけど、ネット限定だったロールケーキ"<a href="http://www.senjyuan.co.jp/img/naratemakipop.pdf" target="_blank">奈良手巻</a>"を今日から学園前南店・押熊店でのみ店頭販売するということで、今日から3日間、限定100本を半額¥1090に! <br><br />9時~と13時~先着50名に整理券配布です。販売はそれぞれ1時間後。<br><br /><br><br />顧客名簿に載っているらしく前もってはがきが来ていたんですけれど、昨日ポストインされたフリーペーパーのトップにでかでかと広告が…(・・;)<br><br />8時50分ころ行ってみたらもう並んでいて、整理券番号28でした。<br><br />みなさんはがきを見て来られたみたいで、「(奈良手巻)美味しいかしらね?!」「やっぱり普通のわらびもちが好き」「ここのこぶ茶が美味しい。お料理にも使う」…などと待ち時間にしばし雑談。<br><br /><br><br />他に<a href="http://www.senjyuan.co.jp/img/daikannsyasai09.pdf" target="_blank">大感謝祭</a>限定の"ミルどら"とか"お手軽わらび餅"(少量パック)、"レアチーズわらび"(¥525→¥420)など。<br><br />また大感謝祭期間中¥1500以上の購入で¥500分の金券がいただけます。<br><br /><br><br /><a href="http://www.senjyuan.co.jp/" target="_blank">千壽庵吉宗</a><br><br />・学園前南店 <br><br /> 奈良市学園大和町2丁目81(奈良西警察署の並び・ちょっと南)<br><br /> 0742-49-0818 <br><br />・押熊店<br><br /> 奈良市押熊町942-1(ならやま大通り沿い・押熊交差点のちょっと東)<br><br /> 0742-51-8080 <br><br />営業時間 9:00~19:00(元旦のみ休日)
395

正暦寺

京都の紅葉ばかりご紹介するのもどうかなぁ…で、正暦寺に行ってきました。紅葉の季節に正暦寺に行くのは初めて。正暦3年(992年)一条天皇の発願により、関白九条兼家の子兼俊が創建した寺院です。狭い山道を他府県ナンバーの大型バスが行きかいます。でもタイミングを選べば、人の映らない写真を撮ることも可能。ただ、今年の秋は急速に冷え込まなかったので、紅葉はあまりきれいな色にならなかったようです。毎年同じというわけ... 京都の紅葉ばかりご紹介するのもどうかなぁ…で、正暦寺に行ってきました。<br><br />紅葉の季節に正暦寺に行くのは初めて。<br><br />正暦3年(992年)一条天皇の発願により、関白九条兼家の子兼俊が創建した寺院です。<br><br /><br><br />狭い山道を他府県ナンバーの大型バスが行きかいます。<br><br />でもタイミングを選べば、人の映らない写真を撮ることも可能。<br><br />ただ、今年の秋は急速に冷え込まなかったので、紅葉はあまりきれいな色にならなかったようです。<br><br />毎年同じというわけではなく、自然任せなので致し方ないですね。(京都は今年は永観堂が一番美しいそうです)<br><br /><br><br /><span style="font-size: 125%;"><span style="font-weight: bold;">本堂</span></span><br><br />白鳳時代の秘仏薬師如来倚像(重要文化財)・仏画が特別公開されています。(11月1日(土)~30日(日)) <br><br />薬師如来倚像は台座に腰かけた珍しい像です。<br><br /><span style="text-align:center;display:block;"><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a975699df.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a975699df.jpg" border="0" alt="" ></a></span><br><br /><span style="text-align:center;display:block;"><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a9764e88a.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a9764e88a.jpg" border="0" alt="" ></a></span><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a977362e8.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a977362e8.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><span style="font-weight: bold;">鐘楼</span><br><br /><br><br />赤や黄色、緑が織りなすさまが"錦の里"と言われる所以です。<br clear=all><br><br /><span style="text-align:center;display:block;"><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a977e903d.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a977e903d.jpg" border="0" alt="" ></a></span><br><br /> <br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a978bf19c.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a978bf19c.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a>塔頭の寺院跡に残っていた供養塔と僧侶の墓石を集めたもの<br><br />往時は八六坊あったそうです。<br clear=all><br><br /><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a97996ad9.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a97996ad9.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><span style="font-size: 125%;"><span style="font-weight: bold;">菩提仙川</span></span><br clear=all><br><br /><span style="font-size: 125%;"><span style="font-weight: bold;">福寿院客殿</span></span><br><br />重要文化財。屋根は&#26478;葺き。<br><br />珍しい孔雀明王像が本尊。<br><br /><span style="text-align:center;display:block;"><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a97a7fe7b.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a97a7fe7b.jpg" border="0" alt="" ></a></span><br><br /><span style="text-align:center;display:block;"><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a97b3e6ce.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a97b3e6ce.jpg" border="0" alt="" ></a></span><br><br /><span style="text-align:center;display:block;"><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a97c86d6e.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a97c86d6e.jpg" border="0" alt="" ></a></span>塀を低くしつらえていて、山の紅葉の借景が美しい。<br><br /><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a97d91aab.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a97d91aab.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><span style="font-weight: bold;">ヤーコンとそうめんかぼちゃ</span><br><br /><br><br />めずらしい野菜が無人の売り場にあったので買い求めました。<br><br />どちらも¥200<br clear=all><br><br /><br><br /><br><br /><a href="http://www.asahi-net.or.jp/~id9s-mti/shouryakuji/" target="_blank">正暦寺</a><br><br />奈良市菩提山町157<br><br />0742-62-9569<br><br />通常 9:00~17:00<br><br />冬季(12月1月2月)9:00~16:00<br><br />※11月7日~12月6日は正暦寺行き臨時バス運行 <br><br /> <br><br />
394

