カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
566

震度7 ??

携帯の緊急地震速報が鳴って

え~?? どこやろ??

と思っていたら、奈良が震度7だって!??

気づかなかったけど・・・って、震度7で気づかないはずはない(-_-;)

どうも 和歌山県北部で16時56分マグニチュード2.3 ってヤツのようですが…

緊急地震速報、誤って流す 気象庁「奈良で発生」 @朝日新聞デジタル 8月8日(木)17時21分配信


 大阪管区気象台によると、8日午後4時56分ごろ、和歌山県北部を震源とする地震があった。震源の深さは10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは2・3と推定される。この地震について気象庁から「緊急地震速報」が発表されたが、震度1以上は観測されなかったという。

 JR西日本によると、この緊急地震速報を受け、近畿エリアなどの新幹線と在来線の運転を一時見合わせたが、順次再開しているという。

     ◇

 気象庁は8日午後4時55分ごろに奈良県での地震発生を伝えた緊急地震速報は誤報だったとして、原因を調査中であることを明らかにした。



その後

地震速報誤報、ノイズの途切れ原因 「奈良で震度7」 @朝日新聞デジタル 8月8日(木)21時20分配信

 気象庁は8日午後4時56分ごろ、「九州から関東にかけて34都府県に震度4以上の揺れが襲う」との誤った緊急地震速報を発表した。実際には人が感じる揺れは発生しなかった。誤報を伝えた範囲は速報を始めた2007年以来、最大。橋田俊彦・地震火山部長らが記者会見し、「大変な影響、ご迷惑をかけた」と謝罪した。

 気象庁によると、同時刻に和歌山県でマグニチュード(M)2・3の地震が発生。これとほぼ同時に、震源から約200キロ離れた三重県の南東沖60キロで、海底地震計が揺れを検知したとの情報を気象庁のホストコンピューターに送信した。

 地震と同時に離れた場所から揺れのデータが届いたため、コンピューターは実際の約2億倍の規模の巨大な一つの地震が起きたと認識。「奈良県でマグニチュード7・8、最大震度7の地震が起きた。九州から関東にかけて34都府県に震度4以上の揺れが襲う」と自動で速報した。




笑い話ですみましたけれど、交通機関とかには影響が出たようですし、行政の方たちも迅速な対応ということが頭をよぎったでしょう。
頭を下げてもらうのは気の毒なような気もしましたが、致し方ないことなのかもしれません。

和歌山と三重で同時に観測ということで、奈良が震源ということになったのですね。
奈良が震源というだけで眉唾だと思ってしまったのですが、狼少年にならないように気をつけたいと思います。

大仏もこけたことないから奈良は大丈夫」というのが私の持論。※
そしたら、「大仏が重しになってるから奈良は大丈夫」というもひとつ上の説を展開してくれたのがピアノの調律の人。
負けました(笑)


   ※ こけたことはないのですが、首が落ちたことがあって…(・・;)
     斉衡2年(855年)5月23日の大地震だったそうです。
  
関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。