カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1381' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
511

奈良犬(?!)

奈良犬、ご存じでした?擬人化ならぬ“擬犬”化!アニメ「47都道府犬」の新グッズが続々登場東京ウォーカー 5月30日(水)10時18分配信ピーナッツ(千葉県)や納豆(茨城県)など、各都道府県の名物などをモチーフにした「47都道府犬」が、iPhoneケースやストラップになって登場した。どの犬も愛らしいのだが、大仏をモチーフにした“奈良犬”などは、最早、犬とは思えぬ風貌。爆笑必至のアイテムに仕上がっている。 現在、発売されているの... 奈良犬、ご存じでした?<br /><a href="http://nara1975.blog.fc2.com/img/naraken_20120531082621.jpg/" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/naraken_20120531082621s.jpg" alt="naraken_20120531082621.jpg" border="0" width="400" height="470" /></a><br /><blockquote><p><strong>擬人化ならぬ“擬犬”化!アニメ「47都道府犬」の新グッズが続々登場</strong><br /><br />東京ウォーカー 5月30日(水)10時18分配信<br /><br />ピーナッツ(千葉県)や納豆(茨城県)など、各都道府県の名物などをモチーフにした「47都道府犬」が、iPhoneケースやストラップになって登場した。どの犬も愛らしいのだが、大仏をモチーフにした“奈良犬”などは、最早、犬とは思えぬ風貌。爆笑必至のアイテムに仕上がっている。<br /> <br />現在、発売されているのは、全国各地の名産品や名所と犬をミックスさせたゆるキャラとして話題を集めている「47都道府犬」のiPhoneケースやストラップ(アクリル根付)。「47都道府犬」とは、もともと、番組「Say! You! Say! Me!」(テレビ愛知 AT-X)内のショートアニメのキャラクターだが、北は北海道から南は沖縄まで、47都道府県分、47匹ものキャラクター数で展開されているので、グッズではコレクション魂に火が付くこと間違いなしだ。<br /> <br />とんがり頭が気になるピーナッツ風の“千葉犬”や、納豆の入れ物の両端を犬の耳に見立てた“茨城犬”など、愉快な顔ぶれが揃うが、思わず笑いがこみ上げてくるのが、大仏をモチーフにした“奈良犬”や、つぶつぶ感・ぽってり感がキモ可愛い(?)明太子風の“福岡犬”。広報担当者は「もともとのショートアニメのファンからも好評です。ご自身の県の47都道府犬を探して、是非楽しんでください」とアピールする。<br /> <br />「47都道府犬」グッズは、近日、キーホルダーやボールペンなども発売される予定。コミカルな犬たちを愛でて、和んでほしい。【東京ウォーカー】<br /> <br />※詳しくは販売元・<a href="http://www.nikkan1.com/" target="_blank" title="日本観光商事の公式HP">日本観光商事の公式HP</a>でチェック</p></blockquote><br /><br /><br /><a href="http://nara1975.blog.fc2.com/img/narainu.jpg/" target="_blank"><img src="//blog-imgs-56-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/narainu.jpg" alt="narainu.jpg" border="0" width="155" height="410"align="left"hspace="10"></a>奈良は…<br /><br />まあ、奈良って言うと鹿か大仏ですよね(・・;)<br /><br />欲しい??<br /><br />ま、いいか~(笑)<br /><br />47都道府犬のページは <a href="http://47todoufuken.jp/" target="_blank" title="こちら">こちら</a><br /><br /><br clear=all><br /><br /><br />
510

奈良の近代建築をたずねて 3

奈良の近代建築をたずねて 3日めはバスツアー。(1日目の様子はこちら、2日目の様子はこちら)ますは、奈良女子大学構内で、重要文化財の記念館(春の一般公開中・5日まで)と登録有形文化財の佐保会館を見学。奈良女子大学記念館重要文化財 設計:山本治兵衛 竣工:1909年修復工事にあたっての様々な工夫のお話を聴きました。(春の一般公開中・5日まで)佐保会館登録有形文化財設計:岩崎平太郎竣工:1928年(昭和3年)今回... <strong>奈良の近代建築をたずねて</strong> 3日めはバスツアー。(1日目の様子は<a href="http://atelierun.blog76.fc2.com/blog-entry-1184.html" target="_blank" title="奈良の近代建築をたずねて その1">こちら</a>、2日目の様子は<a href="http://atelierun.blog76.fc2.com/blog-entry-1203.html" target="_blank" title="奈良の近代建築をたずねて その2">こちら</a>)<br /><br />ますは、奈良女子大学構内で、重要文化財の<a href="http://koto.nara-wu.ac.jp/kinenkan/" target="_blank" title="記念館">記念館</a>(春の一般公開中・5日まで)と登録有形文化財の<a href="http://www.nara-wu.ac.jp/dousoukai/sahokai/link/sahokaikan/sahokaikan.html" target="_blank" title="佐保会館">佐保会館</a>を見学。<br /><br /><a href="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/DSC00015_R.