青蓮院

ちょっとおでかけ京都へ3.国宝青不動明王の初めての御開帳ということで青蓮院へ。国宝青不動明王日本三大不動のひとつ。青蓮院での青不動ご開帳は創建以来初めてで、過去には1970年の「大阪万博」と1986年の奈良国立博物館「平安仏画展」、1997年「比叡山・高野山名宝展」の3度しか公開されていないそうですが、それをなぜ今公開するのかというと『道徳心の荒廃が顕著になった現代、辛い事件があまりにも多すぎます。この混迷の... <a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a95dec250.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a95dec250.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>ちょっとおでかけ京都へ3.<br><br /><a href="http://www.shorenin.com/gokaicho/index.html" target="_blank">国宝青不動明王</a>の初めての御開帳ということで<a href="http://www.shorenin.com/" target="_blank">青蓮院</a>へ。<br><br /><br><br /><a href="http://www.shorenin.com/gokaicho/index.html" target="_blank">国宝青不動明王</a><br><br />日本三大不動のひとつ。<br><br /><br><br />青蓮院での青不動ご開帳は創建以来初めてで、過去には1970年の「大阪万博」と1986年の奈良国立博物館「平安仏画展」、1997年「比叡山・高野山名宝展」の3度しか公開されていないそうですが、それをなぜ今公開するのかというと<br><br />『道徳心の荒廃が顕著になった現代、辛い事件があまりにも多すぎます。この混迷の世の中で、青不動の強いお力をいただいて、いろいろな問題を少しでも良い方向に導いていただきたいと考え、ご開帳を行うことにいたしました。』だそうです。<br><br /><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a95ebb047.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a95ebb047.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a>祈願紙をいただいたので、国家安寧等の末尾に家内安全をお願いし、お守りをいただきました。<br clear=all><br><br /><br><br /><span style="font-weight: bold;">青蓮院庭園</span><br><br /><span style="text-align:center;display:block;"><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a95f75530.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a95f75530.jpg" border="0" alt="" ></a></span>      ↑ 樹齢300年の楓<br><br /><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a9606a4a8.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a9606a4a8.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><br><br />池泉回遊式庭園。<br><br />紅葉はもう少し後がきれいかな。<br clear=all><br><br />小御所を外から眺む。<br><br /><span style="text-align:center;display:block;"><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a96136131.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a96136131.jpg" border="0" alt="" ></a></span><br><br /><br><br /><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a96226936.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a96226936.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><span style="font-weight: bold;">京都市登録天然記念物の大楠</span><br><br />親鸞聖人お手植えと伝えられている。<br><br />それはともかくとして、畏敬を感じさせる大木であることは確か。<br clear=all><br><br /><span style="text-align:center;display:block;"><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a96319f86.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a96319f86.jpg" border="0" alt="" ></a></span><br><br /><br><br /><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a9642c23c.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a9642c23c.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><br><br /><br><br /><br><br /><a href="http://www.shorenin.com/" target="_blank">青蓮院</a><br><br />京都市東山区粟田口三条坊町 <br><br />075-561-2345
393

南禅寺

ちょっとお出かけ京都へ2.久しぶりの南禅寺紅葉はとてもきれいだったのですが、すごい人! 観光バス!!ウィークデーならさほどのことはないだろうと思ったのですが、京都をなめてはいけなかった…(笑) 三門(重要文化財)高さ22m。歌舞伎『三門五三桐』の石川五右衛門の名台詞「絶景かな、絶景かな」でおなじみ。でもこの門は1628年の建設で、五右衛門の死(1594年)後になるので、五右衛門がここでほんとうに「絶景かな」と言... ちょっとお出かけ京都へ2.<br><br />久しぶりの<a href="http://www.nanzen.com/" target="_blank"><span style="font-size: 125%;"><span style="font-weight: bold;">南禅寺</span></span></a><br><br />紅葉はとてもきれいだったのですが、すごい人! 観光バス!!<br><br />ウィークデーならさほどのことはないだろうと思ったのですが、京都をなめてはいけなかった…(笑) <br><br /><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a94de26e0.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a94de26e0.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><span style="font-size: 125%;"><span style="font-weight: bold;">三門</span></span>(重要文化財)<br><br />高さ22m。<br><br />歌舞伎『三門五三桐』の石川五右衛門の名台詞「絶景かな、絶景かな」でおなじみ。<br><br />でもこの門は1628年の建設で、五右衛門の死(1594年)後になるので、五右衛門がここでほんとうに「絶景かな」と言ったかどうか以前の問題で、完全にフィクションになります。<br><br /><br><br /><br clear=all><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a94eb73e6.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a94eb73e6.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a>三門へ上がる階段。<br><br />私は上がらなかった。<br clear=all><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a94f87748.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a94f87748.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a>三門を通して法堂を見る。<br clear=all><br><br /><span style="font-size: 125%;"><span style="font-weight: bold;">法堂</span></span><br><br /><span style="text-align:center;display:block;"><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a950562b5.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a950562b5.jpg" border="0" alt="" ></a></span><br><br /><span style="text-align:center;display:block;"><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a95142506.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a95142506.jpg" border="0" alt="" ></a></span><br><br /><br><br /><span style="font-weight: bold;"><span style="font-size: 125%;">名勝・方丈庭園</span></span><br><br /><span style="text-align:center;display:block;"><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a95225871.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a95225871.jpg" border="0" alt="" ></a></span>小堀遠州の作と伝わる枯山水庭園で、借景式。<br><br />大小6個の石組みを川を渡る虎の親子に見立て、俗に「虎の子渡し」(とらのこわたし)と呼ばれています。<br><br /><span style="text-align:center;display:block;"><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a95305e07.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a95305e07.jpg" border="0" alt="" ></a></span><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a9542b2ee.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a9542b2ee.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a>後ろは東山。<br clear=all><br><br /><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a9557628c.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a9557628c.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><span style="font-weight: bold;"><span style="font-size: 125%;">水路閣</span></span><br><br /><a href="http://www.city.kyoto.jp/somu/rekishi/fm/nenpyou/htmlsheet/toshi27.html" target="_blank">琵琶湖疏水</a>の一部。<br><br />現在も使われています。<br><br />明治期の土木技術の高さを証明していると言えそうですが、そんなことより、ただ美しい。<br><br />近辺の小学校の子どもたちが写生会に来ていました。<br clear=all><br><br /><span style="text-align:center;display:block;"><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a95668fc5.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a95668fc5.jpg" border="0" alt="" ></a></span><br><br /><br><br /><a href="http://www.nanzen.com/" target="_blank">南禅寺</a><br><br />京都市左京区南禅寺福地町<br><br />075-771-0365
392

