カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1381' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
465

オステリア・ウマーノ

オステリア・ウマーノはフレンチのア・ヴォートル・サンテのお隣で、ポルタ・ドーロがあったところで、スタッフはナチュラレッツァの方たちなんだそう。なんかややこしい?9月25日にオープンしたばかり。クーカル2010にも5日に登場されていたそうです。パスタもメインディッシュも楽しむコース (¥2940)をいただきました。・前菜の盛合わせ・本日のスープ  アミエビとお米のスープ・本日のパスタ  大和地鶏とキノコのク... オステリア・ウマーノはフレンチのア・ヴォートル・サンテのお隣で、ポルタ・ドーロがあったところで、スタッフはナチュラレッツァの方たちなんだそう。<br><br />なんかややこしい?<br><br />9月25日にオープンしたばかり。<br><br /><a href="http://www.cucal.net/2010/" target="_blank">クーカル2010</a>にも<a href="http://www.cucal.net/2010/?area=nara&m=chefsdining#c4" target="_blank">5日</a>に登場されていたそうです。<br><br /><br><br />パスタもメインディッシュも楽しむコース (¥2940)をいただきました。<br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac1057aad.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac1057aad.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>・前菜の盛合わせ<br clear=all><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac1138166.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac1138166.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>・本日のスープ<br><br />  アミエビとお米のスープ<br clear=all><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac11efef1.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac11efef1.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>・本日のパスタ<br><br />  大和地鶏とキノコのクリームソース 卵黄のコンフィ添え<br clear=all><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac12d1bb2.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac12d1bb2.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>・メインディッシュ<br><br />  お魚を選択<br clear=all><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac139cda3.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac139cda3.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>・本日のドルチェ<br><br />  ティラミス 栗のジェラード添え<br><br /><br><br />飲み物は<br><br />ブレンドコーヒー・エスプレッソ・紅茶の中から選びます。<br><br />食後の小菓子付き<br clear=all><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac1462187.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac1462187.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a>パスタとドルチェは黒板から選びます。<br><br /><br><br /><br><br /><br><br />リーズナブルで美味しくて、また来たいお店です!<br><br />そういえばポイントカードいただきました。<br clear=all><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac1554cce.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac1554cce.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><br><br /><br><br />オステリア・ウマーノ<br><br /><span style="font-size: 75%;">生駒市東菜畑1-182-1 クイーンズコート生駒 1F<br><br />0743-73-0644<br><br />ランチ<br><br />[月~金]11:30~15:00(LO14:00)<br><br />[土日祝]11:30~15:30(LO14:30)<br><br />ディナー<br><br />[月~木・日]18:00~22:00(LO21:00) <br><br />[金・土]18:00~24:00(LO23:00)<br><br />月1回不定休</span>
464

