カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1381' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
627

「幻の大仏鉄道遺構めぐりマップ」

以前偶然大仏鉄道記念公園(ちょっと名前負けの小さな公園です)を見つけて、気になってはいた大仏鉄道。奈良しみんだより平成27年3月号に"幻の大仏鉄道 廃線跡を歩こう"という記事があって、がんばっておられるのだなぁと思い、記事中にあった「幻の大仏鉄道遺構めぐりマップ」をいただいてきました。なかなかしゃれた表紙でしょう?跡をたどれるルート設定がされています。(約13㎞)奈良だって古代ばかりじゃないってところを... 以前偶然<a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-241.html" target="_blank" title="大仏鉄道記念公園">大仏鉄道記念公園</a>(<span style="font-size:x-small;">ちょっと名前負けの小さな公園です</span>)を見つけて、気になってはいた大仏鉄道。<br /><br />奈良しみんだより平成27年3月号に"幻の大仏鉄道 廃線跡を歩こう"という<a href="http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1424761137420/index.html" target="_blank" title="記事">記事</a>があって、がんばっておられるのだなぁと思い、記事中にあった「幻の大仏鉄道遺構めぐりマップ」をいただいてきました。<br /><br />なかなかしゃれた表紙でしょう?<br /><a href="//blog-imgs-74-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/a.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-74-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/as.jpg" alt="a.jpg" border="0" width="450" height="338" /></a><br /><br /><br />跡をたどれるルート設定がされています。(約13㎞)<br /><a href="//blog-imgs-74-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/c.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-74-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/cs.jpg" alt="c.jpg" border="0" width="450" height="338" /></a><br /><br />奈良だって古代ばかりじゃないってところを味わいたいですねσ(・・;)<br /><br /><blockquote><p>完成したパンフレット「幻の大仏鉄道遺構めぐりマップ」は、大仏鉄道を駆け抜けたという深紅の蒸気機関車「電光(いなづま)号」をイメージした表紙が目印。市観光振興課、市内の観光案内所、木津川市役所、木津川市観光協会などに設置しています。散策のお供に、ぜひ一度手に取ってみてください。</p></blockquote><br /><br /><br />
  • Date : 2015-03-30 (Mon)
  • Category : 歴史
623

レストランなず菜

秋篠の森のレストランなず菜(☆)でランチをいただきました。春らしいお献立♪  水菜のいか真丈 白味噌仕立て 海老しゅうまいと春野菜の蒸籠蒸し 花山葵と帆立のもずくジュレ 紅菜花と蕾菜の葛うどんパスタ 揚げ物3品 ・しいたけ、山芋、アスパラガス 大和牛のロースト ご飯・味噌汁・香の物 三宝柑のゼリー  秋篠の森のレストランなず菜  奈良市中山町1534  昼 11:00~12:30 / 13:00~14:30 夜 19:00~21:00  TEL 0... <a href="http://www.kuruminoki.co.jp/akishinonomori/" target="_blank" title="秋篠の森">秋篠の森</a>のレストランなず菜(☆)でランチをいただきました。<br /><br />春らしいお献立♪ <br /><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150309_1326.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150309_1326s.jpg" alt="mini_150309_1326.jpg" border="0" width="280" height="209" /></a> 水菜のいか真丈 白味噌仕立て<br /><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150309_1336.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150309_1336s.jpg" alt="mini_150309_1336.jpg" border="0" width="280" height="210" /></a> 海老しゅうまいと春野菜の蒸籠蒸し<br /><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150309_1347.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150309_1347s.jpg" alt="mini_150309_1347.jpg" border="0" width="280" height="210" /></a> 花山葵と帆立のもずくジュレ<br /><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150309_1358.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150309_1358s.jpg" alt="mini_150309_1358.jpg" border="0" width="280" height="210" /></a> 紅菜花と蕾菜の葛うどんパスタ<br /><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150309_1413.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150309_1413s.jpg" alt="mini_150309_1413.jpg" border="0" width="280" height="210" /></a> 揚げ物3品 ・しいたけ、山芋、アスパラガス<br /><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150309_1427.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150309_1427s.jpg" alt="mini_150309_1427.jpg" border="0" width="280" height="210" /></a> 大和牛のロースト<br /><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150309_1438.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150309_1438s.jpg" alt="mini_150309_1438.jpg" border="0" width="280" height="210" /></a> ご飯・味噌汁・香の物<br /><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150309_1455.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150309_1455s.jpg" alt="mini_150309_1455.jpg" border="0" width="280" height="210" /></a> 三宝柑のゼリー<br /><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150309_1313.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150309_1313s.jpg" alt="mini_150309_1313.jpg" border="0" width="280" height="210" /></a> <br /><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150309_1258.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150309_1258s.jpg" alt="mini_150309_1258.jpg" border="0" width="216" height="280"align="left"></a><br /><br /><br /><br />  <a href="http://www.kuruminoki.co.jp/akishinonomori/" target="_blank" title="秋篠の森">秋篠の森</a>の<a href="http://www.kuruminoki.co.jp/akishinonomori/restaurant/" target="_blank" title="レストランなず菜">レストランなず菜</a><br />  奈良市中山町1534<br />  昼 11:00~12:30 / 13:00~14:30 夜 19:00~21:00<br />  TEL 0742-52-8560 FAX 0742-52-8561<br />  要予約・受付時間 9:30~18:00<br />  ※火曜・第3水曜定休(月曜日は昼営業のみ)<br />  ※ウェディング当日、前日の夜は休み<br /><br />  <a href="http://www.kuruminoki.co.jp/" target="_blank" title="くるみの木">くるみの木</a>の姉妹店です。<br /><br clear=all><br /><br /><br /><br />
622