元離宮 二条城

ちょっと京都へ。初めての二条城。二条城は、慶長8年(1603年)、徳川家康が、京都御所の守護と将軍上洛のときの宿泊所として造営し、3代将軍家光により、伏見城の遺構を移すなどして、寛永3年(1626年)に完成したもの。本丸は五層の天守閣がそびえていたそうですが、焼失。現在の本丸御殿は、京都御苑今出川御門内にあった旧桂宮邸の御殿を、明治26年から27年にかけて本丸内に移築したものだそうですが、今回は時間の... ちょっと京都へ。<br><br />初めての二条城。<br><br /><a href="http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo/" target="_blank">二条城</a>は、慶長8年(1603年)、徳川家康が、京都御所の守護と将軍上洛のときの宿泊所として造営し、3代将軍家光により、伏見城の遺構を移すなどして、寛永3年(1626年)に完成したもの。<br><br /><a href="http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo/honmaru.html" target="_blank">本丸</a>は五層の天守閣がそびえていたそうですが、焼失。現在の本丸御殿は、京都御苑今出川御門内にあった旧桂宮邸の御殿を、明治26年から27年にかけて本丸内に移築したものだそうですが、今回は時間の関係で割愛。<br><br /><br><br />国宝<a href="http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo/ninomaru.html" target="_blank">二の丸御殿</a><br><br />桃山時代の武家風書院造りの代表的なもので、車寄せに続いて遠侍(とおさむらい)、式台(しきだい)、大広間(おおひろま)、蘇鉄の間(そてつのま)、黒書院(くろしょいん)、白書院(しろしょいん)の6棟が東西から南北にかけて雁行に立ち並んでいます。総建築面積1000坪<img src="http://static.yaplog.jp/static/image/emoji/25.gif" border="0"><br><br />大広間は徳川15代将軍慶喜が大政奉還を各大名に発表したところです!<br><br />そういう意味の感慨はありましたが、障壁画などを守るために薄暗く、寒く、ただ長い廊下をてくてくと歩いたという印象。<br><br />外国人の観光客も多くいらっしゃるのに、もう少しなんとか工夫はできないものなのでしょうか…。<br><br />すばらしさが伝わらないと思うのですが…。(日本人だってよほど想像力をたくましくしないと…)<br><br /><br><br />車寄せ<br><br /><span style="text-align:center;display:block;"><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a941f107f.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a941f107f.jpg" border="0" alt="" ></a></span><br><br />内部は撮影禁止です。内部の写真は<a href="http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo/ninomaru.html" target="_blank">こちら</a>へ。というか、ホンモノはこんなふうには見えませんが(暗くて)<br><br />障壁画を修復する事業も始まっているようです(<a href="http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo/syoheki.html" target="_blank">こちら</a>)<br><br />往時の絢爛豪華さを取り戻したころにまた訪れたいものです(生きている内に間に合うかなぁ)<br><br /><br><br /><a href="http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo/teien.html#1" target="_blank">二の丸庭園</a> 石組がいいですね。元あった庭園に小堀遠州が手を入れたとされています。(京都の庭園は小堀遠州作ということになっているものが多いですけど)<br><br /><span style="text-align:center;display:block;"><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a942c03c0.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a942c03c0.jpg" border="0" alt="" ></a></span><br><br />本丸に入る門<br><br /><span style="text-align:center;display:block;"><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a943ac4d2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a943ac4d2.jpg" border="0" alt="" ></a></span><br><br />内堀、左が本丸<br><br /><span style="text-align:center;display:block;"><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a94470d30.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a94470d30.jpg" border="0" alt="" ></a></span><br><br /><span style="text-align:center;display:block;"><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a9455ce34.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a9455ce34.jpg" border="0" alt="" ></a></span><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a94648ecd.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a94648ecd.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a>↑ ← 緑の園 紅葉がきれい<br clear=all><br><br /><br><br /><a href="http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo/teien.html#3" target="_blank">清流園</a>では結婚式が行われていました。(写真はありません)<br><br />雅楽などが演奏されていましたが、ちょっと変わった式次第で、人前結婚式のようでした。<br><br />結構人気らしいです。(<a href="http://www.nijojo-wedding.jp/" target="_blank">世界遺産・二条城ウェディング</a>)<br clear=all><br><br /><br><br /><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a947367c7.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a947367c7.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><a href="http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo/" target="_blank">二条城</a><br><br />京都市中京区二条通堀川西入二条城町541<br><br />075-841-0096 <br><br /><br><br />現在、市の所有のようで、なかなか整備とか行き届かないのも仕方ないですね。<br><br /><br><br />
391

ひつじ雲

今朝見つけたひつじ雲。ひつじ雲は雨の予兆とか…当たってる?... <span style="text-align:center;display:block;"><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a93ab0813.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a93ab0813.jpg" border="0" alt="" ></a></span><br><br />今朝見つけたひつじ雲。<br><br /><br><br />ひつじ雲は雨の予兆とか…<br><br /><br><br />当たってる?
390

特別企画「魏志倭人伝を読む・纒向遺跡を掘る」 (お知らせ)