生駒山寶山寺獅子閣特別公開

遷都1300年祭協賛として特別拝観が行われている生駒の宝山寺の獅子閣に行ってきました。 『寺院には珍しい擬洋風建築で明治17年に第14世乗空和尚のとき、客殿として竣工した。棟梁は越後の宮大工吉村松太郎氏。外部は洋風、内部一階は六畳二間、洋室一間。二階は十畳二間。角柱と丸柱、不思議な取り合わせが調和しているポーチとベランダの高欄は寺院建築によくある装飾。隅柱の柱頭、柱根の豪華な飾り。鋭角の破風と屋根。破風の... 遷都1300年祭協賛として特別拝観が行われている生駒の宝山寺の<span style="font-weight: bold;">獅子閣</span>に行ってきました。<br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac029a4dc.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac029a4dc.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a> <span style="font-size: 75%;">『寺院には珍しい擬洋風建築で明治17年に第14世乗空和尚のとき、客殿として竣工した。棟梁は越後の宮大工吉村松太郎氏。外部は洋風、内部一階は六畳二間、洋室一間。二階は十畳二間。角柱と丸柱、不思議な取り合わせが調和しているポーチとベランダの高欄は寺院建築によくある装飾。隅柱の柱頭、柱根の豪華な飾り。鋭角の破風と屋根。破風の寶山寺の寺紋の竜胆車。アーチ型の窓と色ガラス。内部の螺旋階段。外人技師の西洋建築かと思って見ると、紫檀の床柱があったり、落ち着いた和室もある。さすが日本の心をもった宮大工の作である』</span><br><br /><br><br />正面ファサード<br><br /><span style="font-size: 75%;">1階は角柱、2階はなぜか円柱</span><br clear=all><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac03860cd.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac03860cd.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a>このように礎石の上に柱を置くのは寺社建築の特徴。<br><br />ギリシア建築(コリント式)を真似るのであればアカンサスの葉を用いるべきところ、菊の葉にしているところがご愛敬。<br><br /><br><br />修復した部分はわざとわかるようにしてあります。<br clear=all><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac047ddf5.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac047ddf5.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a>精緻なポーチの天井。<br><br />わざと洋釘の頭を見せている。<br clear=all><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac056b6bb.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac056b6bb.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac0638d69.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac0638d69.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><br clear=all>1階と2階の窓の形状が違う   2階ポーチの上のバルコニー<br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac072c396.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac072c396.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac07e7204.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac07e7204.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><br clear=all> らせん階段            1階外扉の色ガラス     <br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac08c01d6.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac08c01d6.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a>南面から見た外観。断崖の上に建っているのがわかります。<br><br /><br><br />床下は立体的な懸造。<br clear=all><br><br /><br><br />幕末から明治初め、外国人居留地に建てられた洋風建築を参考に、洋風建築の専門知識のない地方の大工が見よう見まねで建てた擬洋風建築は多数残っています。<br><br />その様々な意匠の日本化がけなげでもあり、興味深いものです。<br><br />今年修復なったばかりの獅子閣、今後の公開は未定ということですので、どうぞこの機会にぜひご覧くださいませ。<br><br />11月15日までです。<br><br /><br><br />しかし、居留地から遠く離れた生駒山寶山寺の和尚さんが、なぜ洋風の客殿がほしいと思ったのでしょうね。<br><br />何か必要があったのか、単なる趣味なのか…<br><br />そして、どうしてこんなにお金があったのか…<br><br />謎は尽きません。<br><br /><br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac09da531.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98ac09da531.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><a href="http://www.hozanji.com/index.html" target="_blank">生駒山寶山寺</a><br><br />生駒市門前町1番1号<br><br />0743-73-2006 <br><br /><br><br />拝観は無料ですが、獅子閣の拝観料は¥300です。<br><br />8:00~16:00(受け付けは15:30まで)
  • Date : 2010-10-22 (Fri)
  • Category : 建築
463

第62回正倉院展

恒例正倉院展です。ひと足お先に行ってきました。春の耐震工事で、陳列ケースの雰囲気も変わり、慣れない感じ…。今年の正倉院展は、平城遷都1300年の記念の年にふさわしく、宝庫を代表する宝物が揃う点、平城京に生きた人々の暮らしぶりのうかがえる宝物が多数出陳される点に特色があるそうですが、ちょっと地味な印象でした。その中で出色は世界唯一の古代の五絃琵琶の遺例として名高い螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんのごげんびわ... <a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abfb6e133.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abfb6e133.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a>恒例正倉院展です。ひと足お先に行ってきました。<br><br />春の耐震工事で、陳列ケースの雰囲気も変わり、慣れない感じ…。<br><br /><br><br />今年の正倉院展は、平城遷都1300年の記念の年にふさわしく、宝庫を代表する宝物が揃う点、平城京に生きた人々の暮らしぶりのうかがえる宝物が多数出陳される点に特色があるそうですが、ちょっと地味な印象でした。<br><br /><br><br />その中で出色は世界唯一の古代の五絃琵琶の遺例として名高い<a href="http://shosoin.kunaicho.go.jp/publictreasure/0000010087001.html" target="_blank">螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんのごげんびわ)</a><br><br />19年ぶりの展示だそうです。<br><br />やはり写真では得難い立体感などは実物を見てこそのもの。<br><br />録音された音色も聞けて、気持ちは天平時代へ。<br><br />この琵琶は実際演奏するために作られたものなのでしょうか。<br><br /><br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abfc3157a.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abfc3157a.jpg" border="0" alt="" style="float:right;margin:0 3px;"></a><a href="http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2010toku/shosoin/shosoin_index.html" target="_blank">第62回正倉院展</a> <br><br />平成22年10月23日(土)~11月11日(木)<br><br />平城遷都1300年に合わせて、会期が例年より3日間長い20日間<br><br />会期中無休<br><br />奈良国立博物館<br><br />奈良市登大路町50番地<br><br />050-5542-8600<br><br /><br><br />計71件(初出展14件)を公開しています。(<a href="http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2010toku/shosoin/2010shosoin_list.pdf" target="_blank">出陳品一覧</a>)<br><br /><br><br /><br><br /><br><br />
  • Date : 2010-10-22 (Fri)
  • Category : 展覧会
462

