カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
620

入江泰吉旧居

img272 - コピー mini_150305_1028.jpg


 先日発見(笑)した、修繕費に7000万円かけたという入江泰吉旧居
 近くまで行ったので寄ってきました。(3月1日から一般公開)


img273.jpg

面白い設計の平屋で、東面道路、西側は吉城川が流れていて、庭は川畔まで降りられます。(↑の平面図、右が北)
⑦の暗室は元々の形状に新しく作り直されたようです。

mini_150305_1043.jpg③の西(上)の4畳半の部屋。
入江さんが向かって右、その隣が奥様が座られていたそうです。

狭い縁がめぐらしてあります。
外は吉城川まで続く庭です。


mini_150305_1031.jpgこれも③の西(上)の4畳半の部屋。
↑の写真の向かい側。



mini_150305_1036.jpg⑥書斎の本棚


mini_150305_10360001.jpg⑤アトリエ:趣味を楽しまれていたのだそう。

書画をされていたようです。



入江泰吉旧居

施設の概要

奈良を愛した写真家 入江泰吉の業績を顕彰し、生前のお住まいを「入江泰吉旧居」として開館します。

氏が創作に打ち込んだ暗室や作品の構成を練った書斎、万葉の植物を愛したお庭等、氏の仕事ぶりや毎日の暮らし、交友関係、また、歴史文化の深い理解に裏打ちされた美意識やまなざしに思いをはせていただけます。今後、入江氏の美学の原点を探る写真に関する講座等も開催します。

img276.jpg
img274.jpg

img275.jpg
[所在地] 〒630-8208 奈良市水門町49番地の2
[電話・FAX] 0742-27-1689
[開館時間] 午前9時半~午後5時(入館は午後4時半まで)
[休館日] 月曜日(その日が休日に当たるときは、もっとも近い平日)
 休日の翌日(その日が日曜日、土曜日及び休日に当たるときを除く)
[入館料] 個人200円・団体(20名以上)100円
 ただし、16歳未満の人、高等学校の生徒とこれに準ずる人、市内在住の70歳以上の人、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた人とその介護を行う人は無料。




関連記事
  • Date : 2015-03-05 (Thu)
  • Category : 建築
0

Comment

Comment Form

Comment Form
QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。