桜井市の纒向遺跡で、卑弥呼の宮殿に関連すると思われる大型の建物遺跡が見つかったのは記憶に新しいところですけれど、さっそく奈良県立図書情報館で12月13日、シンポジウム「魏志倭人伝を読む・纒向遺跡を掘る」が開催されるそうです。今年11月、桜井市の纒向遺跡で、卑弥呼の宮殿に関連すると思われる大型の建物遺跡が確認されました。図書情報館では、纒向遺跡発掘の最新の成果とその意義をふまえ、専門家によるシンポジウムを... <a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a933c9c55.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a933c9c55.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>桜井市の纒向遺跡で、卑弥呼の宮殿に関連すると思われる大型の建物遺跡が見つかったのは記憶に新しいところですけれど、さっそく奈良県立図書情報館で12月13日、シンポジウム「<a href="http://eventinformation.blog116.fc2.com/blog-entry-302.html" target="_blank">魏志倭人伝を読む・纒向遺跡を掘る</a>」が開催されるそうです。<br><br /><br><br /><span style="font-size: 75%;"><span style="font-style: italic;">今年11月、桜井市の纒向遺跡で、卑弥呼の宮殿に関連すると思われる大型の建物遺跡が確認されました。図書情報館では、纒向遺跡発掘の最新の成果とその意義をふまえ、専門家によるシンポジウムを通じて、卑弥呼と邪馬台国の謎に迫ります。</span></span><br><br /><br><br />申込みは 往復はがき、FAX、メール(koen@library.pref.nara.jp)で、入場無料。<br><br />定員は300名ですが申込み多数の場合は抽選ということになっています。<br><br />詳しくは<a href="http://eventinformation.blog116.fc2.com/blog-entry-302.html" target="_blank">こちら</a>へ。<br><br /><br><br />また<a href="http://eventinformation.blog116.fc2.com/blog-entry-300.html" target="_blank">「魏志倭人伝を読む・纒向遺跡を掘る」の図書展示</a>も行われています。(平成21年11月17日(火) ~ 12月27日(日))<br><br /> 魏志倭人伝、纒向遺跡、邪馬台国論争、邪馬台国の時代の歴史と遺跡に関する資料などの図書が展示されているそうです。<br><br />  <a href="http://www.library.pref.nara.jp/event/booklist/gishiwajinden.html" target="_blank">展示図書リスト</a><br><br /><br><br /><br><br /><br><br /><a href="http://www.library.pref.nara.jp/index.html" target="_blank">奈良県立図書情報館</a><br><br />奈良市大安寺西 1丁目1000番地<br><br />0742-34-2111
389

夾紵・乾漆シンポジウム(お知らせ)

第61回正倉院展(10月24日~11月12日)が閉幕し、期間中の入場者数は29万9294人と発表されました。天皇即位20年を記念して、3日長い20日間の会期でしたが、2006年(同じ20日間開催)の28万3515人を上回り、過去最高記録を更新したようです。最終日は即位20周年を祝して無料だったので、12時頃に3時間待ちだったそうですが、ちゃんとご覧になれたかしらねぇ。隣の興福寺で開かれている興福寺国宝特別公開2009-お堂でみる阿修羅-... <a href="http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2009toku/shosoin/shosoin_index.html" target="_blank">第61回正倉院展</a>(10月24日~11月12日)が閉幕し、期間中の入場者数は29万9294人と発表されました。<br><br />天皇即位20年を記念して、3日長い20日間の会期でしたが、2006年(同じ20日間開催)の28万3515人を上回り、過去最高記録を更新したようです。<br><br />最終日は即位20周年を祝して無料だったので、12時頃に3時間待ちだったそうですが、ちゃんとご覧になれたかしらねぇ。<br><br /><br><br />隣の興福寺で開かれている<a href="http://www.kohfukuji.com/event/detail.cgi?event_seq=00000007" target="_blank">興福寺国宝特別公開2009-お堂でみる阿修羅-</a>は、残すところ今日を含めてあと4日間になりました!!<br><br />通常は国宝館に展示される阿修羅像をはじめとする八部衆・十大弟子像の現存する天平乾漆像14躰すべてが仮金堂に安置されているので必見です。<br><br />まだの方はお急ぎくださいね!<br><br />とは言っても今日は210分待ちとか聞きました。たぶん夕方は比較的少ないとは思うのですが、3連休…覚悟していらしてくださいな。<br><br /><br><br />阿修羅像の大人気で、阿修羅像が乾漆技法で作られていることは広く知られるようになったように思いますが、この乾漆技法について面白いシンポジウムを見つけました。<br><br />興味のある方はぜひどうぞ!<br><br /><br><br /><span style="font-weight: bold;"><a href="http://www.nara-wu.ac.jp/kodai/seminar.html" target="_blank">夾紵・乾漆シンポジウム―牽牛子塚古墳から阿修羅像へ―</a></span><br><br /> 日 時: 2009年12月12日(土)午後2時~午後6時<br><br /> 場 所: <a href="http://www.nara-wu.ac.jp/" target="_blank">奈良女子大学</a> G棟 201教室 (<a href="http://www.nara-wu.ac.jp/kodai/campusmap.gif" target="_blank">MAP</a>)<br><br /> 発 表: 「牽牛子塚古墳出土の夾紵棺について」宮路淳子(奈良女子大学)<br><br />      「中国漆工史上の夾紵技法」松尾良樹(奈良女子大学)<br><br />      「奈良女子大学所蔵牽牛子塚古墳出土夾紵棺の塗膜観察」<br><br />        岡田文男氏(京都造形芸術大学教授)<br><br />      「阿修羅を中心とする奈良時代仏像の乾漆技法について」<br><br />        山崎隆之氏(愛知県立芸術大学名誉教授)<br><br />      「正倉院宝物中の夾紵作品について」<br><br />        西川明彦氏(宮内庁正倉院事務所保存課整理室室長) <br><br />   コメンテーター <br><br />      北村昭斎(漆芸家・重要無形文化財保持者、人間国宝)<br><br />      鈴木喜博(奈良国立博物館学芸部上席研究員) <br><br /><br><br /> 主 催: 奈良女子大学古代学学術研究センター<br><br /> 共 催: 東洋漆工史研究会<br><br /> 共 催: 『文化財に含まれる膠の自然科学分析による古代文化史および技術史の解明』プロジェクト<br><br /> 入場無料 ・ 申込み不要<br><br /><br><br /><br><br /><span style="font-size: 75%;">*「夾紵(きょうちょ)」とは東晋時代に造られ唐時代に盛行した漆技法で、興福寺阿修羅像に代表される「乾漆(かんしつ)」の源流だそうです。</span><br><br /><br><br /><br><br />
388

