カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
647

奈良の大仏、髪の量半分だった レーザー解析で定説覆る

【備忘録】

奈良の大仏、髪の量半分だった レーザー解析で定説覆る
@朝日新聞 2015年12月3日05時08分

daibutu.jpgdaubutu2.jpg
立体データを元に再現した大仏の頭部=東京大学生産技術研究所の大石岳史准教授提供 

奈良・東大寺の大仏の毛髪(螺髪〈らほつ〉)が、定説の「966個」ではなく、「492個」だったことがわかった。1千年近く伝えられてきた説を、レーザー光を使った最新技術が覆した。東大寺が近く、ホームページで知らせる。

 大仏の正式名は「盧舎那仏(るしゃなぶつ)」。聖武天皇の命令で造られ、奈良時代の752年に完成した。東大寺によると、平安時代に寺の歴史などを記した「東大寺要録本願章第一」には、「天平勝宝元年(749年)12月~同3年6月、螺髪を966個つくった」とある。

 今の大仏は江戸時代に修復された。螺髪が最初は966個あったのか、修復で減ったのかなどは不明だという。東大寺関係者には「見えている数から推測してもそんなにないのでは」という声もあったが、江戸、明治時代の文献にも「966個」とあり、ずっと定説とされてきた。

 最近、修学旅行前に事前学習する子どもらから「螺髪の数はいくつですか」という質問が増えた。今年から大仏殿に掲げられている日本数学検定協会の問題にも、「966個の螺髪を一つの円の中に収めた場合、円が最小となる時の面積は」とあり、正確な数を調べることにした。だが、背後に光を表現した「光背(こうはい)」があって、数えられなかったという。

 そこで、レーザー光を使って文化財を丸ごとスキャンする技術を持つ東京大生産技術研究所の大石岳史准教授の研究グループに依頼した。以前、大仏の立体データを計測したことがあったためだ。レーザー光を照射して跳ね返る時間を測ると、細部の形も位置も正確にわかる。わずかな隙間しかなくても複数箇所から照射することで立体データを取得できるという。研究グループはアンコール王朝のバイヨン寺院(カンボジア)の「丸ごとスキャン」にも成功している。

 この調査で、東大寺の大仏には483個の螺髪があり、9個分が欠けていたことが確認された。「新しい知見を得る役に立ててうれしい。『サイバー考古学』とでもいえる分野で、応用範囲は広いのではないか」と大石准教授。東大寺の橋村公英庶務執事は「大仏様や華厳経への興味が深まるきっかけになれば喜ばしい。いろいろ考えたが、966や492にどんな意味があるのか、現時点では思い浮かばない」と話す。(石山英明)

     ◇

 〈螺髪(らほつ)〉 「螺」は巻き貝のことで、仏の髪の毛がくるくると丸まって巻き貝のような形をしている様子を表現したもの。悟りを開いた仏陀の体の特徴とされる。東大寺によると、高さ約15メートルの東大寺の大仏の場合、一つひとつが直径約22センチ、高さ21センチ、重さが1・2キロある。




なんでもあるがまま受け入れてしまう(進歩のない)私は「螺髪はいくつあるのか」なんて思ったこともなかったんですけれど、調査されたんですねぇ。
いくら後ろが光背でも966個もないということはわかっていたはずだとは思いますけど、はっきりした数がわかったのはいいことでしょう。
大仏の頭部は作りかえられていますから、さて、オリジナルは966個あったのか・・・そうするとひとつひとつは小さくなってしまうかなぁ。
今後なにかしら知見がでるでしょうか。
楽しみです。



関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。