カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
542

奈良市・生駒市消防指令業務を共同運用

消防通信指令、共同運用へ 3億円の節約効果 奈良市と生駒市
2012.11.20 02:11 産経ニュース

 奈良市と生駒市は19日、119番への対応などを担う消防通信指令業務を平成28年度から共同運用すると発表した。共同の指令センターを、奈良市消防局の通信指令室がある防災センター(同市八条)に置く予定。共同で指令設備を更新することで、単独の場合と比べて約3億円の節約効果があるという。

 両市とも指令設備の更新時期を迎えており、生駒市が今年7月、奈良市に共同運用を打診した。

 単独で指令設備を整備すると、両市で約17億円かかるが、共同運用では約14億円で済む。指令業務の人数も、従来は奈良市に21人、生駒市に9人いたが、共同運用後は計24人で済み、年間約5千万円の人件費削減効果があるという。会見した奈良市の仲川げん市長は「行政区域で分けるとサービスが重なり合う部分が多く、無駄が多い」、生駒市の山下真市長は「共同運用はメリットが多く、デメリットがない」と述べた。

 両市は今年1月、県の主導で進めていた県内11消防本部の統合構想について、「統合後の姿や各市町村の負担が不透明」として脱退していた。



実質的な境目なく、市域が入り混じっていますからねぇ。
かまわないと言えばかまわないんですけど、これって指令業務の人数だけの問題なんですね。

救急車は来ても、なかなか出発できない=受け入れ先が見つからない。
統合してもその点が改善されるとは思えない。というか、そういう面での統合ではなさそうです。
市民にしてみれば、経費節約より、そちらの方を改善してもらいたいものですが…。
根本的には、医師や看護師の給料を大阪並みに上げるしかないと思いますけど。


奈良市・生駒市消防指令業務の共同運用について 奈良市のページ

関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。