富本憲吉展 ~華麗なる色絵・金銀彩~

富本憲吉展 ~華麗なる色絵・金銀彩~ です。富本憲吉さん、かつてあまり評価していなかったのですけど(浅学σ(・・;))、昨年の奈良県立美術館開館40周年記念名品展で少し観て、"あら、いいかも" と驚き・・・。日本で最初に人間国宝になった方です。(人間国宝の制度は1954年にできた)富本さんの変遷やら、金銀彩の工夫なども面白かったのですが、富本さんが影響された あるいは影響を与えた古九谷焼や今九谷の作品に感激し... <a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/00083740.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/00083740s.jpg" alt="00083740.jpg" border="0" width="282" height="400" /></a> <a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img229.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img229s.jpg" alt="img229.jpg" border="0" width="288" height="400" /></a><br /><br /><a href="http://www.pref.nara.jp/37415.htm" target="_blank" title="富本憲吉展 ~華麗なる色絵・金銀彩~">富本憲吉展 ~華麗なる色絵・金銀彩~</a> です。<br /><br />富本憲吉さん、かつてあまり評価していなかったのですけど(浅学σ(・・;))、昨年の<a href="http://atelierun.blog.fc2.com/blog-entry-1664.html" target="_blank" title="開館40周年記念名品展">奈良県立美術館開館40周年記念名品展</a>で少し観て、"あら、いいかも" と驚き・・・。<br />日本で最初に人間国宝になった方です。(人間国宝の制度は1954年にできた)<br /><br />富本さんの変遷やら、金銀彩の工夫なども面白かったのですが、富本さんが影響された あるいは影響を与えた古九谷焼や今九谷の作品に感激しました。<br /><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/SN3S2709.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/SN3S2709s.jpg" alt="SN3S2709.jpg" border="0" width="600" height="249" /></a><br />                              <span style="font-size:x-small;">(写真撮影 可の部屋と不可の部屋があるのです)</span><br /><br />15日までです。お急ぎくださいね。<br />     <br />ただ・・・富本憲吉さんとか入江泰吉さん(写真家)って(奈良の人はたぶん知っているけれど)全国的な知名度ってどんなものなのだろうといつも思う・・・。<br /><blockquote><p><a href="http://www.pref.nara.jp/37415.htm" target="_blank" title="富本憲吉展 ~華麗なる色絵・金銀彩~">富本憲吉展 ~華麗なる色絵・金銀彩~</a><br /><br /> 陶芸家・富本憲吉(1886-1963)は、奈良県が生んだ芸術家であり、また日本近代陶芸の巨匠でもあります。1955年には重要無形文化財保持者(人間国宝)にも認定されました。<br />  富本は楽焼制作に始まり、土焼・白磁・染付と多様な創作活動を展開しましたが、中でも代表的なものは豊かな色彩が印象的な色絵磁器、そこに金と銀を焼き付けた金銀彩の作品でしょう。本展では、その色絵・金銀彩の作品を中心に約110件を展示します。<br />  また本展の開催にあたり、全国13県の知事が組織する「ふるさと知事ネットワーク」の美術館交流により、石川県内の博物館・美術館から富本憲吉と九谷焼の作品をご出品いただきます。<br />  富本は石川県で色絵技法を研究しており、そこでの日々は彼にとっても、また九谷の陶芸家たちにとっても大きな刺激になりました。独創の人・富本憲吉の陶業と、日本有数の色絵磁器・九谷焼の伝統とが交わった先に何が生まれたのかーそれをたどりながら、伝統工芸の美の神髄をお楽しみいただければ幸いです。<br /><br />  Ⅰ.陶芸家・富本憲吉ー作域の拡大と様々な試み<br />      土焼、白磁、染付と作域を広げ、色絵磁器の制作に至るまでの足跡を追います。<br /><br />  Ⅱ.富本憲吉と九谷焼<br />      九谷焼の歴史、そして富本と九谷焼との関係を紹介します。<br /> <br />  Ⅲ.充実する色絵磁器制作<br />      華やかな色絵磁器の作品の数々を紹介します。<br /> <br />  Ⅳ.新たな技術と表現を求めて<br />      富本の色絵金銀彩と、現代九谷の作品を展示します。     <br /><br />@<a href="http://www.pref.nara.jp/dd.aspx?menuid=11842" target="_blank" title="奈良県立美術館">奈良県立美術館</a><br />2015年1月17日(土)~3月15日(日)</p></blockquote><br /><br /><br />
  • Date : 2015-03-05 (Thu)
  • Category : 展覧会
621

