カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1381' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
430

写真展「知られざる名建築 旧奈良監獄 ・ 奈良少年刑務所の美」

以前その存在を知り、外観を見に行ってから、内部も見たかった奈良少年刑務所。「奈良矯正展」(毎年9月上旬の土・日開催)のときに入れることは知っていますが、物見遊山で行っていいものかどうか…ちょっとためらわれ…。「知られざる名建築 旧奈良監獄 ・ 奈良少年刑務所の美」展が行われていると新聞で知ったので行ってみました。8畳ほどのスペースの壁面分だけの写真しかなく、キャプションも全くなかったので、何を撮っている... <a href="http://narapress.jp/img/NJP-PhotoExhibition_A4.pdf" target="_blank"><img src="http://img.yaplog.jp/img/00/pc/n/a/r/nara_nara/0/743.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>以前その存在を知り、外観を見に行ってから、内部も見たかった<a href="http://yaplog.jp/nara_nara/archive/210" target="_blank">奈良少年刑務所</a>。<br><br />「奈良矯正展」(毎年9月上旬の土・日開催)のときに入れることは知っていますが、物見遊山で行っていいものかどうか…ちょっとためらわれ…。<br><br /><br><br /><a href="http://narapress.jp/event2010.html#prison" target="_blank">「知られざる名建築 旧奈良監獄 ・ 奈良少年刑務所の美」</a>展が行われていると新聞で知ったので行ってみました。<br><br /><br><br />8畳ほどのスペースの壁面分だけの写真しかなく、キャプションも全くなかったので、何を撮っているのか伝わらない部分もあったりで、ちょっと期待を裏切られた観もありましたが、その素晴らしさ、管理のよさの片鱗は確実に伝わりました。<br><br />4月10日に写真344枚のスライド上映&トークの会があるそうで、それに参加すればもっとよくわかるのだろうと思います。<br><br /><br><br />設計者の山下啓次郎さんは(あの建築界の大大御所・赤れんがの)辰野金吾氏の教えを受け、明治の五大監獄(千葉、 金沢、奈良、長崎、鹿児島)の建設に携わった方です。<br><br />23日の芳名録にその孫のジャズピアニストの山下洋輔さんのお名前もありました。来られたんですね。<br><br />五大監獄のうち、金沢監獄は一部<a href="http://www.meijimura.com/visit/s52.asp#a01" target="_blank">明治村</a>に移設されていますが、完全な形で残り、なおかつそのまま利用し続けているのは奈良だけです。<br><br /><br><br />なぜこんな立派な(派手な)監獄が登場することになったのか。<br><br />藤森照信教授によると(@『<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4022611731%3ftag=atelierun-22%26link_code=sp1%26camp=2025%26dev-t=1CR2KCSDNRVJY76AMX82" target="_blank">建築探偵東奔西走</a>』)「不平等条約の改正を宿願とする明治の政府は、欧米諸国が日本を対等以下と見なす理由の一つに監獄の不備があることを知り、それで全国から五つを選んで重点的に整備しようとした。まぁ言ってみると、監獄が文明度の物差しだった。」そうです。目的は鹿鳴館と同じ??<br><br />なかなかユニークな存在です。<br><br /><br><br /><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aad102030.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aad102030.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><br><br /><br><br /><br><br /><a href="http://ncw.naraphoto.net/gallery.html" target="_blank">ナガノカメラワーク京終画廊</a>  <br><br />奈良市中辻町80-8 <br><br />0742-23-0306<br><br /><br><br /><br><br /><a href="http://narapress.jp/event2010.html#prison" target="_blank">「知られざる名建築 旧奈良監獄 ・ 奈良少年刑務所の美」</a><br><br />2010年3月20日(土)~5月1日(土)10時~18時   <br><br />日曜、祝日は休廊<br><br />
432

氷室神社の桜

奈良市内で最も早く咲く氷室神社の桜が、きれい♪奈良公園には様々な品種があるので長く楽しめます。平城宮跡の後ろの道は工事中でした。遷都1300年祭平城宮跡会場は24日からですが、間に合いそうですね。... <a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aae331039.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aae331039.jpg" border="0" alt="" ></a><br><br />奈良市内で最も早く咲く<a href="http://1st.geocities.jp/himurozinzya/index.html" target="_blank">氷室神社</a>の桜<img src="http://static.yaplog.jp/static/image/emoji/107.gif" border="0">が、きれい♪<br><br />奈良公園には様々な品種があるので長く楽しめます。<br><br /><br><br /><br><br />平城宮跡の後ろの道は工事中でした。<br><br />遷都1300年祭<a href="http://www.1300.jp/event/kyuuseki/index.html" target="_blank">平城宮跡会場</a>は24日からですが、間に合いそうですね。
431

