FC2ブログ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
522

県外就業率、全国1位 

県外就業率、全国1位 生駒市、56%で最も高く 22年国勢調査 奈良

産経新聞 8月3日(金)7時55分配信


 ■流入人口は減少

 総務省が公表した平成22年国勢調査の従業地・通学地集計結果で、県民が県外で働く割合が29・9%と、全国で最も高かったことが分かった。人口100人あたりの昼間人口の割合を示す「昼夜間人口比率」も89・9で、全国45位と低かった。

 集計結果によると、県は15歳以上の就業者に占める県外就業者の割合が29・9%で、17年の前回調査に続いて全国1位だった。2位は埼玉、3位は千葉、4位は神奈川で、いずれも大都市周辺県だった。

 県の県外就業者を男女別にみると、男性36・8%、女性20・4%で、男性の割合が高い。年齢別では、男性の45~49歳が42・9%と最も高く、40~59歳は全て40%を超えていた。

 県外就業率の市町村別では、生駒市が56・2%で最も高く、次いで王寺町(45・6%)、三郷町(45・5%)、香芝市(43・6%)、平群町(42・0%)だった。

 一方、通勤・通学で他県から県内に来ている流入人口は5万6012人で、前回調査から6・4%減少。流出人口も19万7223人と、前回調査から10・6%減少した。

 流出先の府県別では、大阪府が約16万人と最多。続く京都府、兵庫県とあわせた3府県で、流出人口全体の95%以上を占めた。

 また、県の昼間人口は125万9517人で、夜間人口は140万728人。昼夜間人口比率は89・9で、全国45位。47位は埼玉県(88・6)、46位は千葉県(89・5)だった。




関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。