カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
512

大仏=「Mr.Osaragi」!? 

びっくり!

奈良市観光協会:大仏=「Mr.Osaragi」!? HPで誤訳 /奈良

毎日新聞 5月31日(木)15時46分配信


 奈良市観光協会は29日、今春更新した外国語版ホームページ(HP)に多数の誤訳があったと発表した。自動翻訳システムを導入したことが原因で、経費節減策があだになった格好。ガイドなどから「おかしい」との指摘が相次ぎ、既に更新前の状態に戻したという。長岡光彦事務局長は「内容確認がおろそかになっていた。反省したい」と陳謝した。
 同協会によると、HPは4月に更新。外国人観光客の幅広い要望に応えるため、従来からあった英語や中国語などに加え、ドイツ語やスペイン語など新たに4カ国語に対応できるようにした。
 同協会によると、手作業での翻訳を外部委託した場合、1言語当たり100万~150万円かかる。経費節約のため、更新を契機に自動翻訳システム(約35万円)を導入した。
 ところが、翻訳システムの認識能力には限界があり、誤訳が続発。英語版HPでは、東大寺の大仏が「Mr.Osaragi」と訳されていた。日本人の名字の一つ「大仏(おさらぎ)」と認識されたためとみられる。同協会も内容確認をしなかったため、誤訳だらけのHPが2カ月近く公開され続けることになった。
 同協会は今後、需要の高い英語と中国語、韓国語の翻訳を手作業に戻し、内容の充実を図っていく考えだ。【大久保昂】

5月31日朝刊




なんともなさけない話ではあるのだけど
自動翻訳機が実に面白い"翻訳"をしてくれるなんてことは中学生でも知っていると思うのだけど
う~ん…こんな翻訳なら、相手の国の翻訳能力に任せた方がまだましなのでは??
本気で奈良のことを外国の人に知らせたいと思っているとも思えない…ちょっと悲しい。

奈良の大仏=the Great Buddha at Nara  byプログレッシブ和英中辞典

大仏をおさらぎと読めるというのはちょっとすごい?(笑)


関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。