カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1381' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
583

<若草山>モノレール設置構想 バリアフリーか景観か

ビックリ!!<若草山>モノレール設置構想 バリアフリーか景観か @毎日新聞 10月29日(火)14時40分配信  奈良県が、奈良市の景勝地・若草山(標高342メートル)の山麓(さんろく)と一重目(いちじゅうめ)と呼ばれる中腹(251~264メートル)を結ぶ小型モノレールの設置構想を進めている。片道約20分で、古都を眺望できる場所に到達する。集客増とバリアフリー対策が目的だが、場所は世界遺産の春日山原始林脇を通る... ビックリ!!<br /><br /><blockquote><p><若草山>モノレール設置構想 バリアフリーか景観か @毎日新聞 10月29日(火)14時40分配信<a href="https://blog-imgs-58-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/20131030143610ccd.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-58-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/20131030143610ccds.jpg" alt="nara" border="0" width="300" height="200"align="right"hspace="10"></a><br /> <br /> 奈良県が、奈良市の景勝地・若草山(標高342メートル)の山麓(さんろく)と一重目(いちじゅうめ)と呼ばれる中腹(251~264メートル)を結ぶ小型モノレールの設置構想を進めている。片道約20分で、古都を眺望できる場所に到達する。集客増とバリアフリー対策が目的だが、場所は世界遺産の春日山原始林脇を通るルート。自然保護や景観などの観点から異論が出るのは必至で、28日に説明を受けた文化庁も慎重な検討を求めた。<br /><br />【安全に市民運び25年】千葉都市モノレール支える基地<br /><br /> 県の構想では、山麓南側から一重目に続く長さ約600メートル、高低差約100メートルのルートで、観光客の多い東大寺側からは山陰になり景観を損ねず、山焼きの影響も受けない。車両は1両6人乗り(車椅子対応)の2両編成で複線。事業費は2億円と見込んでいる。<br /> <br /> 導入の目的は集客増による地域活性化。国内屈指の観光地ながら京都や大阪に隣接している事情から、延べ宿泊客は223万人(2012年の観光庁調査)で都道府県でワースト2位。観光客の滞在時間を延ばすとともに、高齢者や障害がある人への配慮から、モノレール案が浮上した。<br /> <br /> 県によると、法に基づく環境影響評価が必要な開発規模ではないが、景観や鹿など動植物に与える影響を確認する調査を独自に実施中。結果を踏まえて来年度以降に建設の可否を判断する。若草山を含む奈良公園は名勝のため、文化庁に対し、文化財保護法に基づく現状変更の許可申請が必要となる。<br /> <br /> 28日に県から初めて説明を受けた文化庁の担当者は「本当に必要か議論を」と求めた。今月の県議会で取り上げられた際には「(登山道から見れば)モノレールがあるのは大変な違和感」など懸念の声が出た。<br /> <br /> 国際日本文化研究センターの千田稔名誉教授(歴史文化論)は「体の不自由な人やお年寄りには、健常者と同じように眺望を楽しみたい気持ちもあるだろう。長い歴史から生まれた景観と環境に十分配慮するなら一つのあり方では」と理解を示す。奈良女子大の増井正哉教授(住環境学・歴史遺産保全)は「便利になるのは確かだろうが、若草山は奈良のシンボル。春日山には歴史的・文化的意味がある。奈良公園の将来を巡る議論が必要なのでは」と指摘する。【釣田祐喜】</p></blockquote><br /><br /><br />若草山には既にドライブウェイがあって、車で裏から登れるでしょう??<br />なんでモノレールなんてそんな無粋なものを・・・<br />ドライブウェイの駐車場から山頂までの道を整備するという話なら分かるのだけど。<br /><br />若草山の閉まっている期間は動かないのでしょう??<br />(季節は逆だけど)スキー場のリフトみたいね。<br /><br />モノレールで奈良への滞在時間を伸ばす?? 伸ばせる??<br /><br />若草山の一重目にモノレールで上りたいから奈良に宿泊するという人が居ると思う??<br /><br />そんなことより、魅力ある宿泊場所の提供や、県内観光ルートの設定などに力を入れるべきだと思うのだけど?<br /><br /><br /><br /><br />
582