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/DSC00015_Rs.jpg" alt="DSC00015_R.jpg" border="0" width="299" height="199"align="left"hspace="10"></a><br /><a href="http://koto.nara-wu.ac.jp/kinenkan/" target="_blank" title="記念館">奈良女子大学記念館</a><br /><br />重要文化財<br /> 設計:山本治兵衛<br /> 竣工:1909年<br /><br />修復工事にあたっての様々な工夫のお話を聴きました。<br />(春の一般公開中・5日まで)<br /><br clear=all><br /><a href="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/DSC00018_R.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/DSC00018_Rs.jpg" alt="DSC00018_R.jpg" border="0" width="299" height="199"align="left"hspace="10"></a><a href="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/DSC00020_R.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/DSC00020_Rs.jpg" alt="DSC00020_R.jpg" border="0" width="299" height="199"align="left"></a><br clear=all><br /><br /><a href="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/DSC00009_R.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/DSC00009_Rs.jpg" alt="DSC00009_R.jpg" border="0" width="299" height="199"align="left"hspace="10"></a><br /><a href="http://www.nara-wu.ac.jp/dousoukai/sahokai/link/sahokaikan/sahokaikan.html" target="_blank" title="佐保会館">佐保会館</a><br /><br />登録有形文化財<br />設計:岩崎平太郎<br />竣工:1928年(昭和3年)<br /><br clear=all><br /><a href="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/DSC00011_R.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/DSC00011_Rs.jpg" alt="DSC00011_R.jpg" border="0" width="299" height="199"align="left"hspace="10"></a>今回は入れなかったのですが、別の機会に撮影した内部<br clear=all><br /><br />バスに乗って、<strong>王隠堂レストラン</strong>へ。<br /><br />途中、寄り道。<br /><a href="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120503_1013.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120503_1013s.jpg" alt="mini_120503_1013.jpg" border="0" width="300" height="225"align="left"hspace="10"></a><strong>史跡 頭塔</strong><br /><br />数年前存在を知り、見たかった頭塔。<br />昭和61年から発掘調査が始まったそうで、知らなかったはずです。<br /><a href="http://www.meguru-nara.jp/theme/inori/syaji/01/08.html" target="_blank" title="~祈りの回廊~ 秘宝・秘仏特別開帳">~祈りの回廊~ 秘宝・秘仏特別開帳</a>(5月6日まで)によって予約なしで入場できます。<br />ボランティアガイドの詳しい説明つき!<br /><br />7段のピラミッド状。<br clear=all><br /><a href="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120503_1007.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120503_1007s.jpg" alt="mini_120503_1007.jpg" border="0" width="300" height="225"align="left"hspace="10"></a>東西南北の正面には三尊像。<br /><br />インドネシアのボロブドゥール遺跡を思い出します(ぐんと規模を小さくして)<br /><br />これが何なのか、ほんとうの形はどういうものだったのか、これからの研究も楽しみですね~。<br /><br /><br clear=all><br /><blockquote><p> 史跡 頭塔は東大寺南大門から南に約1kmのところにある、土壇からなる非常に珍しい奈良時代の塔です。<br /> <br /> かつて頭塔は、奈良時代の僧玄昉の頭を埋めた墓との伝承があったため、この名称の由来とされてきました。その後大正11年(1922年)3月8日付けで国の史跡に指定され、頭塔は奈良時代の土塔として、学術的に位置づけされ今日にいたります。<br /> <br /> そもそも頭塔の造営については、神護景雲元年(767年)に東大寺の僧で二月堂修二会行法(お水取り)を創始した実忠が、東大寺別当の良弁の命により造った塔であるとされています。<br /> <br /> 現在の頭塔は、南側については頭塔の森としての価値を認めそのままにし、発掘調査により遺構解明された北側のみを昭和61年から平成12年まで奈良県教育委員会が復元整備を行いました。