奈良デスティネーションキャンペーン@JR

新聞折り込みのJRの『電車&ウォーク』(駅でも配布しているそうです。WEB版もあり)で、「奈良デスティネーションキャンペーン」なる語を初めて見て…何?? デスティネーションとはdestination=目的地、行き先という意味 デスティネーションキャンペーンとはJRが地元の自治体とか観光業者と組んで実施する大型観光キャンペーンのことだそうです。知らなかった!で、奈良デスティネーションキャンペーンです。(←リンク先はpd... 新聞折り込みのJRの『電車&ウォーク』(駅でも配布しているそうです。<a href="http://event.jr-odekake.net/walk/" target="_blank">WEB版</a>もあり)で、「奈良デスティネーションキャンペーン」なる語を初めて見て…何??<br><br /> デスティネーションとはdestination=目的地、行き先という意味<br><br /> デスティネーションキャンペーンとはJRが地元の自治体とか観光業者と組んで実施する大型観光キャンペーンのこと<br><br />だそうです。<br><br />知らなかった!<br><br /><br><br />で、<a href="http://www.jreast.co.jp/press/2009/20100208.pdf#search='奈良デスティネーションキャンペーン'" target="_blank">奈良デスティネーションキャンペーン</a>です。(←リンク先はpdfなのでちょっと重いかもしれません)<br><br />4月1日~6月30日だそうで、ちょっと短いですが。<br><br /><br><br />いろいろ面白そうです。<br><br />1日1往復だけ、それも土休日だけですけど、新大阪~奈良の臨時特急も出るそうです。<br><br />ラッピングトレイン、見てみたいな。<br><br /><br><br /><br><br /><br><br />
427

小冊子「大和を歩こう」

3月5日から近鉄の主要駅で小冊子「大和を歩こう」が無料配布されています。オールカラー、76ページの冊子です。(A4の1/3の大きさ)内容としては(1)奈良県内約150箇所の神社仏閣、名所旧跡の紹介(2)現地でのバス、タクシー、レンタカーなど二次交通の情報(3)近鉄グループの宿泊、飲食、物販施設約50箇所の紹介および割引特典(4)県内17社寺からの色紙、寄稿(抽選で読者に色紙をプレゼント)で、けっこう情報... <a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aab4a0836.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aab4a0836.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>3月5日から近鉄の主要駅で小冊子「大和を歩こう」が無料配布されています。<br><br />オールカラー、76ページの冊子です。(A4の1/3の大きさ)<br><br />内容としては<br><br />(1)奈良県内約150箇所の神社仏閣、名所旧跡の紹介<br><br />(2)現地でのバス、タクシー、レンタカーなど二次交通の情報<br><br />(3)近鉄グループの宿泊、飲食、物販施設約50箇所の紹介および割引特典<br><br />(4)県内17社寺からの色紙、寄稿(抽選で読者に色紙をプレゼント)<br><br />で、けっこう情報量多く、これが無料とは…。<br><br /><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aab54ef41.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aab54ef41.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>(4)の「県内17社寺からの色紙、寄稿」が、それぞれの社寺の最高位の住職、貫主、宮司さんからの言葉で、それぞれの社寺に対する思い、人生訓などが伝わって、一同に会するということが珍しく、たいへん感銘を受けました。<br><br />これは他の雑誌では得られないかと思います。<br><br /><br><br /><br><br />主要駅でもらうことができますので、ぜひ窓口で声をかけてみてくださいな。<br clear=all><br><br />詳しくは → <a href="http://www.kintetsu.jp/news/files/20100302yamato.pdf" target="_blank">-小冊子「大和を歩こう」の配布と携帯サイトのオープン-</a> 近鉄ニュースリリース<br><br /><br><br /><br><br />
425

