カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1381' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
654

三春滝桜&山水展 @大和文華館

今年最初のお花見は三春滝桜 @大和文華館♥このところ滝桜の満開と大和文華館の展覧会の日取りがずれていて見に行けずにいたので久しぶりです。(付属している広い庭園が展覧会の開催時のみ観覧できます) 福島県三春町からいただいた滝桜がほんとうに見事!  広い"文華苑"では様々な花が楽しめます。ただ、展覧会を開催している間しか入ることができないのがつらいところで・・・ササユリの群落なども珍しいのですが。大和文... <a href="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_160330_10000001.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_160330_10000001s.jpg" alt="mini_160330_10000001.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />今年最初のお花見は三春滝桜 @<a href="http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/" target="_blank" title="大和文華館 ">大和文華館</a>♥<br /><br />このところ滝桜の満開と大和文華館の展覧会の日取りがずれていて見に行けずにいたので久しぶりです。<br />(付属している広い庭園が展覧会の開催時のみ観覧できます)<br /><br /><a href="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_160330_1001.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_160330_1001s.jpg" alt="mini_160330_1001.jpg" border="0" width="500" height="375"></a><br /><br /><a href="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_160330_1002.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_160330_1002s.jpg" alt="mini_160330_1002.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><a href="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_160330_10020001.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_160330_10020001s.jpg" alt="mini_160330_10020001.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><a href="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_160330_1003.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_160330_1003s.jpg" alt="mini_160330_1003.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><a href="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_160330_10020002.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_160330_10020002s.jpg" alt="mini_160330_10020002.jpg" border="0" width="250" height="188"align="left" /></a> 福島県三春町からいただいた滝桜がほんとうに見事!<br /><br clear=all><br /><br /><a href="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/SN3S3579.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/SN3S3579s.jpg" alt="SN3S3579.jpg" border="0" width="250" height="188" /></a> <a href="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_160330_0958.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_160330_0958s.jpg" alt="mini_160330_0958.jpg" border="0" width="250" height="188" /></a><br /><br /><a href="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_160330_1024.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_160330_1024s.jpg" alt="mini_160330_1024.jpg" border="0" width="250" height="188" /></a> <a href="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/SN3S3576.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/SN3S3576s.jpg" alt="SN3S3576.jpg" border="0" width="250" height="187" /></a><br /><br />広い"文華苑"では様々な花が楽しめます。<br />ただ、展覧会を開催している間しか入ることができないのがつらいところで・・・<br /><br />ササユリの群落なども珍しいのですが。<br /><br /><br /><a href="http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/" target="_blank" title="大和文華館 ">大和文華館</a><br />奈良市学園南1丁目11番6号<br />午前10時~午後5時 <br />毎週月曜日、年末年始および展示替期間は入れません。<br /><br /><br /><br />******************************<br /><br /><br /><br />滝桜を見に行ったついでに・・・(笑)<br /><a href="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img004.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img004s.jpg" alt="img004.jpg" border="0" width="282" height="400" /></a>  <a href="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/201603301356033a9.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/201603301356033a9s.jpg" alt="img003 (2)" border="0" width="281" height="400" /></a><br /><br />山水画も嫌いではないのですけれど、残念ながら印象に残るものがありませんでした。<br /><br />10日までです。<br /><br /><blockquote><p><a href="http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/exhibition/sansui.html" target="_blank" title="山水 - 理想郷への旅 -">山水 - 理想郷への旅 -</a><br /><br />人々は自然を描き、その中に遊んで精神をくつろがせることを楽しんできました。絵画の中の理想的な山水風景は時代と共に変化し、架空の楽園から実在の名勝まで、さまざまな主題が制作されました。山水図における鑑賞対象は、それぞれの画家が工夫を凝らして再現した平面上の三次元空間から、それを形作る多種多様な筆墨まで、多岐にわたっています。<br /><br />本展覧会では、日本、中国・朝鮮、版画の三章に分けて、山水図の魅力を紹介します。まずは、中国南宋時代の宮廷絵画に憧れた日本の室町時代の山水画家、強固な伝統継承意識を持つ狩野派、より自由に筆墨をふるい清新な画面効果を追求した江戸時代の円山派や南画家たちの作品を通じて、日本の山水図の流れを概観します。続いて、乾いた筆や水気を多く含んだ筆を自在に操り、高度に洗練された筆墨法を披露した、中国の明・清時代の山水画家たちの作品を展示します。最後に、彫刻刀と刷りによる、肉筆とは異なった硬質な美しさを持つ山水版画の世界を紹介します。<br /><br />大和文華館をとりまく庭園、文華苑の自然がひときわ美しい時期に、東洋の山水図の美しさをあわせてご堪能ください。<br /><br />2016年2月26日(金)~4月10日(日)<br />@<a href="http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/" target="_blank" title="大和文華館 ">大和文華館</p></blockquote><br /></a><br /><br />
674

