カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

416

平城京 (日本人はどのように建造物をつくってきたか)

先日平城京の瓦がどこで作られていたのかを知って感激したのだけれど、↓は平城京全体について考察しています。



平城京 (日本人はどのように建造物をつくってきたか)



『平城京の発掘に永きにわたって携わってきた研究者が発掘の成果から宮殿、住宅建築の技法を解明し、道路、川、橋を整備していった方法や、風呂、便所、台所といった当時の人々の生活まで再現する。 』



懇切丁寧で実に面白い!

イラストも多く、漢字には全部ルビがふってあるので、お子さんにも読めます。

というか、元々子ども向けなんでしょうね。しかし侮ることなかれ。子どもにもわかるように書くということはかえって難しい。



平城遷都1300年祭の平城宮跡会場が開かれるのは4月24日から(11月7日まで)ですけれど、それまでにぜひご一読くださいな。

得てくるものが何倍も違うことは確か!



お子さんの夏休みの自由研究の一助にもなるかも。







奈良県立橿原考古学研究所附属博物館では

平城遷都1300年記念 特別陳列 「平城京発掘─ここまでわかった奈良の都─」(3月22日まで)が開かれています。



現地見学会:「平城京を歩く」 3月6日(土)午前10時 近鉄尼ヶ辻駅集合(小雨決行、参加無料、申込不要)もありますので、お時間のある方はぜひ!













関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。