<br /> <br /> この頭塔に類似するものとしては、行基が関与した堺市の土塔があります。<br /><br /><a href="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/1_20120503202944.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/1_20120503202944s.jpg" alt="1_20120503202944.jpg" border="0" width="599" height="351" /></a><br /></p></blockquote><br /><br /><a href="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120503_1218.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120503_1218s.jpg" alt="mini_120503_1218.jpg" border="0" width="300" height="225"align="left"hspace="10"></a>バスに約2時間ゆられ、賀名生梅林(有名だけどこんなところにあったとは)などの表示を通り過ぎ、急峻な山に分け入り、バスは途中で降りざるを得ず、残りは徒歩でたどりついた<a href="http://www.pref.nara.jp/miryoku/nouka/nouka-restaurant/ouindo.html" target="_blank" title="王隠堂レストラン">王隠堂レストラン</a>。(場所:<a href="http://maps.google.co.jp/maps?f=q&amp;source=embed&amp;hl=ja&amp;geocode=&amp;q=%E4%BA%94%E6%A2%9D%E5%B8%82%E8%A5%BF%E5%90%89%E9%87%8E%E7%94%BA%E6%B9%AF%E5%A1%A9154+%E7%8E%8B%E9%9A%A0%E5%A0%82&amp;sll=34.300869,135.73102&amp;sspn=0.026624,0.055575&amp;brcurrent=3,0x6006da96bfa26d49:0xe49ee72468c1933c,0&amp;ie=UTF8&amp;hq=%E7%8E%8B%E9%9A%A0%E5%A0%82&amp;hnear=%E5%A5%88%E8%89%AF%E7%9C%8C%E4%BA%94%E6%A2%9D%E5%B8%82%E8%A5%BF%E5%90%89%E9%87%8E%E7%94%BA%E6%B9%AF%E5%A1%A9%EF%BC%91%EF%BC%95%EF%BC%94&amp;cid=9247870877295519281&amp;ll=34.300975,135.73102&amp;spn=0.013968,0.02738&amp;z=14&amp;iwloc=A" target="_blank" title="GoogleMAP">GoogleMAP</a>)<br />(五條市)西吉野町湯塩にあります。<br />「王隠堂」の名は、南北朝時代、都を逃れた後醍醐天皇一行をかくまい、授かったもの(伝)<br />いやあ、ほんとに隠れ住んだというのが実感できる険しい山襞でした。<br clear=all><br /><a href="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120503_12440001.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120503_12440001s.jpg" alt="mini_120503_12440001.jpg" border="0" width="300" height="225"align="left"hspace="10"></a>幕末に移築した旧家を改装し、レストランとしても開放しています。食材はほぼ自家製だそうです。<br /><br />薪のかまどで炊いたごはん!<br />美味しい!<br />かまどの方が早くて確実なんですって!<br clear=all><br /><a href="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120503_1256.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120503_1256s.jpg" alt="mini_120503_1256.jpg" border="0" width="300" height="225"align="left"hspace="10"></a>山菜が出始めたそうで、いろいろな調理法で楽しめます。<br /><br />あと 揚げ餅のお味噌汁とみかんが出ました。(¥2000)<br clear=all><br /><br /><a href="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120503_1217.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120503_1217s.jpg" alt="mini_120503_1217.jpg" border="0" width="300" height="225"align="left"hspace="10"></a>食後の睡魔と闘いながら、受講(笑)<br /><br /><strong>王隠堂邸に残る建築様式をたずねて</strong>:上野先生<br /><br />←田の字型の間取りです。<br />こいのぼりは、5月のお節句も近いので、心意気。<br /><br />幕末の民家ですが、改装工事が大きくて、学術的な価値はどうかなと思いました。<br />神棚が仏壇のすぐ近くにあったり、ふたつ神棚があったり、民俗学的には面白いかなと。