地域ブランド調査2013

地域ブランド調査2013 @ブランド総合研究所による結果、奈良県は6位にランクされたそうです(去年は5位)初めて知った調査なのですけど、8回目だそうです。こんなもん? もっと上? 下?調査はそれぞれの地域に対して魅力度、認知度、情報接触度、各地域のイメージ(「歴史・文化のまち」など16項目)、情報接触経路(「旅番組」など16項目)、観光意欲度、居住意欲度、産品の購入意欲度、地域資源の評価(「街並みや魅... <a href="https://blog-imgs-58-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/13.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-58-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/13s.png" alt="13.png" border="0" width="400" height="492" /></a><br /><a href="http://tiiki.jp/news/05_research/survey2013" target="_blank" title="地域ブランド調査2013">地域ブランド調査2013</a> @<a href="http://tiiki.jp/" target="_blank" title="ブランド総合研究所">ブランド総合研究所</a></a>による結果、奈良県は6位にランクされたそうです(去年は5位)<br />初めて知った調査なのですけど、8回目だそうです。<br /><br />こんなもん? もっと上? 下?<br /><br />調査はそれぞれの地域に対して<strong>魅力度</strong>、<strong>認知度</strong>、<strong>情報接触度</strong>、<strong>各地域のイメージ(「歴史・文化のまち」など16項目)</strong>、<strong>情報接触経路(「旅番組」など16項目)</strong>、<strong>観光意欲度</strong>、<strong>居住意欲度</strong>、<strong>産品の購入意欲度</strong>、<strong>地域資源の評価(「街並みや魅力的な建造物がある」など16項目)</strong>など<strong><u>全72項目</u></strong>を質問したのだそう。<br /><br />結果を見ていると、知名度の要素が大きいんじゃないかなと思うのだけどどうだろう?<br /><br />(名前を出して悪いんですけど)富山が21位で、鳥取が41位って、逆でもありかなって・・・<br />まあ、順位を付けると大きく違って見えるけど、素点としてはそれほど変わりはないですけど。<br /><br /><br />
581

第65回正倉院展

 第65回正倉院展、ひと足お先に。今年の目玉は漆金薄絵盤(うるしきんぱくえのばん)で、たぶん初見。23年ぶり2度目の登場だそうです。これに限らず、例年思うことですが、聖武天皇&光明皇后の美意識はほんとうに高く、素晴らしい!こんな美術品が残ってきたこと、その僥倖を(毎年)感謝!当時の官僚たちの仕事ぶりも垣間見えて、奈良時代がぐっと身近に。第65回正倉院展 出陳内容は正倉院宝物の全体像がうかがえる構成となっ... <a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/65a.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/65as.jpg" alt="65a.jpg" border="0" width="300" height="426"align="left"></a> <a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/65b.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/65bs.jpg" alt="65b.jpg" border="0" width="300" height="424" /></a><br /><br />第65回正倉院展、ひと足お先に。<br /><br />今年の目玉は漆金薄絵盤(うるしきんぱくえのばん)で、たぶん初見。<br />23年ぶり2度目の登場だそうです。<br /><br />これに限らず、例年思うことですが、聖武天皇&光明皇后の美意識はほんとうに高く、素晴らしい!<br /><br />こんな美術品が残ってきたこと、その僥倖を(毎年)感謝!<br /><br />当時の官僚たちの仕事ぶりも垣間見えて、奈良時代がぐっと身近に。<br /><br /><br /><blockquote><p><strong>第65回正倉院展</strong><br /><br /> 出陳内容は正倉院宝物の全体像がうかがえる構成となっていますが、とりわけ23年ぶり二度目の出陳となる漆金薄絵盤(うるしきんぱくえのばん)(*)をはじめとする仏具の優品、聖武天皇ご遺愛の平螺鈿背円鏡(へいらでんはいのえんきょう)と屏風がまとまって出陳されるのが注目されます。このほか、楽器や伎楽面(ぎがくめん)、貴族の遊びの道具、腰飾りや刀子(とうす)などの装身具、宮中の年中行事にかかわる道具、奈良朝の人々の暮らしを伝える文書などが出陳されます。<br /> 本年の特徴の一つに、宝物を守り伝えてきた人々の努力がうかがえる品が多い点が挙げられます。宝物は点検と曝凉(ばくりょう)(虫干し)、厳重な管理、そして修理などを通して今日に伝えられてきました。今回は弘仁二年(811)に行われた北倉の宝物点検の報告書が出陳されます。また平螺鈿背円鏡は、保存の良い一面、鎌倉時代の盗難で割られてしまった一面、そして明治時代に修復した一面、の三種類が並び、宝物を伝えてきた人々の足どりを見ることができます。また、櫃(ひつ)に納められていた裂(きれ)のかたまりを延ばし、修理したことで聖武天皇ご遺愛品であることが判明した屏風(びょうぶ)なども出陳されます。<br /> 正倉院展を通して奈良時代の文化、人々の暮らしの息づかいを感じていただければ幸いです。皆さまのご来館をお待ちしています。<br /><br />*漆金薄絵盤は甲・乙2基あり、今年出陳される品は甲です。乙は平成5年に一度出陳されています。  <br /> <br /><br /><a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_131025_1541.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_131025_1541s.jpg" alt="mini_131025_1541.jpg" border="0" width="250" height="187"align="right"hspace="10"></a><br />平成25年10月26日(土)~11月11日(月)<br />午前9時~午後6時<span style="font-size:x-small;">(金曜日、土曜日、日曜日、祝日(10月26日・27日、11月1日・2日・3日・4日・8日・9日・10日)は午後7時まで。入館は閉館の30分前まで ) </span><br /><br />@<a href="http://www.narahaku.go.jp/index.html" target="_blank" title="奈良国立博物館">奈良国立博物館</a><br />奈良市登大路町50番地 <br clear=all></p></blockquote><br /><br />
  • Date : 2013-10-25 (Fri)
  • Category : 展覧会
580

