カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1381' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
640

ラ・カーサ・ミーア

2015年春にオープンしたラ・カーサ・ミーアでランチ C(フルコース)をいただきました。   前菜・本日のパスタ・お魚料理・お肉料理・サラダ・ドルチェ・パーネ・食後のお飲物(¥3.700)HPのお料理写真に比して寂しいかなぁ。お値段なりのお料理でした。食材がかぶっているのが気になったし。(お魚料理のソースにも芋なのには・・・(@_@;))雰囲気はよく、普段遣いには十分。ラ・カーサ・ミーア奈良市二名平野 1-1699-1 07... 2015年春にオープンした<a href="http://lacasamia.net/index.html" target="_blank" title="ラ・カーサ・ミーア">ラ・カーサ・ミーア</a>でランチ C(フルコース)をいただきました。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-82-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_150929_11340001.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-82-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_150929_11340001s.jpg" alt="mini_150929_11340001.jpg" border="0" width="300" height="225" /></a> <a href="https://blog-imgs-82-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_150929_11430001.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-82-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_150929_11430001s.jpg" alt="mini_150929_11430001.jpg" border="0" width="300" height="225" /></a><br /><a href="https://blog-imgs-82-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_150929_1201.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-82-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_150929_1201s.jpg" alt="mini_150929_1201.jpg" border="0" width="300" height="225" /></a> <a href="https://blog-imgs-82-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_150929_1225.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-82-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_150929_1225s.jpg" alt="mini_150929_1225.jpg" border="0" width="300" height="225" /></a><br /><a href="https://blog-imgs-82-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_150929_1241.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-82-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_150929_1241s.jpg" alt="mini_150929_1241.jpg" border="0" width="300" height="225" /></a> <a href="https://blog-imgs-82-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_150929_1259.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-82-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_150929_1259s.jpg" alt="mini_150929_1259.jpg" border="0" width="300" height="225" /></a><br /><br />前菜・本日のパスタ・お魚料理・お肉料理・サラダ・ドルチェ・パーネ・食後のお飲物(¥3.700)<br /><br />HPのお料理写真に比して寂しいかなぁ。<br />お値段なりのお料理でした。<br />食材がかぶっているのが気になったし。(お魚料理のソースにも芋なのには・・・(@_@;))<br /><br />雰囲気はよく、普段遣いには十分。<br /><br /><br /><a href="http://lacasamia.net/index.html" target="_blank" title="ラ・カーサ・ミーア">ラ・カーサ・ミーア</a><br /><span style="font-size:x-small;">奈良市二名平野 1-1699-1 <br />0742-87-1037<br />水休</span><br /><br /><br /><br />
639

「あさが来た」のロケ地

2015年9月28日から始まるNHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」のロケ地が橿原市今井町なのだそうですね。(今頃知った(・・;) 遅い?)番宣の映像を見ていても気づかなかった私ですが・・・ヾ(・・ )ォィォィ(産経westさんからお借りしました。深謝)主人公あさの子役の鈴木梨央ちゃんが好きなので、今井町で撮ったという"おてんばのあさが路上で「新撰組ごっこ」をしている子供たちにわって入ろうとするシーン"などが気になります... 2015年9月28日から始まるNHK朝の連続テレビ小説<a href="http://www.nhk.or.jp/asagakita/index.html" target="_blank" title="「あさが来た」">「あさが来た」</a>のロケ地が<strong>橿原市今井町</strong>なのだそうですね。<br />(今頃知った(・・;) 遅い?)<br />番宣の映像を見ていても気づかなかった私ですが・・・ヾ(・・ )ォィォィ<br /><br /><a href="https://blog-imgs-82-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/asa.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-82-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/asas.png" alt="asa.png" border="0" width="225" height="300" /></a>(<a href="http://www.sankei.com/west/news/150519/wst1505190066-n1.html" target="_blank" title="産経west">産経west</a>さんからお借りしました。深謝)<br /><br />主人公あさの子役の鈴木梨央ちゃんが好きなので、今井町で撮ったという"おてんばのあさが路上で「新撰組ごっこ」をしている子供たちにわって入ろうとするシーン"などが気になります。<br /><br />NHKの朝ドラでは以前「ごちそうさん」で奈良女子大学の正門~講堂が使われてましたね。<br />奈良が舞台というわけではないのに使われるのはとてもうれしい。<br /><br /><br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/%E9%80%A3%E7%B6%9A%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E5%B0%8F%E8%AA%AC-%E3%81%82%E3%81%95%E3%81%8C%E6%9D%A5%E3%81%9F-Part1-NHK%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89-NHK%E5%87%BA%E7%89%88/dp/4149235732%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4149235732" style="text-decoration:none;" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61ALUQSXM-L._SL160_.jpg" title="クリエーター情報なし" border="0"></a><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/%E9%80%A3%E7%B6%9A%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E5%B0%8F%E8%AA%AC-%E3%81%82%E3%81%95%E3%81%8C%E6%9D%A5%E3%81%9F-Part1-NHK%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89-NHK%E5%87%BA%E7%89%88/dp/4149235732%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4149235732" style="text-decoration:none;" target="_blank">連続テレビ小説 あさが来た Part1 (NHKドラマ・ガイド)</a><br /><br />このドラマ、脇役のキャスティングがすごくて、いくらNHKにしても・・・と思ってしまうレベル。<br />大河で主役をはった人を<u>主人公の姉</u>にしてしまうってどう?<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/%E6%96%87%E5%BA%AB%E7%89%88-%E5%B0%8F%E8%AA%AC-%E5%9C%9F%E4%BD%90%E5%A0%80%E5%B7%9D-%E5%BA%83%E5%B2%A1%E6%B5%85%E5%AD%90%E3%81%AE%E7%94%9F%E6%B6%AF-%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB/dp/4267020000%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4267020000" target="_blank" title="原作『土佐堀川』、">原作『土佐堀川』</a> 読んでみようかな。<br /><br /><br /><br /><br /><br />
637