今日の「奈良時代一周」

今日の「45日間奈良時代一周」は"あおによし"がテーマでした。今回のテーマは「あおによし」。奈良に掛かることばで、実は「青」と「丹」という色を指しているが、その色合いはどんなものか? リポーターは、「丹色」を求めて奈良の町を歩く。【リポーター】瀬川亮【出演】秋田真吾(春日大社宝物殿学芸員)、木下勝章(朱墨工房店主)  あをによし  奈良の都は咲く花の  薫ふがごとく  今盛りなり朱墨を作っていらっしゃ... 今日の「45日間奈良時代一周」は"あおによし"がテーマでした。<br><br /><br><br /><span style="font-size: 75%;">今回のテーマは「あおによし」。奈良に掛かることばで、実は「青」と「丹」という色を指しているが、その色合いはどんなものか? リポーターは、「丹色」を求めて奈良の町を歩く。【リポーター】瀬川亮【出演】秋田真吾(春日大社宝物殿学芸員)、木下勝章(朱墨工房店主)</span><br><br /><br><br />  あをによし<br><br />  奈良の都は咲く花の<br><br />  薫ふがごとく<br><br />  今盛りなり<br><br /><br><br />朱墨を作っていらっしゃるお店(<a href="http://www.kinoshitashousendou.co.jp/" target="_blank">木下照僊堂</a>)がならまちにあるのは知りませんでした。<br><br />朱墨も墨と同じように全国で奈良が90%以上を生産する伝統的産品だそうです。<br><br /><br><br />が、そんなことよりヾ(・・ )ォィォィ 全編のBGMが「鹿男あをによし」のテーマ曲だったことににやにや…。<br><br />音響さんの遊び心なんでしょうねぇ。あおによしつながりということで~。<br><br /><span style="font-size: 75%;">「鹿男あおによし」、けっこう他のニュース番組とかでも使われていますが。</span><br><br /><br><br />久しぶりに<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/redirect.html%3FASIN=B0012ONMFI%26tag=atelierun-22%26lcode=xm2%26cID=2025%26ccmID=165953%26location=/o/ASIN/B0012ONMFI%253FSubscriptionId=0SQQ58C8ZJED59QF1HG2" target="_blank">サントラ盤</a>を聞きたくなりました。<br><br />今日は我が家のBGMも「鹿男あをによし」です<img src="http://static.yaplog.jp/static/image/emoji/13.gif" border="0"><br><br /><br><br />余談:奈良の丹の色と京都の朱の色が違うような気がしているのは私だけ? 奈良の「に」は朱が3割、鉛丹が7割の配合と決まっているそうですけれど、京都はもっと黄色に近いような…<br><br /><br><br /><br><br /><br><br /><br><br /><br><br /><br><br />
423

