カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1381' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
563

特別展 みほとけのかたち -仏像に会う-

いつも言うことだけれど、仏像はお寺の中にあって宗教心で拝むものだとは思うのだけど、宗教心が薄い私のこと、美術品として鑑賞することをもっぱらとしていて、無遠慮に鑑賞できるのでお寺にあるよりは博物館or美術館にあることを好んでいます。特別展 みほとけのかたち -仏像に会う- @奈良国立博物館 に行ってきました。仏像を鑑賞して歩くというようなことはしていないのだけれど、でも長く生きてきて、そのうえ古都奈良... <a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mihotoke1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mihotoke1s.jpg" alt="mihotoke1.jpg" border="0" width="299" height="426"align="left"></a><a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mihotoke2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mihotoke2s.jpg" alt="mihotoke2.jpg" border="0" width="300" height="425"hspace="10"></a><br /><br />いつも言うことだけれど、仏像はお寺の中にあって宗教心で拝むものだとは思うのだけど、宗教心が薄い私のこと、美術品として鑑賞することをもっぱらとしていて、無遠慮に鑑賞できるのでお寺にあるよりは博物館or美術館にあることを好んでいます。<br /><br /><a href="http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2013toku/mihotoke/mihotoke_index.html" target="_blank" title="特別展 みほとけのかたち -仏像に会う-">特別展 みほとけのかたち -仏像に会う-</a> @<a href="http://www.narahaku.go.jp/index.html" target="_blank" title="奈良国立博物館">奈良国立博物館</a> に行ってきました。<br /><br />仏像を鑑賞して歩くというようなことはしていないのだけれど、でも長く生きてきて、そのうえ古都奈良に住んでいるのだからずいぶんたくさん仏像は観ていると思うのだけれど、初見の仏像も多く、それも意外なものばかりでとても楽しみました。<br /><br />例えば、お顔による分類とか、素材による分類、持物による分類、作り方による分類など、視点もユニーク!!<br />ただ、その分類による最高傑作を集められたかというとそうでもなかったのが少々残念だったかなぁ。<br />でも金銅仏の傑作=東大寺の大仏とか、乾漆仏の傑作=興福寺の阿修羅などは帰りにでも見られるわけなのだから、ロケーションにも恵まれていい展覧会だと言えるのではないかしら。<br /><br />とくに、海住山寺の四天王立像とか、中宮寺の天寿国繍帳とか、お気に入りをじっくり見られてよかった!<br /><br />9月16日までです。<br />ぜひ!<br /><br /><blockquote><p><a href="http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2013toku/mihotoke/mihotoke_index.html" target="_blank" title="みほとけのかたち -仏像に会う-">みほとけのかたち -仏像に会う-</a><br /><br /> 仏像には色々な種類がありますが、普通の人間とは異なる、どこか超越的なすがたをしています。たとえば、独特の髪形や服の形、顔や手がたくさんあるもの、そして優しい顔や厳しい顔、恐ろしい鬼のような形相の仏像もあります。体の色が金色であったり、衣服に華麗な文様があらわされていたり、豪華な台座にすわったきらびやかな仏像もあります。<br /> この展覧会は、絵画や彫刻であらわされた仏像の「かたち」に注目しながら、仏像のもつ意味や、魅力の源をたどっていくものです。展示では仏像のすがたや、部分の形、素材などの外見的なところから、仏像制作の由来、仏像のもつ霊験、さらには仏像をとりまく世界を紹介し、仏像とは何かを改めて考えていただくものです。<br /> 本展を通じて、多くの方がより仏像に対して関心を高め、仏像にこめた先人たちの思いと、その芸術性の深さに思いをはせていただければ幸いです。   <br /><br />◆展覧会の構成<br />第一章 みほとけのすがた<br />第二章 みほとけのしるし<br />第三章 みほとけのからだ<br />第四章 みほとけのなかに<br />第五章 みほとけの霊験[れいげん]<br />第六章 みほとけの住処[すみか]<br />第七章 みほとけの宇宙<br /><br />出陳品91件(うち国宝5件、重要文化財42件) <br />◆出陳品一覧は<a href="http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2013toku/mihotoke/mihotoke_list.pdf" target="_blank" title="こちら">こちら</a>へ    <br /><br /><br />平成25年7月20日(土)~9月16日(月・祝) <br /><a href="http://www.narahaku.go.jp/index.html" target="_blank" title="奈良国立博物館">奈良国立博物館</a> 東新館・西新館 </p></blockquote><br /><br /><br />
  • Date : 2013-07-20 (Sat)
  • Category : 展覧会
577

