カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
611

第66回 正倉院展

img237.jpg img238.jpg
画像はクリックすると大きくなります。

秋の恒例 正倉院展 です。

正倉院展で何が好きかというと、やはり工芸品ですね。(次は役人たちの端正な書)
今年も聖武天皇のひじつき(紫檀木画挾軾)とか箱(密陀彩絵箱や檳榔木画箱)や正倉院御物中唯一四角い鏡(鳥獣花背方鏡)とか、すてきでした。上のフライヤーに画像が載っているのは密陀彩絵箱ですけど、檳榔木画箱の方が好き。

美しくはなかったけれど、聖武天皇のベッド(御床)とかまるで畳のようなマットレス(御床畳残欠)とかは、私人としての聖武天皇が身近に感じられて感慨がありました。

珍しかったのは武器・武具がまとめて出品されていたこと。(毎年真面目に見学していたわけではないのでなんですけど、あまり記憶にない)
そして、『国家珍宝帳』(光明皇后が正倉院に収めた品の目録)にはある武器・武具が恵美押勝の乱で出蔵し、(使用されて)ほとんど戻っていないという事実や、同時に藤原仲麻呂(恵美押勝)名での直筆・東大寺封戸処分勅書※の展示は仲麻呂がリアルに感じられて感動。
 ※勅書というのは天皇の命令を伝えるものなのに(当時は淳仁天皇)、藤原仲麻呂(恵美押勝)が全文を書いて、一人だけで署名している。上のフライヤーに画像あり。  

今年の目玉はポスターにもなっている鳥毛立女屏風なのかな。
教科書なんかでも見る有名なもの。いわゆる天平美人です。
6扇のうち4扇がここにあって、あと2扇がどこにあるかというと・・・上野の『日本国宝展』@東京国立博物館(すんごいものがいっぱいなんですけど、人もいっぱいみたいで・・・ま、こっちもいい勝負か(・・;))
鳥毛立女屏風が6扇あるということを初めて知った気がします^^b

ま、なにはともあれ正倉院展です。
11月12日まで。

天皇皇后両陛下傘寿記念 第66回 正倉院展


天平の息吹を今に伝える正倉院宝物。千年の時を経て、なお燦然と輝く至宝の数々を、錦秋の奈良でじっくりとご堪能ください。

 本年の正倉院展には、北倉6件、中倉28件、南倉22件、聖語蔵(しょうごぞう)3件の、合わせて59件の宝物が出陳されます。そのうち初出陳の宝物は6件です。例年通り正倉院宝物の概要と来歴がわかるような内容・構成となっておりますが、天皇皇后両陛下の傘寿を慶祝するような、華やかな宝物が揃っているのが特色といえます。
 聖武天皇・光明皇后ゆかりの北倉からは、天皇の身近にあった家具・調度類がまとまって出陳されます。「天平美人」として高名な鳥毛立女屏風(とりげりつじょのびょうぶ)は奈良朝の華麗な宮廷生活を偲(しの)ばせるに十分です。また聖武天皇がお使いになったひじつきである紫檀木画挾軾(したんもくがのきょうしょく)や寝台である御床(ごしょう)、あるいは大仏開眼会(かいげんえ)で履かれたと思われる衲御礼履(のうのごらいり)のような宝物からは、聖武天皇の存在が確かに伝わって参ります。
 また、異国の気分を伝える白瑠璃瓶(はくるりのへい)や白石鎮子(はくせきのちんす)、仏・菩薩への豪華な捧げ物を納めたと考えられる密陀彩絵箱(みつださいえのはこ)や檳榔木画箱(びんろうもくがのはこ)といった献物箱(けんもつばこ)、あるいは仏寺を飾ったかと思われる雑玉幡(ざつぎょくのばん)残欠(ざんけつ)、壮麗な鳥獣花背円鏡(ちょうじゅうかはいのえんきょう)、鳥獣花背方鏡(ちょうじゅうかはいのほうきょう)などの宝物、琵琶に似た弦楽器である桑木阮咸(くわのきのげんかん)などは、天平文化の精髄を今に伝えてくれます。
 ところで、宝物の献納目録を代表する『国家珍宝帳(こっかちんぽうちょう)』には多数の武器・武具が記されております。それらの大半は藤原仲麻呂(ふじわらのなかまろ)(恵美押勝[えみのおしかつ])の乱(天平宝字8年[764])に際して出蔵され、ほとんどが宝庫には戻りませんでしたが、これらの武器・武具を彷彿(ほうふつ)させる、中倉伝来の品々がまとまって出陳されるのも話題の一つです。豪壮な黄金荘大刀(おうごんそうのたち)や類例のない武器である手鉾(てぼこ)、漆葛胡禄(うるしかずらのころく)とこれに附属する(や)など、天平の「武」の部分にもご注目下さい。
 このほか、昨今の保存修理技術の進展によって新たに修理が行われ、出陳可能となった伎楽面(ぎがくめん) 酔胡従(すいこじゅう)や、近年鑑真(がんじん)将来の可能性が指摘された四分律(しぶんりつ)などの宝物からは、現在進行形の宝物の置かれた状況が伝わって参ります。 

平成26年10月24日(金)~平成26年11月12日(水)
奈良国立博物館
※11月12日(水)は天皇皇后両陛下の傘寿をお祝いし、入館無料となります。




関連記事
  • Date : 2014-10-24 (Fri)
  • Category : 展覧会
0

Comment

Comment Form

Comment Form
QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。