ホテル日航奈良が「1室1,300円」プラン

ホテル日航奈良が「1室1,300円」のプランを発売するそうです →LINK【平城遷都1300年祭オープニング記念】 1室1,300円で奈良をモニタープラン ≪2010年1月1日~2010年3月31日まで≫ 1ヵ月10室限定  ※電話予約のみ   平城遷都1300年祭オープニングを記念し、この冬場に「奈良に一度訪れてみてほしい!」という気持ちを込めて1室1,300円( スタンダードツイン1~2名利用 )の特別プランをご用意!☆ご予約は、前月の1日10... <a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a926c0f2d.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a926c0f2d.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a>ホテル日航奈良が「<span style="font-weight: bold;"><span style="color:#ff0000;">1室1,300円</span></span>」のプランを発売するそうです →<a href="http://www.nikkonara.jp/guestroom/plan_shosai.html#osusume" target="_blank">LINK</a><br><br /><br><br /><span style="font-style: italic;">【平城遷都1300年祭オープニング記念】</span><br><br /><span style="font-style: italic;"> 1室1,300円で奈良をモニタープラン <br><br />≪<span style="font-weight: bold;">2010年1月1日~2010年3月31日まで</span>≫ <span style="font-weight: bold;">1ヵ月10室限定</span>  ※電話予約のみ </span>  <br><br /><span style="font-style: italic;">平城遷都1300年祭オープニングを記念し、この冬場に「奈良に一度訪れてみてほしい!」という気持ちを込めて1室1,300円( スタンダードツイン1~2名利用 )の特別プランをご用意!</span><br><br /><br><br /><span style="font-style: italic;">☆ご予約は、前月の1日10:00より電話にて受付いたします。<先着順> <br><br />  1月予約は12月1日10:00~/2月予約は1月1日10:00~/3月予約は2月1日10:00~ <br><br />  ご予約:<span style="font-weight: bold;">0742(35)8831</span>/宿泊予約 <br><br />*1室1泊限りとさせていただきます。<br><br />*このプランはお部屋代のみとなります。 <br><br />*他の割引との併用はできません。 <br><br />*ご希望日が満室の場合など、日によってお断りする場合がございます。 </span><br><br /><br><br /><br><br />これはすごい!<br><br />遷都1300年祭も始まることですし、ものは試し、チャレンジしてみてくださいな!!<br><br /><br><br /><br><br /><a href="http://www.nikkonara.jp/" target="_blank">ホテル日航奈良</a><br><br />奈良市三条本町8-1 JR奈良駅の西に直結です。 <br><br />0742-35-8831(宿泊予約 )<br><br /><br><br /><span style="font-size: 75%;">老婆心ですが、1コールでは1室限りとか制限をつけた方がいいように思いますが・・・</span><br><br />
385

ファラフェルガーデン falafelgarden

東向にちょっと前にできたとどっかで読んだイスラエル料理店。あぶなっかしい記憶を頼りに歩いて行くと、ありました。(端から端まで探しても大したことないけど(笑))イスラエル料理ってどんなだろう?とりあえず看板メニューらしいファラフェルをいただきました。(フライドポテトと飲み物がついて¥1150)ファラフェルはファラフェルボール(ひよこ豆のボール)をフライし、生野菜とゴマソースを加えたピタサンドのこと。中近東... 東向にちょっと前にできたとどっかで読んだイスラエル料理店。<br><br />あぶなっかしい記憶を頼りに歩いて行くと、ありました。(端から端まで探しても大したことないけど(笑))<br><br /><br><br />イスラエル料理ってどんなだろう?<br><br />とりあえず看板メニューらしいファラフェルをいただきました。(フライドポテトと飲み物がついて¥1150)<br><br /><span style="text-align:center;display:block;"><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a91140d83.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a91140d83.jpg" border="0" alt="" ></a></span>ファラフェルはファラフェルボール(ひよこ豆のボール)をフライし、生野菜とゴマソースを加えたピタサンドのこと。<br><br />中近東で生まれた人類初のヘルシーフードだそうです。<br><br />ファラフェルボールは水でもどしてから磨り潰したひよこ豆をパセリやコリアンダーと様々なスパイスを混ぜ丸めて揚げています。<br><br />ベジタリアンでもOK。<br><br /><br><br />これがイスラエル料理代表ということなのかどうかよくわからないんですけど、日本人にはなんの違和感もなく、美味しいファーストフードでした。<br><br /><br><br />店内は外国人が多いのが特徴的。<br><br />知って来られているのか、通りかかって入られたのかは不明。<br><br /><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a9122fe26.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a9122fe26.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><a href="http://www.falafelgarden.com/" target="_blank">ファラフェルガーデン falafelgarden</a><br><br />奈良市東向南町13-2<br><br />0742-24-2722 <br><br />11:00~21:00(L.O.20:30)<br><br />無休<br><br /><br><br />出町柳に1号店あり。<br><br /><br><br />ファラフェルの通販もあるみたいですよ!
387