イ・ルンガでランチ

台風27号の雨の中(奈良はそんなに影響はないのだけど)正倉院展の前にちょっとお食事。ランチは ¥5250&サービス料10% のみリストランテ イ・ルンガ 奈良市春日野16 0742-93-83002011年に☆ひとつ、2012年に☆を失って、今年も回復できませんでした。... 台風27号の雨の中(奈良はそんなに影響はないのだけど)正倉院展の前にちょっとお食事。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/lunga.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/lunga.jpg" alt="lunga.jpg" border="0" width="480" height="640" /></a><br /><span style="font-size:x-small;">ランチは ¥5250&サービス料10% のみ</span><br /><br /><a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/282c76.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/282c76.jpg" alt="282c76.jpg" border="0" width="144" height="240"align="left"hspace="15"></a><br /><br /><br /><a href="http://i-lunga.jp/" target="_blank" title="リストランテ イ・ルンガ ">リストランテ <strong>イ・ルンガ</strong> </a><br />奈良市春日野16 <br />0742-93-8300<br /><br /><span style="font-size:x-small;">2011年に☆ひとつ、2012年に☆を失って、今年も回復できませんでした。</span><br clear=all><br /><br /><br />
579

ミシュランガイド関西2014

「ミシュランガイド関西2014」が発表になりました。(これまでの「京都・大阪・神戸・奈良」を「関西」に変更、出版は25日)2014年版にはフレンチとイタリアンのビブグルマン(星は付かないけれどもコストパフォーマンスの高い食事を提供する調査員おすすめのレストラン)の評価が加わったことが特長のようですが、奈良はなし。食通を自認しているわけでも、外食をよくするわけでもないので、関係ないっちゃないんですけど、下世話... <a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9F%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E9%96%A2%E8%A5%BF-2014/dp/4904337093%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4904337093" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/kansai2014.jpg" alt="kansai2014.jpg" border="0" width="111" height="191"align="right"></a>「<a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9F%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E9%96%A2%E8%A5%BF-2014/dp/4904337093%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4904337093" target="_blank" title="ミシュランガイド関西2014">ミシュランガイド関西2014</a>」が発表になりました。(これまでの「京都・大阪・神戸・奈良」を「関西」に変更、出版は25日)<br />2014年版にはフレンチとイタリアンのビブグルマン(星は付かないけれどもコストパフォーマンスの高い食事を提供する調査員おすすめのレストラン)の評価が加わったことが特長のようですが、奈良はなし。<br /><br />食通を自認しているわけでも、外食をよくするわけでもないので、関係ないっちゃないんですけど、下世話に気になりますよね?(笑)<br />(初回の東京の興奮はすごいものでしたね)<br /><br /><br />ちなみに奈良は、三つ星と二つ星は変わりなかったのですが、一つ星がまた3店減。<br />三つ星、二つ星の各店の方のご努力には頭が下がります。<br />続くお店の方にはがんばってもらいたいですね。<br />(素人がいう世迷いごとだと言われれば否定できませんが)<br /><br />全部で19店ですが、洋ものは1店のみ、そばどころでもないのにそば屋が3店、串揚げが2店(師弟)・・・偏重しているんですよねぇ。<br />まぁ、すし屋が1店もないのは分からなくもないですが。<br /><br /><br /><strong>《2014》</strong> <br /><br /> ☆☆☆ - それを味わうために旅行する価値がある卓越した料理<br /><br /><strong>和 やまむら</strong>(日本料理、奈良市)<br /><br /><br /> ☆☆ - 極めて美味であり遠回りをしてでも訪れる価値がある料理<br /><br /><strong>温石</strong>(日本料理、奈良市)<br /><strong>花墻</strong>(日本料理、奈良市)<br /><strong>夢窓庵</strong>(日本料理、奈良市)<br /><br /><br /> ☆ - その分野で特に美味しい料理<br /><br /><strong>味の風にしむら</strong>(日本料理、桜井市)<br /><strong>味の旅人 浪漫</strong>(日本料理、奈良市)<br /><strong>尾川</strong>(日本料理、大和郡山市)<br /><strong>かこむら</strong>(日本料理、奈良市)<br /><strong>割烹 きた田</strong>(日本料理、奈良市)<br /><strong>玄</strong>(そば、奈良市)<br /><strong>神戸亭</strong>(串揚げ、奈良市)<br /><strong>枯淡</strong>(日本料理、奈良市)<br /><strong>食の円居 なず菜</strong>(新日本料理、奈良市)<br /><strong>関</strong>(鉄板焼き、奈良市)<br /><strong>蕎麦きり 彦衛門</strong>(そば、奈良市)<br /><strong>蕎麦 菜食 一如庵</strong>(そば、宇陀市)<br /><strong>MASUDA</strong>(串揚げ、奈良市)<br /><strong>万惣</strong>(日本料理、奈良市) <br /><strong>ラ・カシェット</strong>(フランス料理、奈良市)<br /><br /><br /><span style="font-size:x-small;">蛇足ですが</span><br /><span style="font-size:x-small;">《2012・2013掲載》<br />田舎茶屋 千恵(日本料理、桜井市)<br />川波(同、奈良市)<br />ル・ベンケイ(フランス料理、大和郡山市)<br /><br />《2012掲載》<br />イ・ルンガ(イタリア料理、奈良市)<br />清澄の里 粟(日本料理、奈良市)<br />ゆう座(寿司、奈良市)</span><br /><br /><br />
578

