カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1381' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
440

45日間奈良時代一周 終わる

3月1日から楽しんできた 45日間奈良時代一周 とうとう終わってしまいました。奈良に35年も住んでいて、それなりに歴史に興味もあって…でも知らなかった奈良がいっぱいあって、ほんとうに面白い番組でした。まだまだ続いていいんじゃないかなぁ。まだまだ続けていけるんじゃないかなぁ。惜しい!ただ、まだわからないことを断定的に言いきってしまっていることがあるのが少し気になりました。今日の放送(『桓武天皇』)では、平... 3月1日から楽しんできた <a href="http://www.nhk.or.jp/nara-jidai/index.html" target="_blank">45日間奈良時代一周</a> とうとう終わってしまいました。<br><br />奈良に35年も住んでいて、それなりに歴史に興味もあって…でも知らなかった奈良がいっぱいあって、ほんとうに面白い番組でした。<br><br />まだまだ続いていいんじゃないかなぁ。<br><br />まだまだ続けていけるんじゃないかなぁ。<br><br />惜しい!<br><br /><br><br />ただ、まだわからないことを断定的に言いきってしまっていることがあるのが少し気になりました。<br><br />今日の放送(『桓武天皇』)では、平城京から都を移したのは「水」の問題と一つに決めていましたけれど、それもあるのは事実だとは思いますが、それだけではないでしょう?<br><br />かといって全部を挙げるのも煩雑だとは思いますけれど、だからといって「と言われています」ではなく「です」は、ちょっと抵抗が…。<br><br />まあ、瑣末なことですけれどね。<br><br /><br><br />巷でもほんとにたくさんの情報(遷都1300年祭に便乗しているとしか思われないものも含めて)があふれていますので、この機に関心の赴くまま楽しみたいなと思ってます。<br><br />そういう興味の糸口になってくれたこの番組に感謝!<br><br />
439

来客ごまんと…せんとくんも戦々恐々? 平城遷都祭

来客ごまんと…せんとくんも戦々恐々? 平城遷都祭昨日の朝日新聞の夕刊の1面トップの記事です。↑「平城遷都1300年祭」の主会場、平城宮跡会場(奈良市)のオープンを24日に控え、16日報道関係者に公開されたのだそうですが、たくさんのお客様に来ていただきたいのは山々なのだけれど、ごまんと来られてもちょっと困るかなというのが本音?県外の友人に行こうかなと言われて、でも何があるのかしかとは分からず、下見行って... <a href="http://www.asahi.com/travel/news/OSK201004160056.html" target="_blank"><span style="font-weight: bold;">来客ごまんと…せんとくんも戦々恐々? 平城遷都祭</span></a><br><br /><br><br />昨日の朝日新聞の夕刊の1面トップの記事です。↑<br><br /><br><br />「<a href="http://www.1300.jp/index.html" target="_blank">平城遷都1300年祭</a>」の主会場、<a href="http://www.1300.jp/hall/kyuuseki/index.html" target="_blank">平城宮跡会場</a>(奈良市)のオープンを24日に控え、16日報道関係者に公開されたのだそうですが、たくさんのお客様に来ていただきたいのは山々なのだけれど、ごまんと来られてもちょっと困るかなというのが本音?<br><br /><br><br />県外の友人に行こうかなと言われて、でも何があるのかしかとは分からず、下見行ってくるから待っててというしかないありさま…。<br><br /><br><br />行き方すらはっきりわからなかったんですけれど、昨夜のNHKの<a href="https://www.nhk.or.jp/nara/index.html" target="_blank">ならナビ</a>で仕入れた情報によれば<br><br />・近鉄西大寺駅南口とJR奈良駅西口から5~10分間隔で無料のシャトルバスが出る<br><br />・歩くなら近鉄西大寺駅南口から徒歩10分<br><br />・近鉄奈良駅、JR奈良駅からの路線バス(有料)に乗れば朱雀門までは行ける<br><br />・車の場合、パーク&バスライド方式で、郊外の奈良市中町、郡山市九条町、木津川市木津石塚の3か所に駐車場が設置されるので、そこからはシャトルバス<br><br />・駐車場はあるが、身障者と高齢者対象の事前予約制のみ<br><br /><br><br />詳しくは <a href="http://www.1300.jp/traffic/index.html" target="_blank">遷都1300年祭 交通案内</a> のページへどうぞ。<br><br /><br><br />ただでさえ休日の交通渋滞はすごいので、シャトルバスをあてにせず、電車で来られて徒歩の方が確実だと思います。<br><br />平日どのくらいの混雑になるかは…ふたを開けてみないとわからないといったところですね。<br><br />そういう意味では24日にオープンするなんて無謀(=慣れるまでにGWが来てしまう)かなと思わないではありません。<br><br /><br><br /><a href="http://www.1300.jp/hall/kyuuseki/index.html" target="_blank">平城宮跡会場</a>のパビリオンもあまりに混雑するようなら事前予約制に切り替えた方がいいのではと思います。<br><br />混雑するならいいけれど、閑古鳥が鳴いたらどうしよう??って関係者は胃が痛む思いをされているかもしれませんが。<br><br /><br><br />私自身は遣唐使船の実物はぜひ見てみたいとは思っていますが、さていつ行きましょう。<br><br />模様眺めといったところかなぁ。<br><br /><br><br /><br><br /><br><br />
429

