カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1381' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
491

鍋屋連絡所:改修へ

【備忘録】旧奈良署・鍋屋連絡所:改修へ 「明治の面影継承」 「きたまち」観光拠点に 毎日新聞 11月23日(水)15時0分配信  近鉄奈良駅北側に広がる地域「きたまち」の観光やまちづくりの拠点にするため、旧奈良署鍋屋連絡所(奈良市半田横町)の改修が11年度中に始まる。地元自治会や奈良女子大、まちづくり関係者らで作る「鍋屋連絡所の保存・活用と“奈良きたまち”のまちづくりを考える会」が市に保存・活用を提案し、実現... 【備忘録】<br><br /><br><br /><br><br /><span style="color:#0000ff;"><span style="font-size: 75%;"><span style="font-weight: bold;">旧奈良署・鍋屋連絡所:改修へ 「明治の面影継承」 「きたまち」観光拠点に</span> <br><br /><br><br />毎日新聞 11月23日(水)15時0分配信<br><br /><br><br />  近鉄奈良駅北側に広がる地域「きたまち」の観光やまちづくりの拠点にするため、旧奈良署鍋屋連絡所(奈良市半田横町)の改修が11年度中に始まる。地元自治会や奈良女子大、まちづくり関係者らで作る「鍋屋連絡所の保存・活用と“奈良きたまち”のまちづくりを考える会」が市に保存・活用を提案し、実現することになり、期待に胸を膨らませている。<br><br />  同会や市によると、「鍋屋連絡所」は近くの奈良女子大記念館=国重要文化財=を意識した近代洋風の建物。木造平屋建て約27平方メートルで、セメントモルタル塗りの壁に上げ下げ窓などがある。1908(明治41)年に現在地の南約50メートルに設置された「鍋屋巡査派出所」が、28年に移転し、04年度末まで、派出所や連絡所として使われた。<br><br />  同会会長で鍋屋町自治会長の八木冨造さん(74)は「子供の頃はパトロールについて回った。警官が常駐しない連絡所になってからも女性がお花を生けたり、正月のしめ飾りを飾ってもり立てるなど、地域の触れあいがあった」と振り返る。<br><br />  同会は連絡所の保存と活用を求め結成。09年から活動を本格化させ市の市民企画事業に応募、採択された。市は提案に沿って今年度、老朽化した建物の改修費など約1080万円を予算化。今年度中に着工、完成予定で、その後は同会が運営する。<br><br />  八木会長は「明治の面影を残す身近な建物を残したかった。きたまちの玄関口として皆さんに利用してもらえれば」と話している。<br><br /> </span></span><br><br /><br><br /><br><br />昔々、学生運動華やかなりしころは、ここに警官を常駐させるのは学生の行動を監視するためかという意見があって、常駐に反対してたと記憶してますけど…隔世の感。<br><br />いえ、もちろん警官が常駐するって話じゃないのは諒解しています。<br><br /><br><br />
490

<奈良・中西遺跡>弥生前期最大の水田跡 高い計画性と技術

【備忘録】<奈良・中西遺跡>弥生前期最大の水田跡 高い計画性と技術毎日新聞 11月9日(水)1時31分配信 拡大写真 弥生時代前期としては国内最大の水田跡=奈良県御所市の中西遺跡で2011年11月8日、高島博之撮影  奈良県立橿原考古学研究所は8日、同県御所市條の中西遺跡で、弥生時代前期(約2400年前)としては国内最大の水田跡(約2万平方メートル)を発見したと発表した。水田が河川の氾濫による土砂で埋まった... 【備忘録】<br><br /><br><br /><span style="font-size: 75%;"><span style="color:#0066cc;"><奈良・中西遺跡>弥生前期最大の水田跡 高い計画性と技術<br><br />毎日新聞 11月9日(水)1時31分配信<br><br /><br><br /> <br><br />拡大写真 <br><br />弥生時代前期としては国内最大の水田跡=奈良県御所市の中西遺跡で2011年11月8日、高島博之撮影 <br><br /> 奈良県立橿原考古学研究所は8日、同県御所市條の中西遺跡で、弥生時代前期(約2400年前)としては国内最大の水田跡(約2万平方メートル)を発見したと発表した。水田が河川の氾濫による土砂で埋まった後、大規模開発などが行われなかったため地中に残っていたとみられ、橿考研は「当時の水田開発の仕方が非常によく分かる発見」と評価している。<br><br /><br><br /> 発掘調査は京奈和道のインターチェンジ工事に伴い今年4月から約1万3500平方メートルで行われている。<br><br /><br><br /> 同遺跡は緩やかな傾斜地。水田跡は約850枚あって、いずれもあぜ道で細かく区切られ、1枚あたり東西4メートル、南北3メートルほどの小さなものが多かった。水田に水をためるためには、地面を水平にする土木工事が必要で、橿考研は「1枚あたりの面積が小さいのは、土木工事の労力を抑えるためでは」とみている。<br><br /><br><br /> 今回の調査では、水田跡が約9000平方メートル見つかり、過去の調査で確認された約7000平方メートルに加え、隣接地で継続中の発掘調査でも現時点で約4000平方メートルを検出。合わせると約2万平方メートルになるという。<br><br /><br><br /> これまで弥生時代前期の大規模な水田跡としては、服部遺跡(滋賀県守山市)が約1万8700平方メートルで最も大きく、次いで池島・福万寺遺跡(大阪府八尾市・東大阪市)の1万8000平方メートルだった。調査した橿考研の本村充保・主任研究員は「水田を開発する高い計画性と、実行するための技術力・労働力が備わった集団が周辺にいたことが分かる」と話している。<br><br /><br><br /> 現地説明会は12日午前10時~午後3時。JR玉手駅から南西約1.4キロ。駐車場あり。小雨決行。【高島博之】</span></span><br><br /><br><br /><br><br />面白いですね。<br><br />"奈良には古い遺跡がないから邪馬台国は奈良にはなかった"という論調があったので、特に。<br><br /><br><br />
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。