臥龍坊(ウォロンファン) 休業

冬になると行きたくなる臥龍坊(ウォロンファン)なんですけど、三条通りの拡幅工事のせいで、10月16日から休業されているようです。この場所での営業再開は難しいとおっしゃっていたそうなので、どこかいい場所が見つかればいいんですけれどねぇ。臥龍坊(ウォロンファン)奈良市三条通473-4 0742-26-6398 11:45~21:00 月休 三条通りの拡幅工事(歩道を片側6mに広げる)のために、もうずいぶん多くの建物が後退しましたけれど... <a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a91fcd8fe.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a91fcd8fe.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>冬になると行きたくなる臥龍坊(ウォロンファン)なんですけど、三条通りの拡幅工事のせいで、10月16日から休業されているようです。<br><br /><br><br />この場所での営業再開は難しいとおっしゃっていたそうなので、どこかいい場所が見つかればいいんですけれどねぇ。<br><br /><br><br /><br><br /><br><br /><span style="font-size: 75%;"><a href="http://www.geocities.jp/woulonfan_tw/index.html" target="_blank">臥龍坊(ウォロンファン)<br><br /></a>奈良市三条通473-4 <br><br />0742-26-6398 <br><br />11:45~21:00 月休 </span><br><br /><br><br /><br><br />三条通りの拡幅工事(歩道を片側6mに広げる)のために、もうずいぶん多くの建物が後退しましたけれど、その費用や手間はたいへんなものだと思うのですけれど、本当に必要なことだったんだろうかと非常に疑問に思っています。<br><br />歴史のある建物など、まだ立ち退いていないところも散見しますが、今後どうなるのでしょうね。<br><br />
386

手つむぎの店 自然の布館

三条通りを歩いていて見つけた手つむぎの店 自然の布館あれ?もちいどのにあったんじゃあ?と思って聞いてみたら、姉妹店で、10月23日にオープンしたばかりだそう。こちらは手紡ぎ糸を使ったストール専門店だそうで、素の生地などはもちいどの店にどうぞとのことでした。やさしい自然な色の、やさしい手つむぎの布のストールやら小物やらが素敵です手つむぎの店 自然の布館奈良県下三条町43-1 0742-25-3636 10:00~19:00 木曜日... <a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a91901deb.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a91901deb.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>三条通りを歩いていて見つけた<a href="http://www.masuhisa-naturecolor.co.jp/network/sanjyouten.htm" target="_blank">手つむぎの店 自然の布館</a><br><br />あれ?もちいどのにあったんじゃあ?と思って聞いてみたら、姉妹店で、10月23日にオープンしたばかりだそう。<br><br /><br><br />こちらは手紡ぎ糸を使ったストール専門店だそうで、素の生地などは<a href="http://www.masuhisa-naturecolor.co.jp/network/mochiidono2.htm" target="_blank">もちいどの店</a>にどうぞとのことでした。<br><br /><br><br />やさしい自然な色の、やさしい手つむぎの布のストールやら小物やらが素敵です<img src="http://static.yaplog.jp/static/image/emoji/13.gif" border="0"><br><br /><br><br /><br><br /><a href="http://www.masuhisa-naturecolor.co.jp/network/sanjyouten.htm" target="_blank">手つむぎの店 自然の布館</a><br><br />奈良県下三条町43-1 <br><br />0742-25-3636 <br><br />10:00~19:00 木曜日休み
384

ビストロ・ラ・フルール

今年10月4日OPENの新しいお店。松伯美術館へ行く道で見つけて、さっそく。ランチコース¥2625をいただきました。(他にメインが一皿の¥1890があり)前菜:柳生の指定農園の野菜たちかぼちゃのスープふぐのソテー若鶏のソテーデザート(りんごのタルトとバニラアイスクリーム)他にパンと飲み物(tea or coffee)ビストロと名乗るだけあって、お料理自体も内装や食器なども必要以上に華美に流れることもなく、オーナーシェフの佐藤... 今年10月4日OPENの新しいお店。<br><br />松伯美術館へ行く道で見つけて、さっそく。<br><br />ランチコース¥2625をいただきました。(他にメインが一皿の¥1890があり)<br><br /><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a900a593e.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a900a593e.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>前菜:柳生の指定農園の野菜たち<br clear=all><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a901b566b.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a901b566b.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>かぼちゃのスープ<br clear=all><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a902627a6.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a902627a6.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>ふぐのソテー<br clear=all><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a903389fa.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a903389fa.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>若鶏のソテー<br clear=all><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a903de375.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a903de375.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>デザート(りんごのタルトとバニラアイスクリーム)<br><br /><br><br /><br><br />他にパンと飲み物(tea or coffee)<br clear=all><br><br /><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a9048cbd0.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a9048cbd0.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a>ビストロと名乗るだけあって、お料理自体も内装や食器なども必要以上に華美に流れることもなく、オーナーシェフの佐藤均さんもサービスを担当されている奥様もフレンドリー、そしてリーズナブルな価格で、普段遣いにいい感じです。<br><br />量的には少なめなので、男性にはちょっと物足りないかもしれません。<br clear=all><br><br />佐藤さんは、新潟出身で、フランス料理一筋に40年、ホテルオークラ新潟・会員制リゾートホテル『エクシブ』琵琶湖・鳥羽・那須白河などでキャリアを積まれて、定年退職されてこちらをオープンされたそうです。<br><br /><br><br />ランチは要予約です。<br><br />ディナーはすいているんですって!ご主人とぜひいらしてくださいって言われました。<br><br /><br><br /><br><br /><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a9053565c.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a9053565c.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><a href="http://www.big-ocean.co.jp/claire/shop/show/id/606" target="_blank">ビストロ・ラ・フルール</a><br><br />奈良市 西登美ケ丘1-4-11 <br><br />0742-51-2606<br><br />11:30~13:30(LO)、17:30~20:00(LO)<br><br />日曜 休み<br clear=all><br><br /><br><br /><br><br />食後、松伯美術館 <a href="http://yaplog.jp/nara_nara/archive/427" target="_blank">上村松園・松篁・淳之展</a> の後期へ。<br><br />何回見ても、飽きません<img src="http://static.yaplog.jp/static/image/emoji/13.gif" border="0"><br><br /><br><br /><br><br />
383