うなぎの川はら 三条家

ちょっと前(2月)にできているのを発見したうなぎの川はらに行ってみました。サービスランチ(平日のみ)¥1250。うな丼、だし巻き、肝吸い、香の物、デザート(梅ゼリー)うなぎは炭火で焼いた、いい香りが付き、おいしくいただきました。ランチにはこのくらいの量で充分。たれ、粉山椒は別添えになっていますので、お好みで。テイクアウトもできますよ!うなぎの川はら 三条家奈良市下三条町35 0742-24-1138 11:00〜14:... <a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aac96a6c2.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aac96a6c2.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>ちょっと前(2月)にできているのを発見したうなぎの川はらに行ってみました。<br><br /><br><br />サービスランチ(平日のみ)¥1250。<br><br /><br><br />うな丼、だし巻き、肝吸い、香の物、デザート(梅ゼリー)<br><br /><br><br />うなぎは炭火で焼いた、いい香りが付き、おいしくいただきました。<br><br />ランチにはこのくらいの量で充分。<br><br /><br><br />たれ、粉山椒は別添えになっていますので、お好みで。<br><br /><br><br />テイクアウトもできますよ!<br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aaca3bd6d.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aaca3bd6d.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><br><br /><br><br /><br><br /><a href="http://gourmet.walkerplus.com/161082479002/" target="_blank">うなぎの川はら 三条家</a><br><br />奈良市下三条町35 <br><br />0742-24-1138 <br><br />11:00&#12316;14:30(LO14:00),<br><br />17:00&#12316;20:30(LO20:00) <br><br />休日 火曜日(祝日の場合は翌日) <br><br /><br><br /><br><br /><br><br />
438