ならめがね Vol.1 2015年秋号

新しく奈良の雑誌が創刊されました。ならめがね Vol.1 2015年秋号コンセプトが「ユルい・まったり・懐かしい」で、私の考える奈良のよさでとてもうれしい❤"一段高みの奈良町見物"という特集は(一段高みというのは人力車に乗っているので一段高いという意)一回り45分のコースを紹介。これが必ずしも人力車に乗らなくても一回りするコース紹介になっていて楽しい。奈良には40年住んでいますが、知らなかったこともあり、新しくで... <a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AA%E3%82%89%E3%82%81%E3%81%8C%E3%81%AD-Vol-1-2015%E5%B9%B4%E7%A7%8B%E5%8F%B7-EditZ/dp/4908361002%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4908361002" style="text-decoration:none;" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-82-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/narameganes.png" title="クリエーター情報なし" border="0"></a><br /><br />新しく奈良の雑誌が創刊されました。<br /><a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AA%E3%82%89%E3%82%81%E3%81%8C%E3%81%AD-Vol-1-2015%E5%B9%B4%E7%A7%8B%E5%8F%B7-EditZ/dp/4908361002%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4908361002" style="text-decoration:none;" target="_blank">ならめがね Vol.1 2015年秋号</a><br /><br />コンセプトが「ユルい・まったり・懐かしい」で、私の考える奈良のよさでとてもうれしい❤<br /><br />"一段高みの奈良町見物"という特集は(一段高みというのは人力車に乗っているので一段高いという意)一回り45分のコースを紹介。<br />これが必ずしも人力車に乗らなくても一回りするコース紹介になっていて楽しい。<br /><br />奈良には40年住んでいますが、知らなかったこともあり、新しくできたお店もありで、なかなか読みごたえ十分です。<br />(早速行ってみようと思ったお店も)<br /><br />今後2号、3号とこのレベルで続けて行って下さるよう、祈ってます。<br /><br /><br /> ・<a href="http://naramegane.com/" target="_blank" title="ならめがね">ならめがね</a> サイト<br /><br /><br /><blockquote><p><a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AA%E3%82%89%E3%82%81%E3%81%8C%E3%81%AD-Vol-1-2015%E5%B9%B4%E7%A7%8B%E5%8F%B7-EditZ/dp/4908361002%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Datelierun-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4908361002" style="text-decoration:none;" target="_blank">ならめがね Vol.1 2015年秋号</a><br /><br />「ユルい・まったり・懐かしい」を コンセプトに、どこかノスタルジックで、ココロほどける奈良の探求誌。<br /><br />世界遺産、古社寺、食、伝統、そして四季を愛おしむ暮らし…。<br />現代人がほっとする「和」のゆかしさにピントをあてつつ、1300年の古都を右に左に。<br />毎号、地元スタッフが惚れ込んだ深みのある観光ネタを、情感あふれる写真と自然体の文章で特集。<br />いつまでもナチュラルでやわらかな感性を持ち続ける大人たちに、優しい奈良を届けます。 </p></blockquote><br /><br /><br /><br />       今、知りたい奈良の疑問<br />          日本100名城に、なぜ奈良県では高取城だけなのか<br /><br /><br />
638