中川政七茶房

昨年秋にオープンした「遊 中川」本店奥の喫茶スペース「中川政七茶房」で、2月20日からメニューに加わったお重ランチをいただきました。ちょっと素人っぽいつくりですけれど、いろいろなものが少しずついただけて、美味しかったですよ。メニューはこちら↓デザートは大和茶パフェ↓こちらで販売もしている鹿の形の最中の皮が香ばしくて美味しい!(ついお土産に買ってしまいました)プラス¥280でコーヒーか紅茶がいただけます。店... 昨年秋にオープンした「遊 中川」本店奥の喫茶スペース「中川政七茶房」で、2月20日からメニューに加わったお重ランチをいただきました。<br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aa950984f.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aa950984f.jpg" border="0" alt="" ></a><br><br />ちょっと素人っぽいつくりですけれど、いろいろなものが少しずついただけて、美味しかったですよ。<br><br />メニューはこちら↓<br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aa95cdf5c.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aa95cdf5c.jpg" border="0" alt="" ></a><br><br /><br><br />デザートは大和茶パフェ↓<br><br />こちらで販売もしている鹿の形の最中の皮が香ばしくて美味しい!(ついお土産に買ってしまいました)<br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aa9692e97.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aa9692e97.jpg" border="0" alt="" ></a><br><br />プラス¥280でコーヒーか紅茶がいただけます。<br><br /><br><br />店内はならまちの町屋を生かしています。<br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aa976d67c.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aa976d67c.jpg" border="0" alt="" ></a><br><br /><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aa981ff8e.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aa981ff8e.jpg" border="0" alt="" ></a><br><br />↑ちっちゃいのは折り紙の亀! <a href="http://www.geocities.jp/rivervillagekyo/page128.html" target="_blank">亀の折り方</a>なんて知らないわぁ。<br><br /><br><br />久しぶりに行ったので、新商品が増えててうれしくなって、SHOPで、遷都1300年祭とか鹿のグッズなどをいろいろお買い物。<br><br /><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aa98e1c7e.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aa98e1c7e.jpg" border="0" alt="" ></a><br><br /><span style="font-size: 75%;"><a href="http://www.yu-nakagawa.co.jp/sabou/shop/" target="_blank">中川政七茶房</a><br><br />奈良市元林院町31-1 <br><br />0742・24・2267 <br><br />11:30~18:00 <br><br />定休日 年末年始 </span><br clear=all><br><br /><br><br /><br><br />13代目の社長さんが書かれた本↓<br><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/%E5%A5%88%E8%89%AF%E3%81%AE%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%8C%E8%A1%A8%E5%8F%82%E9%81%93%E3%83%92%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%81%AB%E5%BA%97%E3%82%92%E5%87%BA%E3%81%99%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AE%E9%81%93%E3%81%AE%E3%82%8A%E3%80%82-%E4%B8%AD%E5%B7%9D-%E6%B7%B3/dp/4822264564%3FSubscriptionId%3D1CR2KCSDNRVJY76AMX82%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4822264564"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51b7qLL8j5L._SL160_.jpg" border="0"><br><br /><br><br /><b>奈良の小さな会社が表参道ヒルズに店を出すまでの道のり。</b></a></br>中川 淳</br>日経BP出版センター<br><br /><br><br />『300年続いた麻の老舗を現代のブランドに革新。34歳の13代目社長がデザイン経営に挑む。新ブランド「粋更」の立ち上げの苦労、挫折を乗り越え、既存店売り上げ21カ月連続前年比プラス。中小企業のブランディングの手順と手法を詳述。 』
424

志津香 小西店 閉店

釜めしの志津香 小西店が2月15日に閉店して、3月8日に大宮店がオープンしたそうです。奈良で創業50年の志津香はご注文をいただいてから一釜一釜丁寧に炊き上げる釜めしの専門店です。 オフィシャルページHPもおしゃれになっちゃって~釜めしの志津香には34年お世話になってますから、小西店がなくなったのはちょっとショックかなぁ。まあ、昔の小西通りのお店ではなくなってはいましたが。そのうち行ってみましょう。... 釜めしの志津香 小西店が2月15日に閉店して、3月8日に大宮店がオープンしたそうです。<br><br /><br><br /><a href="http://www.kamameshi-shizuka.jp/" target="_blank">奈良で創業50年の志津香はご注文をいただいてから一釜一釜丁寧に炊き上げる釜めしの専門店です。</a> オフィシャルページ<br><br /><br><br />HPもおしゃれになっちゃって~<img src="http://static.yaplog.jp/static/image/emoji/25.gif" border="0"><br><br /><br><br />釜めしの志津香には34年お世話になってますから、小西店がなくなったのはちょっとショックかなぁ。<br><br />まあ、昔の小西通りのお店ではなくなってはいましたが。<br><br /><br><br />そのうち行ってみましょう。<br><br /><br><br /><br><br />
422