<br clear=all><br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%9A%84%E5%A5%88%E8%89%AF%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E2%80%95%E3%81%93%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%AE%E6%AD%A9%E3%81%8D%E6%96%B9-%E5%A5%88%E8%89%AF%E5%A5%B3%E5%AD%90%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E6%96%87%E5%AD%A6%E9%83%A8%E3%81%AA%E3%82%89%E5%AD%A6%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88/dp/4812208513%3FSubscriptionId%3D1CR2KCSDNRVJY76AMX82%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4812208513"><img src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/23/de/7da707a763ebe1db120d165679f75803.jpg" border="0"align="left"hspace="10"></a><strong>万葉集のある風景</strong>:西村先生<br /><br />内容は↓で<br /><a href="http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%9A%84%E5%A5%88%E8%89%AF%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E2%80%95%E3%81%93%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%AE%E6%AD%A9%E3%81%8D%E6%96%B9-%E5%A5%88%E8%89%AF%E5%A5%B3%E5%AD%90%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E6%96%87%E5%AD%A6%E9%83%A8%E3%81%AA%E3%82%89%E5%AD%A6%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88/dp/4812208513%3FSubscriptionId%3D1CR2KCSDNRVJY76AMX82%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4812208513">大学的奈良ガイド―こだわりの歩き方</a><br clear=all><br /><br />お土産に、自家製のお味噌やしそジュース、柿酢を購入し、また2時間かけて帰寧。<br /><br /><br />明日はいよいよ最終日4日目なのですが、次男夫婦が今夜帰省したので、私…欠席させていただきます。<br />平にご容赦を…m(__)m<br /><br /><br /><br /> <br /><br />
509

奈良の近代建築をたずねて 2

奈良の近代建築をたずねて 2日めはフィールドワーク。(1日目の様子はこちら)まずは、生活環境学部名誉教授の上野先生の講義 奈良まちの町屋を観察するその後は徒歩徒歩徒歩 とほほな強い風&篠突く雨の中…吉城園 正面玄関を開けていただいて、普通は入れない邸内へ。明治に奈良晒で財を成した実業家の邸宅となり、大正8年(1919年)に現在の建物と庭園が作られました。邸内の写真の公開はNGとのことで…m(__)m奈良基督教会... <strong>奈良の近代建築をたずねて</strong> 2日めはフィールドワーク。(1日目の様子は<a href="http://atelierun.blog76.fc2.com/blog-entry-1184.html" target="_blank" title="奈良の近代建築をたずねて その1">こちら</a>)<br /><br />まずは、生活環境学部名誉教授の上野先生の講義 <strong>奈良まちの町屋を観察する</strong><br /><br />その後は徒歩徒歩徒歩 とほほな強い風&篠突く雨の中…<img src="http://static.fc2.com/image/e/263.gif" class="emoji" style="border:none;" /><br /><br /><a href="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/SN3S0799.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/SN3S0799s.jpg" alt="SN3S0799.jpg" border="0" width="300" height="226"align="left"hspace="10"></a><br /><strong><a href="http://www.nara-manabi.com/yoshiki.html" target="_blank" title="吉城園">吉城園</a></strong> <br />正面玄関を開けていただいて、普通は入れない邸内へ。<br />明治に奈良晒で財を成した実業家の邸宅となり、大正8年(1919年)に現在の建物と庭園が作られました。<br /><br />邸内の写真の公開はNGとのことで…m(__)m<br /><br clear=all><br /><br /><a href="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_12050.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_12050s.jpg" alt="mini_12050.jpg" border="0" width="299" height="267"align="left"hspace="10"></a><br /><strong><a href="http://www.nskk.org/kyoto/nara/" target="_blank" title="奈良基督教会">奈良基督教会</a></strong> <br /><br />登録有形文化財<br />設計: 大木吉太郎 <br />住所: 奈良市登大路町44 <br />竣工: 1930(昭和5)年<br /><br />外観が和風なら、<br clear=all><br /><a href="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120502_1058.