レ・カーセ LeCase

ここに行きたいがために↓の春日大社と↑の奈良国立博物館の用事を作ったと言っても過言ではない(笑)キッシュの専門店 レ・カーセ LeCase です。なかなか奈良公園の奥までは行く用事がなくて…(食事だけのためにわざわざ行くのはポリシーではないので)(前回の記事はこちら)コースランチ(予約のみ)をいただきました。 お食事前のひとくちスープ:ビシソワーズ(グレープフルーツが入っていてさっぱり!)前菜メイン:好みのキッ... ここに行きたいがために↓の春日大社と↑の奈良国立博物館の用事を作ったと言っても過言ではない(笑)キッシュの専門店 <a href="http://lecase.exblog.jp/" target="_blank" title="レ・カーセ LeCase">レ・カーセ LeCase</a> です。<br /><br />なかなか奈良公園の奥までは行く用事がなくて…(食事だけのためにわざわざ行くのはポリシーではないので)<br />(前回の記事は<a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-538.html" target="_blank" title="こちら">こちら</a>)<br /><br />コースランチ(予約のみ)をいただきました。 <br /><br />お食事前のひとくち<br /><a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1208.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1208s.jpg" alt="mini_130719_1208.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br />スープ:ビシソワーズ(グレープフルーツが入っていてさっぱり!)<br /><a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1215.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1215s.jpg" alt="mini_130719_1215.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br />前菜<br /><a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1223.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1223s.jpg" alt="mini_130719_1223.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br />メイン:好みのキッシュ(鱧とグレープフルーツの冷製)、チーズリゾット、牛もも肉のステーキ<br /><a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1236.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1236s.jpg" alt="mini_130719_1236.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br />デザート:ぶどうのキッシュ アイスクリーム添え、コーヒーor紅茶<br /><a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1250.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1250s.jpg" alt="mini_130719_1250.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br />満足、満足!<br /><br /><blockquote><p><a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1159.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1159s.jpg" alt="mini_130719_1159.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br />キッシュ専門店 <a href="http://lecase.exblog.jp/" target="_blank" title="レ・カーセ">レ・カーセ LeCase</a><br /><br />〒630-8212 奈良市春日野町158<br />tel+fax 0742-26-8707<br />open:10:00〜17:00<br />原則火曜お休み<br />キッシュの通販もあります。</p></blockquote><br /><br /><br />
562