五劫院・五劫思惟阿弥陀坐像

五劫院(ごこういん)は東大寺の正倉院の北側にあって、華厳教のため葬儀ができない東大寺の菩提寺(僧侶の葬儀を行う)となっているそうです。こちらにあるのが、重源上人が宋から将来したと伝えられる五劫思惟阿弥陀仏坐像(ごこうしゆいあみだざぞう)(重文)。アフロヘアの仏像として有名かと思います。「劫」とは時間を表す言葉で、40里四方の大きな岩に3年に一度天女が舞い降り、袖で岩を払って、その岩が磨り減るまでの時... <a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ab1fb5739.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ab1fb5739.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>五劫院(ごこういん)は東大寺の正倉院の北側にあって、華厳教のため葬儀ができない東大寺の菩提寺(僧侶の葬儀を行う)となっているそうです。<br><br />こちらにあるのが、重源上人が宋から将来したと伝えられる五劫思惟阿弥陀仏坐像(ごこうしゆいあみだざぞう)(重文)。<br><br />アフロヘアの仏像として有名かと思います。<br><br />「劫」とは時間を表す言葉で、40里四方の大きな岩に3年に一度天女が舞い降り、袖で岩を払って、その岩が磨り減るまでの時を指し(およそ40億年)、それが5回繰り返されるのを五劫といいます。そんな気の遠くなるような長い時間考え続けて髪が伸びたお姿とされています。(落語の「寿限無」で、じゅげむじゅげむ<span style="font-weight: bold;">ごこうのすりきれ</span>・・・って言うあの五劫です)<br><br />例年8月1日~8月12日のみの開帳なのですが、今年は平城遷都1300年祭の特別拝観で4月2日~4月15日(=明日)も開帳されています。<br><br />思ったより大きい、ユニークなお姿は、親近感をもって迎えてくださる感じ。<br><br /><br><br />静かな小さなお寺で、ボランティアの方なのでしょうね、説明などをされる方も出過ぎず、でも暖かい対応で、とても気持ちよくゆっくり過ごすことができました。<br><br />拝観料も志納ということです。<br><br />お寺のあるべき姿だと思いました。<br><br /><br><br />寺域には江戸時代に焼けた東大寺の再建の勧進をされた公慶上人のお墓があります。<br><br />(重源上人のお墓はこのもうちょっと北の三笠霊苑にあるそうです)<br><br />大仏が今あるのもこの方たちのおかげ。<br><br />感謝の気持ちでお参りしました。<br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ab2066a75.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ab2066a75.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><br><br /><br><br /><br><br /><a href="http://www.1300.jp/event/roam/yamatoji/shaji/08.html" target="_blank">五劫院</a>(ごこういん)<br><br />奈良市北御門町23<br><br />0742-22-7694<br><br />五劫思惟阿弥陀坐像の特別開帳は例年は 8月1日~8月12日のみ。<br><br />それ以外のときも前もってお願いすればよいようです。<br><br /><br><br />道路標示がないので、しっかり地図を把握してからいらっしゃった方がよさそうです。<br><br /><br><br /><br><br /><br><br />
436

天平冥所図会(てんぴょうめいしょずえ)

天平冥所図会 (文春文庫)山之口 洋著宮廷文化が華ひらく平城宮(ならのみや)。木っ端役人の葛木連戸主(かつらぎのむらじへぬし)は、ひょんなことから夫婦となった和気広虫とともに粛々と日々を送っていた。ところが穏やかな日常の裏では魑魅魍魎が跋扈し、権謀術数が渦巻き、戸主も知らぬ間に政治抗争に巻き込まれ……。あの世とこの世、政界も俗界も入り乱れる痛快歴史ファンタジー。 解説・細谷正充 前にハードカバーで読んだ... <a href="http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A9%E5%B9%B3%E5%86%A5%E6%89%80%E5%9B%B3%E4%BC%9A-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%B1%B1%E4%B9%8B%E5%8F%A3-%E6%B4%8B/dp/4167773635%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4167773635"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/515i-ZASe8L._SL160_.jpg" border="0"align="left"hspace="10"><b>天平冥所図会 (文春文庫)</b></a>山之口 洋著<br><br /><br><br /><span style="font-size: 75%;">宮廷文化が華ひらく平城宮(ならのみや)。木っ端役人の葛木連戸主(かつらぎのむらじへぬし)は、ひょんなことから夫婦となった和気広虫とともに粛々と日々を送っていた。ところが穏やかな日常の裏では魑魅魍魎が跋扈し、権謀術数が渦巻き、戸主も知らぬ間に政治抗争に巻き込まれ……。あの世とこの世、政界も俗界も入り乱れる痛快歴史ファンタジー。 解説・細谷正充 </span><br><br /><br><br /><br><br />前にハードカバーで読んだ</a>本なのですが、ドラマ「<a href="http://www.nhk.or.jp/osaka/daibutsukaigen/" target="_blank">大仏開眼</a>」を見ていて読みなおしたくなって、文庫になっていたので買いなおして読んでみました。<br><br /><br><br />大仏建立、正倉院の成立、恵美押勝の乱、宇佐八幡宮における神託事件(道鏡の失脚)がテーマの4つの短編集。<br><br />ファンタジーの体裁をとっていますけど、史実はちゃんとおさえてあり、このころの歴史を楽に理解できてしまいます!<br><br /><br><br />面白いのでぜひ!<br><br /><br><br /><br><br />・<a href="http://book.asahi.com/review/TKY200709040245.html" target="_blank">朝日新聞の書評</a><br><br /><br><br /><br><br />
437