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120502_1058s.jpg" alt="mini_120502_1058.jpg" border="0" width="299" height="218"align="left"hspace="10"></a><br />内装も和風、でも機能的にはちゃんと教会。<br />恐れ入りました。<br clear=all><br /><br /><a href="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120502_1151.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120502_1151s.jpg" alt="mini_120502_1151.jpg" border="0" width="300" height="225"align="left"hspace="10"></a><strong><a href="http://www.nantobank.co.jp/" target="_blank" title="南都銀行本店">南都銀行本店</a></strong> <br /><br />登録有形文化財<br /> 設計:長野宇平治<br /> 住所:奈良市橋本町16<br /> 竣工:1926年(昭和1年)<br /><br clear=all><br /><a href="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120502_1208.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120502_1208s.jpg" alt="mini_120502_1208.jpg" border="0" width="225" height="300"align="left"hspace="10" /></a><a href="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120502_12090001.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120502_12090001s.jpg" alt="mini_120502_12090001.jpg" border="0" width="225" height="300" /></a><br clear=all><br /><a href="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120502_1200.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120502_1200s.jpg" alt="mini_120502_1200.jpg" border="0" width="300" height="225" align="left"hspace="10"></a><br />営業店2階のキャットウォークに特別に入らせてもらう。<br />太い2本の柱で支えているのがわかるが、内装は変更済み。<br clear=all><br /><br /><strong><a href="http://www.nara-wu.ac.jp/gp/naragp_ex/seminar_house.html" target="_blank" title="奈良女子大学奈良町セミナーハウス(旧正木邸">奈良女子大学奈良町セミナーハウス(旧正木邸)</a></strong> 町屋としては大きい。<br />(昼食)<span style="font-size:x-small;"><a href="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120502_1241s.jpg&quot; alt=&quot;mini_120502_1241.jpg" target="_blank" title="奈良女子大学生協製のお弁当">奈良女子大学生協製のお弁当</a></span><br />(講義)<strong>歴史的建造物の楽しみ方</strong>:生活環境学部教授 増井先生<br /><br clear=all><strong><a href="http://www.narahaku.go.jp/" target="_blank" title="奈良国立博物館">奈良国立博物館</a></strong>(外観のみ)<br /> 国重要文化財<br /> 設計:片山東熊<br /> 竣工:1894年(明治27年)<br /><br /><a href="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120502_15170002.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120502_15170002s.jpg" alt="mini_120502_15170002.jpg" border="0" width="300" height="225"align="left"hspace="10"></a><br /><strong><a href="http://www.narahaku.go.jp/guide/05.html" target="_blank" title="仏教美術研究センター(旧奈良県物産陳列所">仏教美術研究センター(旧奈良県物産陳列所)</a></strong><br /><br />国重要文化財<br />設計:関野貞<br />住所:奈良県奈良市春日野町50<br />竣工:1902年(明治35年)<br /><br clear=all> <br /><a href="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120502_1438.