カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

59

千壽庵吉宗総本店

いろいろ定番や季節モノの和菓子類も揃っているのだけど、ここはもうわらび餅!(525円)

ここのふるふるぷるぷるに勝るわらび餅はないと我が家のイチオシです。

ちょっとした手土産には必ずこれ。

保存のきく真空パックのもあるのですけど、あれは硬くてだめ。生のが正解!

昔は日持ちしないのが難点だったんですけど、生のも2日ほど持つようになりました。(パック技術と酸素なんちゃら剤のおかげ)



千壽庵吉宗の本・支店でお菓子を買うと、わらび餅一切れと店内でも売っている梅昆布茶を茶店のように出してくれるんですよ。

赤毛氈の床几が目印!(よほどてんてこ舞いに忙しいときはだめかも)



もともと奈良はわらびの根の澱粉から作るわらび粉の名産地。その粉を湯で練って作るわらび餅は、足利時代には奈良名物となっていたといいます。なかでも千壽庵吉宗では、厳選された上質の国産わらび粉を使用。また、一晩かけて作ることによって独特の弾力と風味を出せるのです。きな粉も国産大豆の皮をむき、中身だけを使用。キメ細かくて苦味もなく、まろやかで上品な味になっています。従来のわらび餅のイメージとは異なり、モッチリした食感と濃い味わいで、これからの季節、熱いお茶といただくのも美味しい和菓子です。《近鉄沿線おみやげグルメ自慢》より









千壽庵吉宗総本店

奈良市押上町39-1 

0742-23-3003

8:00~20:00 元旦のみ休

他に学園南店、大阪本店




関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。