奈良市プレミアム商品券

申し込み締め切り(8/31)の2日前に存在に気づいた奈良市プレミアム商品券。ダメ元で、夫と2人分申し込んでみたら、当たったみたいで当選通知が到着。実際のところ、どういう仕組みなのかよくわかっていなかったので、今さらお勉強ヾ(・・ )ォィォィ・ 奈良市プレミアム商品券 公式サイト¥12,000分の商品券が¥10,000で購入できて、奈良市ポイント1,000P交換券付き って言うんですけど   奈良市ポイントって何??     ... <a href="https://blog-imgs-82-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/narapre.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-82-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/narapres.jpg" alt="narapre.jpg" border="0" width="212" height="300" /></a><br /><br />申し込み締め切り(8/31)の2日前に存在に気づいた奈良市プレミアム商品券。<br />ダメ元で、夫と2人分申し込んでみたら、当たったみたいで当選通知が到着。<br /><br /><img src="https://blog-imgs-82-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/mini_150917_1600s.jpg" alt="mini_150917_1600.jpg" border="0" width="300" height="228" /><br /><br />実際のところ、どういう仕組みなのかよくわかっていなかったので、今さらお勉強ヾ(・・ )ォィォィ<br /><br />・ <a href="http://www.naracity-premium.com/index.html" target="_blank" title="奈良市プレミアム商品券">奈良市プレミアム商品券</a> 公式サイト<br /><br />¥12,000分の商品券が¥10,000で購入できて、奈良市ポイント1,000P交換券付き って言うんですけど<br /><br />   奈良市ポイントって何??<br />         ↓<br /><a href="http://narapoint.jp/" target="_blank" title="公式サイト"><img src="https://blog-imgs-82-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/narap.png" alt="narap.png" border="0" width="215" height="103" /></a><br /><br />プレミアム商品券購入でついでにもらえちゃうっていうのと奈良市ポイントの趣旨とは違う気がしますけれど、奈良市ポイントというものを広く知らしめる意味では値打ちがあったということなのかもしれません。<br /><br /><br />ちょっと前には<a href="http://www.p-shouhinken.com/nara/" target="_blank" title="せんとくん">せんとくんプレミアム商品券</a>というものも県の方でやっていたらしいのですが、全く情報を得られずにスルー(・・;)<br /><br />こういうの、乱立気味?<br />原資は税金なんですよね、当然。<br />ちょっと疑問に思わずにはいられない。ヾ(・・ )ォィォィ<span style="font-size:x-small;"> 申し込んで、利用するくせに言うなって</span><br /><br />で、早速引き換えに行ってきましょうと思ったけれど、引き換え期間が10/1~10/7だということに気づき・・・<br /><br />アブナカッタ・・・。<br /><br /><br />
636