籔内佐斗司展「やまとぢから」

せんとくんの生みの親 籔内佐斗司さんの作品展です。ほぼせんとくんの親戚のような、縁者のような風貌のたくさんの彫刻たち(97体)かわいいですし、一体一体興味深いのですが、どうも一杯過ぎて散漫な印象になってしまうのが残念でした。非常に申し訳ない。ファンにはたまらない展示だと思います。興味深かったのは、籔内さんがが指導されている東京藝術大学の研究室で修復された全国各地の仏像彫刻や、学生による模刻作品で、例... <a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img193_R.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img193_Rs.jpg" alt="img193_R.jpg" border="0" width="300" height="426" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img194.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img194s.jpg" alt="img194.jpg" border="0" width="426" height="299" /></a><br />せんとくんの生みの親 籔内佐斗司さんの作品展です。<br /><br />ほぼせんとくんの親戚のような、縁者のような風貌のたくさんの彫刻たち(97体)<br />かわいいですし、一体一体興味深いのですが、どうも一杯過ぎて散漫な印象になってしまうのが残念でした。<br />非常に申し訳ない。<br />ファンにはたまらない展示だと思います。<br /><br />興味深かったのは、籔内さんがが指導されている東京藝術大学の研究室で修復された全国各地の仏像彫刻や、学生による模刻作品で、例えば3D画像のような新しい技術も使って、でも鎌倉期の仏像の模刻などもやられているというのが驚きました。(16体)<br />こういうことは職人芸であって、大学でやられているとは思っていなかったので。<br /><br /><br />◆記念講演会<br />     「せんとくんの生みの親 籔内佐斗司の美術講演会」<br />       日時:10月19日(土) 午後1時30分~<br />       会場:奈良女子大学記念館 講堂※<br />    自作についての理念やキーワードを語ってくださいました。<br /><br /> <a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_131019_13430003.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_131019_13430003s.jpg" alt="mini_131019_13430003.jpg" border="0" width="400" height="299" /></a><br />せんとくんの新しいお衣装は来年秋に開かれる<a href="http://www.pref.nara.jp/30389.htm" target="_blank" title="第34回全国豊かな海づくり大会">第34回全国豊かな海づくり大会</a>用の釣り人風で背中の背負子には柿やすいか、手に持った桶には魚が入っていて、生きているように動かすという芸の細かいパフォーマンスもありました。(海を育むのは川、豊かな森ということで奈良が会場になったようです)<br /><br />・<a href="http://uwamuki.com/j/indexJ.html" target="_blank" title="籔内佐斗司の世界">籔内佐斗司の世界</a> 公式サイト<br /><br /><br /><blockquote><p><strong>籔内佐斗司展「やまとぢから」</strong> <br /><br /> 彫刻家籔内佐斗司はユーモアあふれる木彫作品で人々の心を魅了するだけではなく、平城遷都1300年祭公式キャラクター「せんとくん」の制作を機に発足した仮面舞踏団「平成伎楽団」のプロデュースなど、近年ますますその活動の幅を広げています。<br />  本展のタイトルである「やまとぢから」とは、1300年を超える悠久の歴史の中で培ってきた伝統文化に基づく叡智と活力であり、今こそ本領を発揮すべきものと籔内氏は考えています。奈良に今日まで伝わってきた歴史遺産や伝統と共に継承されてきた文化も、この「やまとぢから」であるといえるでしょう。<br />  本展では、籔内氏の30年以上におよぶ多彩な作家活動による世界観を奈良ならではの展示構成で総合的に紹介します。<br /> 大和国(やまとのくに)奈良の地で、「やまとぢから」を再発見し、未来への原動力としていただくことを願っています。<br /><br />【主な出品作品】<br /> ・こころとからだ<br />   ○生命の鎧シリーズ<br />     ・「陽子」1988年作 檜・漆・顔料<br />     ・「男の鎧―阿・吽」1991年作 檜・漆・顔料<br />   ○童子シリーズ<br />     ・「守銭童子」2009年作 檜・漆・顔料<br />    ※タテ4メートル・ヨコ6メートルに及ぶ日本地図の上に作品を展示。<br />      併設した特設観覧台から作品を展望していただきます。<br /> ・平成伎楽団<br />   ○平成伎楽団  <br />     ・せんとくんとそのなかまたち  <br />     ・「魔王」、「九尾の狐」等大型作品<br /> ・「伝世古」<br />   ○文化財保護(模刻・修復)関連の作品<br />     ・籔内氏が指導する東京藝術大学の研究室で修復された全国各地の仏像彫刻<br />     ・東京藝術大学保存修復彫刻研究室の学生による模刻作品<br /> <br /><br />平成25年10月19日(土)~12月15日(日)<br /><a href="http://www.pref.nara.jp/11842.htm" target="_blank" title="奈良県立美術館">奈良県立美術館</a> <br /><br /><span style="font-size:x-small;">  <span style="color:#999999">[済]平成25年2月23日(土)~3月24日(日)   福井市美術館<br />  [済]平成25年5月24日(金)~7月7日(日) 堺市博物館<br />  [済]平成25年7月20日(土)~9月23日(月・祝) 群馬県立館林美術館</span> <br />   平成26年1月1日(水・祝)~1月22日(水) 横浜そごう美術館<br />     (検討中)JR九州、豊橋市、島根県</span></p></blockquote><br /><br /><br />※あまちゃんのあとの「<a href="http://www1.nhk.or.jp/gochisosan/" target="_blank" title="ごちそうさん">ごちそうさん</a>」で、め以子の女学校の建物として使われています。<br /><br /><br />
  • Date : 2013-10-19 (Sat)
  • Category : 展覧会
576