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120502_1438s.jpg" alt="mini_120502_1438.jpg" border="0" width="300" height="225"align="left"hspace="10"></a><br />こちらも前々から見たかった建物。<br />特別に正面玄関から入れていただきました。<br /><br />奈良県では奈良国立博物館の失敗(非難轟々)の後、公建築で洋風であることは許されない。<br />こちらも外観=和風、構造は洋風。<br />でも窓はイスラム風。<br /><br />この妙なアンバランスがかわいいと思うのだなぁ。<br />だから明治の洋風建築が好き。<br /><br clear=all><br /><a href="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120502_14430001.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120502_14430001s.jpg" alt="mini_120502_14430001.jpg" border="0" width="300" height="244"align="left"hspace="10"/></a><br />ホールのギャラリーが和風で、ステキ(天井を張られていたのを、修復)<br /><br />コンサート等にも貸し出して頂けるそうです。<br /><br /><br /><br clear=all><br /><a href="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120502_1443.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-55-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_120502_1443s.jpg" alt="mini_120502_1443.jpg" border="0" width="300" height="207"align="left"hspace="10"></a>ホールから閲覧室を臨む。<br />仕切りは透明。<br />トラスは修復工事で元に戻されたもの。<br />(構造的には意味がないかもしれない)<br clear=all><br /><br />この後<strong>奈良ホテル</strong>へも行くんですけれど、またもや早退。(<a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-97.html" target="_blank" title="奈良ホテル・名画鑑賞と建築の美を訪ねて">奈良ホテル・名画鑑賞と建築の美を訪ねて</a>というイベントに参加したことがあるので=団体行動のとれないヤツσ(・・;)) <br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4022611731%3ftag=atelierun-22%26link_code=sp1%26camp=2025%26dev-t=1CR2KCSDNRVJY76AMX82"><img src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/61/06/c7b3df23e1a03590d32ee15b64ec4522.jpg" border="0"align="right"hspace="10"></a>私がこのような近代建築(特に洋風建築)が好きになったのは、(昔から明治村が好きでしたけど)藤森教授の建築探偵シリーズを読んだからのような気がします。<br /><br />明治の建築家の、見よう見まねで一生懸命西洋建築を作った情熱がなんともかわいい!<br />細部を見れば見るほど、こんなにがんばって…って愛おしくなっちゃいます。<br /><br />特に奈良においては、奈良国立博物館が建設当時、奈良にそぐわないと非難轟々で、とにかく外見は和風でというのが至上命題になって、奈良ホテルにしろ、仏教美術研究センター(旧奈良県物産陳列所)にしろ、構造や内装は洋風でもとりあえず外観だけは和風でという奇妙なスタイルが、面白くて…。<br />中で奈良基督教会は、外見だけ和風にしておけばいいのに、中身も和風にして、でも機能はきちんと教会っていうのが楽しい。<br /><br />見たかった建物を見られて幸せ♪<br />(傘は壊れちゃったけど(・・;))<br /><br /><br /><br /><br />
508

奈良の近代建築をたずねて 1

奈良女子大学の短期集中公開講座「奈良の近代建築をたずねて」に参加しました。座学とフィールドワークのなかなか盛りだくさんな講座です。富崎副学長の奈良女子大学の沿革のお話のあとは、文学部小路田教授の「古都」奈良の誕生の講義。実は↓の本に書かれている内容で、私、この本持ってるんですけど、あまり真剣に読んでなかったのですね。面白く拝聴。後で読みなおしてみます。邪馬台国の謎に迫る新見解も!(あまり賛同者はい... <a href="//blog-imgs-42-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/120501-1.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-42-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/120501-1s.jpg" alt="120501-1.jpg" border="0" width="300" height="424"align="right"></a>奈良女子大学の短期集中公開講座<a href="http://www.nara-wu.ac.jp/news/H24news/120501/120501.html" target="_blank" title="奈良の近代建築をたずねて">「奈良の近代建築をたずねて」</a>に参加しました。<br />座学とフィールドワークのなかなか盛りだくさんな講座です。<br /><br />富崎副学長の奈良女子大学の沿革のお話のあとは、文学部小路田教授の<strong>「古都」奈良の誕生</strong>の講義。<br />実は↓の本に書かれている内容で、私、この本持ってるんですけど、あまり真剣に読んでなかったのですね。<br />面白く拝聴。<br />後で読みなおしてみます。<br />邪馬台国の謎に迫る新見解も!