カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
679

植桜楓の碑

先日、『桜奉行 幕末奈良を再生した男 川路聖謨』読んで、植桜楓の碑(しょくおうふうのひ)の存在を知ったので、氷室神社の桜を見に行ったついでに見てきました。
(これまで全く気付かなかったというか、視野に入らなかったというか・・・(・・;))

幕末の奈良奉行 川路聖謨が、興福寺・東大寺の境内へ桜・楓の植樹を発案、町民にも呼びかけ、植樹は高円・佐保地域にまで及んだといわれています。
SN3S4132.jpg
それを記念して、1850年(嘉永3)3月に建てられた石碑「植桜楓之碑」

SN3S4135.jpg
興福寺の五重塔のすぐ南、五十二段へ降りる右側 

SN3S4133.jpg
写真はクリックすれば大きいものが開きます。

このような英明な方が奈良に"左遷"されてこなかったら、奈良公園も、少なくとも川路桜は生まれてこなかったのかもしれません。
今もって残る"川路桜"という名前に残る業績は素晴らしいと思います。
(今年はまだ咲きません)




☆明日4月4日~5月7日〈休館日:4月10、17、24日、5月1日〉、奈良市史料保存館 特別陳列「ならまち歳時記」の中で、「植桜楓の碑(しょくおうふうのひ)」というテーマで川路聖謨の緑化事業について碑文の拓本などで紹介されるそうです。(先に知っていれば明日行ったのに・・・(・・;))
奈良市史料保存館@奈良市脇戸町1-1 



関連記事
  • Date : 2017-04-03 (Mon)
  • Category : 歴史
0

Comment

Comment Form

Comment Form
QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。