そば処 喜多原

入江泰吉旧居へ行ったついでに、また行ってきました。こんどは暖かい 野菜と海老の天ぷらそば です。11時開店ですが、10:55に行って3番目。テーブルは6つ(座敷机3、2人掛けテーブル3)です。一人分ずつ茹でるので、食べられたのは11:25でした。(混んでくると相席もあり)そば処 喜多原奈良県奈良市水門町50(入江泰吉旧居の南隣)営業時間11〜16時定休日火曜日電話0742-22-0448... <a href="//blog-imgs-74-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_150305_1125.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-74-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_150305_1125s.jpg" alt="mini_150305_1125.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-620.html" target="_blank" title="入江泰吉旧居">入江泰吉旧居</a>へ行ったついでに、また行ってきました。<br />こんどは暖かい 野菜と海老の天ぷらそば です。<br /><br />11時開店ですが、10:55に行って3番目。テーブルは6つ(座敷机3、2人掛けテーブル3)です。<br />一人分ずつ茹でるので、食べられたのは11:25でした。(混んでくると相席もあり)<br /><br /><a href="//blog-imgs-74-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_150305_1058.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-74-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_150305_1058s.jpg" alt="mini_150305_1058.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><a href="http://www.soba-kitahara.com/" target="_blank" title="そば処 喜多原">そば処 喜多原</a><br />奈良県奈良市水門町50(<a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-620.html" target="_blank" title="入江泰吉旧居">入江泰吉旧居</a>の南隣)<br />営業時間11〜16時<br />定休日火曜日<br />電話0742-22-0448<br /><br /><br />
620