味の旅人 浪漫 でランチ

味の旅人 浪漫(ミシュラン☆) で、1号夫婦にご馳走になりました。写真は一部(写真撮らなかったり)三宝柑のゼリーその時の旬のものを全国から仕入れ、丁寧に下ごしらえし(長いものは1年かけて)、調理にももちろん時間をかけて、余計な調味料を足さないお料理はやさしいお味でした。常連の方が多いのも頷けます。はまる人ははまるのでしょう・・・。(私たちの他は老婦人と言ってよい女性だけ) そのお料理が「その時の旬のも... <a href="http://tabelog.com/nara/A2901/A290102/29000545/" target="_blank" title="味の旅人 浪漫">味の旅人 浪漫</a>(ミシュラン☆) で、1号夫婦にご馳走になりました。<br /><br /><span style="font-size:x-small;">写真は一部(写真撮らなかったり)</span><br /><a href="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_160311_1318.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_160311_1318s.jpg" alt="mini_160311_1318.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_160311_1339.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_160311_1339s.jpg" alt="mini_160311_1339.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_160311_1358.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_160311_1358s.jpg" alt="mini_160311_1358.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_160311_1416.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_160311_1416s.jpg" alt="mini_160311_1416.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a>三宝柑のゼリー<br /><br />その時の旬のものを全国から仕入れ、丁寧に下ごしらえし(長いものは1年かけて)、調理にももちろん時間をかけて、余計な調味料を足さないお料理はやさしいお味でした。<br />常連の方が多いのも頷けます。<br /><br /><br /><a href="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_160311_1259.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-84-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/mini_160311_1259s.jpg" alt="mini_160311_1259.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><br /><span style="font-size:x-small;">はまる人ははまるのでしょう・・・。(私たちの他は老婦人と言ってよい女性だけ) <br />そのお料理が「その時の旬のものを全国から仕入れ、丁寧に下ごしらえし(長いものは1年かけて)、調理にももちろん時間をかけて、余計な調味料を足さないお料理」だということがなぜわかるかというと、大将がぜんぶご説明くださるから。<br />それを拝聴しなくてはならない。「美味しい」と言わなければならない。私語は慎まないといけない。 <br />カウンター席13席のみで、一斉スタート、一斉終了なのも道理です。 <br />大将も悪い人ではないですし、料理に情熱をお持ちなのもよくわかりますけれど、ま、一度行けば充分かなぁ。<br />友人連中が口を濁して連れて行ってくれなかったのがわかりました。<br /><br />「たけのこは切れ目を入れず、水だけで、沸騰させないように4時間茹でる」というのは一度実践してみたいと思います。(記憶に残ったのがそれだけ)<br />たけのこって・・・ちらしずしの上に一片載っているでしょう?(・・;)</span><br /><br /><br />
653