日経おとなの OFF ( オフ ) 2010年 04月号

日経おとなの OFF ( オフ ) 2010年 04月号どど~んと載っているのは「正しく覚える! 冠婚葬祭マナー」なんですけど【特集】special 2として奈良 仏像と邪馬台国の旅が載っています。古代史最大のミステリー!邪馬台国の最有力地であり、天平時代には仏教文化が花開いた奈良。日本文化の礎となったこの地には、底の見えない魅力が秘められている。平城遷都1300年の節目を迎える今年。千年の時を超え、日本人を魅了する奈良の神髄に触... <a href="http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E7%B5%8C%E3%81%8A%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%81%AE-OFF-%E3%82%AA%E3%83%95-2010%E5%B9%B4-04%E6%9C%88%E5%8F%B7/dp/B0038QZPMQ%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB0038QZPMQ"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51vi7jmDXRL._SL160_.jpg" border="0"align="left"hspace="10"></a><a href="http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E7%B5%8C%E3%81%8A%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%81%AE-OFF-%E3%82%AA%E3%83%95-2010%E5%B9%B4-04%E6%9C%88%E5%8F%B7/dp/B0038QZPMQ%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB0038QZPMQ"><b>日経おとなの OFF ( オフ ) 2010年 04月号</b><br><br /></a><br><br /><br><br />どど~んと載っているのは「正しく覚える! 冠婚葬祭マナー」なんですけど<br><br /><br><br />【特集】special 2として<br><br /><span style="font-weight: bold;">奈良 仏像と邪馬台国の旅</span><br><br />が載っています。<br><br /><br><br /><span style="font-size: 75%;">古代史最大のミステリー!<br><br />邪馬台国の最有力地であり、天平時代には仏教文化が花開いた奈良。<br><br />日本文化の礎となったこの地には、底の見えない魅力が秘められている。<br><br />平城遷都1300年の節目を迎える今年。<br><br />千年の時を超え、日本人を魅了する奈良の神髄に触れる旅に出掛けよう。<br><br />◆奈良で出合うべき仏像5<br><br />◆奈良・仏像の歴史/基礎知識<br><br />◆奈良の個性派仏5<br><br />◆絶対に見逃せない秘仏<br><br />◆邪馬台国、謎解きの旅<br><br />◆都・事件スポット巡り<br><br />◆奈良の神髄に触れる宿<br><br />◇完全撮り下ろし 写真家・三好和義が挑む「こころの楽園」<br><br />・十一面観音菩薩立像<br><br />・飛鳥路ミステリーストーン</span><br><br /><br><br />こんな安価な(¥680)の雑誌なのにカラー写真いっぱいで面白く読みました。(万城目の「奈良の都の楽しみ方」のコラムもあり)<br><br />歴史的に見た仏像の変遷とか、絶対に見逃せない秘仏とか、あまり仏像に親しんでいない私には実に助かる情報です。<br><br />遷都1300年祭で、秘仏の公開があったり、公開期間を長くしたりしています。<br><br />ぜひ、どうぞお越しくださいな。<br><br /><span style="font-size: 125%;">ことし来なかったら、千三百年、後悔。</span> ですぞ(笑) <br><br />   ↑<br><br /> 近鉄のキャッチコピー<br><br /><br><br />もうひとつ【特集】で、「遠州 古寺巡礼」 があったんですけど、<span style="font-weight: bold;">小奈良</span>という表現にちょっとびっくり。<br><br />初めて見ましたけど、ここだけの造語?<br><br /><br><br />
421

奈良 秘宝・秘仏の旅

奈良 秘宝・秘仏の旅 (朝日新書)朝日新聞 奈良総局 編朝日新聞出版『平城遷都から1300年の時を経て、いまに伝わる古都の町並み―特別開帳が行われる52社寺に番外編を加えた54カ所を、朝日新聞奈良総局の古寺社・考古学担当記者がていねいに解説、その多彩な魅力を6つのルートでたどる。秘宝・秘仏にまつわる故事来歴に触れることで、旅はまた一段と面白く、味わい深くなる。奈良の寺社めぐり決定版。 』遷都1300年祭関連で本の出版... <table><tr><td><br><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/%E5%A5%88%E8%89%AF-%E7%A7%98%E5%AE%9D%E3%83%BB%E7%A7%98%E4%BB%8F%E3%81%AE%E6%97%85-%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E-%E5%A5%88%E8%89%AF%E7%B7%8F%E5%B1%80/dp/4022733217%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4022733217"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41afBKq-NNL._SL160_.jpg" border="0"></td><td><a href="http://www.amazon.co.jp/%E5%A5%88%E8%89%AF-%E7%A7%98%E5%AE%9D%E3%83%BB%E7%A7%98%E4%BB%8F%E3%81%AE%E6%97%85-%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E-%E5%A5%88%E8%89%AF%E7%B7%8F%E5%B1%80/dp/4022733217%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4022733217"><b>奈良 秘宝・秘仏の旅</b></a> (朝日新書)</br>朝日新聞 奈良総局 編</br>朝日新聞出版</br></br><br><br /></br></td></tr></table>『平城遷都から1300年の時を経て、いまに伝わる古都の町並み―特別開帳が行われる52社寺に番外編を加えた54カ所を、朝日新聞奈良総局の古寺社・考古学担当記者がていねいに解説、その多彩な魅力を6つのルートでたどる。秘宝・秘仏にまつわる故事来歴に触れることで、旅はまた一段と面白く、味わい深くなる。奈良の寺社めぐり決定版。 』<br><br /><br><br /><br><br />遷都1300年祭関連で本の出版が相次いでます。<br><br />本書もそのひとつ。<br><br /><br><br />奈良の津々浦々の寺院について専門的になりすぎずコンパクトに紹介しています。<br><br />長く奈良に住んでいても聞いたこともないようなお寺にも重文の仏像があったりして、改めて奈良はすごい!!と感じます。<br><br />朝日新聞の奈良総局がまとめたものということで、最新の調査等の結果も踏まえていることも興味深いもの!<br><br /><br><br />いちおう6つのルート設定がされてますが、ちょっと苦しいかなぁ。<br><br />元々しっかり見るには1日2か所がやっとでしょうけれど…。<br><br /><br><br />予備知識がしっかり在った方が奈良観光は充実すると思います。<br><br />一助にぜひ!<br><br /><br><br /><br><br />
420