白鳳-花ひらく仏教美術-

  白鳳-花ひらく仏教美術- @奈良国立博物館 です。もともと白鳳時代の仏像は(造形として)好きではないのですが、好きではないからこそ《一堂に集めてある》&《博物館にあるときは信仰の対象から外れる》メリットを見逃すのは惜しい・・・ので行ってきました。それが・・・フライヤーを見て勝手に"白鳳時代の仏像展"だと思っていたのですが、そうではなかったんですね(苦笑発掘された瓦なども多数展示されていて、私とし... <a href="https://blog-imgs-79-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img312.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-79-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img312s.jpg" alt="img312.jpg" border="0" width="282" height="400"align="left"></a>  <a href="https://blog-imgs-79-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img314.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-79-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img314s.jpg" alt="img314.jpg" border="0" width="282" height="400" /></a><br /><a href="https://blog-imgs-79-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img313.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-79-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img313s.jpg" alt="img313.jpg" border="0" width="282" height="400" align="left"></a><a href="https://blog-imgs-79-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img315_2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-79-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img315_2s.jpg" alt="img315_2" border="0" width="282" height="400" /></a><br /><br /><a href="http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2015toku/hakuhou/hakuhou_index.html" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;font-size:x-small;&quot;&gt;開館120年記念特別展&lt;/span&gt;白鳳-花ひらく仏教美術-">白鳳-花ひらく仏教美術-</a> @<a href="http://www.narahaku.go.jp/index.html" target="_blank" title="奈良国立博物館">奈良国立博物館</a> です。<br /><br />もともと白鳳時代の仏像は(造形として)好きではないのですが、好きではないからこそ《一堂に集めてある》&《博物館にあるときは信仰の対象から外れる》メリットを見逃すのは惜しい・・・ので行ってきました。<br /><br />それが・・・フライヤーを見て勝手に"白鳳時代の仏像展"だと思っていたのですが、そうではなかったんですね(苦笑<br />発掘された瓦なども多数展示されていて、私としては印象が散漫だったかなぁ(<a href="http://nara1975.blog.fc2.com/blog-entry-635.html" target="_blank" title="県美">県美</a>↓とはしごしたので多少疲れていたのもありますが)<br /><br />それでも、日本で塼仏と言えばほぼ白鳳時代 とか 高松塚古墳はあまりに壁画で有名だけれど発掘された出土品もある とか 白鳳時代って近江京も含む<span style="font-size:x-small;">ぉぃぉぃ</span> とか 発見もありましたが。<br /><br />欲しいと思えるような仏像には出会わなかったのですが、強いて言えば法隆寺の国宝阿弥陀三尊像(伝橘夫人念持仏)かな。<br />(上のフライヤー 白鳳の字の下の三体。バランス良く立っている!)<br /><span style="font-size:x-small;">これは伝橘夫人(藤原不比等の後妻・光明子の母)念持仏(日本最古)ってとこも大きくて、さすがの権力者、これを私有してたんだなぁと感心。どうやって法隆寺まで伝わったんでしょうね。その厨子(ケース)も素晴らしくて、今回別々に展示してあったのでよく見えたんですけど、セットされているとまた違った趣なのだろうなと思いました。</span><br /><br />日本全国だけではなく韓国の同時代の仏像も展示されています。<br /><br />修理中(2018年完成予定)の薬師寺東塔の水煙は必見かと思います。(東塔の修理が終わってしまうと間近に観ることは叶いません)<br /><br />23日までです。<br />多少混雑(特に入口付近)しています。(次は正倉院展なのでその混雑の比ではありませんが)<br /><br /><br /><blockquote><p><a href="http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2015toku/hakuhou/hakuhou_index.html" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;font-size:x-small;&quot;&gt;開館120年記念特別展&lt;/span&gt;白鳳-花ひらく仏教美術-"><span style="font-size:x-small;">開館120年記念特別展</span><br />白鳳-花ひらく仏教美術-</a><br /><br /> 白鳳は7世紀の半ばから710年に平城京に遷都するまでの間の文化や時代を指す言葉として、美術史学を中心に用いられてきました。この時代、天皇を中心とした国作りが本格化し、造寺造仏活動が飛躍的に展開し藤原京には大官大寺や薬師寺、飛鳥の地には山田寺や川原寺など壮麗な伽藍(がらん)が軒を連ねました。新羅をはじめ朝鮮半島の国々との交流は毎年使節が往来するなど盛んであり、大陸の先進的な文化がもたらされました。<br/><br /> 白鳳美術の魅力は金銅仏に代表される白鳳仏にあると言って良いでしょう。白鳳仏は若々しい感覚にあふれ、中には童子のような可憐な仏像も見ることができます。神秘性や厳しさを感じる飛鳥彫刻や、成熟した天平彫刻とはまた違う魅力です。一方、考古遺物に眼を向ければ、白鳳期の瓦の文様はわが国の瓦当(がとう)文様の頂点と呼ぶにふさわしく、寺院址からは堂宇(どうう)の壁面を飾っていたと思われる美しい塼仏(せんぶつ)が出土しています。白鳳文化が高度に完成された様式を築き上げていたことがわかります。<br/><br /> 奈良国立博物館は平成27年に開館120年を迎えます。これを記念し、仏教美術の専門館として長年にわたり構想を温めてきた白鳳美術を取り上げ、その魅力を追求します。<br /><br /> ・ <a href="http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2015toku/hakuhou/hakuho_list.pdf" target="_blank" title="出陳品一覧">出陳品一覧</a><br /><br />平成27年7月18日(土)~平成27年9月23日(水・祝)<br />@<a href="http://www.narahaku.go.jp/index.html" target="_blank" title="奈良国立博物館">奈良国立博物館</a></p></blockquote><br /><br /><br />1枚もののフライヤー<br /><a href="https://blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img299.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img299s.jpg" alt="img299.jpg" border="0" width="282" height="400" /></a> <a href="https://blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img300.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-72-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img300s.jpg" alt="img300.jpg" border="0" width="281" height="400" /></a><br />このフライヤーでは国宝阿弥陀三尊像(伝橘夫人念持仏)が衝立(?光背?)の前にありますが、これを厨子に収めるのが通常の形ですが、今回3つ別々に展示されていてそれぞれをよく観ることができます。<br />この衝立(L字型になっている)や付随している蓮池(Lの底辺)の意匠がまた素晴らしい❤<br /><br /><br /><br />
  • Date : 2015-09-01 (Tue)
  • Category : 展覧会
635

