カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
VOTE

アンケートに答えてね♪

  Quickvoter

Q.あなたのお住まいは?

奈良市内
奈良県北部
奈良県南部
近畿地方
日本
地球


-view results-

by pentacom.jp

月別アーカイブ
04  03  02  01  11  10  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  06  03  06  05  01  11 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

91

アサヒビール大山崎山荘美術館の10年展

以前から行きたかった「アサヒビール大山崎山荘美術館」。でもどうも奈良からは遠いイメージがあって、なかなか行けずにいましたが、つい買ってしまったミュージアムぐるっとパス関西2006

いい動機付けができたので思いきって出かけてきました。



大山崎山荘は、天王山南麓に大正から昭和にかけて、実業家加賀正太郎によって建てられた英国風の山荘で、96年アサヒビール大山崎山荘美術館として開館。民藝運動に参画した濱田庄司、河井寛次郎らの陶磁器を中心に、安藤忠雄設計の新館ではクロード・モネ「睡蓮」他を展示。建物や自然の中の庭園と共に楽しめるという空間です。

JRの山崎駅から、「天王山のぼりぐち」というちょっと恐怖な表示に怯えながら息を切らして急坂を上ること10分、まだ咲いている八重桜や新緑の楓のトンネルを抜けるとステキな洋館が・・・・。



こちらでは5月14日まで大山崎山荘の10年展が開かれています。

河井寬次郎の作品は以前に河井寛次郎記念館で観たことがあったのですが、あそこで見たものよりここの作品の方が好きです。

でもやはり私が一番心惹かれたのは建物自身ですね。

英国式なのだけど日本人のサイズに合わせていて、いいですね。



安藤忠雄設計の新館は半地下なのですけど、コンクリート打ちっ放しの床面積の狭い、そのくせ天井が高い妙な空間で、閉所恐怖症ではないのですが非常に居心地の悪い印象を持ちました。どなたも長居されてないようでしたが。



ここは天下分け目の天王山。2階のテラスからは淀川をはさんで男山が間近に見え、要衝であったことがよくわかります。歴史に思いをはせるのも悪くないかもしれません。





アサヒビール大山崎山荘美術館

075-957-3123

京都府乙訓郡大山崎町大山崎銭原5-3

休館日 月曜日(祝日の場合は翌日) 、年末年始

※展示替えのため臨時休館することがあります


関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。