45日間奈良時代一周 再び

今朝の朝日新聞のTV欄の「試写室」45日間奈良時代一周 について書かれていました。    ↑クリックすると大きいのが見られます。この番組はすごい情報量がたった15分に詰まっていて、実に面白いですよ!奈良時代と今がすんなりつながります!奈良好きさんだけじゃなくて、歴史好きさんから見ても興味深い番組です。ぜひ!!NHKBS2で3月1日から4月30日までの45日間(月~金、8:00~8:15 再放送19:45~20:00)の放送です... 今朝の朝日新聞のTV欄の「試写室」<br><br /><a href="http://www.nhk.or.jp/nara-jidai/" target="_blank"><span style="font-size: 125%;">45日間奈良時代一周</span></a> について書かれていました。<br><br /><a href="http://image.blog.livedoor.jp/atelier_un/imgs/6/7/67eccf72.jpg" target="_blank"><span style="text-align:center;display:block;"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aa7d6598f.jpg" border="0" alt="" ></span></a><br><br />    ↑クリックすると大きいのが見られます。<br><br /><br><br />この番組はすごい情報量がたった15分に詰まっていて、実に面白いですよ!<br><br />奈良時代と今がすんなりつながります!<br><br />奈良好きさんだけじゃなくて、歴史好きさんから見ても興味深い番組です。<br><br />ぜひ!!<br><br /><br><br />NHKBS2で3月1日から4月30日までの45日間(月~金、8:00~8:15 再放送19:45~20:00)の放送です。<br><br />関西地方では4月4日から毎日曜日に再放送があります。(45日分放送するには10カ月くらいかかるのかな)<br><br />見逃した回は再放送をお楽しみに!<br><br /><br><br /><span style="font-size: 75%;">2010年は平城京遷都1300年。平城京が日本の都だったおよそ80年間は、中国・大唐帝国を手本に「国のかたち」を整え、国際社会にデビューした時代だった。法律・貨幣・税金、さらには、食生活・服装といった生活習慣まで、今の日本の原点を見ることが出来る。奈良時代は、《大陸》と《日本の古来文化》が出会い、融合していくスリルあふれるハイブリッド文化の時代だった。<br><br /><br><br />番組では、フレッシュなふたりのリポーターが交代で、古都・奈良およびゆかりの地を訪ね、「1300年前の都・奈良」の素顔を探っていく。なぜ平城京にみやこは、つくられたのか? そこに、こめられた風水の思想とは? 今年復元された「大極殿」はどんなところか? そこで、天皇はどんな儀式をしていたのか? 中国の唐三彩に刺激されてつくられたという「奈良三彩」とは?<br><br /><br><br />3月から4月末まで45日間、この番組で奈良時代をたどれば、あなたも立派な「奈良通」に。</span><br><br /><br><br /><br><br /><br><br /><br><br /><br><br /><br><br />
419