PontGarten Cafe

大好きなお花屋さんPontGarten ポントガルテンにCafeが併設されて、大好きなキッシュ屋さんLeCase レ・カーセのキッシュがいただける、そして水曜日(&土曜日)は好きだったregal+e レガルのパンが買える、という案内(※↓)をいただき、行くっきゃない! さっそく行ってきました。ランチは2種類・キッシュのランチとタルティーヌのランチ。残念ながらキッシュは売り切れでタルティーヌのランチをいただくことに。こちらはいちじ... 大好きなお花屋さん<a href="http://www.pontgarten.jp/" target="_blank" title="PontGarten">PontGarten ポントガルテン</a>にCafeが併設されて、大好きなキッシュ屋さん<a href="http://lecase.exblog.jp/" target="_blank" title="LeCase">LeCase レ・カーセ</a>のキッシュがいただける、そして水曜日(&土曜日)は好きだったregal+e レガルのパンが買える、という案内(※↓)をいただき、行くっきゃない! さっそく行ってきました。<br /><br />ランチは2種類・キッシュのランチとタルティーヌのランチ。<br />残念ながらキッシュは売り切れでタルティーヌのランチをいただくことに。<br /><a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_131016_1215.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_131016_1215s.jpg" alt="mini_131016_1215.jpg" border="0" width="250" height="188"align="left"hspace="10"></a><a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_131016_11570001.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_131016_11570001s.jpg" alt="mini_131016_11570001.jpg" border="0" width="250" height="188" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_131016_1306.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_131016_1306s.jpg" alt="mini_131016_1306.jpg" border="0" width="250" height="188"align="left"hspace="10"></a><br />こちらはいちじくのシフォンケーキと紅茶<br /><br />紅茶は美味しかった。<br />(他の方の)コーヒーもいい香りです。<br clear=all><br /><br />パンのregal+e(レガル)は昔高の原でCOLMAR(コルマール) っていう名前でやっていらして好きだったんですけど、移転されてからはご縁がなくて・・・(現在地:京都府木津川市州見台5-1-1 ライブリー州見103 )<br />変わらず美味しいですよ。<br />でも12時前くらいから販売を始めて、帰るころには売り切れでした。<br />それを見越して食事前に購入して正解。<br /><br />カフェとしては時期尚早かなぁ。<br />建築基準法は通ったんだよね?というバリアフリーなんか知ったこっちゃないって感じの建築ですし、スタッフもいい方たちですけど人数自体少ないし、不慣れだし。<br /><br />2軒分に床面積を増やされて、でもお花も増えていないし、カフェ部分(中2階)からお花が見えないのも非常に残念。なんのために花屋にカフェが併設されているの?<br />レイアウトは再考の余地ありかな。<br /><br />すぐクリスマス、お正月で繁忙期を迎えるわけで、これでいいのかなと老婆心ながら・・・。<br /><br />「私は私のファン層だけを相手にしてるんで、おばさんの意見なんか聞いてないわ」と思われるのでしたら、それはそれでいいのかな。<br />まぁ、もっとやれる人だと思うからこその辛口ですが。<br /><br /><br /><a href="http://www.pontgarten.jp/" target="_blank" title="PontGarten ポントガルテン">PontGarten ポントガルテン</a><br />奈良市登美ケ丘3-12-9 登美ケ丘ビル1F<br />Tel・Fax 0742-51-8714<br /><br /><br /><br />