読み歩き奈良の本

読み歩き奈良の本食べ歩きは食べながら歩くこと?じゃ、読み歩きは読みながら歩くこと?奈良県立図書情報館の発刊。「文学」「映画」をキーワードにして奈良を再発見するという趣旨で、・『鹿男あをによし』(万城目学)・『まひるの月を追いかけて』(恩田陸)・『早春の旅』(志賀直哉)・『古寺巡礼』(和辻哲郎)・『殯(もがり)の森』、『火垂(ほたる)』(監督・河瀨直美)を取り上げて、その作品を作品たらしめている場所... <a href="http://www.amazon.co.jp/%E8%AA%AD%E3%81%BF%E6%AD%A9%E3%81%8D%E5%A5%88%E8%89%AF%E3%81%AE%E6%9C%AC-%E5%A5%88%E8%89%AF%E7%9C%8C%E7%AB%8B%E5%9B%B3%E6%9B%B8%E6%83%85%E5%A0%B1%E9%A4%A8/dp/4903993051%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4903993051"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41-LlJINPeL._SL160_.jpg" border="0"align="left"hspace="10"><b>読み歩き奈良の本</b></a><br><br /><br><br />食べ歩きは食べながら歩くこと?<br><br />じゃ、読み歩きは読みながら歩くこと?<br><br /><br><br />奈良県立図書情報館の発刊。<br clear=all><br><br /><br><br />「文学」「映画」をキーワードにして奈良を再発見するという趣旨で、<br><br />・『<a href="http://www.amazon.co.jp/%E9%B9%BF%E7%94%B7%E3%81%82%E3%82%92%E3%81%AB%E3%82%88%E3%81%97-%E5%B9%BB%E5%86%AC%E8%88%8E%E6%96%87%E5%BA%AB-%E4%B8%87%E5%9F%8E%E7%9B%AE-%E5%AD%A6/dp/4344414667%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4344414667" target="_blank">鹿男あをによし</a>』(万城目学)<br><br />・『<a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%81%BE%E3%81%B2%E3%82%8B%E3%81%AE%E6%9C%88%E3%82%92%E8%BF%BD%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%91%E3%81%A6-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%81%A9%E7%94%B0-%E9%99%B8/dp/4167729016%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4167729016" target="_blank">まひるの月を追いかけて</a>』(恩田陸)<br><br />・『<a href="http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A9%E6%98%A5%E3%81%AE%E6%97%85%E2%80%95%E4%BB%96%E5%8D%81%E4%BA%8C%E7%AF%87-1954%E5%B9%B4-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%BF%97%E8%B3%80-%E7%9B%B4%E5%93%89/dp/B000JB7NWI%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB000JB7NWI" target="_blank">早春の旅</a>』(志賀直哉)<br><br />・『<a href="http://www.amazon.co.jp/%E5%8F%A4%E5%AF%BA%E5%B7%A1%E7%A4%BC-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%92%8C%E8%BE%BB-%E5%93%B2%E9%83%8E/dp/4003314417%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4003314417" target="_blank">古寺巡礼</a>』(和辻哲郎)<br><br />・『<a href="http://www.amazon.co.jp/%E6%AE%AF%E3%81%AE%E6%A3%AE-DVD-%E6%B2%B3%E7%80%AC%E7%9B%B4%E7%BE%8E/dp/B001393BRG%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB001393BRG" target="_blank">殯(もがり)の森</a>』、『<a href="http://www.amazon.co.jp/%E7%81%AB%E5%9E%82-%E3%81%BB%E3%81%9F%E3%82%8B-VHS-%E6%B2%B3%E7%80%AC%E7%9B%B4%E7%BE%8E/dp/B000UULGVM%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB000UULGVM" target="_blank">火垂</a>(ほたる)』(監督・河瀨直美)<br><br />を取り上げて、その作品を作品たらしめている場所を、作者や監督の気持ちになって訪ね歩く、というテーマで編集しています。<br><br />写真が豊富。<br><br /><br><br />ただ、図書情報館が出版するならもう少し質量ともに多くてもよかったんじゃあ?<br><br />これが好評なら2とか3とか出るのかな。<br><br /><br><br />
426