45日間奈良時代一周

【追記】2回分見ましたけれど、すごい情報量がたった15分番組に詰まっていて、実に面白い!奈良好きさんだけじゃなくて、歴史から見て興味深い番組です。ぜひ!!NHKBS2で昨日から 45日間奈良時代一周 という番組が始まっています。面白そうですよ!ぜひ!!(実はさっき友人から情報をもらったばかりで、見ていない…)2010年は平城京遷都1300年。平城京が日本の都だったおよそ80年間は、中国・大唐帝国を手本に「... 【追記】2回分見ましたけれど、すごい情報量がたった15分番組に詰まっていて、実に面白い!<br><br />奈良好きさんだけじゃなくて、歴史から見て興味深い番組です。ぜひ!!<br><br /><br><br />NHKBS2で昨日から <a href="http://www.nhk.or.jp/nara-jidai/" target="_blank"><span style="font-size: 125%;">45日間奈良時代一周</span></a> という番組が始まっています。<br><br /><br><br />面白そうですよ!ぜひ!!<br><br />(実はさっき友人から情報をもらったばかりで、見ていない…)<br><br /><br><br /><span style="font-size: 75%;">2010年は平城京遷都1300年。平城京が日本の都だったおよそ80年間は、中国・大唐帝国を手本に「国のかたち」を整え、国際社会にデビューした時代だった。法律・貨幣・税金、さらには、食生活・服装といった生活習慣まで、今の日本の原点を見ることが出来る。奈良時代は、《大陸》と《日本の古来文化》が出会い、融合していくスリルあふれるハイブリッド文化の時代だった。<br><br /><br><br />番組では、フレッシュなふたりのリポーターが交代で、古都・奈良およびゆかりの地を訪ね、「1300年前の都・奈良」の素顔を探っていく。なぜ平城京にみやこは、つくられたのか? そこに、こめられた風水の思想とは? 今年復元された「大極殿」はどんなところか? そこで、天皇はどんな儀式をしていたのか? 中国の唐三彩に刺激されてつくられたという「奈良三彩」とは?<br><br /><br><br />3月から4月末まで45日間、この番組で奈良時代をたどれば、あなたも立派な「奈良通」に。</span><br><br /><br><br />4月30日までの45日間(月~金、8:00~8:15 再放送19:45~20:00)だそうです。<br><br />今夜の再放送は見られそう(・・;)<br><br /><br><br />関西地方では日曜日に再放送があるみたいです。(45日分放送するには10カ月くらいかかるのかな)<br><br />とりあえず見逃した昨日の分は4月4日!<br><br /><br><br /><br><br /><br><br /><br><br />
418

PontGarten ポントガルテン 京都木津州見台店

PontGartenがLier幡の敷地内に支店を出していることは知っていたのだけど、どこに出したのかなと思っていたら、Charlie's CollectionがPontGartenになっていました。PontGarten、登美ケ丘に小さなショップを出してから数年で、もう3店舗になっているのは店主の川村裕美子さんの確かな技術とセンスだと思います。こちらのお店もステキですよ。フラワーショップ PontGarten ポントガルテン 京都木津州見台店京都府木津川市州見台5... <a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aa6fd698e.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aa6fd698e.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a><a href="http://www.pontgarten.jp/" target="_blank">PontGarten</a>がLier幡の敷地内に支店を出していることは知っていたのだけど、どこに出したのかなと思っていたら、<a href="http://yaplog.jp/nara_nara/archive/43" target="_blank">Charlie's Collection</a>がPontGartenになっていました。<br clear=all><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aa70a7e9f.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aa70a7e9f.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>PontGarten、登美ケ丘に小さなショップを出してから数年で、もう3店舗になっているのは店主の川村裕美子さんの確かな技術とセンスだと思います。<br><br /><br><br />こちらのお店もステキですよ。<br><br /><br><br /><br><br /><br><br /><span style="font-size: 75%;">フラワーショップ <a href="http://www.pontgarten.jp/" target="_blank">PontGarten</a> ポントガルテン <br><br />京都木津州見台店<br><br />京都府木津川市州見台5-22 Lier幡 敷地内<br><br />Tel・Fax/ 0774-73-8780<br><br />11:00~18:00<br><br />水曜定休 第2木曜不定休</span><br><br /><br><br /><br><br />
417