『百花繚乱 中国リアリズムの煌めき』 @県美

さっそく 百花繚乱 中国リアリズムの煌めき @奈良県立美術館 を 見てきました。(画像はクリックすると大きくなります)  5年に一度開催されている政府主催の「全国美術展」の入賞作品の中から選ばれて世界巡回されている作品展です。いやいや素晴らしい!❤確かに昔から素晴らしい水墨画の伝統があることは重々知ってはいましたけれど、現代の作品がこんなに緻密でバリエーションがあり(現在の大気汚染の絵まで)、惹き... さっそく <a href="http://www.pref.nara.jp/40112.htm" target="_blank" title="百花繚乱 中国リアリズムの煌めき">百花繚乱 中国リアリズムの煌めき</a> @<a href="http://www.pref.nara.jp/11842.htm" target="_blank" title="奈良県立美術館">奈良県立美術館</a> を 見てきました。<br /><span style="font-size:x-small;">(画像はクリックすると大きくなります)</span><br /><a href="https://blog-imgs-81-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img328.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-81-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img328s.jpg" alt="img328.jpg" border="0" width="281" height="400" /></a>  <a href="https://blog-imgs-81-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img329.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-81-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img329s.jpg" alt="img329.jpg" border="0" width="281" height="400" /></a><br /><a href="https://blog-imgs-81-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img330.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-81-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img330s.jpg" alt="img330.jpg" border="0" width="281" height="400" /></a><a href="https://blog-imgs-81-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img331.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-81-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img331s.jpg" alt="img331.jpg" border="0" width="280" height="400" /></a><br /><br /><br />5年に一度開催されている政府主催の「全国美術展」の入賞作品の中から選ばれて世界巡回されている作品展です。<br /><br />いやいや素晴らしい!❤<br /><br />確かに昔から素晴らしい水墨画の伝統があることは重々知ってはいましたけれど、現代の作品がこんなに緻密でバリエーションがあり(現在の大気汚染の絵まで)、惹きつけられるなんて!<br /><br />妙にとんがった作品もなく、ほんとうに力作ぞろいで観ていて感心するばかり♪<br /><br />実は招待券をいただいたのでお義理でひとまわりするつもりで出かけたんですけど、うれしい驚きでした。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-81-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img337.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-81-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img337s.jpg" alt="img337.jpg" border="0" width="218" height="300" /></a> 図録も購入<br /><br /><br />ぜひ、いらしてみてくださいな♪<br />23日までです。<br /><br /><br /><blockquote><p><a href="http://www.pref.nara.jp/40112.htm" target="_blank" title="百花繚乱 中国リアリズムの煌めき">百花繚乱 中国リアリズムの煌めき</a><br /><br /> 1949年の中国建国以来、5年に一度開催されてきた政府主催の「全国美術展」。数万点の応募の中から部門毎に受賞した約600点が受賞作品展として北京の中国美術館で展示され、その後、さらに厳選された受賞優秀作品が「現代中国の美術」として日本や韓国。欧米を巡回します。<br />  本展は、昨年末第12回目を迎えた「全国美術展」から選抜された受賞優秀作品76点を紹介するもので、伝統的な中国画や漆画をはじめ、油彩画や版画、そして水彩画やパステル画、さらには立体やアニメなどバラエティに富む作品群で構成されています。<br />  とりわけ今回の注目は「驚異のリアリズム」です。2㍍を超える大画面に雄大な自然や、都市の空間、そして人々の暮らしなどが圧倒的な描写力で描かれ、多民族国家を象徴するような多様な価値観と美意識が反映されています。まさに現代中国美術のパワー全開、百花繚乱の美の世界をご堪能いただき絶好の機会となるでしょう。<br />  本展を通じて、日中の文化交流と友好関係の絆がさらに深まれば、主催者として望外の喜びです。 <br /><br /><br />2015年8月18日~2015年9月23日9:00~17:00<br />@<a href="http://www.pref.nara.jp/11842.htm" target="_blank" title="奈良県立美術館">奈良県立美術館</a></p></blockquote><br /><br /><br /><br />
  • Date : 2015-09-01 (Tue)
  • Category : 展覧会
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。