蕭白・松園…日本美術の輝き~美人画、武者絵から刀剣、近代の名品まで~

春風に誘われて と言えば聞こえはいいのですが、マスク&めがねで花粉防備体制で 「真田丸」関連企画展  蕭白・松園…日本美術の輝き~美人画、武者絵から刀剣、近代の名品まで~ @奈良県立美術館に行ってきました。県民としては顔ぐらい出しておこうかと(笑)真田丸関連企画 という冠が付いてますけど・・・ちょっと苦しい(・・;)その時代の武士を描いた作品というくくりで、真田を直接描いた作品はありません・・・。ほぼ館蔵... <a href="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img354.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img354s.jpg" alt="img354.jpg" border="0" width="282" height="400" /></a> <a href="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img355.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img355s.jpg" alt="img355.jpg" border="0" width="282" height="400" /></a><br /><a href="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img356.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img356s.jpg" alt="img356.jpg" border="0" width="290" height="400" /></a><a href="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img357.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/a/t/e/atelierun/img357s.jpg" alt="img357.jpg" border="0" width="281" height="400" /></a><br /><br />春風に誘われて と言えば聞こえはいいのですが、マスク&めがねで花粉防備体制で<br /> <a href="http://www.pref.nara.jp/41438.htm" target="_blank" title="蕭白・松園…日本美術の輝き~美人画、武者絵から刀剣、近代の名品まで~"><span style="font-size:x-small;">「真田丸」関連企画展 </span><br /> 蕭白・松園…日本美術の輝き~美人画、武者絵から刀剣、近代の名品まで~</a> @<a href="http://www.pref.nara.jp/11842.htm" target="_blank" title="奈良県立美術館">奈良県立美術館</a>に行ってきました。<br />県民としては顔ぐらい出しておこうかと(笑)<br /><br />真田丸関連企画 という冠が付いてますけど・・・ちょっと苦しい(・・;)<br />その時代の武士を描いた作品というくくりで、真田を直接描いた作品はありません・・・。<br /><br />ほぼ館蔵品なので何度も観たものも多く・・・。<br /><br />なかで、明治に入ってからの橋本雅邦の「烏鷺図」「琴棋書画」や加納鉄哉の「羅漢」などの屏風がいいなと思いました。<br />たぶん初見。<br /><br />13日までですので、御用とお急ぎでなければどうぞ。<br /><span style="font-size:x-small;">(65歳以上は無料だそうです)</span><br /><br /><blockquote><p><span style="font-size:x-small;">「真田丸」関連企画展 </span><br /> <a href="http://www.pref.nara.jp/41438.htm" target="_blank" title=" 蕭白・松園…日本美術の輝き~美人画、武者絵から刀剣、近代の名品まで~"> 蕭白・松園…日本美術の輝き~美人画、武者絵から刀剣、近代の名品まで~</a><br /><br /> 戦国の世を象徴する女性「淀殿」と伝わる豪華絢爛な肖像画や、奇想の画家・曾我蕭白が描いた妖しいまでの女性像、そして近代美人画の第一人者・上村松園が描いた優美な女性たち、さらに匠の技による刀剣の美…。<br />  本展は、美人画、武者絵から近代の名品に至るまで、「真田丸」関連展示を含めて、日本美術の輝きをご堪能いただく絶好の機会となるでしょう。<br />  また、関連事業として大和郡山市、宇陀市、高取町による「大和の城と城下町ー往時の面影をしのぶ」(観覧無料)も同時開催されます。 <br /><br />【展示構成】 <br /><br />  序   章    蕭白・松園<br />   第1・2展示室  美人画(江戸・上方)<br />   第3展示室    月山・武具甲冑<br />   第4展示室    武者絵<br />   第5・6展示室  近代の日本画 <br /><br /><br />2016年1月23日(土)~3月13日(日)     <br />@<a href="http://www.pref.nara.jp/11842.htm" target="_blank" title="奈良県立美術館">奈良県立美術館</a></p></blockquote><br /> <br /><br />同時開催の大和郡山市、宇陀市、高取町による「大和の城と城下町ー往時の面影をしのぶ」 です。<br /><a href="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/img358.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/img358s.jpg" alt="img358.jpg" border="0" width="291" height="400" /></a><a href="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/img359.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/n/a/r/nara1975/img359s.jpg" alt="img359.jpg" border="0" width="291" height="400" /></a><br />きれいなフライヤーですけど、展示は壁1面だけですので、あまり期待はされない方が・・・<br /><br />日本100名城になんで高取城しかはいっていないのか、なんで郡山城は入っていないのか・・・疑問なんですよねぇ。<br /><br /><br />
  • Date : 2016-03-03 (Thu)
  • Category : 展覧会
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。