Lier・幡 リエ・ばん

久しぶりのLier・幡。中食セットです。(¥1200)* サーモンのハンバーグタルタルソースがけ *青野菜のチヂミ  春キャベツの甘酢漬け すき昆布の土佐煮*具沢山の味噌汁 *白米ごはん *デザート:利休白玉のあんみつ&紅茶Lier・幡 リエ・ばん京都府木津川市州見台5-22-1TEL/0774-71-0121 FAX/0774-71-015111:00~18:00 定休日/毎週水曜日... 久しぶりのLier・幡。<br><br />中食セットです。(¥1200)<br><br /><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aa68f0a8d.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aa68f0a8d.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>* サーモンのハンバーグタルタルソースがけ <br><br />*青野菜のチヂミ <br><br /> 春キャベツの甘酢漬け<br><br /> すき昆布の土佐煮<br><br />*具沢山の味噌汁 <br><br />*白米ごはん <br clear=all><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aa69a01d8.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aa69a01d8.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>*デザート:利休白玉のあんみつ&紅茶<br clear=all><br><br /><br><br /><br><br /><br><br /><a href="http://www.asa-ban.com/lier.htm" target="_blank">Lier・幡</a> リエ・ばん<br><br />京都府木津川市州見台5-22-1<br><br />TEL/0774-71-0121 FAX/0774-71-0151<br><br />11:00~18:00 定休日/毎週水曜日<br><br /><br><br /><br><br />
416

平城京 (日本人はどのように建造物をつくってきたか)

先日平城京の瓦がどこで作られていたのかを知って感激したのだけれど、↓は平城京全体について考察しています。平城京 (日本人はどのように建造物をつくってきたか)『平城京の発掘に永きにわたって携わってきた研究者が発掘の成果から宮殿、住宅建築の技法を解明し、道路、川、橋を整備していった方法や、風呂、便所、台所といった当時の人々の生活まで再現する。 』懇切丁寧で実に面白い!イラストも多く、漢字には全部ルビがふっ... 先日<a href="http://yaplog.jp/nara_nara/archive/467" target="_blank">平城京の瓦</a>がどこで作られていたのかを知って感激したのだけれど、↓は平城京全体について考察しています。<br><br /><br><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E8%A3%85%E7%89%88-%E5%B9%B3%E5%9F%8E%E4%BA%AC-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%AE%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E5%BB%BA%E9%80%A0%E7%89%A9%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%8B-%E5%AE%AE%E6%9C%AC%E9%95%B7%E4%BA%8C%E9%83%8E/dp/4794217501%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4794217501"><img src="http://img.yaplog.jp/img/00/pc/n/a/r/nara_nara/0/725.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;">平城京 (日本人はどのように建造物をつくってきたか)</a><br><br /><br><br /><span style="font-style: italic;">『平城京の発掘に永きにわたって携わってきた研究者が発掘の成果から宮殿、住宅建築の技法を解明し、道路、川、橋を整備していった方法や、風呂、便所、台所といった当時の人々の生活まで再現する。 』</span><br><br /><br><br />懇切丁寧で実に面白い!<br><br />イラストも多く、漢字には全部ルビがふってあるので、お子さんにも読めます。<br><br />というか、元々子ども向けなんでしょうね。しかし侮ることなかれ。子どもにもわかるように書くということはかえって難しい。<br><br /><br><br /><a href="http://www.1300.jp/index.html" target="_blank">平城遷都1300年祭</a>の平城宮跡会場が開かれるのは4月24日から(11月7日まで)ですけれど、それまでにぜひご一読くださいな。<br><br />得てくるものが何倍も違うことは確か!<br><br /><br><br />お子さんの夏休みの自由研究の一助にもなるかも。<br><br /><br><br /><br><br /><br><br /><a href="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aa62b85ee.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aa62b85ee.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a><a href="http://www.kashikoken.jp/museum/" target="_blank">奈良県立橿原考古学研究所附属博物館</a>では<br><br /><a href="http://www.kashikoken.jp/museum/tenrankai/tenrankai-kiji/2009/heijoukyou/index.html" target="_blank">平城遷都1300年記念 特別陳列 「平城京発掘─ここまでわかった奈良の都─」</a>(3月22日まで)が開かれています。<br><br /><br><br />現地見学会:「平城京を歩く」 3月6日(土)午前10時 近鉄尼ヶ辻駅集合(小雨決行、参加無料、申込不要)もありますので、お時間のある方はぜひ!<br><br /><br><br /><br><br /><br><br /><br><br /><br><br /><br><br />
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。