(あまり賛同者はいないそうですが…ヾ(・・ )ォィォィ)<br /><a href="http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%9A%84%E5%A5%88%E8%89%AF%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E2%80%95%E3%81%93%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%AE%E6%AD%A9%E3%81%8D%E6%96%B9-%E5%A5%88%E8%89%AF%E5%A5%B3%E5%AD%90%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E6%96%87%E5%AD%A6%E9%83%A8%E3%81%AA%E3%82%89%E5%AD%A6%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88/dp/4812208513%3FSubscriptionId%3D1CR2KCSDNRVJY76AMX82%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4812208513"><img src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/23/de/7da707a763ebe1db120d165679f75803.jpg" border="0"align="left"></a><a href="http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%9A%84%E5%A5%88%E8%89%AF%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E2%80%95%E3%81%93%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%AE%E6%AD%A9%E3%81%8D%E6%96%B9-%E5%A5%88%E8%89%AF%E5%A5%B3%E5%AD%90%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E6%96%87%E5%AD%A6%E9%83%A8%E3%81%AA%E3%82%89%E5%AD%A6%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88/dp/4812208513%3FSubscriptionId%3D1CR2KCSDNRVJY76AMX82%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4812208513">大学的奈良ガイド―こだわりの歩き方</a><br clear=all><br />用事があったので、今日の2講目は欠課。<br />明日は体力勝負のフィールドワーク。<br />がんばります!<br /><br clear=all> <br /><blockquote><p><a href="//blog-imgs-42-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/201204242300446ca.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-42-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/201204242300446ca.jpg" alt="120501-1 - コピー" border="0" width="300" height="286"align="left"></a><a href="http://www.nara-wu.ac.jp/news/H24news/120501/120501.html" target="_blank" title="奈良の近代建築をたずねて">「奈良の近代建築をたずねて」</a><短期集中講座><br />2012年5月1日(火)~5月4日(金)<br />@奈良女子大学社会連携センター<br /> <br />「古都」奈良の誕生を学び、そして明治から昭和初期にかけて建てられた奈良の近代建築(奈良女子大学、南都銀行本店、奈良国立博物館、仏教美術資料研究センター、奈良少年刑務所など)について講義を交えフィールドワークで学ぶ4日間の集中講義です。建物だけではなく、建物内での「心」に触れる講義、青垣をなす山々を眺めることができる王隠堂邸では万葉集の詠われた風景についての講義もあり、総括的に学んでいただけるプランです。<br /><br />受講料:¥8,000 <br clear=all><a href="//blog-imgs-42-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/20120424230019a58.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-42-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/20120424230019a58s.jpg" alt="120501-2 - コピー" border="0" width="599" height="450"align="left"></a></p></blockquote><br /><br clear=all><br /><br /><br />・<a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-509.html" target="_blank" title="奈良の近代建築をたずねて その2">奈良の近代建築をたずねて 2</a><br /><br />・<a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-510.html" target="_blank" title="奈良の近代建築をたずねて その3">奈良の近代建築をたずねて 3</a><br /><br /><br /><br />
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。