奈良の祭事記

奈良に現存する800ほどの祭りの中から78を紹介しています。お祭りを見に行かれる前にちょっと予備知識を持って行かれたら、見るものが違ってくるのではないかな。『大和の場合、まだ商業政策の便乗も目立たず、祭礼行事としての雰囲気を持ち、何らかの意味で土地の歴史的風土とつながっているようである』(本書p.20)他所の有名なお祭りって商業政策の便乗が目立ち、祭礼行事としての雰囲気は失われていて、どういう意味で... 奈良に現存する800ほどの祭りの中から78を紹介しています。<br><br />お祭りを見に行かれる前にちょっと予備知識を持って行かれたら、見るものが違ってくるのではないかな。<br><br /><br><br />『大和の場合、まだ商業政策の便乗も目立たず、祭礼行事としての雰囲気を持ち、何らかの意味で土地の歴史的風土とつながっているようである』(本書p.20)<br><br /><br><br />他所の有名なお祭りって<br><br />商業政策の便乗が目立ち、祭礼行事としての雰囲気は失われていて、どういう意味でも土地の歴史的風土とつながっていない の?<br><br /><br><br />TVでよく各地のお祭りを見るようになりましたけど、"観光客"の目線って本来お祭りするっていう点からは異質ですよね。<br><br /><br><br />お祭りを見に行かれる時はそういう点を意識していただきたけたらいい(美しい)かなと思います。<br><br /><br><br /><br><br /><table><tr><td><a href="http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%BF%83%E3%81%AE%E5%8E%9F%E7%82%B9%E3%82%92%E3%81%9F%E3%81%A9%E3%82%8B-%E5%A5%88%E8%89%AF%E3%81%AE%E7%A5%AD%E4%BA%8B%E8%A8%98-%E9%9D%92%E6%98%A5%E6%96%B0%E6%9B%B8INTELLIGENCE-254-%E5%B2%A9%E4%BA%95/dp/4413042549%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4413042549"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41ZnonGpGCL._SL160_.jpg" border="0"></a></td><td><b>日本人の心の原点をたどる! 奈良の祭事記 (青春新書INTELLIGENCE 254)</b></br>岩井 宏實</br>青春出版社</br></br><a href="http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%BF%83%E3%81%AE%E5%8E%9F%E7%82%B9%E3%82%92%E3%81%9F%E3%81%A9%E3%82%8B-%E5%A5%88%E8%89%AF%E3%81%AE%E7%A5%AD%E4%BA%8B%E8%A8%98-%E9%9D%92%E6%98%A5%E6%96%B0%E6%9B%B8INTELLIGENCE-254-%E5%B2%A9%E4%BA%95/dp/4413042549%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4413042549">このアイテムの詳細を見る</a></br></td></tr></table>『平城遷都1300年。麗しの都・倭(やまと)の人々は何を遺してきたのか──奈良の祭りを歩く発見の旅。 』<br><br /><br><br />
382

「野見宿禰と大和出雲」

大和出雲という言葉を聞かれたことがありますか?私がこの語を初めて目にしたのは、最近読んだ「QED 出雲神伝説」という本でした。これはフィクションのミステリーではあるのですが、蘊蓄部分の情報が深いシリーズで、ここで島根県の出雲の源流は奈良の出雲であると書かれていて、奈良に出雲という地名があること、そこが出雲の源流と考えられていることなど全く見聞きしたことがなかったことに驚きました。ご紹介する「野見宿禰と... <span style="font-weight: bold;"><span style="font-size: 125%;"><span style="text-decoration: underline;">大和出雲</span></span></span>という言葉を聞かれたことがありますか?<br><br /><br><br />私がこの語を初めて目にしたのは、最近読んだ「<a href="http://blog.goo.ne.jp/bookmania_atelierun/e/61c5b8ed4f7ea61240fd48710ec52451">QED 出雲神伝説</a>」という本でした。<br><br />これはフィクションのミステリーではあるのですが、蘊蓄部分の情報が深いシリーズで、ここで島根県の出雲の源流は奈良の出雲であると書かれていて、奈良に出雲という地名があること、そこが出雲の源流と考えられていることなど全く見聞きしたことがなかったことに驚きました。<br><br /><br><br />ご紹介する「<a href="http://www.amazon.co.jp/%E9%87%8E%E8%A6%8B%E5%AE%BF%E7%A6%B0%E3%81%A8%E5%A4%A7%E5%92%8C%E5%87%BA%E9%9B%B2%E2%80%95%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%9B%B8%E6%92%B2%E5%8F%B2%E3%81%AE%E6%BA%90%E6%B5%81%E3%82%92%E6%8E%A2%E3%82%8B-%E6%B1%A0%E7%94%B0-%E9%9B%85%E9%9B%84/dp/4779112133%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4779112133" target="_blank">野見宿禰と大和出雲</a>」は「<a href="http://blog.goo.ne.jp/bookmania_atelierun/e/61c5b8ed4f7ea61240fd48710ec52451">QED 出雲神伝説</a>」に参考文献としてあげられていたものです。<br><br />著者の池田雅雄さんは相撲史を書こうとして、その起源とされる記紀の謎に取り組み、大和出雲が出雲の源流ではないかという考えを得られたわけです。<br><br /><br><br />日本書紀には、野見宿禰(のみのすくね)が、垂仁天皇の命により当麻蹴速(たいまのけはや)と角力(相撲)をとるために出雲国より呼ばれ、蹴速と互いに蹴り合った末にその腰を踏み折って勝ち、蹴速が持っていた大和国当麻の地(現奈良県葛城市當麻)を与えられるとともに、以後垂仁天皇に仕えたと書かれているのですが(垂仁天皇7年条)(この話はちょっと記憶があるようなないような・・・)<br><br />このとき野見宿禰は呼ばれた日にやってきて、次の日に相撲したということになっていて、出雲=島根県だとしたら、とても無理ではないか? 著者の池田 雅雄さんはその疑問からスタートして、奈良県桜井市出雲を見つけ、古老から様々な伝承を聞き出してここが野見宿禰のいた出雲だったのではないかと結論付けておられます。<br><br />歴史学では解けない謎を民俗学の手法で解いたわけですね。<br><br /><br><br />それはそれでいいのですけれど<br><br /><br><br />気になるのは、この相撲の歴史を調べていた方が奈良の出雲を見つけてくださっていなかったら、そしてそれを元にミステリーが書かれていなかったら、私は知らずに終わっていた点。(私だけではなく周囲の先達に聞いても知らなかった)<br><br />大和出雲は古来何度も洪水の被害に遭っていて(この洪水が出雲神話のヤマタノオロチではないかとも)、古文書類が一切残されていないという悪条件があり、たぶん今の皇室につながる倭の国に蹴散らされてひっそりと目立たないように生活してきたから生き残れたということもあって大きな声は挙げなかったのだと思います。<br><br />奈良は奥ゆかしいところがすごく好きなんですけれど、でもいくらなんでもアピール不足ではないでしょうか。<br><br />日本のスタート地点としてもう少しきっちり正しい歴史を発掘し、発信する知恵というか労力というか研究費というか…を惜しんではいけないんじゃないかなあという思いでいっぱいです。<br><br />まあ、桜井市も巻向遺跡の方で忙しいかな。出雲の本流より卑弥呼の方がインパクトありますけどね(・・;)<br><br /><br><br />序文は梅原猛氏。<br><br />「<a href="http://www.amazon.co.jp/%E7%A5%9E%E3%80%85%E3%81%AE%E6%B5%81%E7%AB%84-%E3%83%AB%E3%82%B6%E3%83%B3-%E9%9B%86%E8%8B%B1%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%A2%85%E5%8E%9F-%E7%8C%9B/dp/4087490645%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4087490645">神々の流竄</a>」も読み直してみたい。<br><br /><br><br /><table><tr><td><a href="http://www.amazon.co.jp/%E9%87%8E%E8%A6%8B%E5%AE%BF%E7%A6%B0%E3%81%A8%E5%A4%A7%E5%92%8C%E5%87%BA%E9%9B%B2%E2%80%95%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%9B%B8%E6%92%B2%E5%8F%B2%E3%81%AE%E6%BA%90%E6%B5%81%E3%82%92%E6%8E%A2%E3%82%8B-%E6%B1%A0%E7%94%B0-%E9%9B%85%E9%9B%84/dp/4779112133%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4779112133"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51UaiY5SkAL._SL160_.jpg" border="0"></a></td><td><b>野見宿禰と大和出雲―日本相撲史の源流を探る</b></br>池田 雅雄</br>彩流社</br></br><a href="http://www.amazon.co.jp/%E9%87%8E%E8%A6%8B%E5%AE%BF%E7%A6%B0%E3%81%A8%E5%A4%A7%E5%92%8C%E5%87%BA%E9%9B%B2%E2%80%95%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%9B%B8%E6%92%B2%E5%8F%B2%E3%81%AE%E6%BA%90%E6%B5%81%E3%82%92%E6%8E%A2%E3%82%8B-%E6%B1%A0%E7%94%B0-%E9%9B%85%E9%9B%84/dp/4779112133%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4779112133">このアイテムの詳細を見る</a></br></td></tr></table>『相撲起源神話や伝説を、大和出雲を中心に探った労作。世界中の相撲に類する力競べや格闘技の話から説き起こし、日本独自の力競べ「相撲」の起こりとその歴史的展開を述べ、ついで野見宿禰と大和出雲の伝承世界へと分け入る。 』<br><br /><br><br /><br><br />
381