入江泰吉旧居

  先日発見(笑)した、修繕費に7000万円かけたという入江泰吉旧居 近くまで行ったので寄ってきました。(3月1日から一般公開) 面白い設計の平屋で、東面道路、西側は吉城川が流れていて、庭は川畔まで降りられます。(↑の平面図、右が北)⑦の暗室は元々の形状に新しく作り直されたようです。③の西(上)の4畳半の部屋。入江さんが向かって右、その隣が奥様が座られていたそうです。狭い縁がめぐらしてあります。外は吉城川まで... <a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/20150305140124a33.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/20150305140124a33s.jpg" alt="img272 - コピー" border="0" width="188" height="400"align="left"hspace="10"></a> <a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150305_1028.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150305_1028s.jpg" alt="mini_150305_1028.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><br /> <a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-614.html" target="_blank" title="先日">先日</a>発見(笑)した、修繕費に7000万円かけたという<a href="http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1424755110510/index.html" target="_blank" title="入江泰吉旧居">入江泰吉旧居</a><br /> 近くまで行ったので寄ってきました。(3月1日から一般公開) <br /><br clear=all><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img273.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img273s.jpg" alt="img273.jpg" border="0" width="543" height="600"hspace="10"></a><br /><br />面白い設計の平屋で、東面道路、西側は吉城川が流れていて、庭は川畔まで降りられます。(↑の平面図、右が北)<br />⑦の暗室は元々の形状に新しく作り直されたようです。<br /><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150305_1043.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150305_1043s.jpg" alt="mini_150305_1043.jpg" border="0" width="400" height="300" align="left"hspace="10"></a>③の西(上)の4畳半の部屋。<br />入江さんが向かって右、その隣が奥様が座られていたそうです。<br /><br />狭い縁がめぐらしてあります。<br />外は吉城川まで続く庭です。<br /><br clear=all><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150305_1031.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150305_1031s.jpg" alt="mini_150305_1031.jpg" border="0" width="400" height="300"align="left"hspace="10"></a>これも③の西(上)の4畳半の部屋。<br />↑の写真の向かい側。<br /><br /><br clear=all><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150305_1036.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150305_1036s.jpg" alt="mini_150305_1036.jpg" border="0" width="400" height="300"align="left"hspace="10"></a>⑥書斎の本棚<br /><br clear=all><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150305_10360001.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_150305_10360001s.jpg" alt="mini_150305_10360001.jpg" border="0" width="400" height="300"align="left"hspace="10"></a>⑤アトリエ:趣味を楽しまれていたのだそう。<br /><br />書画をされていたようです。<br /><br clear=all><br /><br /><blockquote><p>入江泰吉旧居<br /><br />施設の概要<br /><br /> 奈良を愛した写真家 入江泰吉の業績を顕彰し、生前のお住まいを「入江泰吉旧居」として開館します。<br /><br /> 氏が創作に打ち込んだ暗室や作品の構成を練った書斎、万葉の植物を愛したお庭等、氏の仕事ぶりや毎日の暮らし、交友関係、また、歴史文化の深い理解に裏打ちされた美意識やまなざしに思いをはせていただけます。今後、入江氏の美学の原点を探る写真に関する講座等も開催します。<br /><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img276.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img276.jpg" alt="img276.jpg" border="0" width="329" height="229" /></a><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img274.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img274.jpg" alt="img274.jpg" border="0" width="322" height="363" /></a><br /><br /><a href="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img275.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img275.jpg" alt="img275.jpg" border="0" width="336" height="479" /></a><br />[所在地] 〒630-8208 奈良市水門町49番地の2<br />[電話・FAX] 0742-27-1689<br />[開館時間] 午前9時半~午後5時(入館は午後4時半まで)<br />[休館日] 月曜日(その日が休日に当たるときは、もっとも近い平日)<br /> 休日の翌日(その日が日曜日、土曜日及び休日に当たるときを除く)<br />[入館料] 個人200円・団体(20名以上)100円<br /> ただし、16歳未満の人、高等学校の生徒とこれに準ずる人、市内在住の70歳以上の人、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた人とその介護を行う人は無料。</p></blockquote><br /><br /><br />
  • Date : 2015-03-05 (Thu)
  • Category : 建築
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。