カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

215

今西家住宅(橿原市今井町)

当ブログの記事橿原市今井町の別項です。

重要文化財『今西家住宅』の一般公開(10月15日(月)~11月14日(水))に行ってきました。



【今西家住宅】 

今西家は、永禄9年(1566年)今井町に入町した十市兵衛遠忠の一族で、もと川井氏を名のっていたそうですが、三代目から(1621年)は今井町の西口にあることから今西姓になりました。自治都市・今井の惣年寄の筆頭で、領主、代官の町方支配の一翼を担い、自治権をゆだねられていて、処刑は行えなかったそうですが、裁判などもここで行われていたそうです。八つ棟造りは、その役柄に相応した建物で、棟札には慶安3年3月22日(1650)の年代が記され民家というよりも城郭を思わせる構造です。外壁を白漆喰塗籠めとし、大棟の両端に段違いに小棟を付け、入母屋造の破風を前後喰違いに見せ、本瓦葺の堂々とした外観をもっており、わが国の民家建築史上貴重な建物で重要文化財にも指定されています。



西側・白漆喰に重なった入母屋破風が美しい。この塀の外がすぐ環濠になっている。


北側・玄関

2階左端に見えているひし形3段に重ねた今井家の旗印


入って大きな土間に驚く。柱のない空間を三本の大梁を中心とした小屋組みで支える。


土間から見た居室部分。左から"みせ""なかのま""だいどころ"となる。


土間から"みせ"の間を見る。美しい屏風や襖はさすが。この奥が"みせおく"の間だが見えない。




観光ガイドの方がいらして、詳しく説明してくださいます。



実は一般公開ということで期待して行ったのですが、入れるのは土間まで。

現住されているので確かに難しいこととは思いますけれど、なんとなく拍子抜けでした。





橿原市今井町 当ブログの記事



関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。