上村松園・松篁・淳之展 @松伯美術館

松伯美術館開館15周年記念特別展 上村松園・松篁・淳之展 ~三度の壁を乗り越えて~  に行ってきました。→のポスターにもなっている「砧」(山種美術館所蔵)が関西で10年振りに公開されるのが必見。でもいつもの(笑)絵も素晴らしいですけれどねぇ。 松園さんの絵はまずお顔が好き。そして、色も構図もいい。納得して見てて、飽きません。大好きな松園さんの美術館がこんなに近くにあるなんて、とても幸せに思います。9日に展示... <a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a8ee0247b.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a8ee0247b.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a><a href="http://www.kintetsu.jp/shohaku/exhibition/tokubetsu2009_shouen/index.html" target="_blank"><span style="font-size: 75%;">松伯美術館開館15周年記念特別展</span> <br><br />上村松園・松篁・淳之展 <br><br /><span style="font-size: 75%;">~三度の壁を乗り越えて~</span></a> <br><br /> に行ってきました。<br><br /><br><br />→のポスターにもなっている「砧」(山種美術館所蔵)が関西で10年振りに公開されるのが必見。<br><br /><br><br />でもいつもの(笑)絵も素晴らしいですけれどねぇ。 <br><br />松園さんの絵はまずお顔が好き。そして、色も構図もいい。<br><br />納得して見てて、飽きません。<br><br />大好きな松園さんの美術館がこんなに近くにあるなんて、とても幸せに思います。<br><br /><br><br />9日に展示替えがあって、少し作品が変わります。<br><br />後半もまた行くつもりです。<br><br /><br><br /><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a8eec3295.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98a8eec3295.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><br><br /><br><br /><br><br /><a href="http://www.kintetsu.jp/shohaku/exhibition/tokubetsu2009_shouen/index.html" target="_blank"><span style="font-size: 75%;">松伯美術館開館15周年記念特別展</span> <br><br />上村松園・松篁・淳之展 <br><br /><span style="font-size: 75%;">~三度の壁を乗り越えて~</span></a> <br><br /><span style="font-size: 75%;">2009年10月16日(金)~ 11月29日(日) <br><br />11月9日(月)のみ休館 <br><br />午前10時~午後5時(入館は午後4時まで) </span><br><br /><br><br /><span style="font-size: 75%;"><a href="http://www.kintetsu.jp/shohaku/index.html" target="_blank">松伯美術館</a> <br><br />奈良市登美ヶ丘2丁目1番4号<br><br />0742-41-6666 </span><br clear=all><br><br /><br><br />寒冷前線の嵐で、晴れ間も見えるんですけど、突風が吹き荒れ、ときどきかき曇って雨がバラバラ。<br><br />木枯し1号だったそうです。<br><br />昨日は夏でしたけど、明日は冬らしいです。
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。