カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

139

第29回 芝能

『「芝能」は、文字どおり能舞台を設けずに古式ゆかしく自然の芝の上で舞われるのが特徴で、春日の神山を背景にしてしばしの間、見る者を幽玄の世界へと誘う自然の中の雄大な能行事である。』という宣伝文句につられて・・・。



まずは、14時からならまちセンター市民ホール(奈良市東寺林町) での芝能鑑賞講座へ。(約2時間)

舞台上には簡単な能舞台の設え(下の奈良能公演日誌のページに写真もあり)

【内容】

(1)山折哲雄氏講演「能にみる日本人の宗教観」

日本の宗教心の元は「人間は死んで神になる」という思想で、死に近い老人は神に近い、これが翁信仰となる。これを具現化したものが能。これを大成したのが世阿弥。(神を老人の姿に描くのは日本のみ)

世阿弥の最高傑作である能「井筒(滋賀県立大学能楽部による全文)」で、最初に諸国一見の僧が出てきて静かに端へ座る。その後、シテの女と後シテの女の亡霊がでてきて、嘆く。この嘆きを黙って聞いているのは僧。これはカウンセラーの役目を果たしているのではないか。クライアント(女=シテ)は聞いてもらって慰められて去るのである。



さすがに興味の尽きないお話で、面白かった。

県内にある数年前新設の某短期大学で開設当初の2年間だけ山折先生が学長を勤められ、その当時だけ日本文化研究の学科があって、入学しようかと本気で考えたが(入学金・授業料の額にめげた)行ってみればよかったかなと後悔(まさかすぐに消えてしまうとは思わなかったので)



(2)本日の演目解説

金春流シテ方金春欣三氏によるお話。御年81歳になられ、少しお忘れになられる部分などおありなのだけど、そこが素晴らしい間であり味に感じられ、楽しい。

金春流の袴の紐はちょうちょ結びである、ということから剣の柳生流との関連(江戸時代お互いに入門しあう関係)という話になって、それはそれで面白かったのだけど、ちょうちょ結びのなぞときは触れられないまま。剣道ではちょうちょ結びにするのだろうか。

能「井筒」の元本・伊勢物語の「井筒」の解説をしてくださった。



(3)ワークショップ

「NPO奈良能代表」石原昌和さんの司会     

能管・相原一彦さん(森田流)、小鼓・荒木健作さん(大蔵流)の説明。このふたつは鳴り難い楽器の代表。シャドー小鼓(小鼓を持っているつもりで叩く)を全員で体験。

観客二人を上げて、面の体験講座。

・女の面の穴は四角(少女漫画と同じで四角がかわいく見える)

・演者は面を動かして面を着けるのではなく、顔を動かして面の裏に入る気持ち。表の面が舞ってくれる気持ち。

・面の穴がふたつ開いていても実際見ているのは片目。視野もせまい。

必然的に能の舞はゆっくりですり足にならざるを得ない。

舞台の四方の柱も(観る側からは取って欲しいといわれるが)舞台の端がわからなくなる(演者が落ちる)ので絶対に必要。演者はすり足で板の数を数えることでも位置を確認している。(余談だが、相撲の柱も昔あったのに見にくいからって取ってしまったけど、力士はあれで位置を確認するっていう働きもあったのではないかしら)



17時からは場所を移して奈良公園登大路園地[奈良県庁前](奈良市登大路町 )での「芝能」鑑賞。

【演目】

仕舞「春日龍神」櫻間右陣師ほか

仕舞「船弁慶」後場のみ 金春康之師ほか

大蔵流狂言「舟船」柳本勝海師ほか

観世流一調 「杜若(かきつばた)」 塩谷恵師ほか

金春流能「井筒」金春欣三師ほか



「春日龍神」と「船弁慶」は仕舞(※)で、続けて舞われたので、区切りもわからず(汗)、「そのとき義経すこしもさわがず」が聞こえて「船弁慶」に移っていると気付いた始末・・・。

狂言はさすがに日本語(笑)がよくわかり面白かった。

「井筒」はメインイベントとしての風格が十分なことは感じ取れたものの、ずいぶん静的な舞で、さんざんレクチャーを受けながらも寝なかったのは寒かったせいだとしか思えない・・・。(でも山折先生も能を見ていると必ず眠くなるとおっしゃっていたし)

※仕舞とは能の一部を素で舞うこと。能における略式上演形態の一種。(byWiki)



能を見るのは2回目。芝能という形式を体験したくて見たのだが、芝能の場合必然的に平面に座席が並ぶことになるわけで、最前列の人はともかく後ろの席ではほとんど見えない。カラスは鳴きながら飛び交う、バイクの爆音は聞こえる、涼しい→寒い風は吹いてくる、パイプ椅子はすわり心地が悪い、楽屋&照明等俄かごしらえの観が否めない・・・。能をよく理解した人にとっては興趣尽きないということになるのかもしれないが、私には10年早いよ、という感じ・・・。

「能」を観たのではなく「芝能」を見たということになりますかね。





奈良能公演日誌 この公演が写真入で記録されています。いまさら聞けない初歩講座のページもあり。

関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。