575

サライ 2013年 11月号

サライ 2013年 11月号は 奈良特集です!濃い内容で読みごたえ十分です。満足して読み終わって、ふと気づいたのですけれど、これ男性誌なのですね。や、私って男かもと思う・・・。大特集国宝仏頭展、61年ぶりの水煙降臨、鑑真和上天平彩色を再現ほか古くて新しい、いにしえの都を知る奈良 新 まほろばの旅巻頭言奈良の新しい見方 上野 誠さん(奈良大学教授・52歳)特集 第1部東大寺、興福寺、薬師寺、唐招提寺…世界遺産の歩き方奈... <a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%82%A4-2013%E5%B9%B4-11%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B00FG7NTDM%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB00FG7NTDM" style="text-decoration:none;" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61Psznx7IaL._SL160_.jpg" title="クリエーター情報なし" border="0"></a><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%82%A4-2013%E5%B9%B4-11%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B00FG7NTDM%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB00FG7NTDM" style="text-decoration:none;" target="_blank">サライ 2013年 11月号</a>は 奈良特集です!<br /><br />濃い内容で読みごたえ十分です。<br /><br />満足して読み終わって、ふと気づいたのですけれど、これ男性誌なのですね。<br /><br />や、私って男かもと思う・・・。<br /><br /><br /><blockquote><p>大特集<br />国宝仏頭展、61年ぶりの水煙降臨、鑑真和上天平彩色を再現ほか<br />古くて新しい、いにしえの都を知る<br />奈良 新 まほろばの旅<br />巻頭言<br />奈良の新しい見方 上野 誠さん(奈良大学教授・52歳)<br /><br />特集 第1部<br />東大寺、興福寺、薬師寺、唐招提寺…世界遺産の歩き方<br />奈良四大寺 悠々逍遙<br /><br />東大寺 案内人/森本公誠さん(東大寺長老・79歳)<br />大仏さま物語 <br />境内の歩き方 法華堂(三月堂) 二月堂 戒壇堂 <br />東大寺のこれから<br />興福寺 案内人/山本 勉さん(清泉女子大学教授・60歳)<br />珠玉の仏像めぐり <br />北円堂の諸 旧西金堂の諸仏 東金堂の諸仏 旧食堂の仏像<br />薬師寺 案内人/デューク更家さん(ウォーキングトレーナー・59歳)<br />唐招提寺 案内人/井沢元彦さん(作家・59歳)<br />奈良の神社で正式参拝。神様から「撤饌」を賜る<br />春日大社 廣瀬大社 大神神社 菅原天満宮<br />奈良土産の新機軸 そこでしか買えない社寺の逸品<br />興福寺 等彌神社 大和神社 薬師寺 中宮寺 霊山寺 唐招提寺<br /><br />特集 第2部<br />進化する奈良の「食」と「泊」<br />古都で味わう最新うまいもの事情<br /><br />食事処<br />旬彩 ひより 中新屋町<br />日本料理 おばな 高畑町<br />ホテル日航良 銀杏 三条本町<br />鮓 吉平 登美ヶ丘<br />天麩羅 天仁 下御門町<br />日本料理 膳 明日香村飛鳥<br />よばれや 餅飯殿町<br />チャイナダイニング 飛天 東向南町<br /><br />仕出し弁当<br />井の上 奈良茶飯 橋本町<br />仕出し割烹 みやび野 葛城市兵家<br /><br />食事処<br />レストラン 吉川亭 花芝町<br />cafe i-lunga 春日野町<br /><br />喫茶・甘味<br />田村みたらし店 斑鳩町法隆寺南<br />喫茶去庵 公納堂町<br />にこすたいる 高御門町<br />珈琲「さんぽ」 明日香村村岡<br />うぶ出し屋 鳳禧 大和郡山市南郡山町<br /><br />宿泊<br />奈良ホテル 高畑町<br />ホテルアジール・奈良 油阪<br />奈良ロイヤルホテル 法華寺町<br />遊景の宿・平城 川上町<br />快適さを追求し た宿泊処</p></blockquote><br /><br />
571