春日大社 神主・巫女のガイド付き特別参拝

春日大社に神主や巫女さんらが回廊の中を特別ガイドしてくださる特別参拝があると聞きつけて参加してきました。(所要30分、¥500、事前申し込み不要) 画像はクリックすると大きいものが見られます。中門・御廊(重要文化財) この中に本殿(春日造という特殊な4棟が並立、国宝)があるが、神主と天皇しか入れない。  大杉から中門・御廊(重要文化財)を臨む  結婚式はこの御廊で行われ、本殿に直接祈願する形創立:神護... <a href="http://www.kasugataisha.or.jp/" target="_blank" title="春日大社">春日大社</a>に神主や巫女さんらが回廊の中を特別ガイドしてくださる特別参拝があると聞きつけて参加してきました。(所要30分、¥500、事前申し込み不要) <span style="font-size:x-small;">画像はクリックすると大きいものが見られます。</span><br /><br /><a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1111.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1111s.jpg" alt="mini_130719_1111.jpg" border="0" width="232" height="309"align="left"hspace="10"></a><strong>中門・御廊</strong>(重要文化財)<br /> <span style="font-size:x-small;">この中に本殿(春日造という特殊な4棟が並立、国宝)があるが、神主と天皇しか入れない。</span><br /><a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1140.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1140s.jpg" alt="mini_130719_1140.jpg" border="0" width="309" height="232"></a><br />  <span style="font-size:x-small;">大杉から中門・御廊(重要文化財)を臨む<br />  結婚式はこの御廊で行われ、本殿に直接祈願する形</span><br clear=all><br /><a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1048.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1048s.jpg" alt="mini_130719_1048.jpg" border="0" width="309" height="232"align="left"hspace="10"></a>創立:神護景雲2年(768年)11月9日<br /><br /><span style="font-size:x-small;">710年頃</span><br /> <strong>武甕槌命</strong>:鹿島神宮(茨城県)から 鹿に乗って奈良・春日御蓋山頂に奉遷<br /><span style="font-size:x-small;">神護景雲2年 768年</span><br /> <strong>経津主命</strong>:香取神宮(千葉県)から<br /> <strong>天児屋根命</strong>:枚岡神社(大阪府)から、藤原氏の遠祖<br /> <strong>比売神</strong>:天児屋根命の妻<br />総称して<br /><strong>春日皇大神</strong> または <strong>春日大明神</strong><br clear=all><br /><a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1106.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1106s.jpg" alt="mini_130719_1106.jpg" border="0" width="309" height="222"align="left"hspace="10"></a><strong>東回廊</strong><br /> 鹿男あをによしのドラマに登場<br /><br />各燈籠には奉納した年月日や人名、家紋、願い事など描かれていて、ひとつひとつ違う。<br /><br />釣燈籠約1000基、外の石燈籠約2000基<br />お盆と節分には全てに点火される(万灯籠)<br clear=all><br /><a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1115.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1115s.jpg" alt="mini_130719_1115.jpg" border="0" width="310" height="304"align="left"hspace="10"></a> 直江兼続奉納の釣燈籠<br /><br /><a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/SN3S1452_R.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/SN3S1452_Rs.jpg" alt="SN3S1452_R.jpg" border="0" width="309" height="232"></a><br clear=all><br /><a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1055.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1055s.jpg" alt="mini_130719_1055.jpg" border="0" width="309" height="232"align="left"hspace="10"></a><strong>西回廊</strong>と<strong>直会殿</strong>(重要文化財)<br /><br />新しく奉納された釣燈籠はぴかぴか<br /><br clear=all><br /><a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1114.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1114s.jpg" alt="mini_130719_1114.jpg" border="0" width="309" height="232"align="left"hspace="10"></a><strong>林檎の庭</strong><br /> 祭典の際、舞楽や神楽が舞われる<br /> 林檎の木 伝:高倉天皇の御献木(約800年前)<br /><br />左が<strong>幣殿・舞殿</strong>、奥が<strong>直会殿</strong>(ともに重要文化財)<br /><br clear=all><br /><a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_11410001.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_11410001s.jpg" alt="mini_130719_11410001.jpg" border="0" width="232" height="309"align="left"hspace="10"></a><strong>幣殿・舞殿</strong>(重要文化財)は一続きの建物に見え、現在は参拝所として使用されているが天井が違う。<br /> 幣殿(奥2間):小組格天井<br /> 舞殿(手前3間):化粧屋根裏<br />幣殿は天皇陛下のお供え物である 御幣物を一旦納める建物<br />舞殿は宮中伝来の御神楽を行うための建物<br /><br /><br clear=all><br /><a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1146.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_130719_1146s.jpg" alt="mini_130719_1146.jpg" border="0" width="232" height="309"align="left"hspace="10"></a>境内の石灯籠<br /><br /><br /><br />境内には、本殿の4柱以外に摂社・末社として合わせて61社お祀りされているのですが、今回は割愛。<br />またそのうち(・・;)<br clear=all><br /><br />式年造替(しきねんぞうたい・20年ごとに本殿などを修繕する)を平成27年に控えて春日大社を深く知ってもらうのが狙いだそうです。<br />ということはこのような企画が他にも出来るのかも。<br />要チェックですね^^b <br />とりあえずこの企画は11月まで。ぜひ!<br /><br /><blockquote><p><a href="http://www.kasugataisha.or.jp/shun_joho/000771.html" target="_blank" title="神主・巫女のガイド付き特別参拝">神主・巫女のガイド付き特別参拝</a><br /> 平成25年6~11月の毎日、所要時間約30分<br />   午前の部:10:00~、11:00~<br />   午後の部:13:00~、14:00~<br /> 春日大社御本社の回廊内<br /> 特別参拝初穂料として ¥500<br /><br />他に<br /><a href="http://www.kasugataisha.or.jp/shun_joho/000394.html" target="_blank" title="神主が案内する朝のお参り">神主が案内する朝のお参り</a><br /> 平成25年6~11月の毎土・日・祝日<br />   午前6時半 一之鳥居集合、春日大社参拝所にて解散(予定) 約1時間<br /> 表参道・飛火野・御本社<br /> 無料<br /><br />どちらも事前申し込み不要<br /><br /><a href="http://www.kasugataisha.or.jp/" target="_blank" title="春日大社">春日大社</a><br />奈良市春日野町160<br />電話:0742-22-7788  FAX:0742-27-2114</p></blockquote><br /><br />
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。