カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

420

45日間奈良時代一周 再び

今朝の朝日新聞のTV欄の「試写室」

45日間奈良時代一周 について書かれていました。



    ↑クリックすると大きいのが見られます。



この番組はすごい情報量がたった15分に詰まっていて、実に面白いですよ!

奈良時代と今がすんなりつながります!

奈良好きさんだけじゃなくて、歴史好きさんから見ても興味深い番組です。

ぜひ!!



NHKBS2で3月1日から4月30日までの45日間(月~金、8:00~8:15 再放送19:45~20:00)の放送です。

関西地方では4月4日から毎日曜日に再放送があります。(45日分放送するには10カ月くらいかかるのかな)

見逃した回は再放送をお楽しみに!



2010年は平城京遷都1300年。平城京が日本の都だったおよそ80年間は、中国・大唐帝国を手本に「国のかたち」を整え、国際社会にデビューした時代だった。法律・貨幣・税金、さらには、食生活・服装といった生活習慣まで、今の日本の原点を見ることが出来る。奈良時代は、《大陸》と《日本の古来文化》が出会い、融合していくスリルあふれるハイブリッド文化の時代だった。



番組では、フレッシュなふたりのリポーターが交代で、古都・奈良およびゆかりの地を訪ね、「1300年前の都・奈良」の素顔を探っていく。なぜ平城京にみやこは、つくられたのか? そこに、こめられた風水の思想とは? 今年復元された「大極殿」はどんなところか? そこで、天皇はどんな儀式をしていたのか? 中国の唐三彩に刺激されてつくられたという「奈良三彩」とは?



3月から4月末まで45日間、この番組で奈良時代をたどれば、あなたも立派な「奈良通」に。














3月 8日『遣唐使』  717年 遣唐使派遣

復原工事中の遣唐使船を訪ねる。たびたび遭難をくりかえした遣唐使船の構造はどんなものだったのか? さらに、遣唐使船が危険な台風の季節に航海したのには、意外な理由があったという。【リポーター】泉政行【出演】松木哲(神戸商船大学名誉教授)、東野治之(奈良大学教授)、石川重元(海龍王寺住職)



3月 9日『仏教建築』  718年 薬師寺等 平城京へ

リポーターは、薬師寺や唐招提寺など、およそ1300年の姿をとどめている貴重な建造物を訪ねる。次に、現代の宮大工のもとを訪ね、奈良時代の大工道具にチャレンジする。【リポーター】泉政行【出演】上野邦一(奈良女子大学名誉教授)、瀧川昭雄(寺社建築会社会長)



3月 10日『ファッション』  719年 衣服令(えぶくりょう)発布

奈良時代のオシャレを探るため、リポーターはまず当時の衣装を再現している洋裁教室の先生を訪ねる。中国伝来のファッションを体験。次に、身分の高い人だけが身につけたという古代の色の再現をしている染色家を訪ね、その絶妙な色あいにびっくり。【リポーター】泉政行【出演】山口千代子(洋裁教室主宰)、前田雨城(古代染色研究家)、廣田栄子(染織教室講師)



3月 11日『藤原不比等』  720年 藤原不比等 死去

平城京の影の権力者といわれる不比等だが、その実像はほとんど知られていない。不比等の手がかりを求めて、ゆかりの地の法華寺・興福寺を訪ねる。【リポーター】泉政行【案内役】馬場基(奈良文化財研究所主任研究員)



3月12日『役人』  721年 文武100官に褒美を与える

平城宮で働いていた役人は、およそ7000人。夜明けとともに太鼓が打ち鳴らされ、仕事につく。下級役人は、給与の面で大変な格差があり、その不平不満が出土した木簡からも読みとれる。奈良時代の役人のホンネに迫る。【リポーター】泉政行【出演】渡辺晃宏(奈良文化財研究所史料研究室長)




関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。