けいはんな記念公園水景園

けいはんな記念公園水景園、近くなのに初めて行ったのですが、とっても素敵なところでした。今日はいい気候で、気持ちよくお散歩!水景棚 上の池(永谷池)と下の池の落差を利用し、石組みによる棚田状の水面を連続させ、水面の広がりと変化を演出しています。石組みを渡って対岸にいくこともでき、鯉の泳ぐ池の上を自由に散策できます。暑い暑いと言い暮らしていましたけれど、季節はしっかり進んでいますね。鯉は人が来るとえさ... けいはんな記念公園水景園、近くなのに初めて行ったのですが、とっても素敵なところでした。<br><br />今日はいい気候で、気持ちよくお散歩!<br><br /><br><br /><span style="font-weight: bold;">水景棚</span> <span style="font-size: 75%;">上の池(永谷池)と下の池の落差を利用し、石組みによる棚田状の水面を連続させ、水面の広がりと変化を演出しています。石組みを渡って対岸にいくこともでき、鯉の泳ぐ池の上を自由に散策できます。</span><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abe79d4fa.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abe79d4fa.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><br clear=all><br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abe8b5d0d.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abe8b5d0d.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a>暑い暑いと言い暮らしていましたけれど、季節はしっかり進んでいますね。<br clear=all><br><br /><br><br /><span style="text-align:left;display:block;"><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abe9e5df9.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abe9e5df9.jpg" border="0" alt="" ></a></span>鯉は人が来るとえさをもらえると思うのでしょうね、寄ってきました。<br><br />受付でえさを売っているそうです(¥50)<br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abeb19df7.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abeb19df7.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><br clear=all><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abec5f4bf.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abec5f4bf.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><br clear=all><br><br /><br><br /><span style="font-weight: bold;">巨石群</span> <span style="font-size: 75%;">高さ6~7M、重さ20~40トン(最大70トン)の巨石を組み合わせた岩の屏風で、岡山県犬島産の錆御影石約500個が立ち並びます。切り立った岩場や水面に突き立った岩礁など、荒々しい大地を表現しているそうです。</span><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abed830d1.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abed830d1.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><br clear=all><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abee990b5.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abee990b5.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><br clear=all><br><br /><br><br /><span style="font-weight: bold;">観月楼</span><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abefde796.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abefde796.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><br><br />観月楼なんていうと桂離宮のような建物を想像しますけれど、予想外の現代建築!<br clear=all><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abf132001.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abf132001.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a><br clear=all><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abf2934d6.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abf2934d6.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a> イタリアの陶芸家フェデリコ・ボナルディによるオブジェ「コペルニクスの観測鳥」。<br clear=all><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abf380d13.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abf380d13.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a> お仲間8体が格子にからまってる!<br clear=all><br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abf46f37f.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abf46f37f.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a>観月楼内ギャラリー月の庭では<strong>第一回鬼神と仲間たち展</strong>が開かれていました。<br><br />久保田露珪さん(美術工房・鬼神代表)の鬼たちがステキな雰囲気を醸し出していて、左の写真は陶芸作品ですけれど、墨画の数々がまたユーモラスでいい感じで、欲しくなっちゃいました。<br><br /><br><br />他にも味のある陶人形や油絵など盛りだくさん。<br><br />24日まで行われるそうです。お近くの方はぜひ!!<br clear=all><br><br /><br><br />駐車場が西端、水景園は東端にありますので、御注意を!(<a href="http://www.keihanna-park.jp/" target="_blank" title="けいはんな記念公園">HP</a>で確認してください)<br><br /><br><br /><br><br /><br><br />
461