平城遷都1300年記念 大遣唐使展

平城遷都1300年記念 大遣唐使展に行ってきました。日本だけでなく中国やアメリカからも様々な文物が集められていて、見応えがありました。国宝、重要文化財目白押しです!これ、欲しい!と思うようなものもあり…ヾ(・・ )ォィォィ→はペンシルバニア大学博物館蔵の観音菩薩立像(唐・706年)日本にあったら国宝だと言われている 吉備大臣入唐絵巻古代史ドラマスペシャル「大仏開眼」の主役・吉備真備の絵巻なので親近感を持って見る... <a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aaab9d6ac.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aaab9d6ac.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>平城遷都1300年記念 <a href="http://kentoushi.exh.jp/" target="_blank">大遣唐使展</a>に行ってきました。<br><br /><br><br />日本だけでなく中国やアメリカからも様々な文物が集められていて、見応えがありました。<br><br />国宝、重要文化財目白押しです!<br><br />これ、欲しい!と思うようなものもあり…ヾ(・・ )ォィォィ<br><br /><br><br />→はペンシルバニア大学博物館蔵の観音菩薩立像(唐・706年)<br clear=all><br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aaac4fb40.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aaac4fb40.jpg" border="0" alt="" ></a><br><br />日本にあったら国宝だと言われている <span style="font-weight: bold;">吉備大臣入唐絵巻</span><br><br /><a href="http://www.nhk.or.jp/osaka/daibutsukaigen/" target="_blank">古代史ドラマスペシャル「大仏開眼」</a>の主役・吉備真備の絵巻なので親近感を持って見ることができました。 <br><br /><a href="http://www.1300.jp/" target="_blank">遷都1300年祭</a>でも見ることができる遣唐使船ですけど、色や形の資料はどこにあったのかなと少々気になっていたのですが、ここに絵になっていたのですね。<br><br />現在はアメリカのボストン美術館所蔵。日本で展示は27年ぶり!!<br><br />1921年、この絵巻の流出によって重要美術品を海外へ輸出するときに文相の許可が要るという法律(「重要美術品等ノ保存ニ関スル法律」)が整備されたのだそうです(1950年の文化財保護法施行をもって廃止)<br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aaad2162e.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aaad2162e.jpg" border="0" alt="" ></a><br><br />ご覧の通り…全く並んでません(・・;)<br><br />ゆっくり見られます。ぜひ!!<br><br />正倉院御物も数点あります。正倉院展ではゆっくり見られなかったって方多いのでは?<br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aaadebad5.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aaadebad5.jpg" border="0" alt="" ></a><br><br /><a href="http://www.narahaku.go.jp/" target="_blank">奈良国立博物館</a>   ↑本館<br><br />奈良市登大路町50<br><br />今回の展示では新館の半分が耐震工事中なのでスペースが足りずに、本館も通常の展示は止めてこの特別展示に使われています。<br><br /><br><br />平城遷都1300年記念 <a href="http://kentoushi.exh.jp/" target="_blank">大遣唐使展</a> <br><br />平成22年4月3日(土)~6月20日(日)<br><br /><br><br />◎618年、中国大陸に誕生した大唐帝国は、907年の滅亡に至るまで300年近くにわたり、アジアの盟主として君臨しました。帝都長安を中心に開花した唐の先進的な文化を日本に伝えるという任務を帯び、わが国からかの地を目指した遣唐使。630年の第1回の派遣以来、894年に停止が決定されるまで、計画のみに終わった回も含めると20回に及ぶその歴史の中で、多くの偉大な人物が命をかけ、貴重な品々を携えて、遣唐使船で海を越え帰国しました。山上憶良、吉備真備、最澄、空海……本展では彼らゆかりの品をまじえ、遣唐使たちが駆け抜けた時代の熱気を今によみがえらせる、貴重な文化財の数々を展示します。<br><br /><br><br />展示替えはたびたびありますので、どうしてもご覧になりたいものがあれば<a href="http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2010toku/kentoushi/2010kentoushi_list.pdf" target="_blank">出陳品一覧</a>(pdf)でチェックされた方がよいと思います。<br><br /><br><br /><br><br />
428