奈良・格子の家 日本7位に 「行ってよかった無料観光スポット」

奈良・格子の家 日本7位に 「行ってよかった無料観光スポット」 @産経新聞 10月4日(金)7時55分配信  ■世界大手の旅行口コミサイト  奈良市元興寺町の観光施設「ならまち格子の家」が、世界大手の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」(米マサチューセッツ州)の「行ってよかった無料観光スポット2013」部門で日本国内では7位に選ばれ、市が3日、発表した。市は6日、同施設で7位を記念した式典を開く。  トリ... <br /><blockquote><p><strong>奈良・格子の家 日本7位に 「行ってよかった無料観光スポット」</strong> @産経新聞 10月4日(金)7時55分配信 <br /><br /> ■世界大手の旅行口コミサイト<br /> <br /> 奈良市元興寺町の観光施設「ならまち格子の家」が、世界大手の旅行口コミサイト「<a href="http://www.tripadvisor.jp/pages/TripTopics.html" target="_blank" title="トリップアドバイザー">トリップアドバイザー</a>」(米マサチューセッツ州)の「行ってよかった無料観光スポット2013」部門で日本国内では7位に選ばれ、市が3日、発表した。市は6日、同施設で7位を記念した式典を開く。<br /> <br /> トリップアドバイザーのサイトには、30カ国21言語で宿泊施設や観光スポットなどに関する1億件以上の口コミ情報が掲載されている。5段階評価をつけて投稿する仕組みで、毎年、部門ごとに評価を集計して順位を決めている。<br /> <br /> 無料観光スポットの部門は今年、日本では富山県の黒部ダムが1位、大阪府池田市のインスタントラーメン発明記念館が2位、浜松市の航空自衛隊浜松広報館が3位だった。<br /> <br /> 県内では格子の家のほかにも、「外国人に人気の日本の観光スポット」部門で今年、東大寺(奈良市)が3位に。「創業100年以上の歴史を持つ日本の老舗宿」では昨年、奈良ホテル(同)が7位に選ばれている。<br /> <br /> ならまち格子の家は、旧市街地「奈良町」の伝統的な町家を観光客に体験してもらおうと、市が平成4年、町家を再現する形で建設した。町家の外観だけでなく、内部も見学できる。<br /> <br /> 7位の結果について、市の担当者は「観光は口コミが非常に重要な要素なので、とてもありがたい。もっと利用者が増えるよう、さらにPRしていきたい」と話している。<br /> <br /> ならまち格子の家の営業時間は午前9時~午後5時。入館無料。月曜休館。問い合わせは同施設((電)0742・23・4820)。</p></blockquote><br /><br /><br />知名度が低く、訪れた人の総数がかなり小さいはずなのに7位に食い込んでいるのはすごいと思うわぁ。<br />確かに奈良の町家の構造をよく示しているし、ゆっくり休める。<br />でも、ヘンに人気が出て、ゆっくりできなくなるのは困るなぁ。<br /><br />他、椿山荘のお庭ってただなんや~ とか 東大って観光スポットなんや~ とか アルプス公園が入るんだったらなんで奈良公園はあかんのや~ とか つっこみが入ります(笑)<br />奈良公園はなんであかんのやろね? 鹿のフンかな、やっぱり(爆)<br /><br /><br />
574