平城宮跡ガイドツアー

遷都1300年も残すところ3か月足らず…特に平城宮跡会場は11月7日をもって終了。一念発起、平城宮跡ガイドツアーに行ってきました。(ひとり¥300)探訪ツアーセンターを拠点に解説ボランティアの案内で平城宮跡内を周遊するという1.5時間のコース。ルートは探訪ツアーセンター⇒遣唐使船(外観のみ)⇒朱雀門⇒第一次朝堂院⇒南門広場⇒第一次大極殿前(第一次大極殿内は各自見学)まずは探訪ツアーセンターでスライドを見ながら... <a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abda1f74d.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abda1f74d.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a>遷都1300年も残すところ3か月足らず…<br><br />特に<a href="http://www.1300.jp/event/kyuuseki/index.html" target="_blank">平城宮跡会場</a>は11月7日をもって終了。<br><br /><br><br />一念発起、平城宮跡ガイドツアーに行ってきました。(ひとり¥300)<br><br />探訪ツアーセンターを拠点に解説ボランティアの案内で平城宮跡内を周遊するという1.5時間のコース。<br><br />ルートは<br><br />探訪ツアーセンター⇒遣唐使船(外観のみ)⇒朱雀門⇒第一次朝堂院⇒南門広場⇒第一次大極殿前<br><br />(第一次大極殿内は各自見学)<br clear=all><br><br />まずは探訪ツアーセンターでスライドを見ながらお勉強。<br><br />(↓の画像は平城宮跡ガイドツアーの小冊子より)<br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abdabb163.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abdabb163.jpg" border="0" alt="" ></a><br><br />740年から745年、平城京から遷都を繰り返していた時期(聖武天皇)は『謎の5年』とばっさり…。確かに定説はないでしょうが…。<br><br />そもそも710年に藤原京から平城京に遷都をした理由を、「藤原京の形が時代遅れだったから」とあっさり説明していましたが、それが今は定説になっているんでしょうか。<br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abdc50b68.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abdc50b68.jpg" border="0" alt="" ></a><br><br />みんなで唱和。<br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abdda7dec.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abdda7dec.jpg" border="0" alt="" ></a><br><br />平城京と平城宮の違い。宮=御屋(天皇の居る所)<br><br /><br><br />あと、遣唐使のコースとか、当時の食事(貴族と庶民の比較)なども。<br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abdecc2d3.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abdecc2d3.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a>小雨の中でもがんばってガイドしてくださいます。<br><br />(この後、大雨になってきて、午後のガイドツアーは休止になったそうです)<br><br /><br><br />あまり奈良時代の歴史に詳しくない方にはとてもよいと思います。<br clear=all>他府県の方が一所懸命説明して下さる態度には好感が持てました。<br clear=all><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abdfb54f7.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abdfb54f7.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a>ひとつ勉強になったのは、この鴟尾について。<br><br />必ずしも大極殿に限らず、あちこちで見かけるものですけれど、何かのおまじないだとなんとなく思っていて突き詰めて考えたこともなく…。<br><br />この鴟尾は、魚が尾を水面上に出した姿を表していて、この下は水=水面下にあるもの(建物)は燃えないという意味で、火除けとして用いられたのだそうで、目からウロコでした。<br><br /><br><br />←大極殿の鴟尾・実物大のレプリカ<br clear=all><br><br /><br><br /><a href="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abe0a16f5.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/blog_import_4f98abe0a16f5.jpg" border="0" alt="" style="float:left;margin:0 3px;"></a>お土産は <a href="http://sent1300.com/" target="_blank">せんとくん平城立体図録</a><br><br />海洋堂の作ったフィギュアです。(カプセルに入っていて何が当たるかわからない。8種類 ¥400)<br><br />復原彩色された新薬師寺の伐折羅大将です。<br><br />今の姿からは想像もつかないほどのド派手!<br clear=all><br><br /><br><br />残り僅かの<a href="http://www.1300.jp/index.html" target="_blank">平城遷都1300年祭</a>。<br><br /><a href="http://www.1300.jp/event/roam/yamatoji/index.html" target="_blank">秘宝・秘仏の特別開帳</a>などもどんどん行われます。<br><br />いい気候になりました。<br><br />ぜひご来寧くださいね。<br><br /><br><br />
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。