リストランテ イ・ルンガ(伊)

昨年8月にオープンしたリストランテ イ・ルンガ。リストランテ サリーレ奈良の後になります。ランチコース(¥3400+サービス料5%)をいただきました。スパゲティかリゾットをチョイス肉か魚をチョイスはっさくの上にソルベシャーベットがいろいろ。パッションフルーツ、マンゴー、(     )小菓子他にフォカッチャと飲み物(エスプレッソ、コーヒー、紅茶など)「イタリアで長年腕を磨き、2004年度有名評価イタリア版で日... 昨年8月にオープンしたリストランテ イ・ルンガ。<a href="http://yaplog.jp/nara_nara/archive/300" target="_blank"><br><br />リストランテ サリーレ奈良</a>の後になります。<br><br />ランチコース(¥3400+サービス料5%)をいただきました。<br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aabbc4568.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aabbc4568.jpg" border="0" alt="" ></a><br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aabcb7397.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aabcb7397.jpg" border="0" alt="" ></a><br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aabe35191.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aabe35191.jpg" border="0" alt="" ></a><br><br />スパゲティかリゾットをチョイス<br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aabf39e7f.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aabf39e7f.jpg" border="0" alt="" ></a><br><br />肉か魚をチョイス<br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aac003c0e.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aac003c0e.jpg" border="0" alt="" ></a><br><br />はっさくの上にソルベ<br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aac0be78e.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aac0be78e.jpg" border="0" alt="" ></a><br><br />シャーベットがいろいろ。パッションフルーツ、マンゴー、(     )<br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aac1b608c.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aac1b608c.jpg" border="0" alt="" ></a><br><br />小菓子<br><br /><br><br />他にフォカッチャと飲み物(エスプレッソ、コーヒー、紅茶など)<br><br /><br><br />「イタリアで長年腕を磨き、2004年度有名評価イタリア版で日本人初の一つ星を獲得した堀江純一郎シェフ。<br><br />大和食材を初めとする日本各地と世界のこだわった食材を用いたイタリア料理のお店です。<br><br />ワインリストも充実。」<br><br />という触れ込みです。<br><br />ランチだからかもしれませんが、一つ星のシェフと言われても……正直どうかなというところです。<br><br />塩味が強いです。<br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aac282c76.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aac282c76.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a><br><br /><br><br /><br><br /><br><br /><a href="http://www.yume-kaze.com/site/shoplist/i-runga.html" target="_blank">リストランテ イ・ルンガ</a><br><br />奈良市春日野町16番地 ふれあい回廊「夢しるべ 風しるべ」内<br><br />0742-93-8300<br><br />:11:30~14:00 18:00~22:00<br><br />不定休<br><br /><br><br />要予約。今日最速で29日だそうです。<br><br />
435

奈良公園の桜

東大寺の参道。向こうに見えるのは南大門。氷室神社のしだれ桜は完全に散っていました。これはソメイヨシノかな?... <a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aafc0e9c1.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aafc0e9c1.jpg" border="0" alt="" ></a><br><br />東大寺の参道。向こうに見えるのは南大門。<br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aafd1e9fc.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aafd1e9fc.jpg" border="0" alt="" ></a><br><br />氷室神社のしだれ桜は完全に散っていました。<br><br />これはソメイヨシノかな?<br><br /><br><br />
434