特別展「女性たちの物語」~松園のモデルとなった才女たち~

特別展「女性たちの物語」~松園のモデルとなった才女たち~ を観ました。... <a href="http://www.kintetsu.jp/shohaku/exhibition/joseitachi/index.html" target="_blank" title="特別展「女性たちの物語」~松園のモデルとなった才女たち~">特別展「女性たちの物語」~松園のモデルとなった才女たち~</a> を観ました。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/shouhaku1309a.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/shouhaku1309as.jpg" alt="shouhaku1309a.jpg" border="0" width="300" height="424></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/shouhaku1309b.jpg" target="_blank" title="&lt;img src=&quot;http://blog-imgs-57.fc2.com/a/t/e/atelierun/shouhaku1309bs.jpg&quot; alt=&quot;shouhaku1309b.jpg&quot; border=&quot;0&quot; width=&quot;300&quot; height=&quot;421&quot;&gt;"><img src="https://blog-imgs-57-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/shouhaku1309bs.jpg" alt="shouhaku1309b.jpg" border="0" width="300" height="421"></a><br /><br /><br />本画10点なのでちょっと小さい展覧会ですが、大好きな松園さんなので楽しみました。<br />顔かたち、衣装や髪型の自然さ、意匠・・・ほんとうにステキ。<br />何度観てもシアワセな時間をくれます。<br /><br />今回下絵だけだった「序の舞」、やはりこの館で観たい!!<br />そのうちまた巡ってくることを祈ります。<br /><br /><br /><blockquote><p><a href="http://www.kintetsu.jp/shohaku/exhibition/joseitachi/index.html" target="_blank" title="特別展「女性たちの物語」~松園のモデルとなった才女たち~">特別展「女性たちの物語」~松園のモデルとなった才女たち~</a><br />60年以上の画業において女性美を追究し、独自の美人画を展開した松園。そんな彼女が好んで描いた題材に、物語や歴史上に伝わる才女たちの姿があります。<br /> <br />大和撫子の気概を貫き自害した遊女亀遊や、無実の罪を晴らし身の潔白を証明した小野小町、源頼朝の面前で義経を想いながら舞を舞った静御前の毅然とした姿は、男性社会の中で苦悩する松園に大きな力を与え「遊女亀遊」「草紙洗小町」「静」などの傑作を生み出しました。また大正期には「娘深雪」「花がたみ」「焔」と、恋する女性の内面を追究するうち狂気や怨恨に満ちた凄艶な世界へと足を踏み入れ、スランプに陥りますが、「焔」完成から4年の時を経て発表された「楊貴妃」は格調高い情趣に包まれ、スランプを脱し新たな出発を約束するものとなったのです。<br /> <br />美しい容姿と教養を兼ね備えた彼女たちは松園にとって理想の女性像であり、心の友として松園を支える大切な存在だったと考えられます。「心と心が無言のうちに相通じる」残された言葉にたがわず、親しみを込めて描かれた叡智あふれる女性像をお楽しみ下さい。<br /> <br />主な展示作品<br />「花がたみ」大正4年 松伯美術館蔵<br />「紅葉可里図」大正中期 名都美術館蔵<br />「静御前」大正7年頃元京都市立竹間小学校蔵 (京都市学校 歴史博物館管理)<br />「楊貴妃」大正11年 松伯美術館蔵<br />「楚蓮香之図」大正13年頃 京都国立近代美術館蔵<br />「唐美人」大正13年 松伯美術館蔵<br />「男舞之図」昭和13年頃 名都美術館蔵<br />「梅花粧図(下絵)」明治30年 松伯美術館蔵<br />「遊女亀遊(下絵)」明治37年 松伯美術館蔵<br />「娘深雪(下絵)」大正3年 松伯美術館蔵<br />「焔(下絵)」大正7年 松伯美術館蔵<br />「草紙洗小町(下絵)」昭和12年 松伯美術館蔵<br />「雪月花(下絵)」昭和12年 松伯美術館蔵<br />「砧(下絵)」昭和13年 松伯美術館蔵<br />「静(下絵)」昭和19年 松伯美術館蔵 <br />など本画10点、下絵、素描合わせて約10点を展示<br /><br /> <br />平成25年8月13日(火)~平成25年10月14日(月・祝)<br />月曜日休館(9月16日、23日、10月14日(月・祝)、翌日休館)<br />午前10時~午後5時(入館は午後4時まで)<br />@<a href="http://www.kintetsu.jp/shohaku/index.html" target="_blank" title="松伯美術館">松伯美術館</a><br />奈良市登美ヶ丘2丁目1番4号</p></blockquote><br /><br />
  • Date : 2013-10-03 (Thu)
  • Category : 展覧会
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。