カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
536

奈良・町家の芸術祭HANARART(はならぁと)2012・郡山城下町エリア

奈良・町家の芸術祭HANARART(はならぁと)2012の郡山城下町エリアに行ってきました。

k_map.jpg
↑クリックすると大きくなります。

mini_121102_1151.jpg
特に公開していなくても、このような建物が多く残っていて、ならまちと同じような雰囲気です。

和風の街並みに異彩を放っているのが、この建物。
<杉山小児科医院>
mini_121102_11530001.jpg

mini_121102_1153.jpg

mini_121102_1204.jpg

mini_121102_1159.jpg

杉山小児科医院

大正中期の洋風建築で、2006 年11 月に文化庁により登録有形文化財に指定されました。
木骨組のハーフティンバー様式で、屋根の5 基の尖塔(ピナクル)はこの建物をより一層引き締めています。例年、春と秋には建物見学会が開かれ、屋根裏のギャラリーも公開されています。建物の所有者はミニコンサートや展覧会等、建物を多目的に活用されています。

秋季・建物内部公開(無料)
2012年11月2日(金)・3日(土)・4日(日)(10時~17時)
屋根裏ギャラリーの公開
ひかりの間(ステンドグラス)の公開

奈良県大和郡山市本町  
TEL:09092566727




<浅井邸酒蔵>
mini_121102_1220.jpg

mini_121102_1221.jpg

浅井邸酒蔵
ほのかに酒麹がかおる江戸時代の建物で、昭和の初めごろまで酒蔵として使用されていました。
建物に痛みはあるものの、ここで作られていた清酒「友雀」の看板や重厚な扉等は、郡山城下の繁栄の歴史がしのばれる建物です。3つの部屋があり、広々とした空間になっています。
林和音展「穴が酒蔵 酒蔵が穴」が開催されています。




<本家菊屋>
mini_121102_12360001.jpg

本家菊屋
天正13年(1585年)豊臣秀長が百万石の禄をもって、大和大納言として入府されたときから、城主の御用菓子司として、郡山城大手門の入口にあたる現在地に店舗を構えました。
秀長公が兄の関白豊臣秀吉公を城中に招かれ、お茶会を催され、その時献上したのが「鶯餅」で、いつしか店舗が城の入口にあることから「御城之口餅」と呼ばれるようになったのが、特に有名です。
(建物の由緒はわかりませんでした)




<箱本館「紺屋」>
mini_121102_1241.jpg

旧奥野家(箱本館「紺屋」)

奥野家は家伝によりますと初代は享保13年(1728)からで、先代 故 義夫氏(~1995)が9代目にあたるとつたえられています。
柳澤氏より名字、帯刀が許され、屋号は「柳宗」と言う由緒正しい家でありました。江戸時代から紺屋を営み代々藍染めの技術が受け継がれていったそうです。現在では伝統的な技術を受け継ぐ職人は少なく こうした中で奥野家は藍染めの技術を今日に伝えてきた数少ない町家のひとつです。
この江戸時代からの藍染商の町屋を再生し、市の観光協会が藍染体験や金魚グッズのコレクションの見学を楽しめる施設として運営しています。

箱本館「紺屋」(はこもとかん「こんや」)
〒639-1148 奈良県大和郡山市紺屋町19-1
TEL0743-58-5531 / FAX0743-58-5541




<旧川本邸>
mini_121102_1248.jpg

mini_121102_1257_20121102155735.jpg

mini_121102_1258.jpg

mini_121102_1259.jpg

旧川本邸
旧川本邸は、大和郡山の城下町の一角、その昔は花街として賑わった『洞泉寺地区』にある、大正13年建築の木造3階建ての遊郭建築です。大正13年~昭和33年まで遊郭として使用されていました。平成11年に解体されることになり、大和郡山市が保存活用のために取得し、現在は空き家状態となっています。
当時としては大変珍しい木造3階建てです。建物内部は今も遊郭当時の間取りがほぼ完全な形で残されており、当時の賑わいを今に伝えています。豪勢かつ優美な装飾がいたるところに見られ、その異空間は訪れる人を圧倒します。
しかし、耐震強度や防災・安全上の問題、さらには市財政の状況、そしてこの建物がかつて『遊郭』であったことなど、さまざまな問題が壁となり、これまで使われることなく老朽化だけが進んでいく・・・という状況でした。この状況を何とかしようと、2010年9月に市民のボランティアの手によって大掃除が行われ、その後も市民や学生によって少しずつ掃除や修繕を行っています。

大和郡山市洞泉町



<旧瀬川邸(旧植甚楼)>
mini_121102_1247.jpg

こちらも旧川本家同様、大和郡山市洞泉町にあり、同様に遊郭として使われていたものと思われる。


奈良・町家の芸術祭HANARART(はならぁと)2012は、奈良県と県内で活動するまちづくり団体が連携して歴史的な町並み地域で開催する、まちづくり型のアートイベントです。

本県には魅力がある歴史的な町家・町並み地区が多数存在しています。しかし、空き家の増加と老朽化の進行により、良好な景観が失われ地区の活性化・安全性が阻害されるという問題に直面しています。また少子高齢化や人口減少が進むと同時に、住民の問題意識・当事者意識が希薄となりコミュニティが崩壊しつつあります。

今こそ私たちはこの歴史的な町に誇りを持ち、住民が主体となって地域力を向上させることにより、多くの人が集う魅力的な町へつなげていきたいと考えています。そのため、先人たちの知恵が残る「歴史的な町並み・町家」に斬新な発想の「現代アート」を組み合わせることで、町が今までと違う表情や機能を持ち、その可能性が広がると考え、昨年初めて奈良・町家の芸術祭HANARARTを開催しました。

昨年のHANARARTでは、地域の魅力発信、住民の町に対する誇り・愛着の醸成の機会となると同時に、「町家」と「現代アート」の新たな組み合わせで、今までなかった新たな交流が生むことができました。今年のテーマは『つなぐ』。昨年の『出会い』を大切にし、その想いを更につなげていきたいと思っています。訪れる方々に楽しんでいただくのはもちろんのこと、まちづくりの新たな可能性にチャレンジしていきたいと思っています。




町家の芸術祭と言うことで、若いアーチストの作品を展示していましたが、私は建物を見たいので、はっきり言ってじゃまでしたヾ(・・ )ォィォィ
どれも美しいとも、素晴らしいアイデアだとも思えなかったし…(・・;)
相乗効果を期待したのかもしれませんが、二兎を追うものは一兎をも得ずとは考えなかったのかしらねぇ。


関連記事
  • Date : 2012-11-02 (Fri)
  • Category : 展覧会
0

Comment

Comment Form

Comment Form
QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。