せんとくん

今でも決していいとは思っていないけれど、見慣れてしまったせんとくん。とあるSCで遭遇しました(3日)ちびっこと撮影会という趣旨だったのだけれど、これは私のためにカメラ目線をくれたのかなぁ。でもこのイベント、せんとくんオフィシャルサイトには書いてありません。(このSCの折り込み広告に書いてあったのかどうかは確認していません)"追っかけ"ファンを作るためにも、このサイトのスケジュール表、しっかり充実させた方... <a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aaf4dd6fc.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aaf4dd6fc.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>今でも決していいとは思っていないけれど、見慣れてしまったせんとくん。<br><br />とあるSCで遭遇しました(3日)<br><br />ちびっこと撮影会という趣旨だったのだけれど、これは私のためにカメラ目線をくれたのかなぁ。<br><br /><br><br />でもこのイベント、<a href="http://www.1300.jp/sentokun_os/index.html" target="_blank">せんとくんオフィシャルサイト</a>には書いてありません。<br><br />(このSCの折り込み広告に書いてあったのかどうかは確認していません)<br><br /><br><br />"追っかけ"ファンを作るためにも、このサイトのスケジュール表、しっかり充実させた方がいいように思うのですけれど(老婆心)、他にちゃんと書いてあるところがあるのかなぁ。<br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aaf5e5798.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aaf5e5798.jpg" border="0" alt="" ></a><br><br />こちらは今年度から始まったNHK奈良局の"<a href="https://www.nhk.or.jp/nara/index.html" target="_blank">ならナビ</a>"の中の一コーナー"せんとくん通信"(夕方6:10~7:00の中の真ん中あたり、3分ほど)<br><br />毎週月曜日にせんとくんがキャスターと平城宮跡会場から伝えます。<br><br />ゆるキャラらしさ満開です。(余談ですけど、ゆるキャラの元祖はDLのミッキーなんでしょうねぇ)<br><br />先週分の動画は<a href="https://www.nhk.or.jp/nara/sentokun/index.html" target="_blank">こちら</a> (毎週水曜日更新)<br><br /><br><br />NHKといえば、3日の<a href="http://www.nhk.or.jp/osaka/daibutsukaigen/" target="_blank">古代史ドラマスペシャル「大仏開眼」</a>前編、けっこう面白かったですね。(聖武天皇がちょっと年取り過ぎてる感じはしましたが(・・;))<br><br />造立当時のけばけばしい(ヾ(・・ )ォィォィ)大仏の見られる後編(10日)も楽しみです。<br><br /><br><br />ついでに<a href="http://www.nhk.or.jp/nara-jidai/" target="_blank">45日間世界一周</a>も今日は#27、快調に進んでいます。<br><br />今日は二月堂の修二会を中心とした東大寺のお話。<br><br />この番組、奈良に長く住んでいても、知らなかった、気付かなかったという情報がいっぱいで、15分間目が離せません。<br><br />4日から1編ずつ毎週日曜日に再放送されていますが(近畿地方のみ)、総集編というものも考えていただいてもいいんじゃないかなぁと思っています。<br><br />でも15分ずつだからしっかり見られるのかな(・・;)<br><br /><br><br /><br><br />
433

「夏」像

佐川美術館に行ったときに彫刻家佐藤忠良さんの作品が平城NTのどこかにあるということは知ったのだけれど、調べてもわからず…そのうち忘れてしまったのだが…ふといつも見るこの像は…ひょっとして…??あ~…やっぱり!灯台下暗しでしたねぇ。近鉄高の原駅の西、階段を上がる途中にあります。意識して見てくださいな。... <a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aaea1daf7.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aaea1daf7.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a><a href="http://yaplog.jp/nara_nara/archive/122" target="_blank">佐川美術館</a>に行ったときに彫刻家佐藤忠良さんの作品が平城NTのどこかにあるということは知ったのだけれど、調べてもわからず…そのうち忘れてしまったのだが…<br><br /><br><br />ふと<br><br /><br><br />いつも見るこの像は…ひょっとして…??<br clear=all><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aaeb44143.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aaeb44143.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a>あ~…やっぱり!<br clear=all><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aaec1721a.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aaec1721a.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a>灯台下暗しでしたねぇ。<br clear=all><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aaed1c452.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aaed1c452.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>近鉄高の原駅の西、階段を上がる途中にあります。<br><br /><br><br />意識して見てくださいな。<br clear=all><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aaee0576f.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98aaee0576f.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a><br><br /><br><br /><br><br />
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。